トップ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
タグ
最新のコメント
重複?コメがあったのでひ..
by hayanoya at 01:21
おひさしぶりでございます..
by hanjuku at 01:22
闘魂事務員さん、コメント..
by hayanoya at 22:30
hayanoya様 ..
by 闘魂事務員 at 16:55
名も無き通りすがりさん、..
by hayanoya at 02:24
hayanoya様 は..
by 名も無き通りすがり at 15:10
>Nurikabeさん ..
by hayanoya at 14:26
最初気がつかなかったんで..
by うさぬゅーみ at 03:10
な、な、なんですとー ..
by Nurikabe at 00:10
>うさぬゆーみさん 9..
by hayanoya at 19:42
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



向精神薬擬人化その26:レメロン(リフレックス)
超絶久しぶりに擬人化キャラを作ってみました。

抗うつ薬という時点で既に向精神薬の範囲から外れている
気がするんですが…久々に出た新規薬理の薬なので
応援の意味も込めて。

日本ではリフレックスの方が有名のような感じですが
一応オルガノンが売り続けてきた薬だし、シェリング・プラウ出身の
キャラっていないなー、ということでレメロンの方になりました。

f0133373_14373240.jpg
一般名ミルタザピン。
規格は15mgオンリー。
愛称は「れめる」。

彼女の所属するDクラスは、
学園で最もトレンドな薬が集まっており、
所属するキャラも文理共に優等生が多い。
れめるは理系の方で、
化学と生命科学担当の研究職員、
という設定。


なので服装は白衣ベース。白衣とタートルネックって合うよねーという
事で服装もすんなり決まりました。白衣の青と赤はヨゴレではなく
シェリング・プラウ社の外箱イメージ。

シェリング・プラウの錠剤に刻印されているシビンのようなマークは
MRによるとどうやらフラスコらしいので、とりあえず右手に
持たせて見ました。左手には生命科学の象徴たるマイクロピペット。
白衣のポケットにはキムワイプも常備していますwww

首からぶら下げているのはシェリングパパからもらった社章型メガネ。
つぶれて見づらいですがちゃんとSとPになってます。
極度の近視なのでパパからプレゼントされましたが、正直かっこ悪いので
必要に迫られたときしかかけないようにしているようです。

NaSSAというややこしい薬理を持つためか、クラスで最も頭がいい。
しかしオランダ生まれのアメリカ育ちなため、日本語はたいそう苦手。
独特な比喩や省略、勘違いや思いこみも交えて話すため、彼女の言葉は
極めて難解。いろいろ良いこともしゃべっていると思うのだが、何か
眠たい話だったという印象しかみんなには残らないという、
校長の朝礼スキルを有する。

かつて一度来日し、入園試験を受けたことがあるのだが、あまりに酷い
日本語だったため不合格になった。そのためしばらく海外で活動していたが、
彼女の優秀さを惜しんだ日本の明治おじさんの口利きによって再度
入園試験を受けることになる。「日本人はとりあえずNaSSAの技術と言えば
みんな納得するよ」と言われ、その通りにしたら本当に合格してしまう。
日本人のNASA信仰を知らない彼女は、ただ首をひねるばかりであった…とさ。

性格はクールでおとなしいが、結構溜め込むタイプで、キレると優等生の
仮面をかなぐり捨てて怒鳴り散らす。
「ニューロンの尻に手ェ突っ込んでシナプス小胞ガチガチいわしたろか?」
なぜか罵声は流暢。そしてその内容は正しくレメロンの薬理作用。

Dクラスの研究は全て助教授であるとり乃(トリプタノール)によって
牛耳られており、全ての論文はとり乃の主導によって行われている。
れめるの見識や技術はとり乃に匹敵するものの、そのキャリアと日本語力に
おいて遙かに及ばず、入園してからひたすら資料作成とアセトン洗浄と
ピペット土方を押しつけられている。
彼女のストレスは日に日に増大しており、下克上を着々と狙っているとか。

キャラが(薬理作用が?)被らないせいか、温厚なお嬢様SSRIであるぞふぃー
(ジェイゾロフト)と仲がよい。しかしぱき子(パキシル)との仲は最悪に近い。
次世代抗うつ薬の名を汚す駄薬と思っている様子。

家族として、姉のてとら(テトラミド)が存在する。ぽややんな巨乳。
妹とは対照的に日本に馴染んでいるが、馴染みすぎて影が薄い。

れめる以降、デキのいい娘が生まれなかったオルガノン家は次第に
落ちぶれてゆき、とうとうシェリングプラウ家に身売りすることになる。
学園に対しコネクションの無かったシェリングパパは、れめる姉妹を非常に
歓迎しているが、コテコテの関西商人である彼をれめるはあまり好きでない。




外資系の薬にしては珍しく、レメロンという商品名の由来はハッキリしています。
ラテン語の格言「Luctor et Emergo」(苦労するが、やがて苦境から抜け出す/
冬来たりなば、春遠からじ)から来ているとのこと。ちょっと格好いいですね。
ゾロフトもそうですが、ラテン語由来の名称は西洋の歴史を感じられて好きです。
リフレックスとかいうフィットネスクラブみたいな名前よりは重みがありますね。

レメロンはその構造上、四環系抗うつ薬に属します。と言うより、その構造式は
テトラミドにそっくりです。どこが違うかとよく見てみると、ベンゼン環の炭素が
一個置換されて窒素になってるだけです。従って、薬理作用もテトラミドに割と
似ています。1日1回眠前服用という用法も同じで、臨床力価もだいたい同じ。

テトラミドは1966年に開発され、マイナーな抗うつ薬としてそれなりの地位を
得ました。三環系抗うつ薬の副作用を克服すべく開発されたテトラミドですが、
効果は三環系に及ばない上に眠気は同レベル以上、と人気ない理由を揃えており、
レスリンと並んでうつ患者用の睡眠薬、という不名誉なポジションにあります。

「俺たちは睡眠薬を作りたいんじゃない!抗うつ薬を作りたいんだ!」という
熱意を元に、オルガノンはテトラミドの改良品を模索し続け、辿り着いたのが
レメロンです。レメロンは94年にオランダで承認後、新規抗うつ薬として世界で
評価を得ました。当然日本での販売も期待されており、1987年より
日本オルガノンで臨床試験を開始、2000年には日欧共同でルボックスとの
二重盲検比較試験が行われました。

しかしコレが裏目に出ます。日本人の治療結果はルボックスに勝ったものの、
白人での治療結果はルボックスに逆転されてしまいました。新薬の申請が厳しい
日本でこの試験結果は芳しいものではなく、予算の乏しい日本オルガノンは
承認申請を断念してしまいました。

2004年、世界でレメロンが新規抗うつ薬として定評を受けていることに着目した
明治製菓は、日本オルガノンに対し共同開発を持ちかけます。比較的体力のある
明治は海外治験データに頼った6週間の短期試験ではなく、52週間に及ぶ日本での
長期投与試験を行うことが可能でした。これにより安全性と長期服用による
薬効持続性が担保され、晴れて製造承認を得られたのです。

テトラミドの流通販売をほとんど三共が行っていたのと同様、明治としては
レメロンの販売を独占したかったはずです。しかしここで横槍が入ります。
2007年、オルガノン社はシェリング・プラウ社に吸収されたのです。
当然ながら旧オルガノン社の製品はシェリング・プラウ社が管理することに
なります。日本オルガノンに比べれば営業力も販売力も桁違いなシェリング・
プラウがレメロンを放っておくハズもなく、ごり押しの様な感じで併売に
なってしまいました。残念!

でも明治はデプロメールやメイラックスを通じて精神科領域にコネクションを
付けているので、精神系の薬を持たないシェリング・プラウに比べれば日本での
販売はしやすいと思います。頑張れ明治!
…でも擬人化はシェリング系だったりするのだが。

最近の抗うつ薬はSSRI、SNRI、SARI、RIMAなど様々な略称を付けられてますが、
レメロンも例外ではありません。それもNaSSAという最もややこしい名称です。

NaSSAとはNoradrenergic and Specific Serotonergic Antidepressantの略で、
直訳すると「ノルアドレナリン作動性および特異的セロトニン作動性抗うつ薬」です。
読んで字のごとく、ノルアドレナリン神経と、「特異的な」セロトニン神経を活発化
させるのです。より具体的に言えば、前シナプスのノルアドレナリンα2受容体
および、後シナプスのセロトニン5-HT2A/C・5-HT3受容体を遮断します。

前シナプスにおけるノルアドレナリンα2受容体は、ノルアドレナリンの分泌を抑える
働きを持つ自己受容体なので、これをブロックするとノルアドレナリンの放出が
促進されます。α2受容体はセロトニン神経にも存在するので、セロトニンの放出も
同時に促進されるようです。

セロトニンは不安を惹起したり抑えたりする厄介な物質ですが、後シナプスにおいて
5-HT1受容体に結合すると不安抑制、5-HT2受容体に結合すると不安惹起に
働きます。しかしレメロンは5-HT2受容体を遮断するので、シナプス間隙に貯まった
セロトニンは必然的に5-HT1に多く結合することになり、抗不安効果を示します。
前シナプスにおいてノルアドレナリンの放出が増えても不安症状が引き起こされない
のは、この効果によるのでは無いかと思われます。また5-HT3受容体は吐き気や
下痢などの消化器症状を引き起こす方向に作用しますが、これを遮断することで
それらの副作用が軽減されるわけです。この選択性が「特異的」なのです。

作用部位はややこしいですが、それらは全て抗うつ効果として都合のいい方面を
持っており、効率よくノルアドレナリン/セロトニン神経を活発化させるのです。
流石NASAの技術!(違

…実は構造式がほとんど一緒であるテトラミドも、レメロンと同じくα2・5-HT2/3
受容体を遮断しています。でも抗うつ効果は明らかにレメロンの方が強いです。
その違いはどこから来るかと言えば、テトラミドは前シナプスセロトニン神経の
α1受容体をも遮断してしまうんです。

セロトニン神経におけるα1受容体は、ノルアドレナリンの刺激を受けることにより
活発化し、セロトニンを放出する方向に働きます。これが遮断されると、
ノルアドレナリン神経からセロトニン神経に働きかけることが出来ません。
SSRIでも分かるように、抗うつ薬のキモはセロトニン神経の活発化にあるため、
テトラミドは抗うつ薬として評価が低いのです。

ノルアドレナリンとセロトニンを増やすというならSNRIと同じでは?
と思うかもしれませんが、SNRIが「再取り込み阻害」、つまり神経を活発化させる
のではなく排出口をせき止めてセロトニン/ノルアドレナリンが貯まるのを待つ薬
であるのに対し、NaSSAは直接神経を活発化させる薬なのです。この違いは
効果の早さに現れます。レメロンは服用後から効果が出始めるのが他薬に比べて
かなり早く、投与1週目から変化が出る事もあります。アモキサンに次ぐ即効性と
言うことですが、この言い方はむしろアモキサンの底知れなさが際だつ表現ですね。

薬理作用的にSSRIと被らないので、併用することで相乗効果が見込めることも
レメロンの利点です。レメロン+ジェイゾロフト+セディールというキレイな重ねがけも
今後出てくるかもしれませんね。セディールは要らん子かも知れませんが…。

ムスカリン受容体への作用が弱いので、三環系にみられる口渇・かすみ目などの
厄介な抗コリン作用も少なく、SSRIに比べても、5-HT2/3受容体遮断により
性機能減退・消化器症状がほとんど無い等、明らかに身体への負担は減ってます。

ただ一つ弱点があるとすれば、ヒスタミンH1受容体遮断作用の強さです。
抗ヒスタミン薬が睡眠薬に用いられる様に、レメロンの傾眠作用はテトラミドと同様、
かなり強いようです。半減期が丸一日以上と長い薬なので、薬に敏感な人は一日中
眠気が続く可能性があります。ただうつ病は高い頻度で不眠も併発するので、
これがメリットになる人も多いと思います。しかも5-HT2A/C受容体の遮断は、
ノンレム睡眠(S3)を増加させ、眠りの質を改善する働きがあると言われており、
エプリバンセリンなど最新の睡眠薬開発で注目されている部分です。
半減期がもう少し短ければ、個人的にちょっと飲んでみたいんですけどね…。

折しも今年の1月末、ランセットという医学雑誌に、レメロンを含めて12種類の
新規抗うつ薬を有用性(効果)と忍用性(継続しやすさ)でランキングした論文が
掲載されました(過去記事参照)
これによればレメロンの効果は12種中1位で最も高く、継続しやすさは
7位と中間になってます。レメロンの主立った副作用は眠気と体重増加
(1年服用して+1kg行くかどうか?)くらいしか無いにも関わらず、意外と
忍用性が低いのは、そうとう強い眠気がある事を予感させますね。

万人向けの薬では無いでしょうが、ファーストチョイスの選択肢には十分入る
かと思います。2週間投与制限が解ける1年後には、爆発的にヒットするかも?
…少なくとも来年承認されるであろうSNRIのシンバルタよりは、明らかに話題性が
上の薬かと思われます。

遠くない春の訪れに備え、冬場はこれ飲んでひたすらコタツで眠るのもありかもね。
[PR]
by haya by hayanoya | 2009-09-26 14:56 | ちびまる向ちゃんトピ | Trackback(1) | Comments(71)
        TOPに戻る▲
        
トラックバックURL : http://hayanoya.exblog.jp/tb/12008281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from pharanの日記 at 2009-10-23 21:32
タイトル : [身内話]近況報告
先月初めに、再度投薬計画を見直そうという運びになりまして、離脱症状と副作用に苦しんでおり、ここ2ヶ月ほどかなり具合が悪かったのですが、ようやく落ち着いてきたかな、といった感じです。 もう少し詳しく書くと、統合失調症の薬を試してみましょう、という話になり、エ... more
Commented by Gewalt at 2009-09-26 17:43 x
ひさびさの新キャラですね!

私は新発売直後からリフレックスを飲むようになったのですが
だいたい服用1,2日目はすばらしく寝れます(笑)
(私の場合は12時間寝たあとにリフレックスを飲んでまた12時間寝れましたw)
三日目あたりからはそれほど昼間の眠気は酷くなくなり、
しかもこの睡眠作用のおかげでマイスリーを飲まなくても良くなったのでありがたいです。

そして、抗鬱作用も一週目から実感できて今まで飲んでたジェイゾロフトに比して立ち上がりと効きの良さを感じますね。

蛇足ですが、私も農学系バイオをやってるので、アセトン洗浄とピペット土方って言葉が非常に身に染みますw
あまりにマイクロピペッターとチューブとゲルとにらめっこするのに飽きて
ウェットな実験からドライなバイオインフォマティクスに逃げましたが…orz
Commented by NastyGuy at 2009-09-26 19:23 x
こんばんはHayanoya様 今回初めて書込みさせて頂きます。

久しぶりの擬人化キャラお待ちしておりました。
しかも初のDクラス(間違ってたらすいません)とは
これからの展開に期待(ワクワク)度が上がってきますね~

それにしても、「れめる」さんは白衣の中にキムワイプ常備ですか・・・
(私も、仕事で制服の中にキムワイプ仕込んでたので、気持ちは分かる気がw)


それと、コメントがかなり遅くなりましたが、夏コミで購入させて
頂きました「ちびまる向ちゃん」 楽しませて頂きました。

今回、読書用と保管用で2冊づつ購入させて頂きましたが、
夏コミに参加できなかった友人によって購入した本としおりセットを
全部持って行かれました・・・(泣)
今週末には購入した本は帰ってくると思いますが、しおりは・・・・・

それでは、次回作(バルビっ子達でしょうか??)にも期待しつつ、今回はこの辺で失礼します。
Commented by hogehoge at 2009-09-26 19:51 x
こんばんは。
ミルタザピン解禁、感慨深く思いました。
海外で使用されて早15年。一度は治験にしくったものの明治に救われ…
いってみれば、四環系の化け物ですね。
キャラも萌えます。化学系美女に弱いんです(薬局以外滅多にお目にかかれない)
それにしても極めて詳細な解説ありがとうございました。
主治医も早速クランケに試してみたそうですが、
初期の眠気とだるさのひどさにくわえ、受容体をブロックして出にくいはずの吐き気を催す人もいて、抗鬱効果も思ったほどでは…とのこと。
時期的に45mgまで上げてないとは思うんですが。
Dクラスのキャラの名前や設定もだいぶ出てきて、この先楽しみです。

ところで、件のヲタク精神保健福祉士(♀)から質問が出ていたのですが、
姻戚関係はわかるが、仲良し関係はどこから定義しているのか、
併用容易性?と言っておりました。
Commented by hayanoya at 2009-09-26 21:18
>Gewaltさん
コメントありがとうございます。早速の服用経験談をありがとう
ございました。やはり試しに飲んでみるにはリスキーな薬ですね(汗
学生時代に研究系も興味あったんですが、毎日延々とウェスタン
ブロッティングをやらされてすっかりウンザリしてしまいました…。
バイオインフォマティクスとか習ったことすらないなぁ…ちょっと
面白そうです。農学系はもやしもんレベルの知識しかないですが。

>NastyGuyさん
コメントありがとうございます。仰る通り、Dクラス初キャラです。
抗うつ薬は効果が遅い薬ばかりであまり好きじゃないので、ずっと
後回しにしてました…。次の更新はシンバルタ発売時かな?
キムワイプは生命科学研究者にとってティッシュと同義ですよねw
次の本は…少なくとも冬コミにはバルビっ子は出ないかも(えー

>hogehogeさん
理系少女という響きはいいですね。数学ガールマンセーです!
ネガティブ経験談ありがとうございます。やっぱ吐き気ゼロという
訳にはいきませんね…5-HT3遮断のカイトリルは制吐薬ですが…。
仲良し関係は飲み合わせや併用頻度やメーカー同士の関係などから
割とテキトーに決めてますので、とくに厳密な定義は無いです。
Commented by かめお at 2009-09-26 21:37 x
れめる処方されました~ 初日は半日寝ましたが2日目は普通でした。効き目のほどはまだ未定。尻に手ェ突っ込っこまれるような効き目を期待しています。それにしても、NASAの薬理は難しい(笑)
Commented by hayanoya at 2009-09-26 23:48
とりあえずNASAの技術とエシュロンの情報収集力は鉄板ですよ!
眠気に関しては、慣れる慣れないは別にして、とりあえず出るという
感じですね…。むしろBクラス行きだったかしらん?
ヒスタミンH1受容体の部分アゴニストあたりが今後開発されれば、
より有用性の高い抗うつ薬になるかも知れませんが、
そうそう都合良くは出てこないでしょうね…。
Commented by sato at 2009-09-27 09:39 x
おお、久々の擬人化が!
これで遅くとも来年夏にはちびまる向ちゃんC or Dが……。

リフレックスと聞いて上記URL(名前のとこのリンク)を思い出した人は少なくないはず。レメロン、今度貰ってみようかなあ。

ところでこのネタとは関係ない話なんですが、吉富の頓挫したY-23684の研究を田辺三菱が受け継ぐなんていう可能性は無いんでしょうか。

今の会計基準だと仕掛研究開発費で資産計上できるんでしょうけど、当時の基準だと(いつなのか知りませんが)無理なのかな。

日本から有用な新薬がいつ出るのか、と期待しつつロヒとデパスとハルシオンでも飲んでまったりしてます。
Commented by 平安 at 2009-09-28 00:27 x
レメロンキター!!
こないだMSさんがチラシ置いていかれました。
ホントすごい薬なんですねー。
一般名は四環系っぽくないですが・・・(りんりん言わないんですね)。
キムワイプにマイクロピペット・・・はい、キムはティッシュ代わりに使ってました。鼻水を拭くにはちょっと硬かったです。アセトン洗浄とか懐かしい・・・・。
シェリングさんのあのマークはフラスコだったんですかー。
ナスカの地上絵かなんかだと思ってました。全然関連ないし。
個人的にはオルガノンの☆とレスリンのDXも結構気に入ってます。

シナプス小胞ガチガチいわせて欲しいー!!

Commented by hayanoya at 2009-09-28 02:07
>satoさん
来年にはCを出したいと思ってるんですが、Dはいつになるやら…。
デュラン・デュランを思い出す人は多いですね。kyupin先生も
そうみたいです。私には洋楽はよく分からん…。

現在の田辺三菱は精神科どころか、他の領域の開発すら満足に
行えてないと思います。合併の繰り返しで社内の意思統一すら
取れてるかどうか…。三菱ウェルファのころは三菱・東京田辺・
ミドリ十字・吉富それぞれで社内派閥が出来てるとか聞いたし。
当時と今では医薬品申請の手順も異なるでしょうから、再申請と
なるとまた膨大なコストがかかりそうで、難しいと思いますね…。

>平安さん
一般名的にはあまり似てないですね。テトラミドにはあまり触れて
欲しくないのかも…と邪推してしまいそうです(笑)
オルガノンの☆は馬鹿っぽい雰囲気があって私も好きです。
80年代アイドルみたいですね。レメロンにも着けて欲しかった…。
Commented by キミドリ at 2009-09-29 20:14 x
 こんにちは~~
 先日、注文したちびまる向ちゃんの睡眠薬編、ありがとうございました。ゆっくり見せてもらいます。

 リフレックス(ウチの病院は明治オンリーです)は期待大なクスリのようですね。うちの先輩方も新薬にもかかわらずイケる人にはどんどん処方しているみたいです。
 しかし、とりあえずひたすら眠いようです(^^;)。
Commented by hayanoya at 2009-09-30 00:55
お買い上げありがとうございました~。

リフレックス、ウチの近所の心療内科はまだ使ってくれません~。
ジェイゾロフトの時も遅かったしなぁ…。
1回だけ使ってハコ開けて、眠気ひどくて中止になるよりはマシか…。
Commented by sato at 2009-10-05 00:42 x
>現在の田辺三菱は精神科どころか、他の領域の開発すら満足に
~中略~
>なるとまた膨大なコストがかかりそうで、難しいと思いますね…。

なるほど、合併しても縦割りだったりするんですね。
日本から新しい精神薬が出てくることはあるのかなあ。
Commented by hayanoya at 2009-10-05 13:56
エビリファイは国産の画期的新薬と言って過言ではないかと。

それ以外は…そもそもマスコミ・行政を含めて精神医療を取り巻く環境自体が
欧米諸国より20年近く遅れてますから…。
Commented by こういちろう at 2009-10-06 22:35 x
こんばんは。エビリファイですか。初の「ドパミンシステムスタビライザー」
ということですが、このお薬、いまひとつつかみどころが無いんですよね。
これまで副作用が強かったり、用量の加減が難しかった抗精神病薬に比べて
劇的に優れている、という話も聞きませんし、いまだ有効な用法を模索中の
段階だとか。実際に飲んでみればどんな作用をするのか解るのでしょうけど、
エビリファイが処方される症状はありませんし(^^;)

と、言うわけで擬人化&hayaさんのわかりやすい解説をお待ちしています!
(オチは結局そこかい(^^;))
Commented by hayanoya at 2009-10-07 00:05
病院から転職したので、エビリファイはほとんど使ったこと無い
薬です(^_^;)メーカーから話を聞いた限りでは、ジプレキサよりも
使いやすそうな気がしますね。鎮静効果の弱さは薬理的に仕方無し。

国産の抗精神病薬で唯一、リスパダール・セロクエル・ジプレキサの
三強に比肩しうる売上を米国で叩きだしているのは、十分に凄いと
思います。でもルラシドンが出たらまた変わるかな?

抗精神病薬の連中は分類上学園Sクラスに在籍している事になって
いますが、このレベルの薬は正直擬人化欲をかき立てないです…。
どいつもこいつも薬価が高すぎて可愛くないんだよ!
Commented by リフレックス初心者。 at 2009-10-09 18:56 x
はじめまして。

お薬のスペシャリストによる擬人化に大変興味をもち
化学記号は大嫌いですが
わかりやすいのでわからないながらに読んでます。


10/6より突然珍しく処方が変わったので調べたら情報が少なく

新薬&ココをしりました。

正直、3日間寝たきりの
ベゲAか?と思った位寝ました。

※ベゲAは飲んだことありませんが。

またゆっくり楽しく読ませて頂きます。
Commented by hayanoya at 2009-10-10 13:28
リフレックス初心者さん、コメントありがとうございます。

薬は基本有機化学なので、化学記号は数種類だけ覚えとけばOK!
…ぶっちゃけ有機化学の方が面倒ですが(汗

レメロンはベゲAより安全性が高いので、今ベゲAを飲んでる人が
みんなこれに切り替わってくれると有り難いですね~。
そういえば、ウチの薬局でようやくレメロンの箱が開きました。
眠気にめげず続いてくれると有り難いんですが…。
Commented by ねむ at 2009-10-14 12:07 x
わふー
前回の診療で、うつ病の新薬があるけど、まだ患者の例があんまりないやつでどうする? といわれて 勝手にこのへんかなー と思っていたところでした
正直パキシルを頓服で出されてから医師不信気味で迷ってるんですが
なんかこうしてキャラで見ちゃうと飲んでみたい意欲がムンムンわいてきました
まったり擬人化新キャラ待ってました。また次の子が来るの楽しみにしてます
Commented by hayanoya at 2009-10-14 23:40
ねむさん、コメントありがとうございます。

パキシル頓服は見たこと無いです…何かの裏付けあってのことかな?
どう見てもSSRIを抗不安薬と同じ感覚で出してるとしか思えない
処方箋は、たまに見かけますけどね…主に内科。

擬人化が服薬意識に影響する、というご意見は興味深いですね。
イラスト入りPTPシートは無地のシートに比べ、服用脱落率が
有意に低いという論文が公表されれば、メーカーもシートの裏に
萌えキャラを書いてくれるかも知れません。どうですか先生諸賢?
Commented by ぷに at 2009-10-21 21:02 x
 はじめまして、薬に関しては専門的に何も勉強していない素人ですが、抗不安剤編とかも購入させていただいたパニック障害患者です。
 通院はしておりますがSSRI 3種類とも飲めず、困っているタイプです。
というのも吐き気や眠気といった副作用は覚悟していたんですが、たまに同じような人いるようですが、飲むと意味なく不安が増大し、座っていても発作が出たり気が狂いそうになったり・・・で、医者も「んじゃいい」と(汗)
 しかし田舎なので、SSRI飲めないと相手にされない医者ばかりで飲む薬にも困っています。
 鮠のさんは薬剤師?だし、このサイトの主旨もまるで違いますが、今のところレメロンはパニック等にはどう思われますか?^^;
 とにかく「うつ」の薬はバンバン出ますがPDの薬っていうのはないので・・
個人的感想でも聞けたらな、と思って。
 
Commented by hayanoya at 2009-10-22 17:38
ぷにさん、コメントありがとうございます。

現時点でPDの適応が取れてるのはパキシル・ジェイゾロフトだけですね。
しかしSSRIは短時間で効く薬ではないので、ワイパックスやソラナックス等
ベンゾジアゼピンが必ずセットで出されるはずですが…。

セロトニン受容体には抗不安に働くものと不安を引き起こすものの両方が
存在するので、SSRIで不安・焦燥を引き起こすことも考えられます。
レメロンは不安を引き起こす方、すなわち5-HT2受容体を遮断する作用を
持っているので、SSRIよりはそういった症状が出にくいと思われます。
眠気が我慢できれば、試してみる価値はあるように思われますね。

ただパニックへの適応は持ってないので、病名を細工しないと保険が
効きません。そこを柔軟にフォローしてくれる医師でなければ、レメロンの
処方は難しいかと思います。新薬なのでしばらく14日しか出せないし。
Commented by ぷに at 2009-10-22 21:29 x
鮠のさん、お返事ありがとうです。医者よりよっぽど薬の仕組みがわかりやすい解説で、レメロンは何となくいい感じがしたんで^^;
 やっぱりいい感じですね!
でも仰られるように、現状では用いるのは難しそうですね・・・。

 とにかく出たばっかりですし、日本の医師ってマニュアル通りだから、(田舎は特に)誰か先駆者が道切り開いてくれるといいんだけど・・・(汗)

 レクサプロなんて12年とか言うし・・・;;
Commented by pharan at 2009-10-23 21:36 x
上記日記にて引用させていただきました。一応TB打っておきましたが、宜しくお願い致します。
Commented by hayanoya at 2009-10-26 15:23
>ぷにさん
パニックにはSSRIが第一選択、というのは世界共通の流れなので、
レメロンがパニックに効果あり、という論文が多く報告されない限り、
日本でも処方は難しいと思いますね…。まずはSSRI+BZDだと思います。
レキサプロの臨床評価は非常に高いので、レメロンのようにスピード重視の
製造承認が降りてくれることを期待しています。

>pharanさん
トラックバックありがとうございます。引用は全然構いませんが、ソースは
伝聞やら思いこみが多々混じっているのであまり当てになりませんよ(汗
Commented by d_b_y at 2009-10-30 01:04 x
こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております。
レメロン処方されて1週間程服用しております。
寝る前に飲んでるのですが、私の場合は「眠気は長く・睡眠は浅く」が続く感じですね。抗アレルギー剤を相当強くしたイメージです。
かなり日常生活不便ですが、れめるの可愛さに免じてもうちょっと頑張ってみようと思います。
Commented by hayanoya at 2009-10-30 20:01
抗ヒスタミン薬ドリエルの、効き目を伸ばした感じですかね>レメロン
これだけ抗ヒス作用が強ければ鼻炎とかにも効くのでは?と
MRに聞いてみましたが、今のところそういう報告はないようです。

眠気は慣れる人とそうでない人に分かれますね。うちの薬局で唯一処方
されていた患者も、今回中止になってしまいました…(涙
コンプライアンスの改善に貢献できたなら擬人化冥利に尽きるというもの。
れめるたんの小冊子を作って、薬局で配ろうかしら(ヲイ
Commented by 斐緒 at 2009-11-06 06:00 x
いつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
あたくしレスタスを愛用してるのですが…擬人化はまだなのですね…。
長~く効く感じが好きなのですが。マイナーなんですかねぇ?
Commented by hayanoya at 2009-11-06 14:32
斐緒さん、コメントありがとうございます。
レスタスはねぇ…。一時期計画してたんですが
あまりにマイナーすぎてボツになりましたm(_ _)m。
学園には在籍しているが描かれないモブキャラの一人です。

マル向扱いじゃないし効き目もまろやかにじっくりと
いい薬ではあるんですが…それをとりあげるなら
エリスパンやらメレックスやらにも言及せなならんしなぁ…。
Commented by d_b_y at 2009-11-15 03:14 x
れめる事後報告です。
その後1週間頑張ってみたのですが、延々と続く眠気に吐き気まで追加されたので断念しました。

た・・・たぶんれめるは悪くないんだ。
#SNRI/SSRIも全滅なのは特異体質なんだい!
Commented by hayanoya at 2009-11-17 17:58
ご愁傷様です。合わない人はとことん合わんなぁ…これは体質としか
言いようがないですね。遺伝子工学がもっと進めば、ゲノム情報に
従ったベストチョイスが可能になるんでしょうが…当分無理ですね。

ウェルブトリンが発売されるまで耐えるんだ!
Commented by 苔魂 at 2010-01-07 07:38 x
「レキソたん」で検索をかけたら、鮠乃薬品さんが結果の大半を占めていましたwww
私もメンヘラで抗不安剤・眠剤・抗うつ薬を処方されているのですが、
レキソタンは「~たん」というだけあって、誰か絵師さんが擬人化してないかなぁと
思っていたら、hayanoyaさんがされてらっしゃって、嬉しくなりました。
ちびまる向ちゃんAが再販されたら、注文したいと思います。

お願いなのですが、今まで描かれた擬人化薬たんたちのイラストを頂いてよろしいでしょうか?特に転載するつもりはありません。
あと、レキソたんの2mgのイラストも頂きたいので、HP上にUPしていただけないでしょうか。
次は抗うつ薬の擬人化も心待ちにしております。

お忙しいところ申し訳ございませんが、何卒、よろしくお願いいたします。
Commented by hogehoge at 2010-01-08 20:24 x
(高機能)自閉症の脳の異常解明に関する報道がありました。
・セロトニントランスポーターが少ないのでセロトニンが少なくなる
 (鬱になりやすい原因は実は対人困難以外に気質もあるのでは)
・セロトニンが少なくなるとドーパミンが増えるので感情不安定につながる
 (一過性精神病性障害も実は有意に多い)
ということで、勝手に、
・セロクエルなどの非定型抗精神病薬で安定させる
・れめるちゃんを適量出してセロトニンの障害を補う
(多分再取り込み阻害より引き出す薬のほうがいいかと)
なんて事を考えてみました。
どうでしょうかね?
Commented by hayanoya at 2010-01-13 20:52
>苔魂さん
コメント有り難うございます。何故かレキソタンコラムは作られてないので、
レキソタン+擬人化の組み合わせでウチのサイトがヒットしない仕様に
なっておりますw看板娘なのに…。

今まで描いたのは大体ブログにあると思うので、適当に画像を落として
貰えばいいかと思います。転載等して頂いても構いません。
2mgのれきそ…。1薬剤に一人と考えてたので、規格違いで別キャラとか
作ったこと無いです。格ゲーの2Pキャラみたいなんでよろしいですか?

>hogehogeさん
自閉症の治療は諸説ありますが、ドパストン散の少量処方というのが
割と以前から使われているので、少なくともドパミン系は関与している
みたいですね。抗精神病薬では、昔オーラップとか使われてましたが、
最近ではエビリファイ散とかが使われやすいみたいです。
どっちも鎮静系では無い点が使いやすいのかもしれません。
これからは自閉症にレメロン処方とかもあり得るんでしょうかね?
こんな眠気のきつい薬は、子供には向かないと思いますが…。
Commented by 黄色いクマ at 2010-01-19 19:18 x
リフレックス、セロクエルを使っています。
リフレックスを飲んだ後、数週間は、とんでもなく快調でしたが、その後、逆戻りになってしまいました。
今、30mg/day飲んでいますが、45mgにしてもだめでしょうかね。
快調な時は、やるきまんまんになって、しかも性欲がもりもり沸いて、1年ぶりに射精したんですけどね。

ところで、ルラシドン、ウェルブドリンという様な新薬が話題に出ていますが、これらはどれほどの効果があるのでしょうか?また、いつ頃発売になるのでしょうか?
Commented by hayanoya at 2010-01-20 13:44
黄色いクマさん、コメントありがとうございます。

リフレの効果減弱は、kyupin先生言うところの
「腰折れ」ってやつでしょうかね?リフレックスがセロトニン放出系に直接
関与しない薬であることが関係しているのかもしれませんね…。
増量は試してもいいように思いますが、以前ほどの劇的効果が
見込めるかどうかは疑問ですね。

ちなみにルラシドンは大日本住友が現在開発中のSDAで、ルーランの
親戚みたいな薬です。米国発売もまだなので日本上陸は当分先かも。
ウェルブトリンはグラクソが発売している抗うつ薬です。ブプロピオンという
一般名の方が有名かもしれません。NDRIという比較的珍しい薬理を
備えている薬で、海外では一般的に使われてますが日本はまだ
第三相臨床試験中だったと思われます。こちらも大分音沙汰がない
ので、発売は当分先(あるいは開発中止?)になりそうですね。
Commented by hogehoge at 2010-01-21 06:19 x
その後いろいろ調べたら、エビリファイがアメリカで自閉症の適応を取得
していました(昨年末)。ドーパミンスタビライザーなので、実は使われて
いたのだそうです。
Commented by hayanoya at 2010-01-21 18:07
スタビライザーとかいう作用ひとつで、統失、うつ、自閉、感情調節と
まるで一時期のルボックスのようなもてはやされっぷりですね>エビちゃん
久々の純国産薬なので、大塚には頑張って貰いたいものです。
でもしょっちゅう包装変更するのはやめてー><
Commented by ellis at 2010-01-21 20:26 x
鮠乃屋さま。
再びお邪魔します、ellisです。
昨日、精神科の主治医にねだってみたら(リンク先)、あっさりとれめるが出ました。
漢方の主治医のところはリフレックスだそうですが、なんとなくれめるの方が嬉しいのは何故でしょう(苦笑)。
気になっていたフラスコマークを確認しました。
私には乳鉢とすりこぎ(?)にしか見えない……。
普通のあのSPマークが使われないのは何故? と、素人なので首を傾げてしまいます。
あと、「TZ3」って書いてあるのは何の略でしょう?固有識別番号みたいなものなのでしょうか。

ちなみに眠気は全然やって来なくて、拍子抜けしました。
(むしろ警戒してロヒプノールを控えた分だけ、すっきり目覚めてしまいました)
再来週には30mgに増えるそうですが、どうなるかなあ。
病院の採用薬が少なく、合うものもほとんどないので、れめるはかなり期待の星です。
鮠乃屋さまのサイトはいつも分かりやすくてためになります。
これからも期待していますね! 頑張ってください!!
Commented by 黄色いクマ at 2010-01-22 19:28 x
hayanoyaさん、御返事をありがとうございます。

「ルラシドン」や「ブプロピオン」など、新薬に関する情報があったらお知らせ下さい。
私の「リフレックス」の腰砕けには、期待していただけ絶望感が高いです。
「エブリファイ」はアカシジアが出てダメでした。他にも、今、発売されていて使えそうな薬は、ほとんど試してみましたが、ダメでした。主治医には、今の私には、もう試す薬が無い、とまで言われてしまっていて.....困ったものです。
Commented by hayanoya at 2010-01-23 16:11
>ellisさん
レメロン処方おめでとうございます!おめでたいのか?
フラスコマークをフラスコと判別できる人はいるんでしょうかね…
黄色いクマさんのように、腰折れしないことをお祈りいたします。

TZ3のように、アルファベット2文字+数字というのは旧オルガノン時代
からの伝統ですね。テトラミドはCT、レスリンはXDです。意味は謎。
開発コードなので特に深い意味は無いのかもしれません。
海外ではレメロン30mgおよび45mgが発売されており、
それぞれTZ5、TZ7の名前が付けられております。
家電や車業界では商品を開発番号で呼ぶのが常識的ですが、
薬業界では普通に商品名で呼んでますね。コードだと誰も分からんし。

>黄色いクマさん
薬が合わないのは辛いですね…。とりあえず、SNRIのサインバルタが
先日製造承認通過したので、今春には発売されるかと思います。
またブログでも取り上げると思うので、しばしお待ち下さい。
Commented by 黄色いクマ at 2010-01-23 18:54 x
新しいSNRIが出るのですね。
今までのと、どこが違うのでしょうか?
楽しみにしています。
また、新しい薬が出たら教えてください。
宜しく御願いします。
Commented by hayanoya at 2010-01-27 15:14
基本的にはトレドミンとあまり変わらない気がします(汗
多分受容体への結合能が変わるだけでしょう。
それだけでも合う合わないが違ってくるのは人体の神秘ですね。

正直レメロンほどの話題になる薬では無いと思うんですが、
疼痛緩和に優れているそうなので、内科では重宝するかもしれません。
Commented by 苔魂 at 2010-03-02 00:50 x
hayanoya様

リクしておきながら、コメントできず申し訳ございません。

こちらに書き込みをさせて頂いた直後ぐらいに、
れめるたん(リフレックス)を処方され、昏睡状態でした。
少し言いすぎですが、それくらい眠気が酷く、
何もできませんでした。
今日の診察でれめるたんとはおさらばいたしました。

カワイイちびまる向ちゃんたちの画像頂きました。
ありがとうございます。薬箱に貼ろうかと考えております(笑

レキソたんの2mgバージョンですが、2Pキャラというよりは
トップ絵のレキソたんの2頭身バージョンがかわいいのではないかと・・・。

お時間の有り余っている時でかまいませんので、
創作意欲が沸いた時にでも、考えてやってくださいませ。
Commented by hayanoya at 2010-03-04 18:50
れめる、脱落率高いですねー…・゚・(つД`)・゚・
認容性が12番中7位なのもうなずけます。
やはり普通のSNRIの方が使いやすいかもしれませんね。
というわけでサインバルタにちょっと期待がよせられつつあります。

2頭身れきそですか、了解しました。ヒマな時に作ってみます。
いつの間にかトップ絵が変わってるかも?
Commented by かめお at 2010-03-19 23:49 x
私に、れめるは合っているようです。30mgになった2週間はとにかく眠かったのですが、それを過ぎると特に問題も無く現在に至っています。れめるが運用に乗ったので、トレドミンとリーマスが終了になりました。私の場合、肝機能に問題があるのでリーマスの運用は難しかったと主治医は言ってました。

主治医によると、「れめるは合う人と合わない人が極端に分かれるらしい」とのこと。一番大変だった薬はパキシルですね。あれは辛かったです。私にとっては待望の新薬になりました。
Commented by hayanoya at 2010-03-23 18:07
>かめおさん
脱落率の高いツンデレれめるタンとお付き合い出来る方が久々に!
破局しなかった原因は何でしょう?やはり妥協と忍耐強さでしょうか(笑)

ぱきるは一度捕まえた患者を逃さないという点でれめると異なりますね。
どっちも個人的には、余り関わりたくない連中ですが…。
Commented by しゃけ at 2010-04-22 13:58 x
れめるとまちのコンビで半年続けてきましたがドクターからサインバルタを処方すると言われました。とりあえず4日~一週間様子見で、状況次第でまちを減らして良く予定だと。
気分がずっと低空飛行だった自分にはサインバルタが頼みの綱になりそうです。
Commented by hayanoya at 2010-04-22 20:05
サインバルタは意外といい薬かもしれませんね。
少なくともレメロンのような眠気は無さそうです。

擬人化してアップしたいんですが、4月は忙しいので手が付けられない…。
申し訳ないです。
Commented by 黄色いクマ at 2010-04-29 23:26 x
レメロンを脱落した者です。
2日前から、「サインバルタ」を飲み始めました。
今のところ、何の変化もありません。
しいて言えば「便」がゆるくなった程度かな?
みなさんで「サインバルタ」飲み始めた人はいませんか?
状況、をお知らせ下さい。
Commented by hayanoya at 2010-05-02 22:37
サインバルタの1週目は準備期間なので、副作用が出ないことに
むしろ安心をするべきかもしれません。
経過報告をお待ちしております(^^)/
Commented by 黄色いクマ at 2010-06-06 00:39 x
「サインバルタ」、1ヶ月間飲みました。
「からだ全体がかゆい」、「口が渇く」、「手が震える」、という副作用が出て耐えられず、結局あきらめました。
気分的には、まあまあだったのに残念です。
現在、レメロン(リフレックス)、15mgを再開していますが、気分はいまいちです。
でも副作用が出ないだけ、ましな感じです....^o^;
Commented by araessassa at 2010-06-22 22:26 x
初めましてです。レメロンについて検索していて入り込んでしまいました。現在れめると出会って2ヶ月の心療内科受診者です。眠気も口渇感も吐き気もなし、憂鬱や不安もなし、しかも眠りの質が良くなり私にとっては効果的なお薬でした。最初パキシルとソラナックス+睡眠薬を処方してもらってだいぶ良くなったのですがどうしても朝の憂鬱が治まらなくてれめるを追加処方されました。1週間といわず即効でした。発症まえよりもっと前向きな自分がいて、もう長いこと隠れ鬱病だったんだなーなどと考えています。が、しかしいいことばかりではなかった。強いて言うなら幸せ太りでしょうか、気がつくと鬱で不眠、食欲不振の頃に比べ8Kg増加してしまいました。たしかにれめると出合った頃から食欲増進し甘いものをばくばく食べ、食事もしっかりとり、寝る前まで食べたり。これでは太って当たり前なのですがこれって、しっかり自覚してコントロールすれば太らずに済むのでしょうかねー。次回の診察時にDr.にも聞いてみるつもりですが。それと、ぱき子と一緒に処方されています。ソラナックスも。これってどうでしょうか。
Commented by hayanoya at 2010-06-23 13:34
araessassaさん、コメントありがとうございます。

レメロンとパキシルとソラナックスの併用は特に問題無いと思います。

体重に関してはまぁ、鬱で食欲不振状態であるよりは健康的かと。
鬱状態から抜け出すと食事に幸福感を見いだして一過的に過食状態に
なるようですが、慣れれば自制出来ると思いますよ♪
Commented at 2010-09-04 00:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 根暗人 at 2010-09-17 01:57 x
るみの件でニュース検索をしていたらこんな記事が…!
「抗うつ剤エスシタロプラムを承認申請―持田製薬」

これは入園試験に合格するとDクラスの生徒が増えるって事ですよね?
SSRIでれめるとはライバル関係ですが、他に最適な記事が無かったのでこちらにコメントを致しました。
Commented by hayanoya at 2010-09-17 05:36
申請した、と言う記事なので、承認されて販売されるまでは
最短でも1年近いラグが…来年の本には間に合わなさそうです(泣
でもまぁようやくSSRIの本命が日本で発売されそうで、朗報と
言ってもいいんじゃないでしょうか。タイアップが持田なので、
売れるかどうかは吉富の営業力にかかってますが…。
Commented by 沸騰水型安崎 at 2011-02-27 10:04 x
自宅勤務で社会復帰したところ、かなり精神的にまずくなりまして、昨日医者に駆け込んだところれめるデビューとあいなりました。今日未明までは「あー、ちょっとぬるい眠気が」というくらいの感じだったんですが、一夜明けたら一変。これはかなり眠くなる薬ですね。
これは継続しやすさが中位というのもちょっと頷けます。うつに理解のない会社だったら、れめる飲んで仕事したらクビになりかねませんww

今、これまで飲んでいたアモキサン50mgと併用という形になっているんですけれど、アモキサンとれめるの併用ってどんな感じなんでしょうか?素人なりに、今日の治療薬とかの説明を読んでみた限りでは、この併用だとモノアミン3種全部カバーする感じで結構良さげなのかなぁ、と思っているのですが……
Commented by hayanoya at 2011-03-01 18:02
アモキサンと、というよりトランスポーター阻害系の薬とレメロンはどれも
相性が良いように思いますが、急激にセロトニンレベルを上げすぎて
焦燥感や不眠・発熱などの症状が出やすいので注意が必要です。

レメロンの眠気は最初の1週間が勝負!…でも眠気は結構1日中持続する
ので、通院外来のサラリーマンには向かないですねこの薬。
Commented by るなっぺ at 2011-08-07 07:37 x
すごいすごい!れめる!
私の悩みを全部解決してくれた、驚きの威力!
寝つきが悪く眠りも浅く、寝起きはチョー機嫌悪い私ですが、こんな、なんか魔法にかかったみたいに寝たのって、風邪引いてダウンしたあな大学進学の時以来?!

私の悲しみも辛さも、胸をえぐられるくらい痛かった苦しみも、なくしてくれた。

命の恩人・・・れめる。
Commented by hayanoya at 2011-08-08 13:32
るなっぺさん、コメント有り難うございます。

れめるが著効したみたいで良かったですね♪
眠気は不都合のように言われてますが、不眠傾向にある人にはやっぱり
いい薬であることに間違いないようです。効果はランセットの折り紙付きだ!
Commented by わ~い、お茶 at 2011-08-08 23:14 x
こんばんは、久しぶりに投稿させていただきます。以前は「ていくおふ~」でしたがHNを変更します。リボリトール錠の箱の写真がありましたが、私が思うにあの箱の白さはどうも違和感と言うか具合の悪い時に見るとやはり落着かないのでは、と思います。私個人が病院に余り良いイメージを持っていないせいかもしれませんが・・・それでもしかしてはやのやさんは「薬にも遊び心を」と言う事で薬の擬人化を思いつかれたのかも、と思いますがどうなのでしょうか?(小さい頃はよく病院にかかりました。内科、外科、眼科、耳鼻科、歯科、一番嫌だったのは歯科です。歯科は今でも嫌です。内科や外科、眼科は待合室が全体に暗く、さらに関係者以外は立ち入ってはいけない所は真っ暗で怖かったです。病院の階段も上の方に「関係者以外立ち入り禁止と書いてあると怖かったし、看護婦の人が1人で階段を上がって行くのを見てなんとも言えない怖い気分になった事もあります)長々とすみません。
Commented by hayanoya at 2011-08-10 13:41
擬人化を始めた理由…そこに薬があるから!
あとは備忘とか暇つぶしとかコミケに並ぶのに飽きたとかその辺で。

歯科が好きな人なんて大人になってもそうそういないと思いますよ?
最近の歯科は痛くない所も増えましたが(痛い所も一定以上存在する
Commented by たかゆうき at 2012-07-26 02:52 x
はじめまして。
レメロンでれめるですか。
シェリング・プラウということはてとらとくらりとてぃんとなぞぅの仲間でしょうか?
Commented by hayanoya at 2012-07-27 02:20
シェリング・プラウはMSDに吸収されてしまってもうありません。
レメロンはオルガノンが飾った有終の美です。
シェリングは横取りしただけ。
Commented by なつめ at 2013-06-17 23:20 x
初めてコメントさせて頂きます。

レメロンに助けられた一人です。
PD発症から鬱になり7年目、れめろさんに変更したら1週間ですっきり!びっくり!
ただし、2週間で5キロ体重増加のオマケがつきまして、それがストレスでバルドキサン(日本で発売されてるのかわかりませんが)に変更、また鬱に逆戻りしました。
しかし、鬱よりデブを取れという家族の励ましで、れめろさん再開。
身体が馴染んだのか、再開後の体重増加はなしです。
れめろさんと相性が良いという主治医の処方でゾロフトを朝服用、れめろさんは夜30mgで安眠しております。
起床時の気分、いいです。
眠気を日中まで引きずることは、私はないですね。
れめろさん、ありがとう。

あ、ワタクシ、海外在住10年でして、ジャパングリッシュで主治医との意思疎通を図るべく頑張っております。
これ、けっこうストレス・・・
Commented by hayanoya at 2013-06-19 02:32
なつめさん、コメント有り難うございます。

日本でも発売を望まれているヴァルドキサンの貴重な服薬レポートを
有り難うございます。レメロンより効かない…だと?
発売当初こそ近所の医師もおそるおそる使ってて、眠気が朝に残るや
すぐに処方変更してたものですが、最近は感覚が麻痺してて
普通に45mgとか出しておられます(笑 サインバルタとは薬価も
効果も登場時期も被るライバル。瞬発のれめる、持続のさいんと
言ったところか。どちらも疼痛の適応を取り始めており、ここでも
しのぎを削っております。

10年立っても日本なまりは抜けないのか…日本語も怪しい私が
海外で生活するのは無理だな(断言
Commented by なつめ at 2013-06-19 15:36 x
鮠野屋さん、ご返事ありがとうございます。

ヴァルドキサンは日本未発売ですか。
こちら(中東某国)は、ガンガン新薬を承認し、OTC薬品も日本と差があります
ヴァルドキサンは4ヶ月ほど服用、どんどん凹み、私には全く効果なし。
れめろさんで増加した体重は、中止後2週間で元通り。
私の場合は浮腫、水分が体中に溜まっている感じで身体の末端部(足指・脚・手指・腕・顔)が風船状態。
他に、シプラレックス、ファベリン(ルボックス)、トリプチゾル(眠気と口渇感が酷し)などを使用するも、れめろさんの断トツ即効には遠く及ばず。
不眠対策にリボトリール、ドルミカムの使用経験あり。
リボトリールは眠気を日中まで引きずる、ドルミカムはマイスリーやアモバンより効果薄です。

続く・・・
Commented by なつめ at 2013-06-19 15:43 x
引き続きですみません。

イミグラン、ナラミグ、ボルタレン、インデラール、タミフルなどもOTCなので、偏頭痛、腰痛持ちの私は助かってます。
イミグランはセロトニン関係のゾロフトと重なるので慎重にやってます。

この国は、薬の在庫が全国的にゼロになることが頻発、現在はPDの頓服ザナックスがゼロで、代替にヴァリアムを使用してますが、効果なし。
睡眠導入剤の品揃えが貧弱なように思います。
マイスリー、アモバンは帰国の際、お世話になっている心療内科で出してもらい、大事に使ってます。

所変われば品変わるです。
Commented by hayanoya at 2013-06-20 03:01
60年代くらいの日本であれば、医療用薬もガンガンOTCとして発売
してたし、海外薬の認可も滅茶苦茶早かったのになぁ…。
サリドマイドとハイミナールのせいで、流通が厳格になった結果
世界中で評価されてる優秀な海外薬すら入ってこなくなり
OTCも生薬や特許切れ薬入りの腑抜けたモノしか無いと言う皮肉。

でもベンゾジ系は多分日本が一番充実してるように思いますね。
流通も世界一整頓されてると思います。いったん決まったルール
上だと非常に強いのが現代日本の特色。良くも悪くも安定志向です。
Commented by なつめ at 2013-06-20 18:27 x
hayanoyaさん、

流通に限らず、日本は物事がほぼ100%近く予定通りに進行する、類い稀な国です! キッパリ!!
それが当たり前で育つと、こちらの悠長さ、いい加減さにイラつきますが、今は日本が特異なのだと思うようになりました。
日本万歳!

あ~、帰りたい。
Commented by hayanoya at 2013-06-21 01:23
この恵まれたインフラに慣れきっているので、私は海外旅行をしたい
という気分が起こりません。まぁまとまった休暇もとれないけど。
でも英語は話せなくて良いから読めるようになりたいと思う今日この頃。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.