トップ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
タグ
最新のコメント
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



向精神薬擬人化その40:エビリファイ
ゴールデンウィーク中に非定型三人アップしようと思ってたけど、最後の一人が
えらいこと遅れてしまった…仕事が始まるとやっぱりペースが乱れるのう。
DoCoMo夏モデルが発表されちまったぜ。そろそろ動画再生用途でArcたんから
隼にモデルチェンジしようかと思ったけど、Qloud Media Serverが予想以上に
快適なので、XperiaからクアッドコアがでるまでArcたんでいいやと思ってまつ。

と言うことで三人目は大方の予想通りエビリファイです。国産バンザイ!
エビリファイは個性ある薬だし、何より非常に数少ない世界的ジャポネーゼ
なので、もっと擬人化が増えるべきだと個人的に思います。
f0133373_2263212.jpg
一般名アリピプラゾール。
発売は大塚製薬。
規格は3/6/12と24mg(ODのみ)。
あと液剤とODと散。マジ勘弁。
愛称は「えび華」。
本名はアビカなのだが何やら政治的な
理由でえび華にされた。
エビの擬人化だと思われている。
おかげでエビが大嫌い。

エビリファイのパンフレットにはどでかいAの文字と一本道の道路が描いてあり、
治療の到達点までA(Abilify)で一直線、とかいう意味をこめてる物と思います。
それに大塚といえば陸上競技部。これはもう陸上女子にするしかない!(強引)

最近のユニフォームはもう少し空気抵抗が少ないんじゃないかと思いますが、
俺の画力だと水着に見えるのでこれくらいで。むしろバスケ選手っぽいな。
陸上女子は髪をくくってるもんなんだ!と神様が仰るのでローポニーで。
カラーリングはエビリファイの象徴、山吹色+空色ストライプ。でも髪の色は
日本人なので黒一色です。ポカリを持たせるべきなのですが、やはり医療用
医薬品としてはOS-1を持ってもらわねば。ポカリはシューズにして履かせてます。

徳島県徳島市生まれ。幼少の頃より阿波踊りを子守歌として育ち、
徳島ヴォルティスの試合をラジオで聴きながら今切川沿岸を走っていた。
好物は金ちゃんヌードルのすだちがけ。うどんを食う奴は敵だと教えられている。
ジャストスイーツを嗜みとして三四郎も花子も五郎も一通り扱うことが出来、
最近はufotable cafeでくつろいでいる姿をよく見かける…
ってこれでは徳島県の擬人化だw

徳島を牛耳る大塚一家の愛娘。大塚一家は老舗である福岡吉富組や大阪藤沢会が
一流の娘達を擁しながらも世界に打って出ることなく、国内で安穏として
いることに強い危機感を抱いていた。このままでは外資系のインテリマフィアに
国内シノギを牛耳られてしまうと考えた大塚会長は、生まれたてのえび華に
こう伝えた――「D2を獲れ」、と。その日から、えび華のスパルタ教育が始まった。
D2受容体をゴールと定め、シナプスに辿り着くと同時に競合する全ての妖精を
蹴散らして占位する。その脚力も、当たり負けしない強靱な魔力も、飽くなき
ハングリー精神も、全ては会長によって仕込まれた物である。

国内の秘密特訓ですっかり自信を身につけたえび華は、D・Eクラス増設による
急ピッチな学舎の増築と法整備というゴタゴタのせいで登録に手間取る学園を
尻目に、海外でいきなり名を挙げた。D2という聖域の守護者にして調律者、
定型も非定型も、内在性ドパミンの侵襲すらもはね返すサムライガール。
D2を蹂躙するでも軽視するでもなく、独占化するという独特の哲学と魔法力は、
新世代を冠するに相応しいと多くの国が賞賛し、大塚一家は悲願通り、世界の
オーツカとしてその名を知られるようになったのである。

学園登録は遅れに遅れていたが、それでも近年のペースと比較すれば非常に
スムーズに行われた。米国デビューから数年後、えび華は晴れてSクラス
特待生として故郷に凱旋する。かつて国内で生まれたSクラス生は多かれど、
えび華ほど華々しい活躍をした者は他になく、じぷりーとけせらの跳梁を
押さえられる存在として、学園側のえび華に期する想いは非常に強かった。
ところが、D2受容体に対して異常な思い入れを発揮するえび華の本能は
むしろ旧来のSクラス生達から疎ましがられ、じぷりーとけせらには逆に
気に入られてしまうと言う皮肉な状況になってしまった。

じぷりーとけせらは結局Sクラスの人間関係を散々に乱したまま突如Es
クラスを称し、Sクラスから独立することを宣言する。D2に対して醒めた
態度を取る二人に対してえび華は全く好意的ではなかったが、自分の存在も
クラス崩壊の手助けをしてしまったことに強い責任を感じていた。Eクラスを
Sクラスの二の舞にしてはならないと考えたえび華は、半ばけせらの口車に
乗る形でEsクラス入りを決意する。かくして未曾有のポテンシャルを持つ
三人の非定型妖精はいずれも、文字通り規格外扱いを受けるようになるのである。

性格は真面目でストイック。責任感は強いが広い視野に欠ける。あまり体力が
ある方ではなく、ふと気がつくと疲労困憊で地面に倒れていたりする。かなり
精神論的思考を持っており、努力すれば不可能な事など無いと思っている。
嫌いな言葉は「無理」「出来ない」。ワ○ミの社長が喜ぶタイプ。この性格のせいで
周囲との軋轢も多い。しかし友人は大切にする方で、一度うち解けた妖精とは
強固な信頼関係を築くことが出来る。実は本人が自負しているほどにその実力は
学園で評価されているわけでは無く(汗)、どちらかと言えばこの信頼強化による
他の妖精達の魔力ブースト能力こそが彼女の本質と見なされている。



「もっとも恐るべき非定型とは何か わかるかねジプレキサ」
「………エビリファイ」
「そうだその通りだよ 我らが宿敵エビリファイだよジプレキサ
 ではなぜエビリファイはそれほどまでに恐ろしい?
 エビリファイは弱点だらけだ
 静穏性に弱い 持続性に弱い アカシジアや嘔吐が身を焼く
 α1・α2・H1・M1を遮れず 双極鬱に目をそむけ 幻聴悪化に耳をそむけ
 ほとんどの医師はまともに使えず SGAの根拠は唯一ツ バカ高い薬価だけ
 それでもエビリファイは無敵の非定型(アタイピカル)と呼ばれる
 ジプレキサ 何故だかわかるかな」
「…………5-HT1Aや2Aを操る事?」
「それは決定的ではない」
「パテント的にあと数年は死なない事?」
「少々役不足だ 倒す新薬(パイプライン)は我々に限らん」
「アドヒアランスを騙り いくらでも規格と剤型を増やす?」
「それは確かに恐るべきことだ だがそれは我々も行っている
 もっともっともっともっと単純なことだ」

「…………力価が強い?」

「そうだ エビリファイはとっても強欲なのだよ ジプレキサ
 プレシナプス部分刺激 固有活性の減弱化 皮質ドパミン調整
 性欲堅持 体重減少 認知の向上 etc. etc.
 しかし最も恐るべきはその純粋なD2結合力………『力』だ
 他のD2遮断薬達を受容体から軽々とフルアンタゴニストの様に弾き飛ばす
 そしてたちの悪いことに大塚製薬はその力を自覚している
 ベンチャーのまぐれ当たりとしてでなく 大手企業の手法(メソッド)を持って
 ネクストジェネレーションと喧伝する『ビッグファーマ』だ
 エビリファイとの直接併用は抗精神病薬としての死を意味する
 いいかねジプレキサ エビリファイとは知性ある
 D2を支配する『スタビライザー』なのだ これを最悪といわず何をいうのか」


…30秒で分かるエビリファイコピペ。しかしこれ誰と誰の会話なんだ(汗

日本で合成された薬は数多く存在しますが、世界的に名が知られるほど売れて
いるのはごく一部ではないでしょうか。それも向精神薬分野に限れば、もはや
二つしか存在しません。一つはアリセプト、もう一つがこのエビリファイです。
ちなみにAbility(能力)をfy(開花させる)というネーミングなので、アビリファイ
という名前の方が相応しいのですが、日本にはアビリットというスルピリド製剤が
存在するために無理やりエビリファイという名前に変えられたようです。

エビリファイは現在世界の抗精神病薬カテゴリでトップクラスの売り上げを叩き
出しており、中枢系分野において無名だった大塚製薬をこれ一剤で業界3位に
押し上げています。アリセプトは全く治療薬が無かったアルツハイマーに対する
薬なので爆発的に売れたのは理解できますが、世界中に競合薬が数多ひしめく
抗精神病薬ジャンルで、それでもエビリファイが売れたのはどういう理由による
ものなのか、すこし調べてみたいと思います。

1972年、ドパミン作動性神経には自己受容体が存在しており、ドパミンの過剰な
放出を制御しているという仮説が提唱されました。大塚製薬はこの説を応用し、
「ドパミン自己受容体刺激薬はシナプス間のドパミンを減らし、結果として
抗精神病薬と同じ作用をするのではないか」と考えました。当時の抗精神病薬は
後シナプスのドパミンD2受容体を強く遮断することが重視されており、確かに
それで幻覚・妄想などの陽性症状は収まるのですが運動・筋肉系のD2受容体まで
遮断することによる弊害、すなわち錐体外路症状(EPS)が問題となっていました。
首が曲がる、舌を頻繁に出し入れする、震える、同じ姿勢で固まるなど、薬を
飲んでいることが外見で一発で分かってしまうこれらの症状はQOLを著しく
下げてしまいます。また、大脳皮質のドパミン系の働きを遮断することにより
やる気や思考力の低下といった陰性症状が強まる事も問題とされました。

大塚が行った動物実験で、ドパミン自己受容体刺激薬はEPSを引き起こさないと
いう結果が確認されると、大塚はこれを有用な抗精神病薬になり得るとして
第Ⅰ相試験を開始します。この薬がOPC-4392、アリピプラゾールの前身です。
OPC-4392はクロルプロマジンとの比較で高い安全性を示しましたが、実用性は
イマイチでした。陰性症状に優れた効果を示すものの、肝心の陽性症状には
治療どころか悪化することがしばしば見られたのです。また高い頻度で起こる
吐き気の副作用も問題でした。この問題は解決しないまま開発は終了します。

OPC-4392は自己受容体のみに作用し、後シナプスD2に関与しないはずでしたが、
どうも濃度が高まると後シナプスのD2に対して刺激を与えている感じです。
だったらもう最初からシナプス間隙へ漏れる事を前提とし、自己受容体へは
刺激を、後シナプスD2へは遮断作用のある薬物を探せばいいじゃない!と
大塚は開き直ります。そんな都合の良い物質があるのか…と思いますが、大塚は
80年代後半についにそれを探り当てます。OPC-14597、アリピプラゾールです。

アリピプラゾールは90年に第Ⅰ相試験を開始し、95年に非臨床試験を終了します。
99年にはブリストルマイヤーズ・スクイブ社と米国で共同開発を開始し、早くも
2002年にはFDAに承認されました。同じように試験を進めながら4年も早く米国で
承認されるという事態に、2000年代の日本の治験体勢の混乱が見て取れます。
アリピプラゾールは前シナプスと後シナプスで刺激/遮断の異なる作用を持つと
大塚は考えましたが、そんなややこしくしなくても、部分アゴニストと考えれば
良い、と米国研究者達は提唱しました。以後、大塚は自己受容体への作用という
フレーズを取り、ドパミン部分アゴニスト、スタビライザーであると宣伝します。

部分アゴニストとは内因性リガンド、つまり体内ドパミンが少ないシナプスでは
刺激薬(アゴニスト)として、多いシナプスでは逆に遮断薬(アンタゴニスト)と
して働く薬です。これにより、ドパミン系が異常亢進している辺縁系ではこれを
遮断して陽性症状を抑え、ドパミン機能が低下している皮質ではドパミンの代理
として作用することで陰性症状を抑える事が出来ます。アザピロン系抗不安薬で
セロトニン受容体の部分アゴニストは知られていましたが、ドパミン受容体で
それを提唱したのはアリピプラゾールが始めてであり、それが為にこの薬は
ドパミンシステムスタビライザー、DSSの名で第三世代抗精神病薬と呼ばれて
います。この通り名のインパクトは凄まじく、アリピプラゾールは欧米各国で
画期的新薬と賞賛され、300億円/年のペースで急激にシェアを伸ばしました。
アリピプラゾールの2011年の売り上げは4000億円にも及び、パテントが各国で
切れたジプレキサ・セロクエルを突き放し、米国パテントが維持される2015年
までは向精神薬市場で独走状態になることが予想されています。

しかしこの部分アゴニストという作用は、果たしてアリピプラゾールに固有の
作用なのでしょうか?同じ受容体に作用する薬物の構造的類似性を探り出す
ファーマコフォアと呼ばれる研究の一説によれば、D2受容体にアゴニストとして
作用する条件は「分子上のアミンN原子を基点とし、3.8~4.6Åの距離にπ電子
(二重結合)が存在すること」であり、アンタゴニストとして作用する条件は
「π電子と共役していない第三級アミンN原子が分子中に1個以上存在すること」
です。言葉の詳説は省きますが、とりあえず定型抗精神病薬と呼ばれる薬物は
アンタゴニストとしての構造しか持ちません。しかし非定型抗精神病薬と
呼ばれる薬物は全てアンタゴニストとアゴニストの両方の構造を備えています。

従って、非定型抗精神病薬は全て多かれ少なかれ部分アンタゴニストとしての
性質を持っていると推測されます。実際、大日本住友製薬あたりはペロスピロン
(ルーラン)とアリピプラゾールの構造の類似性を指摘し、対して変わらない
性能なのにDSSと名乗って荒稼ぎしやがって…と言ってます(汗)

アリピプラゾールの部分アゴニスト作用が強調されるのは、この薬がD2受容体に
対して非常に強い結合親和性を持っており、それに比較して10分の1程度の5-HT2
結合力しか持たないのに、量を増やしてもほとんどEPSを引き起こさない点が
注目されたからです。アリピプラゾールは力価が強く、20mgも投与すればほぼ
D2を100%占有してしまいますが、この量でもEPSはほとんど起こりません。
前述のファーマコフォア説は非定型薬をD2と5-HT2の結合比率で考えるのではなく、
構造式上のアゴニスト/アンタゴニスト活性の比率として捉えていますが、そう
考えるならアリピプラゾールは非定型薬の中で最もアゴニスト活性の強い構造を
有していると言えます。アリピプラゾールよりアゴニスト活性の高い薬物として
ビフェプルノックスが挙げられますが、これは逆にアンタゴニスト活性が弱くて
陽性症状を押さえ込めず、開発中止しています。アリピプラゾールはドパミンの
部分アンタゴニストとして非常にバランスが良い位置にあるのでしょう。大塚は
アリピプラゾールの後継品としてOPC-34712、ブレックスピプラゾールを開発中
ですが、分子量・立体構造ともに多少大きくなる事でアリピプラゾールのような
ドパミン部分アゴニスト性が弱くなり、セロトニン受容体への親和性が強い
抗うつ薬的な性格を持つことになるようです。

余談ですが、「~prazole」という名前はオメプラゾールの類薬、一般的に
プロトンポンプインヒビター(PPI)と呼ばれる胃薬に使われる名称です。
アリルピペラジン骨格を持つからこの一般名にしたのだと思いますが、
アリピプラゾールはPPIと全く異なる構造をしており、この名前は非常に
紛らわしいので避けるべきだったと個人的に思います。何でアゾール環を
持たないのに-azoleを付ける!後継種もプラゾールの名が付いており、
まるで反省していないことがうかがえます(笑)

ただ、部分アゴニストの欠点として多量に投与しても完全にはD2を遮断出来ない
という事があります。従って辺縁系のD2の過感受性を押さえ込みきれず、
抗精神病薬なのにしばしば陽性症状を悪化させることがあります。これが
エビリファイの使いにくい所で、旧来の薬物から切り替えようとしたら症状が
一気に悪化した、高いくせにちっとも効かん!という批判を受けやすい原因と
なっています。最初から高用量で投与すればかなり防げるものと思いますが、
少量で賦活、多量で鎮静という概念は量の調節が難しい上に、鎮静を狙うなら
代替手段も多いので、無理に高額のエビリファイを多量に使う必要もありません。
批判は多くとも、この薬は他剤併用を視野に入れて使う薬かと思います。
双極躁に対して最近適応を取りましたが、初期投与量は24mgとかなり多めで、
これに合わせて作られた24mg製剤は1錠647円と破格の値段です。ケチって少量で
使おうとするとかえって悪化する為、ジプレキサとかを試す方がまだマシかも。

単剤処方だとかなり気難しい薬ですが、他剤と併用するとその応用範囲は非常に
広がります。D2結合力が非常に強いので他の抗精神病薬のD2結合力を弱める
事ができ、結果としてEPSを減らす「毒消し」として作用します。
またドパミン部分アゴニストとしての作用に着眼し、うつ病に対してドパミンの
賦活効果が欲しいときにも使えます。日本ではNDRIであるブプロピオンが認可
されていないので、この作用はより重要かも知れません。アリピプラゾール単体
ではうつに対してさほど効果を持ちませんが、抗うつ薬の効果を高めるという
ブースト作用は評価されており、実際に米国ではその適応を取得しております。
多分双極うつにも有用だと思われますが、躁転のリスクが高いので単極うつほど
気軽には使えないと思います。日本でも単極うつに対する治験は行われており、
順当に行けばあと数年で適応を取得するでしょう。

アリピプラゾールは非常に副作用が少ない薬で、定型薬に見られるEPSや
高プロラクチン血症も、非定型薬にしばしば見られる代謝異常や体重増加も、
両者に見られる性機能障害もほとんど起こしません。α1・H1に作用しないので
眠気や鎮静もありません。服用量が少ないことによる不眠・賦活や、多いことに
よるアカシジア(じっと座っていられない)等は見られますが、用量の調節や慣れ、
あるいはインデラルやリボトリール追加で収まる場合も多いです。従来薬の
効きが悪いときに、とりあえずで追加しやすい薬と言えます。

従って、ドパミン系の関与が疑われる疾患、たとえば自閉症・難治性うつ・
強迫性障害・トゥレット症候群などで状況打破のために使われることがあり
ます。かつてこの分野は少量のドパストン散や、賦活効果のある抗精神病薬の
オーラップなどが用いられてきましたが、最近はかなりエビリファイに切り変え
られてきているのではないでしょうか。ちなみにオーラップはD2遮断作用の強い
薬ですが同時にDAT遮断作用も持っており、擬似的部分アゴニストになってます。

こういう幅広い疾患に対して用いられ、少量で賦活して多量で鎮静し、しかも
しばしば症状を混乱させる(笑)薬には見覚えがあります。ドグマチールです。
ドグマチールはベンズアミド系抗精神病薬と言われ、フェノチアジン系・ブチロ
フェノン系に次ぐ第三の抗精神病薬と分類されました。EPSを極力減らすべく
努力したフェノチアジンの発展系がクロザピンなどのMARTA、ブチロフェノンの
発展系がリスパダールなどのSDAとすれば、ベンズアミドの発展系がエビリファイ
などのDSSである…とちょっと強引にまとめても良いのではないかと思います。

エビリファイは今年5月、双極躁の適応を取ると同時に、口腔内崩壊錠の発売に
着手し、しかも今まで無かった24mg錠を出してきました。ノーマル錠・液剤・
散剤を含めるとエビリファイの規格は11種類にも及び、リスパダールに並びます。
最初これを聞いた時、半ば殺意をこめた目で「当然プレタールの様にノーマル錠の
製造は中止するんですよね?」と大塚に問い返しました。大塚はにこやかに「No」と
答えました。私があやうく魔法少女から魔女に転生しかける寸前、「ザイディス!
ザイディスですから!」と彼は叫ぶのです。どうやらクラリチンやジプレキサと
同じく、キャタレント社の製剤技術である「ザイディス」をエビリファイにも導入
したとのこと。だったら何故レディタブやザイディスという名前にしない!

日本ではOD錠の名は乾式錠、即ち一包化も可能な堅い剤型に対して与えられる
事が多いです。「ザイディス」は非常に脆く湿気やすい湿式錠なので、一包化
どころかピルケースにしまうことさえ出来ません。医師は「あーOD出たんか
ホナそれに変えとこか」的なノリで処方箋を書くでしょうが、ザイディスは性質が
全く異なる薬です。特許的な問題でザイディスを名乗れなかったと言うことです
が、それならそれでレディタブ・RPDのように特殊な名前を考えるべきでしょう。

しかもザイディスが必要になるであろう急性躁に用いる24mg錠は直径18mm、1円玉
サイズの馬鹿デカさです。更にジプレキサでさえザイディスは遠慮して最小70錠
包装なのに、エビリファイは堂々と100錠包装で販売してます。箱でかすぎ!
そして高すぎ!ジプレキサのザイディスがわりかしよく売れてるのであやかった
ものと思われますが、正直これはさすがに売れないんじゃないかなぁ。世界規格
ゴリ押しのグラクソとかならともかく、日本企業がこんなパッケージングをする
のはがっかりです。まぁ大塚はメプチンという薬に対しても、11規格発売という
当時の常識からかけ離れた乱立販売を行った前科があるので、あまりこういう
商法に抵抗がないのかも知れませんが…28錠包装のレクサプロを作った持田が
いかに有り難い存在かよく分かりますよね?日本人なのでエビリファイを応援
したい気持ちは当然あるんですが、その薬理同様取り扱いも面倒な薬です(汗)
[PR]
by haya by hayanoya | 2012-05-18 02:36 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(47)
        TOPに戻る▲
        
Commented by えふだ at 2012-05-18 22:10 x
喘息持ちの私はもちろんメプチンを使ったことがあります。エアー、キッドエアー(症状が軽くなるとエアーでは効きすぎるので)、錠、シロップを使ったことがあります。
特にシロップはなぜか成人になってから処方されました。なぜシロップなのかと小一時間問い詰めたいです。門前の不良在庫処分なのかは不明。くどい甘さです。口直しのウーロン茶は必須です。
Commented by ちぇりーぷらむ at 2012-05-19 00:23 x
今回のえび華さんの説明で、非定型にも色んなタイプ(薬理)があることはわかった気がします

今まで、非定型はすべての病態にマルチに使える薬(ファジーな機能)、みたいなあいまいでとらえどころがないイメージしかなかったんですが、、、。。。

ぱだ子さんは非定型だけどSクラスなんですよね?(・ω・`*)

…非定型と定型の違いを教えて頂けますでしょうか?艸(vωv`★) ペコ
Commented by 名無し伍長 at 2012-05-19 03:59 x
やはり、抗精神病薬や抗うつ薬や非定型抗鬱薬などややこしいうえに線引きも難しいですね。
双極はそもそも病理が難しい故に、双極に効く薬の薬理も複雑で理解することが難しいです。

最近は2日間隔で躁状態と鬱状態が続いているのでなんとかしてほしいです。双極にズバリ効く薬が誕生することを祈っています。
来週の再診でまたみくたん増えるのか、はたまた「じぷりー」や「けせら」が登場か、とかくなんとかしたいですね。
しかし眠剤の「舞」といい「みく」といい、小っちゃい子に好かれてるのかな?ロリコンほいほいですが、「頼む、仕事してくれ!」と。

ちなみに向精神薬系ではないですが中枢神経系に働き痛みを抑える「リリカ」ですが、もし擬人化するとしたらどんなイメージ(例えば年齢や格好)ですか?
Commented by うさぬゅーみ at 2012-05-19 12:23 x
最近、新キャラがハイペースですね。
海老の擬人化は、個人的には三つ編みが必須だと思っているので
私は海老の擬人化と間違えることは無いかな。
純和風と一本道か…キュアビューティを連想してしまった…。
Commented by RIu. at 2012-05-19 20:05 x
 夏コミに向けて、気合が張ってすねー。
 もう、まるこうとか言わずに、向精神薬という大まかなくくりで、やるしかですねー。

 なんか、中折れがするとか言う話で、私の場合も中折れしちゃったので、短距離走「えび華」と言うことで、どうでしょう?

 絵は、私はとてもじゃないですが、人様に見られるものじゃないので、hayaさん、もっといろいろ取り上げてください-!
Commented by さひろ at 2012-05-20 02:06 x
去年あたり、えび華さんのお世話になりました。
最初はいいかんじに賦活していたのですが、そのうちそわそわがひどくなり、電車の椅子に座ってられないとか布団に転がってもうずうずして寝つけないなどの賞状が……。
結局、担当医と相談して断薬と相成ってしまいました。賦活力が感じられただけに残念ですねー。
Commented by hayanoya at 2012-05-21 00:54
>えふださん
メプチンシロップはウチも割と大人に使います。フスコデとのMixが
多いですが。鎮咳シロップとしては使い易いのかもしれません。
存在意義が分からないのはクリックへラーとドライシロップです…。

>ちぇりーぷらむさん
非定型抗精神病薬というのは従来薬よりも錐体外路症状が少ないと
言う意味で、メレリルやらロドピンやら新しい薬が出るたびに使われ
ていた用語ですが、最近ではSDAとMARTAとDSSをひっくるめた
言葉として使われてますね。古典的な副作用の少なさ、陰性症状や
認知症状の改善力、神経保護作用(があると言われている)あたりを
備えているのが条件で、こういった能力がある故に双極やらうつ
やらへの応用が考えられています。ぱだ子さんは元祖非定型薬です。
海外では色々適応を取ってますが、日本では薬価が安いのであまり
熱心ではないようです。娘?のインヴェガに期待がかかってます。
Commented by hayanoya at 2012-05-21 01:04
>名無し伍長さん
双極はメイン理論が固まってないので色々とアプローチを探っている
段階です。将来的にはうつにおけるMAO阻害薬のように、どれかの
系が駆逐されるかも知れません。望まれるのはリーマスの持つ汎用性
ですが、今のところこれに匹敵するような薬は見あたりませんね。

リリカはガバペンの妹ですが、姉より遥かに優秀で超生意気です。
エセナース服を着て麻酔注射器を持っているという、典型的な薬の
擬人化っぽい格好をしているイメージ。

>うさぬゅーみさん
エビの擬人化は回転寿司擬人化さんにお任せします…。
えび華さんは元々私が買ったXperia Arcの擬人化、杏華さんとして
デザインしたボツキャラです。最初は当然弓道部だったので、
ますますビューティさんと被ってたかも。危ねぇ。
Commented by hayanoya at 2012-05-21 01:13
>RIu.さん
ぶっちゃけ夏コミに間に合わせようとは思っていません(汗
GWに3キャラくらい作っておかないと、私の制作ペースでは
とても冬コミに間に合わないと思ったのです。現在Eクラスは
6キャラなので、あとなんとか4キャラでっち上げられたら…。
短距離選手というより、「自分長距離もいけますから!」とか言ってて
途中で倒れてるイメージです(笑)。ドパミン系の宿命か…。

>さひろさん
ここにもえび華さんの犠牲者が一人。ナスルーラ血統並みの気性難。
やはりエビリファイ単独でコントロールするのは難しいのか…。
どっちか言うと躁より鬱の薬のイメージがあるんですけどね。
Commented by MISATO at 2012-05-21 05:09 x
陸上少女!(*´ω`*)可愛らしいですな///
エビリファイは私も昔服用していました^^
効きが悪くて頓服をやめたのですが・・・
この薬って双極性用の薬だったんですね;;
私は別に双極性じゃないのだけれどなぜか服用していました
やっぱり薬の効能とかはちゃんと調べないと駄目ですね><
hayaさんや他の方のコメントを見ていると自分の勉強不足が否めませんな;;
Commented by S.Sorin at 2012-05-21 15:53 x
待ってましたエビリファイ擬人化!
実は非定型の中で一番好きな(効いてる感じがする)薬です。最近全然書いてない非定型百合SSでも何気に設定に力入れてたりします。
そもそも糖尿持ちなので血糖コントロールにあまり影響しないエビリファイが向いているのもありますが、鎮静かからずむしろ強力に賦活するえび華ちゃんは好きなのです。躁鬱だけでなく軽い精神病症状もあるのですが、それは賦活することなく落ち着いています。
一時期3mg/dayでアモキサンのブーストにも使ってたのですが、それやると軽く妄想的になってしまったので、現在6mg/dayで維持してます。
興味深いことに、単剤でも賦活されてる感じな上に、強迫的な不安がほぼゼロになるのです。5-HT1Aのアゴニスト作用も関係してるのかとは思いますが、同じ作用を持つルーランやそれがメインのセディールではあまり効かないのです。
薬は何が効くのかわからないあたりが逆に醍醐味なのかもしれません。
ともかく、陸上少女もツボです。D2を穫れ!に笑うと同時に感心致しました笑
Commented by 名無し伍長 at 2012-05-21 20:45 x
本日病院にいってきました。
なにか別の双極の薬かと思いきや・・・
なんとフルボキサミンがきました。(Д)゜゜
確かに鬱症状が強いですが意外でした。
双極鬱にも「愛」を用いることがあるんですね。
個人的には躁転したらちょっと怖いですが。
Commented by hayanoya at 2012-05-22 18:03
>MISATOさん
いちおう統合失調症の薬…なんですが、基本何にでも使われます。
頓服で使って効果があるのかどうかは?ですが…。
薬の効能とかはあくまで私が擬人化の設定資料として参考にしてるだけ
なので、一般の方は「陸上女子はハイレグ命だろ!」とか批評を頂ければ。

>S.Sorinさん
なんかイマイチ評判の悪いエビリファイに強力な擁護者が!
Sorinさんの能海ちゃんとモロ被りしてないかドキドキです。
ADHD患者がメチルフェニデート飲むと逆に落ち着く、というのに似てますね
>エビリファイの抗不安作用 やはりドパミンスタビライザーは伊達じゃない。

>名無し伍長さん
SSRIは躁転リスクが三環系よりは低いようです。愛はマイルドなので、
ぱきるより相応しいと判断されたんでしょうかね。お祭り気質の愛が
相互作用を起こしまくらないことをお祈りします…。
Commented by S.Sorin at 2012-05-22 19:19 x
>>hayanoyaさん
能海たんも元気系ですが、えび華たんとはベクトルが違うと思ってますので全然オッケーです!今回久しぶりに続きを書いてみた結果、どういうわけかノリトレンの擬人化みたいになってしまいましたが。
今まで飲んだ薬の中で一番効いてる感じがするので、やはりDSSは伊達じゃないですね。
ブプロピオンが認可されてない日本では、ドパミンを本格的に賦活する薬はこれくらいじゃないかしらと思います。抗うつ剤のブースターに使えるのも何となく納得です。意外にるじ緒とも相性良さそう。
とはいえ、僕の場合は量を増やすとアカシジアと吐き気に見舞われるので6mg/dayくらいが限界なわけですが。
Commented by geek at 2012-05-22 20:18 x
ついに眠剤、抗不安薬、抗鬱剤と来てついに、非定型がキター。
エビ華めちゃくちゃかわいいです








ネタ切れ(薬がない)しないように願うばかりです。
Commented by bpii at 2012-05-23 23:08 x
バイポーラーの薬物療法に関しては錬金術みたいな感じですよね。
現状では、セロトニン、カテコールアミンを阻害薬と活性剤を混ぜ混ぜして、「結果的に」よくなればその処方で成功みたいな感じ。
現状では病因についてブラックボックスが多すぎるので仕方ないですが。

色々な選択肢が出て嬉しいのですが、反面、医療経済的に言ってもリチウム等の古典的なスタビライザーを基盤とする治療でどれだけ安定にもっていけるのかが重要なのだと思います。
もちろん、使える+αが少なすぎる現状も問題なのですが……
Commented by ellis at 2012-05-23 23:29 x
お久しぶりです。2年くらい前から、えび華たんのお世話になっています。
幻聴つきのうつ(?)ということで出されたんですが、最初の18mgの時は快調でした。
ですが代償も大きく、唇が震えて大好きなフルートが吹けないという状況に…。
現在は12mgに落として、代わりにアモキサンを60mg入れています。
どっちもどっちだと思うのですが、不思議とうまく効いているようで、どうにか起きていますし、フルートも吹けていますwアカシジアもありません。
もうちょっと細かい調整をして欲しかったんですが、うちの病院6mg錠の採用しかなくて…。
今までで一番効いた薬じゃないかと思います。えび華たんが出るなんて、私本当にうつかしらと疑っていたのですが、なんでもありなお薬なんですね。なんか納得しました。
そうそう、徳島の大塚国際美術館に行ったことがあるのですが、広過ぎて疲れました(爆)。そして友人には「あそこで大鍋に煮られている、20人分のボンカレーが絶品と噂なのに、何故食べて来なかった!!」と、責めれる始末wそんな噂あるんやと、そのとき初めて知りました。美術館自体はよかったですよ。
Commented by 雪@ゆきうさぎ at 2012-05-24 06:29 x
こちらではお久しぶりです。
OD錠と一口に言ってもいろいろあるんですね。
ちなみに自分は最近リスパダール(OD)さんにお世話になっています。
体重増加という副作用を見て体重計に乗るのが怖くなったりしています…この系統ってその傾向があるんでしょうか…

非定型族キャラはまだ増えるんでしょうか?次も楽しみにお待ちしていますー。
Commented by hayanoya at 2012-05-24 16:15
>S.sorinさん
えび華はEクラスの主人公にしたいんですが、ぱきるよりも更にコミュ下手
なので難しいです。というかEクラスは変人ばかりなんですけど。
ノルアドのトランスポータ阻害剤は前頭前野でドパミン系も賦活する…という
効果があると言われることもありますが信憑性は不明。ノリトレンやらるじ緒
やらさいんやらと組ませればブプロピオン要らないかもしれませんね。

>geekさん
ストレートな褒め言葉をいただき有り難うございます!
ネタ切れには苦しみすぎて一周回って余裕が出て来ました(謎

>bpiiさん
むしろ精神科全般がそんな感じです。漢方治療みたいなもんです。
病名ではなく症を診て、相応しい生薬を選んで配合みたいな感じ。
問題なのは個々の薬が生薬よりも遙かに価格差でかいことかな(汗
古い薬をリバイバルできるのが、エビリファイのメリットだと思いますね。
Commented by hayanoya at 2012-05-24 16:41
>ellisさん
やはり量が多いとストレートにアカシってますね。躁症は24mgスタートとか
書いてあるけど大丈夫なのか…?と不安になります。アモキサンは非定型
一歩手前の抗うつ薬なので、幻覚系うつには相性いいです。安いし。

徳島は何か色々琴線に触れる施設があるので、暇があれば行ってみたい
ですね…ボンカレー食いたい!美術館もいいですが、近現代の薬の博物館を
大手メーカーが協力して作ってくれないかなぁと思う今日この頃です。

>雪@ゆきうさぎさん
ODを発売したらノーマル錠は発売中止にする法律を作るべき!ヽ(`Д´)ノ
リスパはシンプルな薬なので、ジプほどに体重増加のリスクは高くないと
思います。非定型で双極によく使うのはこの3人なので、これ以上は今回の
Eクラス本に登場しないです。ぱだ子さん…(泣)
Commented by ちぇりーぷらむ at 2012-05-27 23:17 x
>hayaさん☆彡

お返事遅れてごめんなさい艸(vωv`★)

SDAとMARTAとDSSってなんだ(・ω・`*)?と気になりつつも、時間がとれず、いましがたようやくググって理解いたしました(*´・ω・)ノふむ。

(以下非公開コメに移行いたしますペコ)
Commented at 2012-05-27 23:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hayanoya at 2012-05-28 19:57
MARTAというのは和製英語らしいですね…ドヤ顔で吹聴するとちょっと
恥ずかしいかも(汗 ぶっちゃけ非定型はみんなSDAなので、区別の為には
便利な用語だと思うんですけどね。向精神薬はわりと適応を無視した
アクロバティックな処方が多いので、おぼろげにでも薬理を掴んでおくと
「えっ…私の薬…統失?」とか悩まずに済むかもです。
Commented at 2012-05-28 22:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by S.Sorin at 2012-05-29 19:58 x
>>hayanoyaさん
相互リンクありがとうございます!
MARTAについては・・・
僕の主治医は「MARTAってのは要するに受容体選択性が無いことの言い換えでしょ」なんていう、リリーの人が聞いたら激怒しそうなことを言っていました。
というわけなので「コントミンやヒルナミンだって立派なMARTA、PZCやフルメジンなんかも立派なSDA。新規抗精神病薬って、結局先祖返りしてるだけのような気がするんだよなー」という主張をしておりました。
実際にはやっぱり使用感や効き目の違いは大いにあるらしいですけど、コントミンだって使う人と使う量によってはジプレキサやセロクエルより効くこともあるとか。
Commented by hayanoya at 2012-05-29 23:16
言ってはならないことを…(汗
…定型にも5-HT2遮断とかα2遮断とかあるので、MARTAと名乗って
いいっちゃいいのですが、一応SDAと呼ばれる物は遮断力が5-HT2>
D2である事を指す様です。でもエビリファイとかロナセンとか普通に
D2遮断のが強い薬も非定型とか名乗っちゃっててややこしいですね。
構造式的に非定型と呼ばれる薬は共通の特徴を持っており、何となく
今までの薬とはちょっと違う印象を受けます。鍵はピペラジン環。
陰性症状を叩けるのが非定型のメリットなので、それが気にならない
なら安い薬で十分とは思います。レボトミン可愛いよレボトミン。
Commented by S.Sorin at 2012-05-29 23:58 x
>>hayanoyaさん
んですね。色んな受容体に作用したり、Ki値だけで言うなら結構近かったりするようですけど、やっぱり効果は違うわけで。ちょっと乱暴なコメントでしたね。すみませんでした。
薬って、理論だけでは説明できないものなんですよね。
主治医も結構過激なこと言ってますが、やっぱり統合失調症の人にはリスパダールやセロクエル・ジプレキサをファーストチョイスにするようなので。
ただ、コントミンやヒルナミン、フルメジンやバルネチールと言った旧世代薬も要らないかといえば全然そんなことはないということを言いたいのだと思います。

特に、陰性症状とか陽性症状とか関係ない躁うつの人には良いこともあるようですね。
僕の体験では、フルデカシンがリスパダールより効いたということもあるので、エビデンスが豊富な薬だけが優れているという訳ではないと思います。
でも、やっぱり非定型薬の方が合う人は多いみたいですけどね。
あと、定型は容量調整が難しいようです。少量賦活大量鎮静の薬を上手く使えるかどうかも肝になってくるかという気がします。
Commented by ちぇりーぷらむ at 2012-05-31 00:05 x
えび華ちゃんとは関係がなくて恐縮ですが…
かなり喘息は改善したはずなのに、息苦しさがあってメプチンをがんがん使ってたら…先月頭に、なんと痙攣&大きなパニック発作が起きちゃいまして…(*´・ω・)

私には実は喘息とパニックが混在してたことがわかりました(/ロ゜)/

そこで中断してたBZD系(デパス)を復活、メプチン中止にしたら、あっさりと体調はよくなりましたw(゜o゜*)w

そしてこの度、久しぶりにめいら嬢にも再会したら、彼女のPTPが爽やかブルーハワイ色になっててめっちゃびっくりしました~!!(°д°屮)屮
Commented by IMO at 2012-05-31 11:39 x
このブログに来る人間の何割がヘルシングネタを理解できるのかw
Commented by hayanoya at 2012-05-31 18:40
>S.Sorinさん
定型と一括りにせず、プロフィールをふまえた上でリスクを勘案して使えれば
いいんですけどね…種類が多い割に違いがよく分からないという。非定型が
出る前は名前を覚えるだけで精一杯でした。

>ちぇりーぷらむさん
心身症はなかなか内科だと難しいかも…逆に心療内科は内科治療が
あまり上手くないです。どっちに行けばいいのか悩みますね。
メプチンエアーが便利すぎてアドエアとかの定期吸入薬の使用率が良くない
というのを割と聞きます。SSRI飲むよりBZDに頼る感覚でしょうか。
メイラックス新包装は派手すぎ…私は縞パンめいらタンと勝手に呼んでますw

>IMOさん
HELLSINGは改変コピペが作りやすいんだお^^
Commented by えふだ at 2012-06-01 08:01 x
大塚、gsk 、アドヒアランスのキーワードを見て、確かにメプチンエアーは便利ですが、病態から見て望ましくないみたいです。そこでgsk がアドヒアランス向上のためにディスカス(アンモナイト型)を作ったのでしょうが、それ以前にgsk は吸入ステロイド単剤のフルタイドでロタディスク(三葉虫型)を作った前科があるからね…、そして合剤のアドエアではアンモナイトのみ。ドクター側では喘息治療はデボン期に来ていると認識されているようですがエアゾールの方が使いやすいのでは。フロン規制の例外だろ常考。
Commented by ちぇりーぷらむ at 2012-06-01 08:54 x
私はアドエア500(確かにこれアンモナイト型ですね!)、テオドール、シングレア、クラリス(小量維持)を毎日欠かさず使用していて、ピークフローや肺機能も改善していても、なお苦しがったため、オプションでのメプチンの使用を呼吸器科の医者から許されていたのですが、実はその喘息様の息苦しさはパニック(心身症)でその部分のみうつ治療とあわせて心療内科側に戻った…という、そういう次第です(*´・ω・)ノ

なので、喘息治療の根幹であるアドエア(吸ステ)は毎日ちゃんと使用していますよ~ヾ(*・ω・)シ.:°+。
Commented by えふだ at 2012-06-01 21:20 x
人のブログでなんか横レスしてしまった反応が…(滝汗
時にはホクナリンテープのことも思い出してあげて下さい、てかgsk のおかげでベーリンガー、大塚、アボット(旧北陸製薬)の影が薄くなってきたような。あっ、そういえばユニフィル(テオフィリン徐放剤)も大塚だった。
Commented by hayanoya at 2012-06-05 16:18
>えふださん
アドエアもエアゾール剤を出してきたので、デボン紀からシルル紀に進化
しているようですw むしろ退化か?吸入粉末剤は吸えてるかよく分からない
と患者には不評。粒径の大きいアドエアの方がシムビコートより吸えてる
感があるようです。薬局側としては、どんな剤型でもいいから期限をさっさと
伸ばせと言いたい。納品時点で使用期限が1年切ってるって何だよ…(怒

>ちぇりーぷらむさん
パニックのコントロールが1~2剤で上手くいけば、呼吸器内科一本に
絞れるんですけどね…数値に表れない自覚症状を伝えるのはもどかしい。
何にせよ、適切な対処を取ってくれて良かったですね(*゚ー゚)
Commented by わ~い、お茶 at 2012-07-23 17:21 x
こんにちは、久しぶりに訪問して見ました。エビリファイ、擬人化するとこんなにも可愛いのですね。向精神薬の広告図像集のサイトで見たあの不気味な絵からは想像できない可愛さですね。後家族でパキシルを服用しているので
その2人に薬の値段が下がった事を言っておこうと思います。もう知っているかもしれませんが・・・
Commented by hayanoya at 2012-07-23 22:12
エビリファイは国産薬で主人公的存在なので、出来るだけ日本人的な
可愛さを現代的な方向で追求しました。じぷりーやけせらに翻弄される
姿を想像していただけると幸いです。

パキシルのジェネリックは割とお得だと思うので、外資系製薬企業に
お金を落としたくない人はどんどん切り替えると良いと思います(ヲイ
Commented by ハンドル忘れの名人 at 2012-08-01 23:14 x
エビリファイたん…
彼女に強烈な腹パン(嘔吐下痢冷や汗)を喰らい1回飲んだだけでギブアップしたヘタレですw
飲んだ人の話を読むと「吐き気のほうは我慢してるとそのうち慣れて軽くなる」というのが結構ありましたが、その試練に耐える根性は持ち合わせていなかったです。
思い返せば、当時の自分は手を変え品を変えニュアンスを変えては”「無理」「出来ない」”ばっか言ってました。
まあ道理で…

それはそうと、広告の「真面目な婚活」を「真面目な賦活」と空目
Commented by hayanoya at 2012-08-04 22:27
D2パーシャルアゴニストなんで、吐き気も出やすいですね。
弱点だけ見てるととても扱いやすいようには見えないこの薬が、
世界で絶賛されているというのが凄いです。薬はカタログスペックでは
語れないと言うことでしょうか。

「無理」「出来ない」は私も口癖ですw ワ○ミでは働けそうにないな…。
不真面目な賦活ってどんなんだろう…セロクエルみたいな感じか!
Commented by せあら(遺伝子組換え) at 2012-08-13 13:29 x
そういえば、えび華さんのところにコメント残すのを忘れておりました…。
恥ずかしながら世界的ジャポネーゼというのを長らく知りませんで…それはそれですごいですよね。
しかし、OD錠と聞いて、まさかザイディスとは思わないですよね。そして素晴らしいラインナップ(苦笑)
ついで、あのドデかいAの文字のイメージが世界共通なのも最近初めて知りました。過去のコメントで仰せの通り、先に何か不穏なものが待ち受けているような…。たまに雑誌で見る人間が入った広告は、新興宗教のチラシにしか見えません(笑)

剤形豊富…SOYJOYも豊富ですよね(フレーバーが)。
そして人気の無い味がひっそりと棚の奥で賞味期限を迎えているという…サンザシ味、たまに食べるとおいしいんですが…。

さりげなくOS-1に笑ってしまいましたw
Commented by hayanoya at 2012-08-14 02:40
ジプレキサと意外な関係。ストイックなえび華はじぷりー・けせら
両方にコンプレックスをもってそうですね。
Road to "A"…目指す先にあるのは抗不安薬クラス入りか!(違

そういえばラコールもごま味とかスープ味とか微妙なフレーバー
出してたような。食品メーカーの意地が変な方向に働いているので
しょうか?OS-1も不味いと絶賛中!…これは仕方ないけど。
Commented by えふだ at 2012-08-15 21:44 x
ポカリやOSー1がらみの話ですが、熱中症以外にもこむら返りなど電解質代謝に関わるネタは尽きないですね。今時分の屋外労働では一番は生ぬるくて体液より低張(ハイポトニック)な飲料らしいです。
今回の夏はまだこむら返りは出ていないのですが、芍薬甘草湯は漢方には珍しく即効性がありました。しかし甘草の処方のダブりが怖いですね。
Commented by hayanoya at 2012-08-16 02:28
一部の薬剤師はこむら返りと言われると反射的に「バナナ食え」と
言ってしまうのです(私含む)。実際にどれくらい効果あるのかよく
知らないんですけどね。OS-1は体を冷やさないよう室温にして
売ってます!(冷却施設が無いだけだったりする)

漢方は構成生薬の数が少ないほどシャープに効くそう。芍薬甘草湯は
芍薬と甘草しか入ってないんですよ!でも小青竜湯も割と早めに
効いてる気がするんだけどな…やはり証か!証なのか!
Commented by えふだ at 2012-08-16 23:47 x
小青龍湯でググりましたが、喘息へのエビデンスはあるみたいですね。
しかしこれにも甘草が。漢方の落とし穴は何も毒性の強いブシ(八味地黄丸など)やセンソではなく、甘草のダブりによる偽アルドステロン症なのかもしれません。
Commented by autumn20yt at 2012-08-23 00:07
はじめまして!
ロナセンも擬人化してやってくださいな
Commented by hayanoya at 2012-08-24 23:12
>えふださん
甘草は弱ステロイド効果がありますから、炎症取り除く系の漢方には漏れなく
入ってるかと思われます。短期的に飲む分には問題無いんですけどね。
偽アルドステロン症になるレベルまで漢方を飲み続ける人を私は見たことが
無いんですが…大抵飲み忘れて家に山になってるとか言われますw

>autumn20ytさん
コメントありがとうございます。
ロナセンは抗精神病薬初のパッチ剤が出るとか面白い薬なんですけど、
双極への広がりが無いので今のところ考えてないです。すいません…
Commented by せあら(遺伝子組換え) at 2012-09-02 08:23 x
ラコール・スープフレーバー!(笑)
気になって調べてみたら意外と高評価?でビックリでした。
確かに味が少ないと飽きられるかも、と思ってしまいました。。
これはそのうちエビリファイにも味がつくのか(冗談です)
大塚ネタは広がりやすいのでイジりやすそうですね。

改めてみましたら、この設定に笑ってしまいました。
アミノフ先生やオロCのお世話になったりするのでしょうか…
>ふと気がつくと疲労困憊で地面に倒れていたりする
Commented by hayanoya at 2012-09-04 00:51
スープフレーバーはそのままお湯に混ぜるとコーンスープの味になる
ので、いざとなればこれだけでも食いつなげられ…ねーよな。

えび華は無駄に働き者なので、見ているこっちが疲れます。
働くだけが人生か?…ってこれはチオビタなので大鵬じゃー!
…と思ったら大鵬は大塚の子会社だったー!(ややこしい)
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.