トップ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
タグ
最新のコメント
ご無沙汰してます、本業に..
by 烏羽玉 at 18:50
某かまってちゃん国家が核..
by えふだ at 22:04
関西組は本日20分遅れ(..
by クランベーザ at 03:14
デパスは健気系幼馴染でひ..
by クランベーザ at 02:08
>モリとかカケ 森友学..
by えふだ at 21:50
私もある本(多分別の本)..
by うさぬゅーみ at 03:09
TVはリアルタイムで見な..
by hayanoya at 22:40
>えふださん 読み通り..
by hayanoya at 22:35
更新お疲れ様です。 ざ..
by ひとまず at 08:50
半年だそうです。 木曜..
by クランベーザ at 03:48
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



向精神薬擬人化外伝:Sonata
プリキュアにハートがキャッチされる今日この頃でございます。
馬越センセイの低等身キャラはやっぱり素晴らしいですね!
デザインがシンプルかつ躍動感があって安心して見ていられます。
私の目指す擬人化の理想像ですよ!

さて、同人誌の読者の方から超短時間型睡眠薬「Sonata」の空箱を
頂いたので、ついでに擬人化に挑戦してみました。
f0133373_19134075.jpg

頂いたのは冬コミ前なので、既に3ヶ月くらい前ですね。
無精でスイマセン…。

f0133373_19105866.jpg一般名はザレプロン。
規格は5mg/10mg?他にもあるのかな?
日本では現在発売されてません。
従って愛称も決まってませんが、
まぁ、「ソナタ」でいいと思います。
カタカナなのは学園生じゃないから。

ソナタ、という名前から安直に
ピアニストを連想しました。
ト音記号のポニーテール、というのは
いかにもありそうだと
ググったりピクったりしてみましたが、見つからなかったので
多分ネタ被りはないかと。

前髪は一応ワイスのWを逆にかぶせた
感じ。それじゃMじゃねーかというツッコミは却下。

イブニングドレスは外箱デザインベース。シャンパングラスに
プースカフェをソナタ色で作って飲むのを趣味としている。
組成は不明だがきっと常人には飲めない味であろう。
外箱もPTPも簡単な配色なので、服装は実にシンプル。
もし日本デビューしてたら黄色と白のツートンになってたのかしら。

ワイス家の秘蔵っ子であり、天才ピアニスト。超絶技巧の指さばき。
十八番の曲「ティーハーフ・ワンナワー」は、弾き始めでいきなり
眠らされ、1時間で覚醒させられ、なんだかよく分からないうちに
終わってしまうと評判を呼び、各地で絶賛を浴びたという。

日本でのコンサートツアーも決まりかけていたが、ワイスパパの
知り合いである武田おじさんに「ボラギノールのピアノソナタ」を
弾くようせがまれ、後でそれが痔の薬であることを知って激怒。
ワイス家と武田家は絶縁状態になってしまい、ソナタの日本デビューは
お蔵入りとなってしまった。

世界的アイドルとなった舞に対抗すべく、幼少の頃から隔離されて
英才教育を施されていたため、他のワイス4姉妹(わっくす、えば達)と
面識はなく、自分は一人っ子だと思っている。舞に対するライバル意識は
あまり無い。それどころか舞およびルネ(実は変装したあも姐)と共に
「HypnoticZ」というガールズバンドユニットを結成して、
全米横断ツアーとかを行ったりしている。

口調は比較的穏やかだが、芯が強く迷いがない。かなりの短気で、
人の意見をすぐ遮って自己主張を通すところがあり、舞やルネと
喧嘩になることもしばしばある。しかし根に持たないので、和解も早い。

昨今の業績不振で、懐の厳しくなってきたワイス家では彼女の
ピアニスト活動を支援し続けることが厳しくなり、ファイザー家の
養女となることがほぼ決まっている。日本にまだ理解のあるファイザー
パパの意向によっては、学園デビューもありえるかも?



ザレプロン(ソナタ)は1999年に欧米で発売された、比較的新しい
睡眠薬です。93年に米国デビューし、年商1000億円以上を
叩き出した睡眠薬の王者ゾルピデム(マイスリー)に追随すべく、
アメリカン・サイアナミッド社(現ワイス)が開発しました。

ワイスというメーカーは、ハイロング、ワイパックス、レストリルなど
薬効自体は優れており固定ファンも大勢いる薬を開発するものの、常に
要所で現れる強力なライバル薬(セルシン、ソラナックス、ハルシオン)に
売り上げで負けるといった、家電で言えばソニーのような所です。

今回のザレプロンも勿論その運命の薬で、年商は80億円程度と振るわず、
マイスリーのライバルというのもおこがましいポジションにあります。
しかしピラゾロピリミジン骨格系睡眠薬という、過去に例のない独自の
系を開発した業績は高く評価され、イミダゾピリジン系のゾルピデム・
シクロピロロン系の(エス)ゾピクロンと共に頭文字のZを取り、
「Z Drugs」と呼ばれて、新世代睡眠薬御三家の一角として
扱われています。

まぁ新世代といってもロゼレムの様に全く別の薬理を持っているわけでは
なく、やはりベンゾジアゼピン受容体に作用する薬であることに変わりは
ありません。日本では92年に治験が開始されましたが、フェイズ3で
中止されました。おそらくはハルシオンを上回る有用性を得られなかった
為だと思われます(マイスリーも同じ理由で一度中止している)。

ソナタを睡眠薬として見た場合、注目すべきはその作用の短さです。
血中濃度半減期が1時間、4時間以内には排泄されるという際だった
切れ味は、正にウルトラショートの名に相応しいと言えるでしょう。
さすがワイパックスを作ったメーカーだけありますね。

おそらくは効き目が短すぎるが故に、不眠症に使いづらいのだとは
思いますが、寝付きを良くするという効果のみが欲しいのであれば
むしろマイスリーよりも好都合であると言えます。時差ボケや夜勤明けの
仕事など、ライフスタイル修正の為の薬として十分な存在価値が
あると思います。出来れば日本でも治験を再開して欲しいんですが、
日本市場にあまり熱心でないワイス単体では無理でしょう。

そんなワイスですが、おそらく今年中にはファイザーと合併が完了
すると思います。ソナタの日本販売に実現性があるとすれば、
バイアグラやチャンピックスといったライフスタイル改善薬を
推し進めているファイザーが目を付けてくれる事かと思います。

しかしながらファイザーは、米国ニューロクライン社と共同で
ザレプロンと同系統の睡眠薬であるインディプロンを開発してFDAに
申請したものの、承認が通らず見事に惨敗したという苦い記憶を
持っています。そんな会社がただでさえ売り上げの振るわない
ソナタに興味を持つかどうかは微妙なところですね。

日本で発売されてないためあまり詳しい内容が分からないので、
この薬に対するコラムはこれくらいにしておきます。
個人的にはロゼレムよりよほど価値がある睡眠薬だとは思います。

つい先日、モダフィニル(モディオダール)が抗時差薬という名目で
FDAに認可されました。時差ボケがようやく病状として扱われる時代に
なった訳です。時代を先取りしすぎて沈んだソナタも、これを受けて
再び注目されるようになると面白いですね。
[PR]
by haya by hayanoya | 2010-02-25 19:20 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(19)
        TOPに戻る▲
        
Commented by かめお at 2010-02-25 21:09 x
私が使う薬局は、箱出しが好きでイミグランの点鼻や皮下注を箱のまま出してくれるので大人買いの気分を味わえます(笑)

ソナタは聞いたことはありましたが、そんな薬なんですね。実はマイスリーが残ることが多いのでソナタは少し気になってました。睡眠時間は取れないけど直ちに眠りに入りたいときは重宝しそうな気がするのですが、日本での販売は難しそうですね。

まあ、モディオダールを処方されているので困らないのですが、毎日落として翌朝上げる生活というのも時々しんどいことがあります。
Commented by neko_damashi at 2010-02-25 21:48 x
新キャラ来ましたね。
>かなりの短気で~~しかし根に持たないので、和解も早い。
薬物動態的設定がいいですねぇ。

米国のサイトをググってみましたが、外箱は白と青でカプセル自体は白と緑なんですね。
いやしかし流石新薬、米国ではマイスリー(Ambien)同様$6~10/Cap(10mg)位する様ですね。日本で販売したら(出来たら)高くても¥100/C位ですかねww

またの新ネタお待ちしております。
Commented by hayanoya at 2010-02-26 20:56
>かめおさん
湿布140枚入りの段ボールを箱渡ししたことあります(笑)
デカ病院だと90日とか当たり前のように処方してくる…。
しかも初服用なのに…。

アッパー系の抗時差薬があるなら、ダウナー系もあっていいですね。
概日リズム睡眠障害がもっとメジャーな病気になれば、
ソナタはむりでも、その後継種が発売される可能性はあるかも。

>neko_damashiさん
日本では類似薬に合わせて薬価が決められるので、マイスリーと
ほぼ同じ価格になるでしょう。画期性加算も付きそうにないし。
にしても米国サイトの薬の値段はアホみたいに高いですね…。
薬価制度は製薬企業の発展を妨げるものとして批判が強いですが、
こんな値段で売らなければ薬局の利益が出ないというなら、
今のままでいいなぁと思います。
Commented by hogehoge at 2010-02-27 12:12 x
チェックが遅くなりましたw

なかなか高貴なキャラでいいですね。私もピアノやらオルガン(パイプもどき)やら経験があるので雰囲気わかります。いかにも、な雰囲気がありありで。衣装もセクシーで。彼女とはぜひシャンパングラスで乾杯したいものです。

ただ、リンク先のボラギノールのソナタ、そっちに興味がすっ飛んでしまいましたw
あれ、ソナタ形式として出来すぎです。しかもかっこいい。
世の中にはとんでもない職人さんがごろごろいるようで。
#音大の作曲科の人や教授なんかが気晴らしで作ってたりして?!
Commented by うさぬゅーみ at 2010-02-27 21:42 x
新作キターー!!
超短期型睡眠剤ですか。処方されてみたいです。
毎週日曜朝にプリキュア寝過ごさない為にも(違
実はハルシオンもマイスリーもあんま効かなくて……。

ト音記号型ポニテが見事すぎます。
さすがにこれは、初めて見ました!
こういう斬新な発想を見ると本当に感激してしまいます。
Commented by hayanoya at 2010-02-28 12:16
>hogehogeさん
楽器系は全然やったこと無いのでよく分かりませんが、
素人耳にもボラギノールソナタは凄いと思います!
こういうのの作り方を勉強するのがのだめカンタービレで言う
アナリーゼっていう奴ですか?詳しく勉強してれば
クラシックとかももっと興味深く聞けるかも知れませんね。

>うさぬゅーみさん
いきなり寝坊して今朝見逃してしまいましたorz
目覚めのいい眠剤というのは、私も痛切に欲しいです!
ト音記号ポニテは正直、横と後ろから描く自信がないです(汗
髪型のストックがとっくに底をついてるので、奇妙な髪型を
ムリヤリ考えておりますです…。
Commented by hogehoge at 2010-03-01 19:09 x
アナリーゼは「分析」ですね。analyzeのドイツ語みたいです。
演奏するにあたって曲の構造を分析して、どう演奏するのがいいか、音のつながりと切れ目はどうか、どのぐらい切ったらいいか、強弱は、楽譜にない一瞬のまわいは、…などなど考える作業です。
作曲は…形式から和声学から対位法からいろいろありますね。
動画のソナタ形式の解説は非常に的確なので、
長いシンフォニー(も、管弦楽のソナタです)などにあてはめると聴きやすいと思います。
「運命」の1楽章をこの解説にあてはめると非常にわかりやすいです(ただし女装じゃなかった序奏はない。いきなり提示部。)

でもやっぱりボラギノールのソナタは今日仕事中ずっと鳴りっぱなしで、衝撃強すぎました…
Commented by hayanoya at 2010-03-04 18:56
アナリーゼむずっ!
作曲なんて個人の感性だと思ってましたが、結構理論的なのですね。
デッサンがきちんと取れてないとディフォルメできない、とかいうのと
同じような事なんでしょうか。音楽も絵も、基礎がきっちり出来てる人は
尊敬しますね~。
Commented by わっふる at 2010-03-27 21:56 x
時差ぼけも病気と認めてくれるのですね。
いい時代になったものです。

ところで先日大いに世間を賑わせた某ウッズさんの
S◯X依存症なる病気の治療薬なんてあるんでしょうかね?
そもそもあれは男の本能でむしろたくましい男性で
凄いというか羨ましいくらいなんですがw

ロレゼムよりむしろ普通にメラトニン処方はダメなんでしょうか?
Commented by わっふる at 2010-03-27 22:12 x
あ、書き忘れた(汗;
先生にひ弱な男が絶倫になるにはどうしたらいいかって
相談できるんでしょうかねw何科になるんでしょうかね
危ない薬とかじゃなくて
バイアグラとかは違う気がするし
Commented by hayanoya at 2010-03-30 00:01
わっふるさん、コメントありがとうございます。

メラトニンは脳で分泌されるホルモンなので、外から取り入れても
すぐに分解されてしまうようです。ロゼレムはメラトニンっぽい
構造をしてますが、容易に分解されないように出来てます。

○EX依存症とやらが病気として存在するかは分かりませんが、
というかウッズさんは病気では無いと思いますが、
性衝動を抑えたいだけなら女性ホルモンでいいと思います。
逆の症状、すなわちEDは精神科・泌尿器科両方で受け付けて
ますね。今のメス化社会、その手の相談も多いのではないかと。
Commented by Heimdall at 2010-04-04 18:32 x
お久しぶりです。
これ、服用してみたいんですよ。ロゼレムも何とか販売に、こぎつけないかな。

十代半ばにイソブロカクテルをいきなり処方され、約8か月ほど服用していたからなのか、本来、8時間以上眠らないと、参ってしまう長時間眠る人間(ナポレオンとかエジソンの反対ですかね。歴史上ではデカルトとかアインシュタインなんかがそうだったらしいです)だからなのか、どうも、ベンゾ系は効きが悪くて。せいぜいロヒプノールがかろうじて、たまに効くくらいで。

アモバンはあそこまでとはおもわず錠剤2錠思わずかみ砕いて服用してしまい、眠るどころのさわぎでなくなったしあのときゃ、ペットボトルのジュースを一晩で3本空にしてしまいました。舞ははじめ少し効いたくらいだし。

先刻ご承知のかの名医がとうとうラボナを処方しましたことがありましたが、これが、やはり一番効いたなあ。でもやはり、だんだん量を増やしてしまい、レンタルビデオ店でふらふらで出かけてひんしゅくを買ってしまい、コントロールの自信がなくなり、こちらから、中止を申し出たりで。

う~ん、とかく眠剤はむつかしい……。
まだまだ険しいですね。睡眠コントロールの道は。
Commented by Heimdall at 2010-04-04 18:33 x
ソナタと、ラボナと言えば、、

最近、グレン・グールドの若き日のインタビュー集兼写真集みたいのを読みまして。
二十代で向精神薬を愛用して、そのインタビューの時点では、アミタール(アモバルビタール)と、イークアニル(メプロバメート)は使ってみたそうで、次にはドクターはラーガクティル(クロルプロマジン)を用意しているそうで、(彼曰く)「…でもラーガクティルは幻覚だかの副作用があるから、2週間は見なくちゃ」云々。

以前読んだ、書簡集にも薬に言及したところも結構あったりして、いろいろなじんでいたようです。晩年の発言によると「ネンブタール」(ペントバルビタール)を(理由は言っていないが)やめてからラジオかけながらでないと眠れないなんて発言も。

今世紀に入ってから、グールドの研究は非常に進んだ感じがありますが、日本の太宰や芥川同様に薬好きだったこの天才ピアニストの薬(精神医学領域以外でも、そりゃもうあれこれ服用!)の使用量は、体に害を与えるほどだったとかなんとか。(つづく)
Commented by Heimdall at 2010-04-04 18:34 x
私もADHDの対症療法としてリタリン10年間服用していましたからね。
例のどうかんがえても腹の立つ打ち切り以来、数々の非常な日々の困難と、例の名医に連絡とって泣きつけば、おそらくは「非公式」に、コンサータが服用出来るかも市内のに、あえてしないのは、薬の効き目に甘えすぎ低多、という反省もあったりするからなわけですが。

グールドの本読んでいて、ソナタと、音楽つながりで、グールドの薬好きを書いてみました。
Commented by sonataを注文してみました at 2010-04-06 10:48 x
hayanoya様
何時もお世話になります。
自分はマイスリー、ドラールが無効、rozeremも駄目でした。
eszopicloneは効きますが作用機序がBZD系同様らしく血圧が乱れ使いずらい。
sonataがどんなものか楽しみです。
自分に都合よい薬剤がなかなかなくて困ったです。
                taniyan
Commented by hayanoya at 2010-04-06 21:43
>Heimdallさん
昔の文豪は、睡眠薬を嗜むのがステータスみたいなところがあります
ね…今の芸能人における大麻みたいなもんでしょうか?
私は眠れなくて悩む…というよりは起きれなくて悩んでますが(笑)
バルビツレートは確実に遅刻しそうなので飲みたくないですね。
そんな意味でも、文字通りの超短期型睡眠薬であるSonataを
発売して欲しいなぁと思ってます。日本でも覚醒リズム障害が
メジャーになれば…?まずはロゼレムに頑張ってもらわねば。

>taniyanさん
Sonataも一応ベンゾジの亜流なんですが…(汗
睡眠薬は体を寝かしつける薬なので、多かれ少なかれ血圧を
下げる方向に働くと思います。エスゾピクロンが効果あるという
のであれば、アモバンも試してみてはいかがでしょうか。
Commented by taniyan at 2010-04-07 13:16 x
hayanoya様
度々ご返事下さりお手数お掛けします。
一昨日、内科の主治医にエスゾピクロン服用を申告したら日本で認可されてないものは止めたほうが良いと言われました。
次回診察での処方以来を考えます。
今はロヒプノール0.5mgとメラトニン1mgで何とか寝付けてます。
有難う御座いました。
         taniyan
Commented by hanjuku at 2010-05-08 11:15 x
ご無沙汰しておりましたはんじゅくです。

気がつけばソナタたんがしっかり擬人化されているしw
シンバルタもしっかり銀化されているし。。。w
しかも「ティーハーフ・ワンナワー」とかしっかりつぼを押さえているところは
さすがです。

ついに待望の?レムたんが日本上陸ですね!
舞のように鬱に使えないとはなってない様ですが
そっち方面の方にはしょんぼりな成績だとか。

武田が今後どうがんばるか期待ですw

ではでは。
Commented by hayanoya at 2010-05-08 19:25
擬人化が遅れて申し訳ありません>はんじゅくさん

欧州から突っ返されたロゼレムを、武田がどう騙くらかして
プロモーションするのか期待しておりますwww
しかしマル向扱いになるんだろうか?乱用はされなさそう…。
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.