トップ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
タグ
最新のコメント
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



向精神薬擬人化その30:ジェイゾロフト
キャラ作成強化月間中。まどマギ6話でテンションが上がりました!
この作品のテーマは、「契約書を読まずに契約するな」ってことですね(違
薬局ではインフルエンザが猛威を奮っておりますが私は元気です。
すげぇぜイナビル!

主役クラスのSSRIをこう簡単に連続リリースしていて大丈夫か?と
思ったりするんですが、主役は何回も描かないといけないから
簡単な服装にさせたいという政治的圧力が働いております(ヲイ
というわけでジェイゾロフトさんです。擬人化率はパキシルより低い…。

f0133373_17223227.jpg一般名はセルトラリン。
規格は25mg・50mg。
愛称は「ぞふぃー」。
ドイツ系アメリカ人。
創業者のファイザーさんも
ドイツ移民だったそうです。

お嬢様キャラを…と考えた割に
地味な服装。文句はジェイゾの
パッケージとPTPシートに言って
ください。擬人化しづらいんだよ!

頭に載ってるのはジェイゾのパッケージに描いてあるヒマワリだか
ヒナギクだかのマークです。別にインディアンとは関係ないです。
お嬢様と言えばゆるふわカール!(意味不明)…にしたかったんですが、
なんかべざり先生が髪を下ろしただけにも見えてきますね。
前髪の触角二本で、ファイザーの「P」マークを再現しております。

他家との統合を繰り返し、世界一の資産家になる前からファイザー家に
生まれていた正当な実子で、すなわち筋金入りのお嬢様。養女である
らなやしおんとは序列も扱いも全く違う。首からぶら下げてるのは
ファイザー刻印入りプラチナネックレス。らなも似たようなのを
付けてますが、あれはファイザーマークが入っていないパチ物。
本物はぞふぃーしか付けられません。ボーンウィズ格差!

ファイザーパパの溺愛っぷりも半端ではありません。冷徹な商人の
姿は娘の前ではカケラも見せず、彼女が何かのコンクールに出場する
たびに、金の力にモノを言わせて優勝させまくってます。
おかげで競争というものを知らないおっとり娘に育ってしまいました。

ファイザーパパのゴリ押しで「SinkiLow」という小説を刊行。特に目立った
面白さがあったわけではないが、ファイザー家のお抱え学者たちによって
「政治的暗喩が巧みだ!」と絶賛され、全米でミリオンセラーとなる。
この報道に見事に騙された学園は、ぱきるの入学手続きと同時に
ぞふぃーの学園誘致をファイザーパパに打診したのであった。

ところが、形式だけでも入学試験を受けさせようとした時点で
ファイザーパパが激怒。「ウチの娘を招待したくせに、テストさせるとは
何事だ!」との一喝で、学園とファイザー家の仲は険悪になった。
ぞふぃー誘致はご破算になりかけたが、「名前を書いたら合格にさせます
から!」と学長側の懇願によって何とか入園が決定する。

しかしこの顛末は学園中に知れ渡ることになり、試験官たちの心証は著しく
悪くなった。露骨な嫌がらせこそしなかったが、彼らは表に裏にぱきるを
持ち上げることで、ぞふぃーの地位を相対的に落としたのである。
従ってほとんど年齢に違いはないにも関わらず、ぱきるとぞふぃーの
学内権力はかなり異なる。しかしぞふぃーの能力は贔屓目を抜きにしても
決してぱきるに劣るものではなく、最近では評価が改められつつある。

およそお金に困ったことなど無く、金を積めば何でも解決できると思って
いる。ナチュラルに傲慢。物腰は柔らかく、雰囲気は柔和で上品なので
第一印象は決して悪くないのだが、話の最中でつい地が出てしまう。
苦労して成り上がったぱきるにとってはたまにイラッとくる相手。とはいえ
生徒会長扱いで友達の少ないぱきるに気後れせず対等に接してくれるので、
あまり無碍に扱うこともできない様子。

争いごとを好まない、というより争いが何故起こるのか理解できないという。
しかし彼女の言動に悪気が無いのはみんな理解しているし、普通に優秀な
魔法力を持っているので、周囲の人間関係はさほど悪くない。というより
何かあるとファイザーパパが黒塗りの車を抱えて乗り込んでくるので、
うかつにいじったりできない恐怖心が、みんなの心の根源にあるようだ。



最初に断っておくと、ジェイゾロフトはいい薬です。トータルバランスでは
ルボックスやパキシルより優れていると言ってもいいかと思います。
しかし、薬の効果以上にファイザーの政治力が露骨なために、却って
過小評価されているという珍しい薬です。世界で毎年3000億円を売り上げた
化け物SSRIが、何故日本ではパキシルにダブルスコアで負けてるのか、
その歴史を探ってみたいと思います。

1970年代、ファイザーは当時の潮流に漏れず、様々な受容体に作用する
「汚い」抗うつ薬から進化した、クリーンな抗うつ薬の開発に没頭して
いました。ファイザーの研究員は、かつての自社製品である抗うつ・抗不安
効果を持つ抗精神病薬チオチキセン(和名ナーベン、現在製造中止)に注目し、
チオキサンチン系化合物を研究していく過程で、ノルアドレナリン
再取り込み阻害薬であるタメトラリンを開発しました。タメトラリンは
ノルアドレナリンと弱いドパミントランスポーター阻害作用を持つ、今風に
言えばNDRIでした。新規の抗うつ薬として期待されていましたが、
動物実験で予期せぬ副作用が出たため開発中止となってしまいました。

数年後の1977年、様々なトランスポーター阻害薬を研究していた薬理学者
ケネス・コーがタメトラリンに興味を持ちました。彼はタメトラリンの
誘導体を作っていたウィラード・ウェルチと協力し、一度は破綻した
タメトラリン誘導体の研究に再び着手したのです。そして驚くべき事に、
タメトラリンのノルアドレナリン系への影響を見る際、不要な不純物として
切り捨てていたタメトラリン光学異性体の派生物に、セロトニントランス
ポーター阻害作用があることが判明したのです。この物質はセルトラリンと
名付けられ、後にゾロフトとして発売されました。後にSSRI三本柱として
新時代を築いたセルトラリンは、ノルアドレナリン研究から生まれたのです。

とはいえ、セルトラリンはなかなか市場に出ませんでした。当時抗うつ薬の
研究は欧州と米国で異なっており、欧州ではセロトニン系の賦活が、
米国ではノルアドレナリン系の賦活が抗うつ効果に有効であると考えられて
いました。ファイザーは米国の企業ですので、ノルアドレナリン系を
賦活させる薬を探っていました。セロトニン系の薬である上に一度失敗した
タメトラリンの系譜であるセルトラリンは、あまり熱心に開発されたとは
言い難いです。

ところが1980年代後半にルボックス、プロザックといったSSRIが相次いで
発売され、爆発的な人気を得ているのをみて驚き、急遽セルトラリンの
開発を進めました。ここらはパキシルと同じ轍を踏んでます。
結局、セルトラリンが米国デビューしたのは1992年になってからでした。
製品名はゾロフト。Zo(心を)Loft(持ち上げる)というラテン語からとられて
います。シンプルながら響きも良く、抗うつ薬としても良い名だと思います。

本気で薬を売り出す決心をしたファイザーの行動力はすさまじく、まさに
メガファーマの名に恥じぬ資本力と行動力を示しました。プロザックよりも
半減期が短く、パキシルよりも相互作用が少ない。ゾロフトは最も安全な
SSRIである!と強調し、さらに多くの開業医にうつ病についての知識を
啓発し、その開業医が持つうつ病患者に対してゾロフトを第一選択に使う
よう誘導する。沢山の大規模臨床試験を開くことで、うつだけでなく
パニック・社会不安・強迫・PTSD・月経前不快気分障害と、あらゆる
気分障害に対して適応を取りまくる。たとえ臨床試験で不利な結果が出ても、
それを繰り返すことで有利な結果が出るまで粘る事が出来るのは、
まさしく豊富な体力を有するファイザーならではの力業と言えます。

この結果、ゾロフトは先行するプロザックを凌ぎ、パキシルの猛追を
かわし、ついに全米トップシェアを獲得するに至りました。2000年代には
年間で約3000万枚の処方箋が発行され、毎年30億ドル以上の売り上げを
ファイザーにもたらしました。2006年に特許が切れて米国での売り上げが
急落したものの、ファイザーの躍進を支えたドル箱の1つとして十分な
貢献をしたといえるでしょう。

そんな有名な薬が日本に入ってこないわけもなく、当然ながら国内での
臨床試験は進められていました。開始は1991年で、大体パキシルと
同じ頃に始まったみたいです。そして1997年に終わったのですが、これが
とんでもない結果を出してしまいました。日本での抗うつ薬比較試験は
当時アミトリプチリンとトラゾドンで行われていたのですが、ゾロフトは
アミトリプチリンに負け、トラゾドンに対しても劣っていないことを証明
出来なかったのです。これは最大用量設定を75mgにしたことが一因と
言われており、現在日本での最大用量は100mgになっています。

このままではゾロフトの日本導入は頓挫してしまうと考えたファイザーは、
ゾロフトの持つうつ病再燃防止効果に目をつけ、比較対照にプラセボを
用いた「ランダム化治療中止試験」を行いました。これは8週間目までは
ゾロフトで治療を行い、その後をプラセボとゾロフトで振り分け、うつが
悪化した時点で投薬を中止するという試験です。2005年に行ったこの試験で
何とか基準をクリアし、ゾロフトは晴れて日本での製造許可が下りました。
当然商品名はゾロフトにしたかったはずですが、日本には既にアロフトと
いう筋弛緩薬が存在しており、名前の混同を避ける為にJapanのJを付けて
ジェイゾロフトという名前で発売されました。

ところがこの顛末に対し、開業医を中心とした協会である「日本精神
神経科診療所協会」、通称日精診が反発しました。今まで日本において、
プラセボ対照試験だけで認められた抗うつ薬など存在しないのです。
また肝心のランダム化治療中止試験も、ジェイゾロフトで一定の効果が
見られた患者のみを対象とした甘い試験であり、そんなのでよいなら
ルボックスだってベンゾジアゼピンだってうつ病再燃防止を唱えられる!
こんなあやふやな試験結果で、パキシルと同じ薬価をつけるとは何事だ!
というような内容の抗議書をファイザーに送りつけ、新聞記事に
までなりました。ファイザーはこの抗議に対し的確な返答を行うことが
できず、結局薬価は変わらないまま、「うつの再発防止効果云々~」と
いう文言は削除されて販売は続けられました。

この態度は日精診を激怒させ、ジェイゾロフトは販売当初から第一印象が
極めて良くない薬となりました。既にパキシルが十分に浸透していた事も
あり、ジェイゾロフトは米国の華々しい実績を持ちながら、発売翌年も
年間100億円以下という地味な販売結果に終わっています。

しかしパキシルがかなりピーキーな薬であり、ジェイゾロフトが思ったより
効き目の強い薬であることがだんだんと理解されてくるにつれ、その
処方量はゆっくりと増えていき、今では200億くらいに育っています。
パキシルのジェネリックが出て、米国のように様々な不安障害に対して
適応が獲得できれば、シェアの逆転も夢ではないかもしれませんね。

パキシルに較べれば多少劣りますが、ジェイゾロフトもかなりタイトに
セロトニントランスポーターに結合します。ただノルアドレナリンの
トランスポーターへの結合力はパキシルの1/10、ドパミントランスポーター
への結合力はパキシルの10倍です。多少誇張して言えば、SDRI的な性格を
持つと言えます。ドパミン系への賦活効果を期待し、NDRIであるウェル
ブトリンとの併用が米国で行われており、"Well-loft療法"と呼ばれています。
またルボックスと同様に、σ受容体への刺激作用を持つとされています。
これは強迫レベルの強い不安に対するジェイゾロフトの有効性を示唆して
います。

ジェイゾロフトの半減期は24時間ほどあり、ルボックスやパキシルに
較べると長いです。このゆっくりとした消失により、離脱症状は
比較的起こりにくいとされています。さらに肝臓の代謝酵素の働きを
阻害しないので、薬物の相互作用を考慮する必要もありません。

パキシルが持つような抗コリン作用が無いので、便秘は起こりにくく、
むしろ下痢を催す方向に働きます。それと関連性があるか分かりませんが、
この手の薬には珍しい、体重減少の副作用が報告されています。
性機能の減退も起こりにくく、非常に現代人向けの薬と言えそうです。

もちろんファイザーの積極的な売り込みがあってこそゾロフトは爆発的に
売れたのですが、そうでなくても現場の評価は結構高いです。
朝日にも載ったランセットのメタアナリシスでは、新規抗うつ薬中
効果で4位、認容性で1位、総合2位という好成績を残しました。
認容性1位とはつまり最も副作用の少ない薬であるという事であり、
抗うつ薬の第一選択の候補として、多くの場合相応しいものであると
思います。それだけに、日本導入時のゴタゴタは勿体なかったですね。

日精診の主張は十分理解できるものですし、実際ジェイゾロフトの承認
データは不十分だと思うのですが、もしこれで承認が降りなければ
日本は今以上にパキシル大国になり、離脱症状に苦しむ患者が更に増えた
かも知れません。つくづく向精神薬の臨床試験は難しいですね。

最近はうつ病のプラセボに対する反応性が極端に高まり、中には
60%を超える寛解率を示したものもあったとのこと。非定型うつ病が
それだけ増えたという事なのでしょうか?
おかげで新薬の開発は難航しっぱなしです。いっそ「プラセボ」という
名の新薬を売り出してみてはどうでしょうか?万病に効く霊薬!
実績は過去の膨大な臨床試験で証明済み!薬価は6円程度でお願いします。
[PR]
by haya by hayanoya | 2011-02-11 17:48 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(31)
        TOPに戻る▲
        
Commented by Sara at 2011-02-11 21:30 x
待ってました~!!!2007年に米国で精神科初診から様々な抗うつ剤を試してきて、ようやく2010年にビンゴしたのがゾロフトでした。せっかくEffexor XRで良くなっていたのに2008年に帰国したら日本未承認とのこと。同じカテゴリーのトレドミンは全く効果が無く、かなり失望しておりました。今はストラテラとジェイゾロフトのコンボで別人のように良くなりました。

Lexapro、パキシル単剤、ストラテラ単剤、ミルタザピンで酷いこけ方をして入院した後、ジェイゾロフトに出会いました。私の頭、というか心にもヒマワリの花が咲いたように感じますよ。

ソラナックスも使っているので、今回の投稿、かなりツボでした。
Commented by hayanoya at 2011-02-12 20:37
初っぱなから素晴らしいコメントを有り難うございます^^
らなとぞふぃーの確執とかも描けたら描きたいなぁと思ってます。
ストラテラはNRIなので、ジェイゾロフトやアモキサンあたりと
相性がいいかもしれませんね。今はAD/HDしか適応してませんが、
うつ病への臨床応用は大変面白いと思います。

レキサプロやレメロンが×でゾロフトが○というのも興味深い
ですね。やはり抗うつ薬は人それぞれなのだと改めて実感します。
パンフを見る限り、ジェイゾロフトのパッケージはやはりヒマワリ
ですね。ヒマワリの如く、心が太陽に向かって持ち上げられた
事は大変喜ばしい事だと思います。おめでとうございます!
Commented by うさぬゅーみ at 2011-02-13 07:04 x
ぞふぃーさんのデザインは、どんなのがくるか予想はしていたのですが
麦藁帽子被ってて向日葵畑と戯れてるのが似合う「夏のお嬢さん」って
感じを想像してた私は発想が甘すぎると実感させられました。
というかそれだと、えばちゃんと被ってしまいますね。

擬人化し辛そうでいて、シートの文字の色とか珍しい気がするから
何とか擬人化したくなる薬ですよね。

ジェイゾロフトは抜け毛の副作用の噂に警戒して断念したヘタレです。
だけどマジでデリケートなお年頃なんです(><)
抗鬱薬選ぶのは、本当にまどマギの魔法少女契約みたいなイメージです。
Commented by hayanoya at 2011-02-14 14:17
そう、上品系を描けばえばと被るんです!想像力の貧困に絶望!
もうヘソ噛んで死んじゃEVA~?(絵羽違い
すでに服装も結構被っていますが、クラスが違うので問題ないでしょう。

銀地に赤、金地に青というのは確かに珍しいかも知れませんね。
錠剤自体にもっと個性があれば有り難かったんですが…。
海外ゾロフトは緑・青・黄色と色とりどりなのにどうしてこうなった。

ジェイゾロフトの抜け毛、未だそれで中止になった人は見たこと無いです
が…発現頻度1%未満でも起こるときは起こるんでしょうね。抗うつ薬を
飲み始める前に、契約書として添付文書を出したら誰も飲まなくなるかも
しれません…。QB見てるとコンプライアンスの重要性を思い知る(笑
Commented by RIu. at 2011-02-14 15:04 x
 ついに来ましたか、ジェイゾロフト! ……なんか地味に見えるのは、私の目が悪いせいかしら?
 確かに擬人化しづらそうではありますよねー。何か、いろいろ苦労の後が見受けられます^^; でも、さすがに上手くまとまってますねー。雰囲気出てます。
 私は、×ジェイゾロフト、○レメロン(リフレックス)なんですよね。何でかしらん? ジェイゾロフトが悪いというわけではないのですが、何か効きがいまいちだったように記憶しています。
Commented by ユウナ at 2011-02-14 17:00 x
ぞふぃーは穏やかそうなお嬢様って感じですね
トレドミンの擬人化というものも期待してしまいます^^
以前に、一度、一日一回のお薬に変えて欲しいと先生にお願いしたとき、
ぞふぃが出てくるのかなと期待してしまいました。
Commented by 言葉 at 2011-02-15 13:50 x
ぞふぃーさん!そして活躍してるんですね…イナビルさん…(TVで観た時は面倒臭い服用方法だなぁと思いましたが…あ、皆一緒か(爆))

ジェイゾロフトはシートの時点でも擬人化しづらい方のキャラだと思います。25mgはオレンジの文字が見づらいし50mg…あれ…これアタラックスPと同(ry)
かと言って副作用含め効果は優れ過ぎている分、逆に特徴が掴めないし…orz
よくこの子を擬人化出来たなーと思いました。流石安心の鮠乃屋さんです(笑)

プラチナ製ネックレスはファイザーのアルピニスト社章が元ネタでしょうか?
らながパチモン着けているのが笑えた(笑)しおんちゃんはパチモンネックレスどうしたのかが気になります。それとも元々持っていない?

ゾロフトじゃなくて何でジェイゾロフトという名前だったのかが気になっていたので解決しました。そしてジェイゾロフトって愛称つけようとすると略す所が無いのね…(私はロフトと呼んでいました)

それにしても「金を積めば何でも解決できる」…とは…庶民には理解に苦しむ子だわ…(笑)
Commented by hayanoya at 2011-02-15 19:21
>RIu.さん
気のせいでも目が悪いせいでも何でもなく地味なのです。すまねェ…。
あまりパッケージやPTPの配色に引きずられない方がいいかしらん?
ジェイゾロフトはSSRI、レメロンはNaSSAと系統が異なるので、
効果が違うのは仕方がないと思われます。
併用すると効果的かも?急速にセロトニン上げるのも良くないですが。
凶悪な眠気を引き起こさないだけでもジェイゾの価値はあるかと。

>ユウナさん
>1日1回の薬
ところがどっこい!ジェイゾじゃありませんっ…!
パキシルですっ…!これが現実っ…! (一条AA略
トレドミンの擬人化は近いうちにアップする予定です。
新規抗うつ薬で最も存在感のない彼女の運命や如何。
Commented by hayanoya at 2011-02-15 19:21
>言葉さん
イナビルは肺プロテクト効果があるらしいので、シーズン前に吸って
おくとよいそうです。防御力10Up(4ターン有効)。
ジェイゾロフトは攻守にスキが無さすぎて擬人化しづらいのか、あまり
見かけませんね。三国志でたとえると趙雲でしょうか。有能だけど地味。

アルピニスト社章は全く意識してませんでした。てかなんでそんな
マニアなアイテムを知ってんすかwww 今のファイザーにもあるのか?
しおんも多分もらってると思うんですが、着ぐるみの下に隠れて見えない
みたいです。らなの持ってるやつに比べると青っぽいです。まぁパチモン
なので等しく価値は無いんですが。

ゾロ、というのが日本ではジェネリックを指す言葉なので、アロフトの
ゾロかよ、と思われるのがファイザーのプライド的に耐えられなかったと
いうのがあるかと思います。でも語感が悪いのでジェイ要らないですね。
Commented by ユウナ at 2011-02-16 18:36 x
やはり、一日一回で浮かぶのは、
パキシルなんですね、え、ジェイゾもあるのでは?と
思ったのですが、口には出せませんでしたが
Commented by うさぬゅーみ at 2011-02-17 22:30 x
昔「ゾロフトってモロゾフみたいでロシアっぽいですね」と医者に
言ったら、ジェイの意味の話に繋がりました。ロシア全く関係無ぇ。
シートや文字の色が個性的かつ髪の色に使えそうな色してる薬は
患者サイドの擬人化erにとっては結構、有難かったりします。
個人的にはソラナックスの紫なんかが擬人化に使い辛かったです。

三国志を恋姫†無双と爆乳闘士で学んだ世代の私は、趙雲=メンマな
イメージが大きいですw共通認識の話題が前ありましたが三国志でも
馬超が馬なだけにポニテというのが定番になってますね。
Commented by TORL at 2011-02-17 23:08 x
以前、書き込みした際にパキシルを随分持ち上げましたが、心変わりしそうです。
ジェイゾロフト、抗コリン作用が無いのと薬物の相互作用が少ないのはいいですよね。

大昔、アモキサンやルジオミールとかしか無かった時代は心臓バクバク(心毒性?)、喉カラカラ、トイレ辛い.....でしたからね。トレドミンは全然効きませんでしたし。

4月から諸般の事情で引っ越すので(同じ県内ですが)、引っ越し先の病院で出してほしいですね。ホントに。
Commented by hayanoya at 2011-02-18 01:14
>ユウナさん
何でしょう、SSRIならどっちでも同じと思われてるんですかね?
6年のキャリアの違いって奴でしょうか…。

>うさぬゅーみさん
まさかのラテン語!ロフトは日常でも使われる言葉ですね。
ソラナックスの…というよりアップジョンの紫と水色は上品な
感じが好きです。ファイザーに取り込まれても違和感無いです。
光栄三国志で育った私にとって恋姫は噴飯モノなんですが(汗
今の光栄の体たらくを見てると萌えに走らないとやってられん…。
あと、前に言ってた3D素体ツールがセルシスから出そうですね。
ポーズスタジオ。一般販売はまだかー!?

>TORLさん
パキシルの際のコメントで大変感動したので、そう簡単に心変わり
されるのは…^^; 三環系や四環系しか無かった頃に較べると、
確かに抗うつ薬が身近な存在になって良かったように思います。
医師によって処方方針が全く違うのは厄介ですね…。パキシルと
ジェイゾの違いを、デパスとソラナックスの違い程度に考えられる
と困ってしまいます。こっちも説明しづらいし。
Commented by うさぬゅーみ at 2011-02-18 18:47 x
ポーズスタジオは等身も変えられるようにして欲しいですね。
あと背景と人物の比率がおかしくならない機能も…(望みすぎ
今さらですが、ぞふぃーさんの大金積んで解決って所は、
ゾロ「フト」と太っ腹が掛かっているのですね(気付くの遅
アップジョンは上品ですか。ジョン→女学園→名門お嬢様校
という私の連想はもしかして間違っていなかった…のかも?
Commented by かめお at 2011-02-19 01:34 x
契約書の基礎資料も作成しますが、ミスると大変な損害を被るので神経をすり減らします。なお、QBとの安易な契約は命の危険があります。あいつラブリーな顔して悪魔だ(笑)

私もジェイゾロフトのお世話になっています。効き目は何となくですが、レメロンの眠気を回避するために夜の服用になっていることから、ジェイゾロフトを朝に服用する処方となっています。

さて、数年前からH5N1トリインフルエンザのヒト・ヒト感染能力獲得を恐れて、主治医の協力を受けタミフル、リレンザ、インフルエンザ簡易検査キットは準備していますが、イナビルは持っていません。また、自主診療での処方をお願いしてみます。
Commented at 2011-02-19 01:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hayanoya at 2011-02-20 00:16
>うさぬゅーみさん
体験版ダウンロードしてみました。等身の変更はできないのかな?
今後のアップデートに期待(まだ発売もしてないが
背景は…どうせ描かないから(ヲイ
ゾロフトで掛かっていたのは、私も初めて知りました!…てか、
特に意味はないのです。金銭主義なのはファイザーだから。

>かめおさん
IT業界における契約書の重要性は、「なれる!SE」3巻でも
描かれてましたね。顧問弁護士を付けるレベルだとか。常に
なぁなぁで仕事してる我々とはえらい違いですね。
今年のインフルはそろそろ終わりに近づいていますが、トリフルの
脅威は日々高まっています。イナビルはトリフルにも有効らしい
ので、来年に備えて備蓄しておきたいところですが、今のところ
有効期限が異常に短いのが唯一のネック。そろそろ返品するか…。
Commented by TORL at 2011-02-20 20:09 x
ジェイゾロフトに浮気しようとしましたが.....友人から不眠の副作用があったというメールを貰って止めました(勝手に)。

よって前言撤回。

やはり、薬理がパキシルと違う分副作用も違ってくるんですね。私の大敵は不眠なので、(その割に貰ってるのがリスミーやレンドルミンなんですけどね。デジレル4錠は多いかも)睡眠時間の不足は直接精神状態に直結するんです。

パキシルのお陰で鬱で動けないなんて事が無くなったので、伴侶は今のままでいいですね。上品なお方を貰うには、こちらもそれなりじゃないと。
Commented by うしお at 2011-02-24 09:42 x
はじめまして。

結構前からROMらせていただいてた者なのですが
(ちなみに現在レキソタンを処方してもらってるのは
こちらで知ったのがきっかけだったりします(笑))
いつの間にか、うちの嫁来てたーということでコメントさせていただきました。

3年前に、初めての心療内科でいきなりパキシル20mgとかいう
無茶をさせられ、吐き気で苦しんだ後に
優しく癒してくれたのが、別の病院で出して貰った、ぞふぃーさんでして、それ以来ずっとお世話になっております。

薬に関しては結構いろいろと試しましたが未だに変わらず残ってるのは、ぞふぃーさんとでぱ子ぐらいですねえ。

と言いますか、現在ジェイゾロフト・パキシル・トレドミンが揃い踏みな上に(減らせとは言われてるんですが、どれも削れない)
先週からタイミング良くインヴェガが追加されまして(笑

全くもって最近の更新は本当、勉強になる上に
とても楽しみな状態です。
Commented by hayanoya at 2011-02-24 23:19
>TORLさん
不眠はそこそこ起こりやすいみたいですね。ドパミン系の賦活が
原因か…。デジレルで寝れるならベンゾジは弱めでよいと思います。
ぱきるも結構いいとこのお嬢様なんですけどね…養女なので
立場が弱い。ファイザー家とグラクソ家は仲悪そうだ。

>うしおさん
コメント有り難うございます。れきそタン教入信乙。
もしジェイゾロフトが先に認可されていたら、パキシルは絶対に
ほとんど売れなかったと思います…歴史ってフッシギー。
ジェイゾロフトとパキシルを被せて出すのはウチの近所の医者
だけかと思ってました(パキ+トレはよく見るが)。
そしてインヴェガまで…1日薬価は怖くて計算できません(汗
トレドミンをそろそろ擬人化しないとなぁと思ってる今日この頃。
ますます持って目が離せませんね!(と誘導してみる
Commented by TORL at 2011-02-26 21:51 x
やっぱりデジレルがないと熟眠は出来ませんね。今のところ、ベンゾジ系は眠剤と不安時のセルシンくらいしか貰ってません。

前はリスパダールが主剤だったんですが、今は非定型のセロクエル(500mg/日)です。夕食後にぱきるにお世話になるくらいで、朝昼晩とセロクエルです。

セロクエルを擬人化するとなると、腕の立つ料理人といったところでしょうか.....体重が5kg位前より増えました(泣)

それはそうと、非定型クラスは作りずらそうですね。効く人にはビビッと効くそうですが。
Commented by moko at 2011-02-27 15:26 x
ジェイゾロフト上品にまとまってますね!

この薬最初効いてるのかどうかわからなかったのですが、飲んでると調子いいって患者さんが以外に多くて、私的には非常に評価高いんです。
おそらく他の薬に比べて副作用が少ないのが特徴なんでしょうね。 ただ、精神科医は副作用=効果と判断することが多くて(三環系時代は当たり前)、ジェイゾロフトみたいに、副作用の少ない薬は判定しにくいんだと感じます。 だからパキシルと比べて弱いんじゃ…なんていうレベルの低い精神科が多いんだと思ってます。

抗うつ薬は飲み続けられることが1番重要なんで、患者さんのためにも、ジェイゾロフトには頑張ってほしいと思うんですよね。
Commented by geek at 2011-02-28 19:22 x
どこかの精神科開業医さんのHPを見て、ジェイゾロフトは弱くて、太ると鵜呑みにしてました。
ゴメンよ、ぞふぃー。そんな裏事情があるとは。
ゆるふわカールだーワーイ。
夏コミ楽しみにしてますので、擬人化頑張ってください。
Commented by hayanoya at 2011-03-01 17:47
>TORLさん
非定型は体重増加に悩まされやすいです。私はジプレキサをデブレキサ
と呼んでます。擬人化はポッチャリ系(自称)。腕の立つ料理人というのも
いいアイデアですが、もうドラールで使ってしまったので私には無理だ…。

>mokoさん
お医者様でしょうか?参考になるコメントをありがとうございます!
副作用=効果というのは分かる気がします…良くなった点は気づきにくい
けど、悪くなった点はすぐ自覚出来ますからね。いきおいそういう報告が
増えると、医者も副作用の方が確からしく感じてしまう…。
「眠気を起こさない抗ヒスは抗ヒスじゃない」理論ですね。
ジェイゾロフトは少なくともパキシルと同程度には売れて良い薬だと
思いますので、これからの活躍に期待したいところです。

>geekさん
太るのはむしろパキシルの方が…抗コリン作用の有無の違いでしょうか?
開業医さんは日精診に加盟してる方が多いので、ジェイゾロフトに…
というよりファイザーに対して拒絶心があるのかも知れません…。
夏コミは…まぁ、ぼちぼちと(スケジュール大幅遅れ気味
Commented by geek at 2011-03-01 21:01 x
hayanoyaさん、確かにうつ病・パニック障害の母は四年間のパキシル服用で、まるまると太ってしまいました。
Commented by hayanoya at 2011-03-03 19:26
不安が取れて食欲が戻ることで、体重が増えるという事もありますが…。
調子が良くなればパキシル→ジェイゾロフトへの変更も検討してみて
良いかも知れませんね。
Commented by こういちろう at 2011-03-03 22:50 x
こんばんは。
hayaさん、教えてください。向精神薬には肥満の副作用があるものが
多いですが、これは何が主たる原因なのでしょうか?(添文にも書いて
ないですし)
・神経系統に作用することで「風が吹けば桶屋が~」的に基礎代謝が落ちる
・満腹中枢に狂いが生じて必要量以上に食べ過ぎてしまう
・何らかの原因で栄養分の取り込み効率が上がってしまう
…etc...
教えてください。3年で20kgも太ってしまい(禁煙したせいもありますが)
うつが悪化しそうです…。
Commented by hayanoya at 2011-03-04 22:22
抗ヒスタミン+抗セロトニン作用のあるペリアクチンに食欲増進
作用があることから、この二つの系のどちらかあるいは両方が
関与していると言われております。もう一つ抗コリン作用があると
口渇が出やすく、必然的に多飲するので太りやすいとも。
この3つを全て備えてるのが三環系。SSRIは比較的出にくいですが、
デプロとジェイゾに較べると抗コリンの強いパキシルは出やすい。

体重増加は女性にとって非常に気になる副作用なので、そういう
意味でもジェイゾロフトは女性向きのSSRIと言えるでしょう。
Commented by こういちろう at 2011-03-05 00:32 x
>hayaさん
こんばんは、早速のご回答ありがとうございます。という事は私の場合は
うつなのでヒスタミン系にカギがありそうですね。たしかに水分も多く
摂るようになっている気もします。ヒスタミン系の働きについて、勉強して
みますね。
Commented by ゆう at 2012-05-14 18:50 x
今さらながら失礼します。

薬が増えるごとに凹んでいたのですがこちらを見つけてから次の薬はどの子になるのかな~?などとウキウキしています笑

今はゾフィ、らめぇ(笑)、でぱ子 の三人娘に支えられながら毎日快調です。

今年は鮠乃屋さん目当てで夏コミに初めて行ってみようかと思います。
会場前でギブアップしなければですが…苦笑

応援しています。今後とも頑張って下さいね。
Commented by hayanoya at 2012-05-14 23:06
ゆうさん、コメント&応援有り難うございます。
処方箋を見てこの子らの顔が思い浮かんでくれれば本望です(笑)

コミケは午前中殺人的な人混みにあふれるので、13時過ぎくらいの
入場をおすすめします…ご武運を。って私が当選するかどうかも
まだ分からないんですが(汗
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.