トップ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
タグ
最新のコメント
> クランベーザさん ..
by hayanoya at 01:04
紙面が足りないのではない..
by 追伸 at 04:20
以前に、地方では大阪や名..
by クランベーザ at 04:16
> えふださん ガチ宗..
by hayanoya at 11:36
モルモン教のことです。カ..
by えふだ at 21:06
>えふださん カフェイ..
by hayanoya at 18:47
お久しぶりでございます。..
by 名無し伍長 at 20:33
コンサータだめな宗教って..
by えふだ at 21:45
> ひよっこP科医さん ..
by hayanoya at 00:53
> うさぬゅーみさん ..
by hayanoya at 23:51
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



向精神薬擬人化その29:パキシル
冬コミに伴う混乱でDクラス編生産ラインが大幅に乱れております(汗
せっかくヴァルキュリア3と俺妹ポータブルが届いたのにやる暇がねぇ!
ていうかまだタクティクスも終わってねぇ!(泣

…と愚痴っていても夏に間に合わないので、ちまちまと更新していきます。
ルボックスより2ヶ月遅れですが、SSRIのド本命、パキシル様です。
向精神薬占いで「あなたはパキシルです」と言われてから早4年。
まさかこいつを擬人化する日がやって来るとは思ってませんでした。

多分日本で一番知名度の高い抗うつ薬であるにも関わらず、何故か
あまり擬人化されない不人気薬。好きな人と嫌いな人が極端に分かれ、
ニュースでは必ず悪役に仕立てられる不遇な子。

f0133373_16241440.jpg一般名はパロキセチン。
規格は5mg・10mg・20mg。
愛称は「ぱきる」。
(椎名へきるっぽいアクセントで)

服装は特に決まったコンセプトを
持ってません。強いて言うなら
風紀委員長のイメージ?ボブカット+
赤チェック+黒ストは私の趣味です。
配色は頭に10mg・体に20mgのPTPカラー。

パキシルと言えば「シャンビリ」。耳鳴りと電撃は必須かと思い、頭に
鈴、右手にナックル型スタンガンを装備させています。地味で大人しそうな
デザインながら、険のある目つきで存在感をアピールしてます。

薬の擬人化には無数のパターンが存在しますが、それでもある程度の
共通認識というものがあります。ドグマチールは巨乳。デパスは妹キャラ。
ではパキシルは?…そう、「ツンデレ」です。それもツン(デレ)ではなく、
初期型のツン→デレタイプ。服用し始めは吐き気などを引き起こして体に
順応するのを拒み、症状が良くなってきてやめようとするとシャンビリを
起こして引き留める。これをツンデレと言わずして何という!
ツンデレ大好きの日本で大ヒットしたのも、当然と言えるでしょう(嘘

北欧はデンマーク生まれだが、実家が潰れて英国ビーチャム家の養女となる。
英国式のハウスルールになじめず、一時は放逐されかけたが、持ち前の努力と
根性で礼儀作法を身につけ、ビーチャム家の隆盛と共に、秘蔵の才媛として
頭角を現していく。米国に留学中、米国人ローザ・リリーが小説、
「Listening to Rosa」にて大ブレイクしたことに対抗心を燃やし、
「Sugar Sweet, Razor Imps.」を刊行。これもまた世界中でヒットし、
ローザとぱきるは一躍、文学界の寵児となる。

その頃学園では、Dクラスを創設して愛を招聘するも目立った業績を残せず、
早くもDクラス廃止の声が挙がっていた。焦った学長は新たな才能を探すべく
文系分野に目を向け、人気の高い「S.S.R.I.」を読んでいたく感動する。
急遽ぱきるを来日させるべく行政に働きかけ、Dクラス2番目の期待の
ホープとして学園に登録することに成功する。

ちゃらんぽらんな性格の愛と違い、生真面目な性格のぱきるは学長の期待に
応えるべく努力を重ね、ついにDクラスを「抗うつ薬部門」として確立できる
だけの業績を積み立てる。これにより学園は衆目に広く認知され、胡散臭い
オカルト集団としてではなく科学的見地に立った学問の府として厚労省内の
立場を確立したのである。学長はぱきるに頭が上がらず、非公認ではあるが
学園生徒会長的な立場を与えられている。

Dクラスの委員長であるが、人に命令するのは苦手。というより、割と
口下手なので意志を苦労して伝えるくらいなら自分で行動する方が早いと
思っている。成績は優秀だがそれは弛まぬ勤勉の成果であり、天才型では
ない。解決できないことがあると後回しにすることが出来ず、他の案件が
遅滞してでもそれに固執してしまう。あまり上に立つには向いてない。

生徒会長的な立場に立たされているので、他のクラスの被験生たちを
強制的に使役できる学長代行権限「コマンダーシップ2D6」を施行する
ことが出来る。サイコロを二つ振って、出た目の数だけ彼女の命令を
聞かなければならない鬼ルール。普段はそんなに無茶苦茶な事をしないが、
機嫌が悪いときは12以上の命令を要求されることもある。
この権限のおかげで、他のクラスの猛者からも恐れられている。

クールな外見と生真面目な行動で取っつきは悪いが、孤高が好きなわけでは
無い。人付き合いは苦手だが寂しがりという面倒くさい性格。自分から話し
かけるのは億劫なので、ぐいぐいと突っ込んでくる人を待っている。
Dクラスではぞふぃーや愛がそういうタイプ。一旦仲良くなると、結構
甲斐甲斐しく尽くす。ただ嫉妬心も強く、彼女らが他の子と長いこと
しゃべっているだけで一日中不機嫌になる。

厳しい家庭に育ったせいで、下品なジョークに全く免疫がない。ぞふぃーも
愛も下ネタが大好きなのだが、ぱきるの前でそれを披露して電撃をしこたま
喰らわされた事がある。彼女が怒るとまず頭に付いてる鈴が鳴り始めるので、
最近はそれを察知して逃げ出すようになった。



日本において、パキシルは2000年11月に認可されました。発売は同じ2000年、
スミスクライン・ビーチャム社とグラクソウェルカム社の合併により、世界
最大の製薬企業(当時)となったグラクソ・スミスクライン社によって行われました。
2000年当時はプロザック・ゾロフト・パキシルというSSRI御三家が隆盛を
極めていた時代であり、その一角がようやく日本で発売されるという事実は
業界をおおいに盛り上げました。21世紀の日本におけるうつ病治療の
新時代は、パキシルによって築かれたと言っても過言ではありません。

パキシルの主成分パロキセチンは、1978年にデンマークのフェロザン社にて
セロトニントランスポーター阻害薬を探る一連の研究から発見されました。
実は1975年に、パロキセチンの前身であるフェモキセチンが発見されており、
パロキセチンと同等以上のセロトニントランスポーター阻害作用を持って
いました。フェロザン社はどちらかといえばこっちの方に期待しており、
パロキセチンは持続性がある以外、フェモキセチンに及ばないと思われて
いたため、1980年に英国ビーチャム社に売却されてしまいました。
しかしフェロザン社は後にノボノルディスク社に吸収され、肝心の
フェモキセチンはろくに開発されないまま見捨てられてしまいました。

ビーチャム社の中でもパロキセチンは「三環系より安全性は高いが効果に
劣る」と認識されており、あまり熱心に開発されていませんでした。
そのため早い段階で発見されながら、パロキセチンの市場デビューは
ルボックスやプロザックに大きく後れを取ることになります。軽んじていた
これらの薬が、主に米国において非常に好感触であることにビーチャムの
研究員は驚き、ようやく91年に英国でセロキサット、93年に米国でパキシル
の名で発売されました。その前の89年にビーチャム社はスミスクライン&
フレンチ社と合併してスミスクライン・ビーチャム社となっており、
英国有数の製薬企業に成長していました。初動の遅れを取り戻すために、
同社は世界に向けてパキシルの強烈なアピールをします。

「パキシルは選択的セロトニン再取り込み阻害薬、すなわちSSRIである!」

そう、実はSSRIという名を最初に使ったのはパキシルなのです。その
フレーズの新鮮さ、クリーンさは絶大なものがありました。セロトニン
セレクティブ!余計な受容体にくっつかないシンプルな作用!これぞ現代
精神薬理研究の結晶!その響きに魅了された精神科医は数多く、パキシルは
大ブレイクし、広告戦略は見事に成功しました。このためライバルである
プロザックやゾロフトでさえ、このSSRIの名を冠するようになったのです。

日本では意外と早い段階から、パロキセチンの導入を考えていました。
1985年、日本のサンスター社はビーチャム社に打診し、第Ⅰ相臨床試験を
開始しています。しかし当時は肝心のビーチャム社が本気ではなく、この
試験は半ばで放置されてしまいます。90年代に入ってSSRIが本格的に
世界で使われ始めると、日本でもそれを望む声が増え、パロキセチンは
92年に再び第Ⅰ相試験からやり直す事になりました。85年の段階で試験を
放棄していなければ、少なくともパキシルの国内販売を5年は早められ、
SSRI後進国の汚名を受けることは無かったと言われています。

日本での臨床試験において、トラゾドン・アミトリプチリンと抗うつ効果を
比較し、アミトリプチリンには及ばずながらトラゾドンに勝る治療実績と
高い安全性を示しました。更に当時注目されていた疾患であるパニック障害の
治療において優れた治療成績を示したことから、日本初のパニック障害に
適応を持つ抗うつ薬として認可されたのです。

ルボックスと比較すると、パキシルの抗うつ効果は投与初期からかなり
ハッキリ現れるようです。これはパキシルがSSRIの中でも最もセロトニン
トランスポーターへの結合性が強いことに起因しており、ルボックスや
ジェイゾロフトに比してパキシルの力価が高いことの説明にもなっています。
それにパキシルは投与量を2倍に増やすと、その血中濃度が4倍になることが
知られています。パキシルは主に肝代謝酵素の一種、CYP2D6によって
分解されますが、そのCYP2D6の働きをパキシル自身が阻害してしまいます。
これによりパキシルは分解されにくく、血中濃度が非線形に上昇して
見かけの投与量以上の働きをするのです。

またSSRIとはいいながら、パキシルはノルアドレナリントランスポーター
への結合性も結構高く、その意味ではSNRI的な性格も持つと言えるでしょう。
似たような時期に発売され、SNRIと当初はもてはやされたトレドミンが
イマイチぱっとしなかったのも、パキシルがその大体の出番を喰って
しまったのが原因にあったかもしれません。さらに弱い抗コリン作用を
持っており、これがSSRIの中でも比較的抗不安作用が強い要因の一つに
なっているとされています。

それだけの強い効果を持ちながら、パキシルは三環系抗うつ薬のように
アドレナリン受容体やセロトニン受容体への結合性を示しません。これは
心毒性がほとんど無いことを意味しています。三環系抗うつ薬は大量服用
するとすぐに心臓を痛めるので、オーバードーズの恐れのある外来患者に
多量に薬を渡すことが出来ませんでした。パキシルならば1ヶ月分を
まとめて服用されても致命的な状態にはなりません。従って長期投与が
可能となり、何かと忙しい現代人が仕事しながら心療内科に通う、という
現代スタイルが出来ました。SSRIが登場してからうつの患者はむしろ増大
している、という批判が度々取り上げられますが、精神科の垣根を低くし、
うつ病という病状を広く人口に膾炙させ、誰もが気楽にメンタルケアを
受けられるようになった風潮を作り出した事は、パキシルの大きな功績と
言えるのではないかと思います。

パキシルが発売されて6年間、新規の抗うつ薬は日本に登場せず、市場は
パキシルの独壇場となり、年間500億を売り上げるまでに成長しました。
これは概算で抗うつ薬市場の1/4に匹敵します。またグラクソ社の売り込みも
積極的で、2006年には強迫性障害、2009年には社会不安障害への適応を
取得し、新規抗うつ薬の中でも最も治療スペクトルの広い薬であることを
アピールしました。ユーザー数は鰻登りに増え、あまり抗うつ薬に知識の
ない内科などでも普通に処方される薬となりました。そしてその爆発的な
売れ行きと共に、パキシルの影の部分も大きくクローズアップされることに
なったのです。

パキシルの副作用、殊に服用中止時の離脱症状の激しさは、他のSSRIと
較べても有意に強いと言われています。パキシルの半減期は約15時間で
類似薬のジェイゾロフトと較べると短く、プロザックのように分解されても
効果の続く活性代謝物を持たず、また前述の通り自身の分解を自身で防ぐ
薬なので、服用をやめると血中濃度は一気に下がります。この極端な
濃度減少がシナプス間隙のセロトニン量の急速な減少を引き起こすため、
頭痛・めまい・倦怠感・知覚異常などのセロトニン系副作用が発生しやすい
のです。とりわけ知覚異常は特徴的な副作用で、頭を振った際に出る
金属音のような耳鳴りと、感電したときのようなしびれが出るため、
俗に「シャンビリ」と呼ばれて恐れられています。

シャンビリは断薬が急すぎる、ハードランディングな中断が主な原因と
言われていますが、パキシルは長らく10mg・20mgの2種類しか剤型が無く、
ソフトランディングが難しい薬でした。半分に分割しようにもパキシルには
割線が入っておらず、キレイに半分に割るには非常に難しい形をしています。
グラクソはこの問題を10年間放置していましたが、あまりに苦情が多かった
ためか、2010年9月になってようやく5mg錠を発売しました。この剤型は
世界中でも日本唯一のもので、未だパキシル特許の切れていない日本だから
こそコストをかけるに値した、と判断したのでしょう。そろそろ特許が
切れそうだし、新規抗うつ薬の競合品が揃ってきたから切り替えられない
ために作りました、という考えが見え透いています。グラクソのこの
計算高い商売戦略は、さすが外資と言わざるを得ません。商品開発力は
非常に高いメーカーですが、イマイチ私はこの会社を信用できないです(笑

5mg錠は断薬時に使用するようグラクソは説明していますが、パキシルは
服用開始時も血中濃度が急激に上がりやすいので、これに起因した副作用、
すなわち吐き気や下痢などの消化器症状を予防する意味でも、投与初期から
5mgで開始する方がいいように思います。この5mg錠の発売により、パキシル
はようやく細かい調節が可能になります。英国での発売から20年も経過して
日本だけがまともな運用を行えるなら、SSRI後進国も悪くはないですね。

パキシルはまた酵素の阻害作用を持ちます。CYP2D6は肝代謝酵素の一種で、
パキシル以外にも様々な薬の分解に関与しています。そのためパキシルは
ルボックスと並んで相互作用に気をつける必要があります。もう一つ、
一酸化窒素(NO)の合成酵素を阻害する作用があり、男女ともに性機能を
減退させるといわれています。抗うつ薬はどれもその傾向がありますが、
パキシルはそれが比較的強く現れるようです。

もう一つ、パキシルの急速なセロトニンレベル上昇に伴う弊害として
賦活症候群が上げられます。自殺する気力が無かった人が、それを得て
自殺に至る…もちろん抗うつ薬全体に言える話ですが、特にパキシルは
強いセロトニンレベル上昇効果を持つため、「死にたい」と考えている
人に投与するのは文字通りの自殺効果です。パキシルを投与するためには
こういう人を除外する必要がありますが、そこまで注意を払っていない
医師も多く、パキシルの処方量増大と共にこの問題も表面化しました。

一時期18歳未満への処方が禁忌になったことがありましたが、色々と
反発があったようで、今は慎重投与という書き方にとどまっています。
余談ですが、PSPのゲーム「セカンドノベル」にて、あるキャラクタの
自殺に新薬が関わっていたという下りがあるのですが、その新薬の絵が
どうみてもパキシル10mgに見えてワロタ…という思い出があります。

プロザックやゾロフトが入ってこない日本市場で、パキシルは孤軍奮闘を
強いられました。その結果として今の売り上げがあるのですが、
精神科の門戸を広げるという重責は、他のSSRIと分かち合うべきだった
かと思います。パキシルは優れた薬ですが、不相応に売れすぎ、
働かなくていいところまで働かされた印象があります。
過剰な期待とバッシングを一身に受けてしまったこの薬、嫌いな人は多い
ですが、不器用なりに良くやったんじゃないか…と私は思います。
[PR]
by haya by hayanoya | 2011-01-30 16:31 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(46)
        TOPに戻る▲
        
Commented by RIu. at 2011-01-30 17:12 x
RIu.さんはパキシル ぽいです!

 いきなり、そう診断されました。内容も、なんだか外れていないような気がします……。そうか、私はパキシルだったんだ……(笑)。

 まあ、こちらも気分が乗らなかったり、いろいろ忙しかったりで3rd Birthdayとヴァルキュリア3に、手すらつけていなかったりしますけどねー……ぎゃふん。折角買ったのに……。
 っと、ぱきるですが、なかなか可愛く仕上がったと思いますよー! ツン→デレな感じがとても良く出ているのではないでしょーか!
 まだまだメジャーなDクラスがいっぱいいそうな気がしますが……頑張って擬人化に取り組んでくださいませー……。

 因みに、私はサインバルタからエビリファイへ転換中です。非定型向精神病薬もDクラスなんでしょうか? 是非インヴェガの擬人化も取り組んで欲しいのですが(笑)。
Commented by さひろ at 2011-01-31 02:32 x
Dクラスキタコレ!
メールでもその旨お伝えしましたが、先日は通販の発送、ありがとうございました。

さてさてパキシル。
抗うつ剤を飲み始めてから結構経ちます(汗が、実はパキシルを処方されたことがありません。
最初は - まだSSRIが入ってきていなかった頃でしたので - レスリンでした。余談になりますが、三環系以外でSSRI/SNRI/NassAがいろいろ選べる現在では、いったいどれくらい使われているでしょうかねぇ。
次はトリプタノールでしたが、副作用が強すぎたのかもにょもにょ(笑な状態になって最初の会社を休職(一年後退職のコンボ!したりしましたっけ。今でこそ苦笑混じりに書けますが、当時は落ちこんだものです。まー、そりゃそうですわな。
そして、首都圏離れて田舎でぐーたらしていた際、ようやくSSRIの登場と相成りましたが、これがパキシルではなくルボックスだったのは、当時の担当医の好みでもあったのですかね。今となっては謎ですが。
以来、いろいろと飲んでいますが - ロゼレムを試すために止めていた時期を除いては - ルボックスは飲み続けていたりします。これがパキシルだったら、さてどうなっていたのかな、とも思いますが。 (続)
Commented by さひろ at 2011-01-31 02:34 x
(承前)
というか、服用している知り合いからいろいろと強めの副作用のはなしを聞いてしまったので、あまりよい印象がないのですよね、パキシル。そして、かの離脱症状のメカニズムがこのように引き起こされるものだったとは……。いつものことながら、勉強になります。
まぁ、個人的にはあまり関わりたくないですねぇ、ぱきるちゃんw さいんと愛でいいですね。というかそれがいいですw さいんは正直贅沢すぎるとは思いますがw あとは、確かに効果はあるのですが抗コリン作用が凶悪なノリトレンをなんとか外せればなー、などと考えていますが、さてはて。

っと。長々と失礼いたしました。それではまた。
Commented by hayanoya at 2011-01-31 14:52
>RIu.さん
パキシルでしたか。結局あの占いのキャラクターをガン無視する形で
擬人化してしまいました…。お褒めの言葉を有り難うございます。
エビリファイはEクラスで出るかな?Cクラスに放り込んでも良かったん
ですが、あまりその他扱いされる薬じゃないし…。インヴェガはやだ。
インヴェガ出すとリスパも出さなきゃだしそうなるとセレネースとかウイry
まぁ、ネタで取り上げることはあるかもしれませんが。

>さひろさん
レスリンはそのうちレメロンに食われるかも知れませんが、薬価安いので
まだまだ現役ですよ!SARI系は後続出ないので無くならないで欲しい。
まぁ私が患者だったとしても、パキシルはあまり飲みたく無いです(ヲイ
たまにバシッとパキシルがハマる場合がある様なのですが、それを
Dr.が見抜いてくれるかどうか…。どれだけ医師を信頼できるかですね。

ノリトレンはうさぬさんが好きな薬ですね。抗コリンが出るのは、
やっぱり三環系の一種なのだな、と思わせます。擬人化はどうだろう…
今のところノルアド関連はルジオミールの方を予定しております。
Commented by SA at 2011-02-01 01:09 x
あ~なつかしい~
以前に勤めていた薬局でやってました、パキシル10mg錠の半錠化。いびつな形を許してと思いつつパチンパチンと割ってました。
この子は本当にツン→デレですね。私、服用中ですが、初期のツンを必死でクリアしたらデレッデレになりました。コワイ子!!自分の服用している子が思ってた以上にかわいく擬人化されてて嬉しいです♪♪
Commented by さひろ at 2011-02-01 02:33 x
> 店主

おー、まだ現役なのですね、レスリン。
飲んでいた当時は「効いてるかよく判らないけど、まぁ副作用もたいしたことないし」という感覚だったのですが、ちょっと調べたらかなり傾眠作用が強いようですねー。れめると一緒かw
しかし、レスリンではなんともなかったのにれめるは傾眠が酷すぎて飲めなかったという(汗。初期症状を我慢すれば、なんとかなるんですかねぇ、あの傾眠と翌朝のふらつきは。
あと、当時の医者からは「レスリンの副作用が注目されて、そこからバイアグラが……」などと聞かされました。いやほんと、懐かしいです。
(続)
Commented by さひろ at 2011-02-01 02:34 x
(承前)
ぱきるは……やっぱり飲みたくないですよねw 副作用の強さに関しては、ほんといろいろ言われていますから。
おっしゃるとおりはまる人にははまるんでしょうが、抗うつ剤の種類があれだけある、ってことは「合う合わないは人それぞれ」ということなのでしょうしね。

ノリトレンの副作用に関しては、ほんと「これが三環系!」という印象でした。のどが渇いて仕方がないです。ほんと、なんとか縁を切りたいんですが、効果もでているのでなかなか……。
あ、ヤツは擬人化しなくてもいいです。てかしないでください(ぉ。
嫌いだけど飲んでる薬、ってことで、どうしてもバイアスかかっちゃいますからw

それではまた。
Commented by ユウナ at 2011-02-01 13:26 x
ぱきる、制服がちょっとAKB48っぽく見えたのは、
私の気のせいでしょうか?
ぱきるには、父が、椎間板ヘルニアの手術後からずっと続いていた慢性疼痛の時にお世話になっておりました。
ヘルニア手術前には、でぱ子にもお世話になっていたようです、
ちなみに処方されていたのは、整形外科ですが。
Commented by hayanoya at 2011-02-01 19:33
>SAさん
錠剤カッターがあればやり易いです。少なくともメルカゾールに比べれば。
場所によっては自家製取れなくてムダ働きになるので鬱陶しいですね…。
デレ期に突入すると可愛いんですが、そこからヤン入りますので(汗

>さひろさん
レスリンの副作用からバイアグラが生まれたという話しは初耳。
ちょっと調べて、擬人化のネタに使わせて頂きますね!
ツンデレ好きでもなければ、1stChoiceはジェイゾロフトでいいと思い
ます。そこから色々と抗うつ薬の迷宮にはまっていくのだよ…。
擬人化NGのご希望があったので、のりちゃんはうさぬさんに任せます!

>ユウナさん
AKB48は全然詳しくないので偶然被ったとしたらスイマセン…。
衣服が被ってるかどうかって、どうやって検索したらいいのかしら?
神経痛にトフラやトリプタを使う先生はいますね。その流れでパキシルも
たまに使われることがあると思います。でもこれはどっちかというと
SNRIの得意分野なので、トレドミンやサインバルタの方が上手かも。
と言っても、今の一押しはリリカなんですが。
Commented by ユウナ at 2011-02-01 20:58 x
hayanoyaさん>

デザインが何となくそれっぽいなと思っただけですので^^
トフラニールやトリプタノールは、ペインクリニック系のサイトをサーフすると出てくるので
なるほどなと思う事はあります、
その流れなのでしょうね。
Commented by さひろ at 2011-02-02 01:30 x
寝落ちてたので、寝なおすためにろひのっちを囓ったりしつつ(ぉ。

> 店主
ざっくり検索したところ
「レスリン(デジレル)の副作用を逆手にとって、ED治療薬を開発しようとしたのだが、先にバイアグラが出てきたのだと『薬ミシュラン』に載っていた」
なる一文がヒットしましたね。すでに調査済みかとは思いましたが、いちおう。

さてさて寝るぞー(ぉ!
Commented by うさぬゅーみ at 2011-02-02 08:24 x
パキシルキター!!予想より早かったです!
友達も前に「パキシルはツンデレ」とか言ってました。
(あと夜の夫婦生活に支障が出ると愚痴ってました)
一世を風靡した薬に一世を風靡した萌え属性。
この運命の奇跡は非常に素晴らしいですね。

電撃を使うなら、ラムちゃんみたいのがくるかもとか
予想してました。世代的に(マテ

及ばずながら私も擬人化率に少しでも貢献したいと思い
描きかけだったのをアップしてみました(上URL欄)

ちなみに私の向精神薬占いの結果はレキソタンでした。
当たって無い気がする。
あと、のりちゃんは私ではなく主治医の先生が好きな薬です。
のどが渇くそうなので、口うるさそうなタイプにしました(嘘
しかしよく考えると、なんでデパスの共通認識が妹キャラに
なったのだろう……?
Commented by hayanoya at 2011-02-02 13:05
>さひろさん
薬ミシュラン持ってるのに初耳とか書いてしまった(汗
目立たないところに書いてますね。添付文書にも一応記載があります。
しかしこれでギンギンになったze!と言う人を今まで見たこと無いな…。
眠くてそれどころじゃないのでは?と思ってしまいます。
擬人化に使うとしたら、始終エロい事を考えてる男子中学生的性格?

>うさぬゅーみさん
おぉ!うさぬさんもパキシル参戦ですね♪ワールドイズマインな感じで
大変よろしいかと思います。私も最初は勝ち気系にしようと思ったん
ですが、らなと被ると思って避けました。デレる相手もいないしね。

ラムちゃんでも良かったんですが、電の妖精的なキャラはりりぃがいれば
いいよな、と言うことで現代の薬をアピールする為にもスタンガン娘に
してみました。キャラが増えると自分自身で被りまくって自爆してます(泣
あと、ラムちゃんは微妙に世代ではないので誤解の無きように。
私はCCさくら世代です(嘘つけ

デパスは…なんででしょうね?レキソタンに比べるとちっちゃいから?
個人的には妹というより孫キャラという感じですね。
正月にお年寄りにモチを配り、ナチュラルに死亡フラグを立てるタイプ。
Commented by うさぬゅーみ at 2011-02-03 18:22 x
らなさんとの被りですか。実はその悩みは予想してました。
シリーズ物の擬人化で切り札を上手に残していくのは難しいですね。
でもそんなカードゲームみたいな読みも擬人化の楽しみかも。

うちはリタリンもハルシオンも悪者扱いに対して大人しいので
パキちゃん様は、強気で立ち向かっていけるキャラにしました。
ワールドイズマイン初めて知りました( ゚Д゚) いい!速攻保存した!
こういう機会に増えた引き出しを、擬人化に役立てていきたいです。
がんばりまい~ん(違

デパスはモチ配るより肩叩いてあげるイメージかも。
そして巨乳キャラに「大きいと肩凝って大変よ」とか言われて
凹んでたりする所が妹っぽいとか。モチよりチチ(ぉ
ノリトレンは……任された……のか?
Commented by hayanoya at 2011-02-03 22:59
完全行き当たりばったりで作っているので辻褄合わないこと
この上ないです…。そもそもこの擬人化、抗不安薬組5人と
睡眠薬組5人で終わる予定だったんだ…何で俺は5年間も
キャラの髪型とコスについて悩み続けているんだ?

パキシルの妖精さん(仮称)にはあの歌詞がぴったりだと思うですよ。
M男の主人公が存在する設定で是非漫画化を!

デパスの筋弛緩作用を考えるとその方がいいかもしれませんね。
従順でコンプレックス持ちな妹は、これだけ勝ち気我が儘系妹が
多い世の中では逆に貴重です。ノリトレンは…1000錠包装を
買って900錠くらい期限切れで廃棄したイヤな思い出があるので、
もううさぬゅーみさんに全権委任いたします!
Commented by yamada(言葉) at 2011-02-03 23:16 x
ぱきるちゃんkt!!!!(・▽・)

パキシルはツンデレですか…!!パキシル服用した事が無い自分はひたすらツンツンなイメージを勝手に抱いてました(苦)
因みに私のネットワークが狭い所為かパキシル擬人化は比較的よく観ます。
でもそれでも愛飲者が描かれてる場合が大体ですね…嫌いな方は描かないのはよく分かります(でも自分のネットワークが狭(略))

私の偏見かもしれませんが、何かとアモバン(あも姐さん)と何かが似ている(リンクしている)イメージがあります。
二つ(ふたり)の最初のキツイ性格・生徒会長タイプは、

アモバン→苦いから売れない→キツイ性格
パキシル→飛躍はしたが後に悪役レッテル→キツイ性格
…な感じがするのです。

アモバンだって服用されて苦いと感じなければ、
「ツン(苦いと怯えられる)→デレ(苦くなくて効くんだったら愛飲される(慕ってくれる))」
…とツンデレイメージがあります(でもコレ、デレるんじゃなくて一方的に慕われ(ry))
Commented by yamada(言葉) at 2011-02-03 23:17 x
それにしてもぱきるちゃんのシャンビリを味わいまくりたい自分がいます(←お前M体質だろ)
ぱきるちゃーん!飲んだこと無いけど愛してるよー!!(叫)

…後、hayaさんに出来れば、なお願いです。
SSRIによってニート気味になったトフラニール(とふぃー)と米国ではうつ適用されなくてとふぃーを目指して日本に来てやっとうつ適用されたアナフラニール(あなふぃー)を是非描いて欲しいのですが…
アルフレッサに降格されたとはいえ、元祖抗うつ薬である二人の百合マンガを是…(※以降自重させられました)

この姉妹が特別視してしまう程大好きなのです…
Commented by hayanoya at 2011-02-04 00:25
デレが無ければ誰もこんな薬飲まねぇッスよ!
まぁそのデレは「鉄鍋のジャン!」のキリコ並みに少ないんですが。

パキシルの擬人化はそんなにメジャーだったのか!もっと皆さん
ネットにUPしてくだちい。ていうか薬の擬人化は愛飲してないと
普通描かないのではないかと(飲んでない俺が言うな)
まぁパキシルは異常にキャラが立っているから、上品なジェイゾロ
あたりでは物足りないと感じるのも確か。シャンビリを味わいたい
という気持ち、ちょっと分かります。実学至上主義!俺はヤだけど。

あも姐はBクラスの風紀委員ですから、配役的にもキャラ被って
ますね。上にろひのという絶対的上司がいるかいないかの違い。
そのアモバンさんの苦みを抜いたのがルネスタだという噂。
ルネスタはアモバンさんの乙女心の結晶なのかも知れません。
早く発売してくれ!これは飲んでみたい!そして裏切られたい!

とふぃーさんとあなふぃーさんは百合百合出来るほど若くな(ry
特にあなふぃーさんは紙面の都合でカットされそうな勢いです。
個人的にトフラは女性版安西先生というイメージですが。
トフラ安西×アナフラミッチーという展開で良ければ(誰得
Commented by うさぬゅーみ at 2011-02-04 06:29 x
パキシル擬人化の意外な多さは私も驚きました(真面目に集計しろよ)
最近まで擬人化自体する奴は、薬に触れる前から擬人化マニアなので 
有名な薬は擬人化に使えそうか事前に調べるから、パキシルには
ビビって最初から処方を避けてたのが擬人化率低かった理由かも。
私もシャンビリ体験してみたいですが、擬人化のネタの為に処方を
して貰う訳にはいかず、聞いた話を集めるしかありません(TωT)

アモバンの苦さはツンというより、生きる辛さを一緒に分かち合って
くれる味に感じます(酒かよ)。
こうしてみると自分もMなのでM男主人公の漫画は描けるのかも
よし、今度コミPO!を買って来よう(この時点でダメだ)

ノリトレン900錠廃棄かぁ…丸いんだから節分にとっておいて
撒けばよかったのに(罰当たり)そして地面から芽が!
Commented by TORL at 2011-02-04 22:36 x
初めて書き込みさせて頂きます。
「ちびまる向ちゃん」2冊、届いて愛読しております。今日も待合室で読んでました。

それにしても、「抗不安薬」「睡眠薬」共に、今まで処方された薬ばかりで、飲んでいないのはレキソタンとアモバン、ハルシオンくらいしかないですね。(あ、あとバランスも)

ところで、パキシルは飲み始めて1年も経たないのですが、これほど劇的に効いた薬もないですね。今は、夕食後20mg+10mgでやってますが、シャンビリは怖いですね~。

実は、近々引っ越すのですが、病院も転院ということで、パキシルが減らされるか正直不安です。シャンビリ体験はできれば避けたいです。

ウツになって15年ほど経つんですが、初期の頃は飲んだことのない三環系(四環系)抗うつ薬はない! と言えるくらい処方されていて、トンデモない副作用があったんで、SSRIとかSNRIが出てきたのは福音でした。(特に「ぱきる」は永遠の伴侶.....じゃまずいか ちなみに私はM属性はないですよ~)

正直ツンの部分は自分自身の体験ではなかったので(吐き気とか全然)、デレの部分が可愛い「ぱきる」には今のところ、側にいて欲しいですね。



Commented by hayanoya at 2011-02-05 09:57
>うさぬゅーみさん
コミPO買ったら是非レポートを!個人的に興味はあるんですが、
キャラクター編集とか表情集とか最初に作るくらいなら、
イチから自分で描く方がてっとり早い希ガス。
900錠はPTPに入っているので、撒く為にバラすのが面倒ナリ。
5000円札を捨てているのかと思うと(ノД`)

>TORLさん
コメント&お買いあげありがとうございます。
皆さん電車の中とか待合いとかであの本を広げられるので、
正直こちらがヒヤヒヤしております(汗
むしろハルシオンとか真っ先に処方されそうな薬を経験されてないのは
ちょっと意外ですね。医師の好みにもよると思いますが。

パキシルの体験談有り難うございます。15年間抗うつ薬を飲んで
おられた人の著効例は重みがありますね!副作用ばかりが目に付き
ますが、セロトニン増幅効果は図抜けているので、ハマれば三環系
以上の効果を約束してくれるはずです。医師の技量が問われる薬と
言っても良いかも知れません。デレたぱきるはものっそい可愛いと
思ってます。みんなの力でぱきるを人気投票1位に!(すでにムリ
Commented by geek at 2011-02-05 16:45 x
待望のSSRI擬人化キター
パキシルはツンデレぽいですね。
エバミール、ソラナックスと並ぶくらいの群を抜くかわいさですね。
Commented by hayanoya at 2011-02-05 21:05
geekさん、コメントありがとうございます。
ぱきるはDクラスの主人公なので、ツンデレを表現しつつ
出来る限り可愛く仕上げたかったキャラです。試みが成功してるか
不明ですが、お気に入り頂けたのであれば幸いです^^
Commented by うさぬゅーみ at 2011-02-06 04:40 x
コミPO!は主にデッサン人形代わりとして使えたらと期待してます。
コミPO!で作った下書きをコミスタで仕上げる感じが個人的理想。

今日思ったけど、ぱきるさん鈴が付いてるから猫耳も付けたい(ぉ
パキシル擬人化は猫っぽいキャラもありかも知れませんね。
ツンもデレも猫の気まぐれ。猫の体の模様に広告の灰黒の絵とか。
でもこちらにには、まちさんが居るから被ってしまうか…。
Commented by hayanoya at 2011-02-06 20:26
なるほど…デッサン人形。コミスタの3D人形は雑ですからね。
デッサン人形はあれば便利かなと思うんですが、何せキャラが
全て三等身なので、あまり参考にならなかったり。ポージング用で、
等身が自由に変えれる3Dツールなんてのがあれば即買いします。

ただでさえ銀髪で緑目で黒ストなのに、ネコ耳までつけたら
さーにゃんになっちゃうよ!
ツンデレと猫属性って似てますかね?ツンデレは相手ありきだけど、
猫属性はあくまで自分本位な感じがするですよ。
Commented by 平安 at 2011-02-07 07:40 x
ツンデレ!!

パキシルは実際精神科医より内科医の使用比率の方が高い(皮膚科でもよく処方されます)感触があります。
上手に離脱された方をまだ存じません。

しかし、ぱきるでないと絶対ダメ!!
というほどこだわりを持たれる薬でもない感じです。
(デパ子の魔力には感服させられることしばしば)
Commented by hayanoya at 2011-02-07 22:00
内科Drがデパスやドグマの様に安易に使うことで、パキシル被害者が
続出している悪寒。というか現時点、内科でパキシルを使わなければ
ならない必然性なんて無いですよね?不安?疼痛?動悸?
ベンゾとリリカで何とでもなるよ!

パキシル…お前は十分頑張った!もう休めっ…!
Commented by ていくおふ!まくどなるど!! at 2011-02-07 23:09 x
回答ありがとうございました。そういえば私は花粉症で市販の薬を飲むと
種類やメーカーによりますが口の中がパサパサに渇く事がありますが向
精神薬でもその様な事があるのですね。成分がもしかして似通っているのでしょうか。今年は昨年の夏の影響で例年の10倍飛散するそうです。地域にも
因るそうですが私の住んでいる東海地方(いわゆる東海3県、日本海側では
ありません、念の為)は相当飛ぶそうです。あぁ仕事どころじゃない・・・
Commented by RIu. at 2011-02-08 14:30 x
>ていくおふ!まくどなるど!! さん
>口の中がパサパサに渇く

 向精神薬の最も多い(?)副作用ですねー。私も飲み始めの頃は苦労させられました。もう1日に何度も水をがぶ飲みして、「糖尿病じゃないかしらん」と、ドキドキしたことを覚えています。
 今行っている病院も、待合室にアクアクララが置いてあって、水は飲み放題になっております。たまに、タンクが空っぽになっていますが(笑)。
 花粉は嫌ですねー。私も花粉症で、既に鼻づまりとかで症状が出てきているので、今から戦々恐々です。私は近畿地方に住んでいますが、こちらも昨年の10倍飛散だそうで……あぁ、こわいこわいー><;
Commented by うさぬゅーみ at 2011-02-08 19:42 x
いえ、ツンデレとはまた別に猫もいいかな~と思ったんです。
猫も最初懐かないし、よく吐くらしいし、世代的にはエレキャットだし
さーにゃんの件は…電撃分がペリーヌさんだから大丈夫です(何が?
等身とか自分の絵柄に調節できるデッサン人形あれば私も欲しいです!
立ち絵から先に進めない層が一番熱心に救済を求めてる気がする…
Commented by かめお at 2011-02-08 21:11 x
コンプライアンス通りにぱきるを使っていたこともありましたが、頭の中でマニ車が回るような感覚が辛くて、ジェイゾロフトに移行して最終的にれめると併用になりました。個人的にはトレドミンが良かったのですが、主治医としては私には使いたくなかったようです。

この間、主治医と話したところ、日本のSSRI市場でぱきるはぶっちぎりなんですね。

グラクソの向精神薬は使っていませんが、イミグラン皮下注という私にとっての最終兵器を供給してくれる会社なので足を向けて眠ることはできません。自己注射キットが出る前は、脳神経外科で注射してもらうのですが(特にひどいとき)、片頭痛で死にそうなのに、電車に乗って脳神経外科まで行くなんて無理ありすぎです。

横にそれてしまいましたが、自己注射が出た時、片頭痛持ちの間ではかなり話題になりました(MRが売り込むより先に処方箋を書いてもらった)。ただし、針が太いらしくかなり痛い。
Commented by hayanoya at 2011-02-09 13:47
>ていくおふ!まくどなるど!!さん&RIu.さん
口渇はアセチルコリン受容体遮断作用、通称抗コリン作用を持つ薬物に
起こりやすい症状です。向精神薬でもかなりポピュラーな副作用です。
最近の主流であるSSRIや第二世代抗ヒスタミン薬は、これがかなり軽減
されており、使いやすくなってます。特に花粉症の薬は市販の方が医療用
よりも副作用が強いという状況になってますね。その分高いですが…。

>うさぬゅーみさん
なるほど、それなら納得。うさぬさんの小悪魔系パキシルであれば
猫属性も被せやすいかと思います。ツンデレ電撃黒ストならばペリーヌ
さんに似せて描くべきでしたね(似せる必要は全くないが)。
3Dデッサン用素体ツール、3000円くらいのシェアウェアでも需要は
あると思うんですが、どこか開発してくれませんかね?

>かめおさん
マニ車を回す、という表現が斬新でいいと思います(*゚ー゚)
グラクソはニッチな市場を見つけてシェア独占する嗅覚が優れてますね。
業界No.1のファイザーより開発力は高いと思ってます。数年後には
逆転してるかも…。どれも薬価の高い薬ばかりですが(汗
Commented by ていくおふ!まくどなるど!! at 2011-02-09 20:22 x
回答ありがとうございました。言われてみると確かにそうかもしれません。
病院に勤めていた知り合いの人に「セレスタミン」と言う片面に鼻を模した
マーク(刻印?)のついた白い小さな錠剤を買った時に飲んでみたらよく効くのは効くのですが今度は鼻の中が乾きます。例えて言うなら水道の元栓を
閉めた感じです。特に前の日の晩に飲むともう寝起きではっきり分かります。
よく効く反面「体に悪いな」と言うのが直感的に分かる効き目です。薬の成分
よりも効き方に中毒しそうな鼻炎薬です。体質から根本的に治さないと仕方がないですね・・・(泣)
Commented by kazenohara at 2011-05-13 14:17 x
主治医から、SSRI系単剤でのうつ病治療はもう時代遅れ。だって効かないから。SSRIはむしろ不安障害(強迫性から社会不安障害まで)に効く、と言われたのですが、現状はどうなのでしょうか。ぱきるちゃんは自分は抗うつ魔法が弱いといわれがっかりしていえるのでしょうか。笑っているとり乃が目に浮かぶようです。主治医には「定説です」とまで言われてしまったのですが。学説が割れていればぱきるにも活路があるのですが。現状についてご教授頂ければ幸いです。
Commented by hayanoya at 2011-05-14 13:54
SSRIが三環系にくらべ効果で劣る、という指摘は最近どころかSSRIの
誕生当初から言われていたことです。だからこそファイザーもグラクソも
最初はあまりSSRIの開発に積極的ではありませんでした。

日本ではSSRIの導入が非常に遅れた為、SSRIが従来薬の上位互換で
あると思っているフシがありますが、それはSSRI側にとっても不幸だと
言えるでしょう。SSRIの利点は受容体遮断作用を持たない上で
トランスポーター選択性が高い事であり、どれも同じように見えても
パキシルがノルアドレナリン、ジェイゾロフトがドパミン、レクサプロが
セロトニンのみ遮断というように特性が異なります。

同じうつと言ってもセロトニンとノルアドレナリンとドパミンのどれを上げたら
良さそうか、というのは患者によって異なります。そういうときに余計な
働きをしない薬というのは選択肢として使い勝手が良いと思います。
要は薬のプロフィールを把握して使えばよいのです。ジェイゾロフトで
コントロールできるならわざわざ眠気と口渇に悩まされながら三環系を
飲む必要はありません。全てはリスクとベネフィットのバランスです。

「コストは?」と聞かれると…まぁアレですが(汗
Commented by kazenohara at 2011-05-15 02:34 x
回答ありがとうございました。ただ私の主治医はファーストチョイスとしてもSSRIを使わないと言ったんですよね。でも、かたや欧米ではいきなり三環系。イギリスでは認知行動療法。うつ病って難しい……。

それにしても、きさとは比較され、とり乃とは権力争いをし、れめるには嫌われ、他の級長とも緊張関係。でーじーとは共闘できるのか競合するのかわからない。ほんと、ぱきるも大変だ。わたしの脳内ではぱきる=頑張り屋の良い子というイメージなので、こんなに敵に囲まれて可哀想です。

トフラニールの性格次第では、ほぼ同年齢の蘭とは対立、一気に白い巨塔ですよ。hayaさん、Dクラスをどうしたいんですか!!(笑) やっぱりエリートはどろどろなんでしょうか。それともトフラニールは泰然自若、とり乃の策謀を横目で見つつでぱ子を愛でてるんでしょうか。あれ? こんどはれきそとでぱ子の奪い合いですよ。
Commented by RIN at 2011-05-23 00:00 x
こんばんは。初めてコメントさせていただきます。

私は現在パキシルとデパスのお世話になっています。

その前はサインバルタだったのですが、思うように効果が出なかったので・・・。

ところで、自分のブログにも、時折薬関係について書きたいのですが、その際にHaya様のブログ内容をキャラも含め一部転載させていただいてもよろしいでしょうか。あまりにもキュートで、かつ面白いので。

ぶしつけではありますが、お返事お待ちしております。
Commented by hayanoya at 2011-05-23 20:23
RINさん、コメント有り難うございます。

サインバルタよりもパキシルの方が効く、というのは興味深いですね。
実に抗うつ薬は奥が深い…。

キャラの二次使用や本文転載は自由にして頂いて構いませんよ。
ただし文責も取りませんぜ?( ̄ー ̄) 果たしてこのブログが正しいのか
絶えず疑い続けるのが正しい読者スタイルです(ヲイ
Commented by RIN at 2011-05-24 00:35 x
早速のご快諾ありがとうございます。

次回の更新も楽しみにしてます。

>絶えず疑い続けるのが正しい読者スタイルです

おっしゃる通りだと思います。ただ「絶えず疑い続ける」と言う述語に対する主語は何かという点ではいろいろな見解があると思います。
ちなみに私の情報リテラシーとしては、データはとりあえず受け入れますが、それではあまりにも無防備になるので、受け入れる自分を絶えず疑い続けています。←こういう考え方が病気になる原因なんでしょうけど・・・。
Commented by 滅智蓮寺 熾 at 2014-02-21 14:00 x
ご存知でしたらすみません。
先日見つけた記事ですが(リンク先)、パキシルとプロザックは暴力行動を誘発しやすい薬剤の上位2、3位に当たるそうです。
僅差ですが、覚醒剤のアンフェタミンよりも暴力を誘発しやすいというのは結構衝撃的です。
SSRIは必ずしも名前のとおりに「選択的」ではなく、何か未知の受容体(衝動を抑える役割を持つ)にも影響するのではないかとも言われていますが、このように数値として表示されると、やはりそうだったのかと思ってしまいます。

一方、正反対に暴力を抑えるのはワイパックスだそうです。
まあ睡眠薬の一種ですから、眠くて暴力的な行動を起こせないというのもあると思いますが。

晴れて(?)一位に輝いたチャンピックスは摂取した経験がありませんが、
一度ニコチンガムを説明書を読まずに普通に噛んでしまい、しばらくしていきなりスゥーッと寒気がして動悸が始まったという、ヒヤリハット経験があります。
あれは、数十分掛けてゆっくり噛む物ですね。
喫煙経験がないのに、「漫画家とかがタバコを吸うと創作がはかどる」という話から、スマートドラッグみたいな気持ちで噛んでみたら、耐性がなかったために効きすぎたという話でした。
Commented by hayanoya at 2014-02-21 21:27
場末P科病院様はわりかし興味深い記事をよく書くので、お気に入り
に入れてます。SSRIの暴力衝動は他の抗うつ薬より高いでしょうね。
抗うつ薬が効いてくると一時的にアクチベーションと呼ばれる、苛立ち
や暴力衝動が出てきやすいです。他の抗うつ薬であれば鎮静系の受容体
にも作用しておとなしくなるのであまり目立ちませんが、薬理が
シンプルなSSRIはそれがダイレクトに現れやすいです。
そういう鎮静系の副作用の少なさが現代社会にマッチしているという
のがSSRIの売れた最大の理由なので、よりメリットの大きい抗うつ薬
が市場に現れない限りこの問題は看過されるでしょう。

ニコチンガムやチャンピックスにも興味はあったのですが、やはり
喫煙習慣のない人間には強すぎるようですね…。
人体実験ありがとうございます!
Commented by うさぬゅーみ at 2014-02-23 05:00 x
暴力衝動が有名な薬の擬人化は、本人を暴力的なキャラにするべきか
暴力的になるのは飲む方だから、むしろ見てて腹パンしたくなるような
キャラにするべきかを悩み続けてた時期があります。
前者の方がわかりやすいけど厳密には後者の方であるべきかとか…
ワイパックスはスピードスターだから殴りたくても拳が届かない(違
Commented by hayanoya at 2014-02-24 03:35
殴りたくなるのは薬に対してでは無いので、別に前者でもいいんじゃ
ないかな?ウチで言うとりたとかがモロにそれです。ぱきるも
しょっちゅうイライラしてますね。副作用にこそ薬の性格が宿る(?)
Commented by 滅智蓮寺 熾 at 2014-02-25 13:18 x
改めてリストを見ると、アンフェタミンやストラテラの順位の高さに対し、リタリン・コンサータがかなり低いのが不思議ですね。
もしかすると、投与される対象年齢層が違うためという理由である可能性もありますが、
薬理学的な差に起因するのであれば興味深いところですね。

パキシルを始めとするSSRIの暴力誘発の危険性は、以前にYouTubeにあった動画(リンク先)を見たときに、かなり印象に残りました。
ただ製作者のNHKは理系や、文系でも専門分野に弱い(日本のマスメディアの多くがそうですが)との評判なので、話半分にとっていますが。

以前に試したニコチンガムはノバルティスのニコチネルの2mgでした。
急速に薬効が現れたのは、用法を守らず早く噛みすぎてしまったのも原因ですので、もし喫煙経験がない人がスマートドラッグとして摂取する場合は、カッターで半分に切り、そのままでは噛みづらいので賦形剤(笑)として普通のガム数個と一緒に噛むといいかと思います。

余談ですが、虫歯(崩壊した親知らず)が痛んだとき、シュミテクトを患部に指で厚く塗ったうえで歯磨きガム数枚を噛んだら、痛みが引いた経験があります。
Commented by hayanoya at 2014-02-25 17:09
ADHD患者は前頭葉のドパミントランスポーターがうまく作動していない
可能性が有り、リタリン・コンサータはそれを活性化させることで注意欠陥・
多動を抑えます。つまりADHD患者はリタリン・コンサータを服用することで
逆に落ち着くのです。ストラテラでも重要なのは副次的に行われるドパミン
トランスポーターの遮断でありましょう。コンサータよりストラテラが強く衝動が
出るとするなら、それはノルアドレナリン活性の高さ故かと思われます。

相対的にうつになってる患者がSSRIを服用してアクティブになるのと、
相対的に落ち着きの無い患者が中枢賦活薬を服用して沈静化するのを
較べれば、そりゃSSRIに不利なデータが出るに決まってる…と私などは
思うのですがいかがでしょうか。決してSSRIを贔屓するつもりは
ありませんが、全ての薬に活躍する場があればいいなと思ってます。

ニコチンガムを喫煙経験が無い人が摂取して、果たして集中力や創造性
が得られるのだろうか?というのが疑問だったりします。さっさと試せよ、
と言われればそうなんですが(汗、体調崩して仕事に障るのは困るなぁと。
シュミテクトの話は面白いですね。歯医者に助言できるレベルです(笑
Commented by Ray Ban Ju at 2014-09-09 23:44 x
That’s not me not used to blogging and actually value internet web site. You can uncover a lot innovative content that peaks my interest. Let me bookmark your web site whilst checking you out of trouble.
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.