トップ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
タグ
最新のコメント
重複?コメがあったのでひ..
by hayanoya at 01:21
おひさしぶりでございます..
by hanjuku at 01:22
闘魂事務員さん、コメント..
by hayanoya at 22:30
hayanoya様 ..
by 闘魂事務員 at 16:55
名も無き通りすがりさん、..
by hayanoya at 02:24
hayanoya様 は..
by 名も無き通りすがり at 15:10
>Nurikabeさん ..
by hayanoya at 14:26
最初気がつかなかったんで..
by うさぬゅーみ at 03:10
な、な、なんですとー ..
by Nurikabe at 00:10
>うさぬゆーみさん 9..
by hayanoya at 19:42
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



3位じゃ駄目なんです!(続き)
前回の記事は結構反響がありました。さすがに飲んでる薬にダイレクトな影響
があると思うとみんな真剣になりますね。

一応4月からの精神科薬多剤投与規制ルールをおさらいしておきますと、

<原則>
●抗不安薬・睡眠薬は各2種まで。
●抗うつ薬・抗精神病薬は各3種まで。
●上記ルールから外れた場合、下記の例外を除いて診療報酬が減額される。
●6ヶ月の猶予期間を設け、ルール導入開始は2014年10月1日。

<例外>
●他医療機関からの転院患者は、ルール適応に6ヶ月猶予あり。
●薬の変更時に前の薬を一時的に併用する場合、3ヶ月猶予あり。
●抗うつ薬・抗精神病薬は1週間の以上の間隔を開けて臨時に短期投薬可能。
●熟練の精神科医であれば、抗うつ薬・抗精神病薬に限り多剤投与可能。


となっております。ぼちぼち全国の精神科にも浸透してきたと思われます。
前回は具体的に何が抗不安薬とか抗うつ薬と定義されてるのか書いておらず、
片手落ちだったので今回補足しておきます。

参考資料は非常に分かりにくいところにある厚労省HP 診療報酬改訂のお知らせ
の第3:関係法令等【省令、告示】
 →(2)-3:診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について
     (平成26年3月5日保医発0305第3号)
 →様式(医科)PDF
 →別紙36より。

エクセルファイルのものをわざわざjpg画像にして不便にし、 
ついでに日数制限とカテゴリ分類を追加してもっと見づらくしてみました。
(画像クリックで別ウィンドウに拡大)
f0133373_19310482.jpg
気分安定薬は今回の規制から外れており、どの疾患に対しても非常に使いやすく
なっております。ソフト双極性障害が増えてきた背景に合わせたのでしょうか。
ともあれ、リーマス・デパケン・テグレトール・ラミクタール・リボトリールの
5種は、今回一番の勝ち組と言えるかと思います。
特にリボトリールはベンゾジでありながら何の規制も無く、適応外で頻繁に
使われる事になるでしょう。りりぃ可愛いよりりぃ。

抗不安薬カテゴリは2種までの制限で、一番割を食ってるのはグランダキシン
でしょうか。エセベンゾジと言われ作用も弱いけど、一応自律神経失調症用薬
としてそれなりの存在価値があったものが一気に平凡化してしまいました。
不安が長期続く場合は大概SSRIが処方されるので、ベンゾジ長短またはベンゾジ
+その他の組み合わせで何とかセディールやハイゼットにも日の目があるかも
しれません。アタラックスは普通眠剤として使われるにも関わらず抗不安薬カテ
なので、超激戦の睡眠薬カテで競合しないラッキーな薬です。

問題の睡眠薬カテゴリは泥沼の消耗戦状態です。ベンゾジ長短、お守りのバルビ、
土台工事のロゼレムはそれぞれ需要があるのに選べるのは2種のみ。もう特定の
ヨメを選別するのは諦め、基本ロゼレムと頓服眠剤を2週間ごとに色々変えて
出して貰うのがいいのかもしれません。その方が耐性も付きにくいかも?
MSDからオレキシン系のスボレキサントが近々上市されるという噂があり、
これが更に戦線を引っかき回しそうな気がします。

抗うつ薬は3種までですが、三環系とSSRI/SNRIを併用することは普通ないので
全カテゴリで一番縛りがゆるいと思います。そのどっちか+レメロン+デジレル、
ドパミンが欲しければドグマチールorエビリファイ追加でしょうか。ドグマと
エビが別カテゴリにあるのは非常にありがたいですね。
そしてベタナミンにうつの適応が残っていることを今知った。
リタはあれだけ騒がれてうつ適応削除になったのに、こっちは忘れられてる(泣

抗精神病薬は多剤投与の温床になり易いカテゴリですが、心療内科レベルで
このカテをふんだんに使う事は考え難いし、精神科ならばもう多剤投与覚悟で
使うでしょうから、意外と問題にはならないような気がします。コントミン
換算値に注意しながら別系統の薬を組み合わせていく感じでしょうか。
鎮静系のコントミン・レボトミンは睡眠薬として使われるケースが増えるかも。

オランザピン以下は現在のくくりで非定型抗精神病薬と言われているものです。
ジプレキサ・セロクエル・エビリファイの御三家はもう抗精神病薬と言えるか
怪しいですね。医療費抑制を目的とするならこのカテゴリの薬を真っ先に
リストラしたいところですが、残念ながら統失の範囲を超えて一番良く使われて
おり、精神科薬の価格高騰による自立支援制度の存続が危ぶまれております。

という感じで、今回の多剤投与規制は役所が考えたにしては割と妥当なラインに
落ち着いているように思います。一番割を食うのは大量の睡眠薬を要求する
患者(たいてい自己負担無し)なので、これを減らす役には立つかも知れません。
今度は薬目的の複数医療機関同時受診が問題になるかも知れませんが、それは
また別の規制によって修正されていくことでしょう。

とりあえず今回勝ち組と思われる3名を描いてみました。負け組を描くのは
リストラされた時…でしょうかね(汗
f0133373_03104475.jpg

[PR]
by haya by hayanoya | 2014-03-21 03:16 | 怠惰な日常 | Trackback | Comments(90)
        TOPに戻る▲
        
トラックバックURL : http://hayanoya.exblog.jp/tb/21602582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by at 2014-03-21 15:41 x
hayaさま、いつも拝読しております。

対象になる薬のリスト、大変参考になりました。
私のブログでこちらの記事を紹介させていただいてよろしいでしょうか?
4月からの精神薬の処方規制については読者の関心も高いところだと思うのですが、ここまで分かりやすいものもなかなかありませんので、ぜひお許しいただきたいです。

個人的にはアタPが入っていて驚いたり、そういやドグマチールはどこに入るんだろうとか興味がありました。
しかし「熟練した精神科医」って何を基準にするんでしょうね?長年やっててもヤブ医者なんていくらでもいそう・・・とか言ったら怒られるかなぁ。
Commented by hayanoya at 2014-03-21 23:36
碧さん、コメントありがとうございます。
ブログの紹介はご自由にして頂いて結構です。有り難うございます!
アタPは不安の方で適応取ってるのが既に間違ってますね…。
「熟練」とは、5年以上の臨床経験・3年以上の精神科診療経験・
国際分類における精神疾患全てに対する治療経験・加えて相応の
研修を受ける事を指すようです。精神科の病院で勤務の後独立開業
してる医師なら大体クリアしてるんじゃないでしょうか。
まぁこの基準を備えたヤブ医者も結構いるとは思いますが(汗
Commented by たまき at 2014-03-21 23:39 x
いつも楽しく拝見しています。
今回の記事、大変参考になりました。

「三環系とSSRI/SNRIを併用することは普通ない」とのことですが、私は、「双極性障害」で、エビリファイを使用するために、少量のレクサプロと、トフラニールを併用しています。
うつ状態では、SSRIもしくはSNRIとの併用でしかエビリファイの適応が認められていない、そして躁状態だと、三環系が使用できないためだと思われますが、実際、このあたりのレセプトはどのくらいまでチェックされているのか、知りたいところです。

私自身は、他にラミクタール、睡眠薬などを服用しておりますが、今のところは今回の変更でひっかからずに済みそうなので幸いです。
しかし、ひやりとさせられました(^_^;)

今後も、楽しくためになるお話、楽しみにしております。
ありがとうございました。
Commented by hayanoya at 2014-03-21 23:48
たまきさん、コメントありがとうございます。
いきなり本文に不備が見つかり恐縮の極みでございます(汗
レクサプロはアロステリック効果でトランスポータを変形させるから
他の抗うつ薬の効果も伸ばす…的なことを昔書いておきながら
このていたらく。
エビリファイ追加は多分三環系だけでもいけると思うんですけどね。
添付文書ではSSRI・SNRI「等」と書かれてるので、抗うつ薬全般を
指すものと解釈しております。
今回の規制はこのブログ的に大ダメージだ!…という記事を書こうと
思ってたんですが、意外とこのルール内に収まる人は多いのでは
ないかと思います。今回を機会に、自分に合う精神科薬を見つめ直す
のもいいかもね。
Commented by たまき at 2014-03-22 00:00 x
さっそくお返事ありがとうございます。
こちらこそ、添付文書の「等」について、勉強不足ですみませんでした(^_^;)

私を含めみなさん、調子が上がってこないと、どうしても薬は増えていく傾向にあると思うので、確かにこの機会に整理していくのもいいかもしれませんね。

本当にありがとうございました!
Commented by うさぬゅーみ at 2014-03-22 03:25 x
嫁選びというより、トリコのフルコース枠みたいに見えてきました。
(薬の方は捕獲レベル高くてもステータスでも何でもないけど)
ちびまる向ちゃんのクラス分けと微妙な誤差のあるカテゴリー分けが
わかり辛いです(汗 それだけ明確なカテゴリ分けの基準が無いのなら
遊撃手枠も設置して欲しいですよ。
個人的にリボトリールは今以上に注目されて欲しくはないですね。
主にアグ○ス的な理由でヤバいという意味で。
自律神経の薬枠はグランダキシンから漢方に移行するのが得策…か?
Commented by ひよっこP科医 at 2014-03-22 21:41 x
おー!なんか見やすいリストきてれぅwありがとうございます!そんなことより三白眼のえび華が可愛すぎて生きているのが辛い(何

当初、抗不安薬と眠剤は合わせて2剤かと思い戦慄したもんですが、計4剤も使えるのであれば困る場面というのはあまり無さそう。むしろaddiction傾向の方に対応するときのいい方便になりそうです。(医学的合理性から考えたら、「ベンゾ・バルビツレート」カテゴリーを作って、そこから2剤、その他の睡眠薬・抗不安薬から2剤というのが合理的な気がしますが・・・まぁその辺はお役所仕事ですから仕方ないのでしょう。)

[すいません、文章長すぎるとエラーが出てしまったので、ここから連投失礼します]
Commented by ひよっこP科医 at 2014-03-22 21:41 x
やはり最大の激戦区は睡眠薬カテゴリーですが、私視点で最も不憫なのは『ロゼレム』です(hayanoyaさんも前回の記事で書いていますが)。

いままでは薬屋さんの宣伝も相まって、副作用の少なさと作用の"マイルド"さから「なんとなく追加」されていたロゼレムですが、眠剤の貴重な1枠を占領するとなると話は別です。私の処方はBZの中~長時間+非BZ超短(頓服)の組みあわせが多いのですが、これだとロゼレムの席ねーから!少なくとも「精神科」臨床でロゼレムを使う場面はグンと減りそうです。今後の活躍の場は、BZの使用がためらわれるような高齢者が中心になるでしょうか。多剤を規制して、こういうマイルドに有用な薬が駆逐されてしまうというのも本末転倒の気がしますが・・・。
・・・え?セディール?ああ、そんな人もいましたねぇ(遠い目
Commented by ひよっこP科医 at 2014-03-22 21:42 x
一方で、トラゾドン(&ミアンセリン)が、無駄に枠が広くて余裕のある抗鬱薬カテゴリーにいるため、トラゾドンが不眠患者への「隠し味」として一層多用されそうな予感です。あとは、最近減っている印象の「睡眠薬としてのヒルナミン」の使用閾値が下がってくるかもしれません。

抗不安薬は2枠もあれば十分というのが率直な感想。加えてクロナゼパムという抜け道があるので、特に問題は起こらない気がします。アタPはそもそも精神科医で使ってる先生は少ない(と私は思うのですが)し、グランダキシンを使っているような方は、リボトリールも併用していることが多いと思うので、プラスもう1剤枠が残っていれば何とかなるような気がします。
Commented by ひよっこP科医 at 2014-03-22 21:42 x
私の視点だと、勝ち組は気分安定薬(クロナゼパム)、トラゾドン。負け組は、ロゼレムというところでしょうか。
どちらにしても、精神科医の診療には当初心配されていたほどの影響は無い気がします。ただ非精神科医の視点だとまた別の見方になるのでしょう。抗不安薬を多剤乱発してる内科先生たちが、この規制をどう乗り切るつもりなのかは非常に興味深いところでは有りますが・・・精神科医が困らずに、他科の先生たちの方が困る規制という意味では、ある意味「成功」なのかもしれません。

あと、世間の注目が向精神薬に注がれる今こそ、マル向ちゃんの総集編とかクラスA,Bの再販とか・・・どうでしょう?(チラッ
Commented by こういちろう at 2014-03-22 22:00 x
う~む、さすがにこの規制ではでぱ子は対象外、というわけには行きませんでしたか。となると、今の嫁3人のうち、レスタスは外せないとして、でぱ子か、らなの内どちらかと離婚しなければならなくなるんですが困った…。片方を半分に減らして頓服扱いにしてもアウトなんでしょうね。
Commented by 三毛ニャン at 2014-03-22 23:45 x
一番最初にコメントされている、碧さんのところからやってきました、躁うつ2型の元獣医です。
以前、入院していたZ病院の隣のベッドのお婆さんは、毎食後29錠(お婆さんが、毎回数えてた)、色とりどりの薬を飲まされていました。
また睡眠薬として、大げさでなく、大匙山盛り一杯&色とりどりの薬を与えられていた患者もいました。大変、疑問に思いました。
そこの病院では「ひどい脱力感」(気分は暗くない)で6ケ月入院しましたが、全く良くならず、自己判断で退院。
転院したA病院でリタリン依存の後遺症と分かり、ベンゾ(といっても、レキソタン6mg/day,レンドルミン1T=眠剤を2ケ月かけて抜く治療を受けました(幸い、抗精神病薬は投与されてなかった)。
全く問題のないベンゾの量だと思うのですが、コレを抜くのにどれだけ不眠やら不安で苦しんだか。
でも、主治医の励ましで耐えることができました。
3ケ月の入院で、普通の躁うつ病Ⅱ型患者となって退院してきました。
治療してくれたのは、インターンを終わってから、まだ1年半の先生でした。
そこの病院では、食後薬、眠剤ともに、1~3種類。リーズナブルだと思いました。  
Commented by hayanoya at 2014-03-23 01:32
>うさぬゅーみさん
トリコのフルコースワロタw 確かにそれっぽいですね。
自分にとってベストのフルコースをお薬手帳にでも書いておけば、
引っ越したときでも安心です。お薬説明書にもカテゴリ分類を書いて
おくべきかな?遊撃手枠は一応…気分安定薬なのか…
デパスとかは不安とうつと睡眠各カテゴリでいけたら良かったのですが
流石にそう都合良くないか。根底にあるのはBZD規制なんでしょうね。
りりぃは勝ち組ですが、BZDなので使うの躊躇う医師も多いです。
だからそんなに広まらないと思うんだぜ!なのでアグネスさん
お願いです来ないで下さい(弱気
Commented by hayanoya at 2014-03-23 01:32
>ひよっこP科医さん
非常に詳細なレビューを賜り、感謝の極みでございます。
お医者様の目から見ても勝ち組は気分安定薬ですよね!
門前の先生は「いっそ減点でなく処方不可にしてほしい」とこぼして
おられましたが(笑、確かに眠剤クレクレ厨には「国の方針で出せなく
なった」と言うのが一番効果的な切り返しかも知れません。
ロゼレムは武田の薬というのもあり、内科方面で生き残る道を
探すのではないかと思います。元々精神科に売り込むのを躊躇して
いたようなフシがありましたし。セディールは…原石だから!(錯乱
デジレルも勝ち組なんですが、でいじー先生はあまり描きたくないと
私の右手が言うので、今回はオミットさせていただきましたw
内科の対応は確かに気になりますね。精神科で貰えと言うか、
380円(内科は精神科指導料取れない)の減点は気にならないか…。
クラスA/Bの再販は…政府の方針に対する反発になりそうな(汗
Commented by hayanoya at 2014-03-23 01:47
>こういちろうさん
ヨメを絞りきれないなら…通い妻でいいじゃない!(ヲイ
でぱ子とらなを1ヶ月ごとに切り替える…とか?
あるいは倍量処(ry

>三毛ニャンさん
コメントありがとうございます。
私も精神科の病院で勤務していた頃、一包化された色とりどりの薬を
辟易しながらチェックしてました。まだ精神科長期入院に対して
視線が緩く、10~20年を過ごしておられる方もざらにいました。
一生を病院で終えるなら、薬の増減なんて生活に影響ありません。
定型抗精神病薬を使ってやりくりしていた昔ながらの先生達は、
「精神科とはそういうものだ」という認識が既に出来ている気が
します。今回の規制はそれを改めて考え直す良い機会であるように
思いますね。
Commented by うさぬゅーみ at 2014-03-23 06:30 x
そうなんです。デパスを眠剤として使ってる人には厳しいんですよ。
デパス、ワイパックスなんて完全に眠剤だと思ってる人もよく見ます。
自分も眠れない以上に、起きれないともっと困るのでデパスでした。
(もうノリトレンとかで生活リズムを根本から整えた方がいいかも)
抗うつ薬や精神賦活薬の副作用や細かい効きの調整でも抗不安薬が
必要な人はいるハズです。私もリタリン飲んでた頃は必要だったし。
せめて眠剤と抗不安薬で計4種という決まりなら良かったのに…
今の時代、みんなで仲良く手を繋いで患者の元にゴールにするべき?
Commented by こういちろう at 2014-03-23 21:22 x
>hayaさま
レスありがとうございますm(_ _)m
それかもう禁断の愛人…はともかく、やっぱりその手でしょうね。月替わり、かつ倍(以下略 処方量自体はそれぞれ1日1~2錠(いずれも少ない方)と決して多くないだけにいまいましい規制であります。
Commented by Nurikabe at 2014-03-23 23:30 x
うさぬさんの意見(眠剤と抗不安薬で計4種案)に激しく同意
私は睡眠薬(2~3)、抗不安薬(0~1)処方なもので...

抗不安枠は2枠空き。でも薬力的には、らな<せぱぞー<りりぃ、とお咎め無しのりりぃが最強だお!
睡眠枠は、りすみ(BZD)・舞(非BZD)
まあ、ろひの(BZD)さんが溢れてしまったので、りりぃお姉さんに相手してもらいませう。

そう言えば、診察待ちの時、複数医療機関受診と思しき電話がありました。元のところで眠剤を出して貰えないから当クリニックで受診(というか眠剤処方)出来るかみたいな内容でしたが、複数受診はきっぱり断ってましたね。あと、元の受信機関でもう一回受診するか紹介状を書いてもらってこちらに転院するとかしないとか。
あー。複数受診で眠剤手にいれようとする輩もいるんだなーと思った次第です。
Commented by Wagtail at 2014-03-24 07:07 x
空気を読まずに申し訳ありませーん!
ずっと難航していた勝ち組?リーマス子が完成しました!
キャラがああでもないこうでもないとやってたんですけど、
「女房=好みのお姉ちゃんを描けばいいと思うよ。」と言う訳で
自分好みのおねーさまをラッピング。炭酸リチウムの英名、
合ってるかなあ……(不安)。
鉱物のイメージがあるので金ぴか&謎の結晶(リチウム塩?)
久しぶりの擬人化でした♪過去作はTINAMIにまとめてあります。
(宣伝すみません。小笠原と言う名前でやってます)

ああ、構想何年だったろうか……(遠い目)。
Commented by hayanoya at 2014-03-25 00:37
>うさぬゅーみさん
まぁベンゾジは基本頓服なので、抗うつ薬とかで良くなるならそれに
越したことはないと思います。ベンゾジは90年代に欧米で大規模に
規制され、SSRIの大流行を生んだ要因となりました。ちょうど
20年遅れで日本もそうなりそうですね。
>こういちろうさん
日本人なら日本人妻を…でも日本のベンゾジ問題は半分以上デパス。
>Nurikabeさん
りりぃはよく眠れるよ!(起きれるとは言ってない)
その医院はモラルがあって良心的ですが、重複処方は今後絶対
問題になるような気がします。さっさと保険証にIC機能を着けろ!
>Wagtailさん
完成おめでとうございます!Wagさんらしくムチムチチャンネー。
リーマスはやっぱり100の銀より200の金だよ(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
リチウムは感情がフラットになるので、事務処理大好きで感情より
書類を信頼するジャンル:公務員少女にするべきだったと今にして
思っています。
Commented by えふだ at 2014-03-25 20:35 x
保険証にIC機能…お言葉ですがそれがもしFeliCaであれば適切なセキュリティーが確保されない限り反対です。消費者金融でよく本人確認に使われますので。
さてここからが本題のレスですが、レセルピン(本来は降圧剤、それももはや古典だろ常考)やアタPが入っていてヒベルナが入らないあたり適応のあるなしで判断しているのかなと思います。
Commented by hayanoya at 2014-03-27 01:22
ICカードのセキュリティは素人なのでよく分かりませんが、普通に
社会のインフラとして出回ってるなら問題無いのでは?と思います
けどね…クレジットカードと違って番号だけでは何も出来ないし。

レセルピンは今時使ってる先生いないと思いますが、適応を取得して
いる以上は外すわけにもいかず。血圧の薬としてこれより効く薬は
無いという医師もいますが、そっち方面でも精神系の副作用が…。
プロメタジンはクロルプロマジンの姉にあたり、抗His作用の方が
強いので抗精神病薬として認識されてはおりません。抗精神病薬の
副作用止めとしてよく使われますが、ぶっちゃけ副作用を悪化させて
いるのではなかろうかと思わないでも無いです。
Commented by 児童精神科医(成人研修中) at 2014-03-28 00:10 x
いつも興味深く拝見しております。単科で精神科やっとりますと、処方規制は地味に効いてきます。
昔からの悪弊である多剤併用を排するという理念は全く賛同するところで、実際に現在自分が初診で見る患者さんならほとんど2剤まででなんとかしています。早期に非定型を入れれば、病勢はかなり抑えられますので。
しかし住所=病院になっているような長期入院患者の場合、治療開始時点ではまだ有効な抗精神病薬がなかったせいか、かなり病勢も進んでしまっています。こうした方々には昔ながらの多剤が突っ込まれていますが、その状態で長く安定してしまっているので、一つ削るととたんに増悪するということもあります。先輩から引き継いだ我々若造は減薬するのも一苦労です。
CPが睡眠薬扱いにできたのはありがたいことですが、むしろLPを睡眠薬扱いにしてほしかった・・・というのは欲張り過ぎなのかなあ・・・
Commented by ひよっこP科医 at 2014-03-29 07:29 x
某"負け組"睡眠薬のメーカーさんとお話してたら、「まだ負けてねーし!いま疑義照会出してるから、最後にリスト抜けして大逆転だし!!」(意訳)と話しておられました・・・え?マジで?
Commented by hayanoya at 2014-03-30 23:42
>児童精神科医(成人研修中)さん
コメントありがとうございます。
薬を増やすのは簡単ですが、減らすのは困難ですね…。
ジプレキサが登場した時、あまりの高価格に薬局は度肝を抜かれた
ものですが、これだけ日本精神医療を短期間で劇的に変化させた
ところを見ると、やはり優れた薬だったのだと認めざるを得ません。
多剤併用して長い時間が経つと、もう患者の頭の中でドパミンや
セロトニンがどうなってるのか誰も分からないですね。古い記録は
全部紙ベース(しかも悪筆)で読みづらい。お察しします…(泣

>ひよっこP科医さん
他のメーカーなら「ハハッワロスw」で済ましてしまうもんですが、こと
○田様は厚労省が決めたルールを力尽くでひっくり返すことが出来る
日本で唯一のメーカーなだけに笑えません(汗
ロゼレムは眠剤じゃない!サーカディアンリズム調整薬だ!などと
訴えればリスト抜けは十分にあり得ます。ならセディールだって…
○友じゃムリか。
Commented by 苦乱兵衛佐尊 at 2014-04-16 06:48 x
第一報を聞いたときはL5笑い(死語)をしておりましたが、主治医に尋ねた結果それがしには一切関係ない(=元々基準内)とのこと。そもそもこういうのを気にするのは開業医などの中小病院であり、大病院は歯牙にもかけないとのこと。・・・杞憂とはまさにこのこと。ただまあ、数年後に住所が変わる予定があるので今後通えるかどうかは微妙。(一応、予定新住所から通える前例はあるとのこと)
もっとも、最初の診察が十四年前(精神系に限定しない場合は二十五年前)にもかかわらず、多剤をほとんどしない状態なので当然といえば当然かもしれません。
・・・にしても、中古屋回ってもネットで調べても売ってねえなあ・・・。やっぱ不揃いを気にせずC,D,Eだけでも買っておくべきだったか・・・?
Commented by 苦乱兵衛佐尊 at 2014-04-16 06:53 x
ちなみに、今月で無事SNRIを卒業いたしました。離脱症状なども出ず、至って元気。今飲んでるのは精神系ではエビリファイとメキタジン(さすがにスルピリドすら精神薬に入るんだったらメキタジンも精神系になるという推測で換算)だけですかね。メキタジンは通常鼻炎薬ですが、睡眠不足のときとかには強烈な睡魔が襲ってきます。
その代わり漢方が三種類ほど(パスワードに記述)でており甘草によって肝臓が冒されないか母親(薬剤師)が心配しておりました。・・・酒もたばこもやったことないから大丈夫だと思うけどなあ・・・。
Commented by 苦乱兵衛佐尊 at 2014-04-16 07:03 x
で、皆様方のコメントを読み返して思うのは、「ひょっとしてオレって軽症?」という世迷い言。デパス0.5+レキソタン2*2のケッテもせいぜい頓服(以前は噛むようにレキソタンを飲んでいたが、現在はこのトリオ出撃もせいぜい月三回)なのは果たして学校という管理社会から脱出したおかげか、それともガチで症状が改善されているのか解らない次第。ただ、主治医様によるとこの数年でかなり症状は(少なくとも表面上は)改善されているとのこと。特に昨年の五月からのエビリファンデビューが決定打らしく。
・・・・ただ、問題は・・・・、ぶっちゃけエビリファイ飲んでいると創作活動が一切はかどらないということでしょうか。
ちなみに、サインバルタの副作用に性欲減衰や勃起障害があるとのことですが、なぜか個人的に出た副作用は逆だったり。飲んだときはそうでもないにしても、卒業からどーも性欲が出ない。
まあ、三回連騰もあれなのでこの辺で一旦閉め。
Commented by hayanoya at 2014-04-20 02:08
さいん卒業おめでとうございます。アタPが安定剤扱いならピレチアや
ペリアクチンも安定剤ですにゃー。ドリエルとか発売してるジフェン
ヒドラミンとかモロ。ここらへん適応があるかないかだけの判断
なので曖昧です。
リーマスのとこにも書きましたが、創作活動と気分安定薬は本当に
相性が悪いようですね。創作とはある種のパラノイアなのかも。
薬の擬人化だって何度深夜のテンションに助けられたか(汗
といって勝手にやめることも出来ないのが辛いところ。主治医も
巻き込んで創作に協力して貰うしかないですねw
Commented by なつめ at 2014-04-24 12:35 x
鮠野屋さま、こんにちは。

度々お世話になっておりますなつめですが、海外での治療が思わしくなくて2月末から6週間、帰国して入院しました。
鬱病だと信じ込んでいましたら「双極性気分障害Ⅱ型」と診断され、今まで服用していたトリプチゾルの断薬を含めて薬の整理をしてもらいました。
そこで今後の第一選択薬としてラミクタールを奨められ、4週間分の処方をしてもらいましたが、こちらの主治医と相談のうえ服用開始しようと思っています。
どの薬にも副作用はありますが、ラミクタールはそれが出やすいとのことでした。
薬剤師の方から見た評価はどうなのでしょうか?
教えて頂ければ嬉しいです。
(現在はコンスタン0.4mgx3回、レクサプロ20mgx1(夕)、レメロン15mgx1(就寝)、クエxヒアピン200mgx1(就寝)という処方で、気分は落ち着いています)
Commented by hayanoya at 2014-04-26 02:38
鬱と思ってたら双極Ⅱだった…というのはどれくらい潜在人口が
いるんでしょうかね?気分安定薬は絶賛大活躍中で、単極鬱の
範囲がどんどん狭められていっております。
ラミクタールは少量服用から始めるというのを守れば、非常に安全な
薬と言って良いかと思います。ウチでも50人前後は服用してるかと
思いますが、薬疹と疑わしくてやめたのは2例です。飲み始めは25mg
あるいはその半分、で漸増、その間に体に湿疹が出たらすぐに医者と
相談…というステップであればまず問題は無いでしょう。セロクエルが
双極鬱に適応を持たない日本では、ラミクタールが非常に重要な位置を
占めております。みく可愛いよみく。
Commented by なつめ at 2014-04-26 12:28 x
鮠野屋様、どうもありがとうございます。

日本で処方してくれた医師の指示も、25mgを2週間、50mgを2週間・・・と2週間ごとに増量していくように、発疹などの異常が見られたら即服用停止しなさい、とのことでした。
こちらでの減量・増量は今までの経験からすると、いつも1週間ほどしか時間をかけなかったので、かなり無理なやり方だったのだと思いました。
日本の病院の初回血液検査でγーGTが75という数値でしたが、退院時には25まで落ちました。
必要な検査をせずに投薬することが多いこちらの病院ですが、自分で身を守るために検査を要求しようと思います。

いつも情報を頂き、ありがとうございます。
Commented by わ~い、お茶 at 2014-04-27 08:21 x
そう言えば鬱と言うのは社会全体が不安定なってくると増えるのか鬱の人が
増えるから社会全体が不安定になるのかどっちなんでしょう?私が子供の頃は余り問題になっていなかったような気がしますが・・・でも余りにも社会のせいだ、と言うと何かオウムや共産党みたい・・・。鬱の人が悪い訳じゃありませんが。
Commented by hayanoya at 2014-04-29 00:46
鬱は甘え…という風潮が長い間存在していたために、これは甘えだから
頑張らねば!と考え、実際に治ってしまう人と重篤に悪化してしまう
人の二極に昔は別れていたのではないかと考えています。

現代は鬱という病気が認知されてしまい、本来頑張れば治る人でも
病人とカテゴライズされて頑張らないことを許されたため、結果として
鬱病患者が激増しているのではないでしょうか。もちろん社会が
高度に複雑化し、昔に比べてミスが許容されない世界になってしまって
いるのも影響しています。働くハードルが上がっているのに対して
休めるハードルは下がっている。どちらのハードルも低ければいいの
ですが…なかなかうまくはいかないものです。
Commented by なつめ at 2014-04-29 20:03 x
鮠野屋様、こんにちは。

今日、こちらの主治医とレミクタール使用開始について話し合ってきましたが、異存はないとのこと。しかも、なんとレミクタールはOTC薬品なんだそうで、もしこれが身体に合えば処方箋なし=医者要らず?と驚愕しました。
日本の主治医の、25mgから2週間毎に1錠増やすという指示に対し、1週間毎でOKとのこちらの主治医。しかし、ゆっくり増減をしなかったこれまでの体験から、もしそうしたなら弊害が出るかもしれず、「私は2週間毎にしたいですっ!」と譲りませんでした。
4週間分(25mg錠)は日本で出してもらっていたので、今日は50mg30錠を一箱買いました。価格は約¥3,000でした。
Commented by hayanoya at 2014-05-01 19:58
ラミクタールがOTCとは凄いですね…確かに安全な薬ではありますが。
しかし飲むのにコツがいるし効果が出てるかの見極めや薬量調節が
かなり難しい薬なので、あまり患者まかせにしない方が良い気もします。

日本でOTC化すると速攻で薬疹が記事になり販売休止→製造中止の
コンボを踏む事になるでしょう。良くも悪しくも餅は餅屋のお国柄です。
Commented at 2014-05-02 18:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 麻機 at 2014-05-03 10:10 x
hayaさんこんにちはー、お久しぶりです。
投与規制リストアップ見やすいです!あぁ良かった飲んでる薬全部一種類ずつだった…!!
最近調子崩してジェイゾロフト50mgとサイレース1mg復活してたんですが、これなら安心して飲めそうです。
いつもいつもhayaさんの情報は私にとってとってもありがたいですよ。

それと今更なのですが、以前描かせていただきましたりたさんの絵を私のブログに掲載させていただきました!
URLにリンクを置いておきますので、お暇があったら覗いてみてくださいね。
Commented by なつめ at 2014-05-06 19:58 x
鮠乃屋さま、こんにちは。

ラミクタール服用開始から1週間経過しましたが、発疹などの副作用は現在のところ見られないので徐々に増量の予定です。
この国のOTC基準がどんなものか全く無知ではありますけれど、タミフル、ボルタレン、イミグラン・・・などはOTCなのに対し、近年日本でも発売されているディフェンハイドラミン(ドリエル)やコデインなどは単体でのOTC薬は許可されていません。
ディフェンハイドラミンは鎮痛剤のパラセタモル(アセトアミノフェン)と抱き合わせで”Panadol Night”などとしてOTC販売されています。
何事もよくわからない国であります。
Commented by えふだ at 2014-05-07 22:59 x
OTC化ですか…わが国は良くも悪くもエパデールのOTC化で賛否両論がわき起こるお国柄です。私はむしろ使い過ぎると却って鼻閉を悪化させるナシビンスプレーの方がリスキーだと思いますが。ちなみに私がナシビンスプレーを買ったのは個人経営の薬局でですが、かなり脅し気味に副作用を説明されました。出たばかりの頃なので慎重なのかも。OTC化直前に劇薬指定を外されたのもありますが。
Commented by hayanoya at 2014-05-08 00:33
>ひよっこP科医さん
いつも貴重な情報をありがとうございます。
…精神科の闇はホンマに深いでェ~ッ!

>麻機さん
被り無しですか!良かったです。眠剤難民以外はだいたい救済措置が
取られてるようで、国にしては柔軟な措置を取ったと思いますね。
りたさんブログ絵改めてありがとうございます!麻機さんオリジナル
ジェイゾロフトも期待しておりますよ!

>なつめさん
タミフルOTCにしたら耐性ウイルス増えまくりの予感…
抗生物質関連は医者が管理した方が絶対良いと思いますっ!
…ってタミフル消費世界一の日本が言えた義理じゃ無いが。
Panadol Nightはドリエルより効きそうな気がしないでもないです。

>えふださん
ナシビンと似た効果のフェニルプロパノールアミンは規制されて
OTCどころか医療用薬も無くなってしまいました。日本は自己責任の
概念が発達して無いので、乱用事故が起きれば物質そのものが消えて
しまいます。そういう意味で何でもOTC化されるのは困りますね。
Commented by 北の狸 at 2014-05-15 23:21 x
いつも楽しく拝見させて頂いています。
6月からの改正道路交通法はご存じですか?
調べてみると、精神科疾患患者や、低血圧発作、低血糖発作など発作を有する患者から免許を取り上げる法律の様です。
(医師の保証があれば免許停止にならないとありますが、絶対大丈夫だと言う保証ができる訳ないですから、実質は車の運転不可となると思います)

厚生労働省 H25/05/29通知では、
添付文書の使用上の注意に自動車運転等の禁止などの記載がある医薬品を処方または調剤する際は、医師または薬剤師からの患者に対する注意喚起の説明を徹底させること。

これってつまりは、運転不可を伝えなさいって事ですね。
幸いSSRIは禁止じゃなくて十分注意となっているので、この意味では勝ち組薬剤になりますね。
あっと驚く大逆転でパキルの復権も近い?
Commented by ゆう at 2014-05-16 03:02 x
表を見ながら自分が使っている薬を見てて以前の業界麻雀の事を思い出しました笑
薬の種類で考えたらリーチかかってました。
どうでもいい妄想失礼しました(^_^;)
Commented by S.Sorin at 2014-05-18 00:34 x
僕はこの準備もあって大幅に薬を減らされました…が、むしろそんなにたくさん飲んでない方が効果がわかりやすいような?
不安にはレスタス、うつにはトレドミンとみくたん、不眠にはまさかのニューレプチルの四剤という感じで、減らす間は大変でしたが減らせてしまえば割とスッキリです。とはいえ、まだ不眠やだるさ、悲哀感などはあってせっかく入れた薬学部でもあまりバリバリには勉強できてないですが…むしろやる気ない組に入っちゃってるかも(汗
それでも僕の場合はもう少し調節すればなんとかなりそうですが、抗精神病薬などは多剤併用止むなしな方もいるだろうし、ロゼレムは睡眠薬枠に入れなくても良かったんじゃないのとか、セディールはグランダキシンはハイゼットは…(ハイゼットが抗不安薬として扱われるの、初めて知りました)と正直突っ込みたくなりますね。でも最近一番のツッコミどころは、ベンゾ効かないからコントミンかヒルナミン…ではなくなぜかニューレプチルを使ってきた主治医です。なぜニューレプチル…使い慣れてるのかしら?
Commented by hayanoya at 2014-05-19 14:31
>北の狸さん
コメント有り難うございます。
添付文書上の表記で判断されるなら、睡眠薬はもちろん抗不安薬・大部分の
抗うつ薬も使用不可になってしまいますね…「一定の病気」表記も微妙。
「そううつ」が双極を示すのか、躁病かうつ病いずれかだけでも該当するのか
よく分かりません…医師の判断に寄るところが大きいようですね。てんかん
以外はあまり問題になってなかったのにどうしてこうなった。

>ゆうさん
業界麻雀ナツカシス。結局仲間ウチでも覚えるのが面倒と言うことでボツに(泣
打つのは大好きですが一向に上達しません。役満上がりたい…
Commented by hayanoya at 2014-05-19 14:32
>S.Sorinさん
大量に睡眠薬もらってなお眠れないと言う人が、一週間の入院で薬を
ロンダリングしたら普通に一種類だけで眠れるようになった…なんて話も
良く聞きます(汗 結局大量に飲んでもBZD受容体に作用するのは一部だけ
という事なんでしょう。淡路の断食道場みたいなのが精神科用にもあったら
いいのになぁなんて思います。断薬道場。保険が効くならなおGood。
ハイゼットはこの通達が来るまで存在を忘れてました(汗 抗不安薬指定
されたのでより処方減るでしょうorz γ-ORZだけにっ(ドヤ
ニューレプチルは何となくピレチアとコントミンの間くらいの認識です。
コントミンはなんか重いしかといって抗Hisは効かんだろうし…という折衷案?
Commented by (RIu.こと)龍壱 at 2014-05-22 23:44 x
ども、かなりお久しぶりです。
「そう言えば、最近見なくなっちゃってた……」
と、まあ、そんな感じでつらつらと過去を思い出しながら、拝見して……

「なんやねん! お世話になったこともあるand現在もお世話になっているお薬が、お役人の杓子定規でばっさりと……(涙)」

正直、お薬を飲んでいる身としては、かなり切実な改悪です……。
……ああ、今度病院へ行ったら、いろいろ言われそうだなぁ……。
Commented by hayanoya at 2014-05-27 03:10
ウチの門前の先生はあまり気にしてないのでイマイチ実感が無いですが
他の店の人に聞くとやはり10月からの施行を見越して段々と睡眠薬を
削っていったりしているようですね。ぼちぼち真剣味が患者さんの方に
伝わっているかも。ロゼレムが眠剤から外れるだけでもだいぶ変わるん
ですけどねー…武田の逆転の目論見は成功するのかどうか。
Commented by danny at 2014-05-29 22:38 x
どうも、いつもお世話になっています。
うちは大学病院で先生は何も話してくれなかったですねー。
薬局の人とよく処方について話すので振ったら、勉強会をしたらしく、
処方の多い患者は必要あってのことという認識で削っていく方針ではないと言われました。
既に睡眠薬3、抗不安薬2、ときに抗うつ薬の私には辛い話でしたが楽になりました。

ですが最近気分の落ち込みは無いと思ったら食欲性欲興味が全て消えていき遊びも何も手に着かなくなり、これはSNRI,SARI、エビリファイあたりかなあ・・・という状態になり・・・。

でも本読ませて頂いてると若干元気出ます。ありがとうございます~
Commented by ひよっこP科医 at 2014-06-02 22:09 x
ロゼレム大勝利・・・ナラズ。(確定)
Commented by hayanoya at 2014-06-03 17:21
>dannyさん
コメント有り難うございます。
本文では少し大げさに書いてますが、今回の改訂でペナルティに該当したと
しても、医師側が多少損するだけなのであまり患者側が気にする必要は
無いと思います。必要な薬を削る事は結局回復を遅らせるだけなので。
しかし睡眠薬の多剤処方を要求する患者も一部いることは事実なので、
そういう層に関して一時的に歯止めがかけられれば良いのかな、と。
興味の喪失はドパミンですかね。DNRIはいつ認可するのか…(遠い目

>ひよっこP科医さん
えぇぇぇ~天下のタケダ大明神様がご敗北なさったですとぉ~!?(驚愕
やっぱ外人社長はダメだな(そこなのか
ブロプレスが特許切れたら本格オワコン会社になりそう。シコシコと
ボッキチン…じゃなかったボルチオキセチンを国内上陸させてくれたら
個人的にはもう武田に期するモノは何も無いです。あ、あとノロワクチン。
Commented by えふだ at 2014-06-03 21:50 x
えっ、タケダ様がオワコンになりそうですと?創薬ベンチャーはリスキー過ぎるし、薬業界への投資はフロイント産業などの「からめ手」銘柄が私には合っているような希ガス。復興関連銘柄でもゼネコンよりカナモト(建機レンタル)や酒井重工業(舗装用のロードローラーの製造会社)が好きなように。
ちなみに前の私のレスでナシビンと自分で書いておきながらナンピン(自分の買った株が下落したときに上昇を期待して買い足すこと)と空目してしまい、確かにこれはリスキーだと思いました。
Commented by hayanoya at 2014-06-06 17:42
営業力だけは図抜けているので合剤乱発で売上げは高いですが、新薬の
開発力はアステラスどころか第一三共にも劣りつつあります。オブリーンが
こけ、新規糖尿病薬がこけ、今度の新規胃潰瘍薬がこけると本気でやばい?
外人社長が赴任したのはリストラを推し進めるためと勝手に思っています。

ナンピンで買う時点で負け心理になっているので、マイナス分がゼロになった
時点で売っぱらってしまい、利益をのがす…過去何度経験したか(泣
Commented by Licsak at 2014-06-11 15:41 x
いろいろ貴重な情報をありがとうございます。

昨年末に通っている病院から改めて運転を控えるよう注意喚起があったのに続き、薬の減量があったのはこういった事情からかと思うようになりました。
Commented at 2014-06-11 15:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hayanoya at 2014-06-16 03:07
Licsakさん、コメントありがとうございます。
眠剤ファンには辛い時代になってきました…
MSDからスボレキサントという新しい眠剤が夏頃に出るという噂が
あったのですが、どうやら年末に延期になりそう。今回の眠剤縛りが
影響しているのではないかと勝手に思っています。

トップ絵のご指摘有り難うございます。一応二重線引いてみました(汗
いっそ登録商標を取るべきなのか(えー
Commented by こういちろう at 2014-06-16 21:16 x
おぉ、ついに商標出願ですか!仕事で何度か出願→商標権ゲットまでやったことありますから、本当にされるならお手伝いしますよ。もちろんボランティアで!
Commented by hayanoya at 2014-06-24 03:24
うーむ。商標取って具体的に何をするというのも思いつきません…。
ちびまる向ちゃんを商業展開するためにはまず各メーカーと交渉(ry
Commented by こういちろう at 2014-06-28 21:15 x
むー…言われてみれば商標とって何すんだろうと(^^;)
Commented by まゆ at 2014-07-15 02:29 x
メインヒロインはゾフィ、枕はローラ、仕事のパートナーはれきそたん、相談役にでぱ子
以外と空いていました。
抗不安薬、眠剤カテが2剤がちょっといたそうです。
今後精神科、心療内科の処方がどう変わっていくのか楽しみです。
それともあまり変わりませんかね?
Commented by hayanoya at 2014-07-17 19:13
欧米と同じくベンゾジは敵!という認識が日本でも芽生えて来たので、
今後ベンゾジ系の抗不安・眠剤が変わることはあまり無いのではと思います。

変わるとすれば…ぞふぃーがジェネリックになるくらいかな?(汗
あと1~2年で出てきそうです。
Commented by 苦乱兵衛佐尊 at 2014-07-27 06:12 x
お久しぶりです。
えー、このたびエビリファイを卒業いたしました。
神田橋先生は偉大です。
暑中見舞い代わりに近況報告だけでもしておこうか、と。
夏コミがんばってください。

現在のお薬状況
漢方:神田橋処方
鼻炎:三種類(めきたじん、ざいざる、せちりじん)←母からの指摘で抗ヒス系は麻酔が効かなくなるから削れとのこと
はらわた:コロネルとビオスリー

・・・今までのルボ&リスパやさっちゃんえっちゃんは何だったんだ・・・。

したらば、西方戦線へ行って参ります。
Commented by 苦乱兵衛佐尊 at 2014-07-27 06:13 x
追伸

この期に及んで、まだ総集編を心待ちにしております。
だって、お薬飲むときとか整理するとき(特に丸向だと)心がわくわくするんだもん(←末期患者)
Commented by わ~い、お茶 at 2014-07-27 22:55 x
そう言えば最近「脱法ハーブ」が問題になっています、やっと国が対策を取るべく動いたと思ったらただ名称を変えただけ、もう麻薬と同じにして取り締まらなければいけないのではないでしょうか?先程脱法ハーブを作っていた人がTVで言っていましたが「殺虫剤の様な成分入って居る」との事ですがこう言った事があるからなかなか取り締まる事が出来ないのでしょうか、それともカジノや煙草みたいな利権になるから放置してるとか・・・
Commented by hayanoya at 2014-08-01 19:50
>苦乱兵衛佐尊さん
コミケは引退しました。今はしがないアイマスプロデューサーでございます。
漢方は証が合えばばっちり効くのでしょうが、名医とヤブの差が激しすぎ…
ってそれは精神科医も同じだねっ☆
マル向は薬効関係なくテンションあがりますね。最近は新しいマル向が
出なくて寂しいのです。ていうか精神科薬自体が出ない…

>わ~い、お茶さん
むしろ大麻とその関連物質が厳格に規制されているからこそ中途半端な
薬効でより有害な物質が出回るようになったわけで。煙草も今後さらに
値上がりするようなら中国とかからより毒性高いのが流通するでしょう。
米国では大麻解禁の動きが広がっています。それに追随する必要は無い
とは思いますが、規制一辺倒の方針は新しい有害物質を生み出すだけの
ような気がしますね。
Commented by Wagtail at 2014-08-14 18:08 x
某所で、くだらないものではありますがメッセージ送りました。
(このような場所には書けないほど、くっだらない内容だったので)
最近、医師と話していたら、いきなりランドセンを出されました。
何故ランドセン?と思うも、この記事を読み返したら納得ですー。
ソフト双極性障害w ガッチガチの双極性障害ですが何か?

コ、コミケ引退……!?(視界がぐにゃ〜、ですマジで)
小生は確かにコミケではなく通販組だけど、鮠乃さんのご本は
もはやバイブルですよ!ささやかな通販でよいから、時々
再販したり、お暇を見てでいいですから、新しいものも見たいです。
年金暮らしのニートが立派に働くお方に意見なんてできないけど。

燃えちゃった本をもう一度読みたい……(泣)。
これから毎日家を焼こうぜ?<誤解を招くので書くとネタです
Commented by hayanoya at 2014-08-19 00:21
じぷりーやみくが大手を振って使えるご時世にランドセンとは
なんて保健医療に優しい先生!ウチの門前医は全然使わないです…
なんかベンゾジってだけで拒否反応ありそうで。

新しい薬っ娘も描きたいんですが、いかんせん薬が出ないことには(汗
ということで新規睡眠薬のベルソムラたんに大いに期待しております。
家が無理でも、ブログなら簡単に燃えますぜ!(問題発言
Commented by かめお at 2014-09-15 11:16 x
この問題、すでに主治医と対策を考え対処済みです。通院は1か月単位ですが、

・バルビ、ロヒプノール
メインはロヒプノール
ときどき、バルビ(イソミタール、フェノバール)を2週間周期で2種類

・マイスリー
定常的に出す

・ラミクタール
勝ち組

・デパス、バルネチール
デパスは肩こり、バルネチールは睡眠用ですが、メジャーとマイナーなので抵触しないとのこと。

本当にこれでいいのか分からないけど、先生が言うにはこれでOKとのこと。

ここで早いうちに情報を入手できたので、先生との相談は迅速に行うことができました。そして、「出せる間は出せるだけだそう」と、ODをしない私は暗に貯薬を認められました。
Commented by danny at 2014-09-16 13:24 x
ついにやってきます十月、やはりレセプトか何かも厳しいのか、僕は催幻覚・吐き気のあるマイスリーを切ってロヒ・ルネ姐でやっていこうと思います。

隙を突いて念願のレキソタンを手に入れ、
抗うつ薬は入門トレドミン+アナフラニール、だったのですが、
やはり効果が薄くサインバルタへ。薬代で目眩がしました。
でも今迄抗うつ薬は不発でイマイチばかりだったので、とと美の10倍、期待しております。

眠気を催す薬が多いのでレメロンが出ないんですが、
双極Ⅱを疑われているので微妙なところです。
カリフォルニア躁転とかちょっと・・・・・・

皆さんお薬今日この頃如何ご服用でしょうか・・・・・・

>hayanoya様
前もメール送ったことあるんですが、pdfデータ販売みたいなゆるい感じで
読むデバイスを選ばない感じになにとぞなにとぞ・・・・・・
Commented by えふだ at 2014-10-15 22:22 x
iPhone6に機種変しました。小さいほうでも結構でかい。
さてこの間までドル円が109円まで行き、エビリファイの輸出による功績で大塚ホールディングスの株価上昇に寄与、思わずご褒美にえび華を渋谷109に連れて行く…なんてことを考えているうちに円安によるデメリットもあるというアベちゃん発言もあり急速に円高方向に。SQ前にやってくれるなよと思いつつ。
Commented by えふだ at 2014-10-15 22:34 x
続き。
さて、最近話題のエボラ出血熱、富士フィルム(子会社の富山化学)が買い方向に物色されもしましたが、むしろ空運セクターなどの空売りを呼んでいました。デング熱がフマキラーなどのサニタリー業界など裾野の広い物色を呼んだのとは対照的です。
Commented by 滅智蓮寺 熾 at 2014-10-17 10:47 x
「3位じゃ駄目なんです! ベンゼン環の4位じゃないとセロトニン作用が弱いんです!」
なんて考えながら、色々な覚醒剤やエンタクトゲンのDA、NE、5-HTに対する活性の数値を収集するのに、最近凝り始めています。

drug.toratora.wiki/?&lD1KMccD

調べていく上で、EC50やIC50とは異なるKi(阻害定数)というタームが出てきて、これについて詳しく調べようと思って、昨日地域で一番大きな書店に行ったんですが、薬学、薬理学、薬物動態学の本の巻末索引を見ても、Kiについて書かれている書物が見当たらず、落胆しました。
しかもその書店はもうすぐ閉店になるので、今後は品ぞろえが劣る店に行くしかなくなります。
(創薬化学関係の本の索引に、やっとKiという文字を発見して、喜んで該当ページを見たら、説明なしにKiという単語が使用されているだけでした(笑))

やっぱり洋書でないと載っていないのか、それとも全く見当違いの分野で調べてしまったのか……
(ちなみに英文は読めません)
Ki値とIC50が結構異なっている物質があったりして、どっちを参考にすればいいのか、迷ってしまうんですよね。

(続く)
Commented by 滅智蓮寺 熾 at 2014-10-17 10:48 x
>富士フィルム(子会社の富山化学)が買い方向に物色されもしましたが、

富山化学といえば、覚せい剤取締法が制定された頃、国に内緒で覚せい剤を製造して売りさばいていたことがばれて、営業停止処分を受けたという、ある意味親近感がある(?)会社ですが、その会社が半世紀を経て、人類の危機を救う新薬を世に送り出すというのは、なんか凄い話ですね。
(国会議事録を見ると、営業停止は15日という発言と、2か月という発言があります)
Commented by 滅智蓮寺 熾 at 2014-12-01 17:43 x
上に書いた件ですが、その後、Kiという語は生化学の用語だと分かりました(未だにIC50との差はよく分かりませんが)。

最近、ブプロピオンはなかなかいい薬だということに気付いたんです。
作用がちょっと長すぎる点を除けば、スマートドラッグとして優等生です。

そして、あとちょっとしたらブプロピオン界(?)に動きがあるかも……?
私の行動が、いらんことしいにならなければうれしいですが、さてどう転ぶか……
Commented by 滅智蓮寺 熾 at 2014-12-17 16:14 x
実は16日発売の週刊SPA!に、私に取材したスマートドラッグの記事が載ったのですが、
その件についてhayanoya@google.comにメールを送っても、届かずに戻ってきてしまいました。
Commented by わ~い、お茶 at 2014-12-29 13:42 x
お久しぶりです、私事で恐縮ですが今年は大変でした、5月に母親が、6月に妹が入院して、さらには妹の方がアパートに住んでいて水が階下に漏れ、その事で裁判に来年なります、まあ弁護士からは何とかしてみるとは言われましたが。6月から8月まで職安に行けど職が見つからず、面接に行っても不採用でなかなか採用になりませんでしたが8月の盆過ぎ、やっと
請負ながら正社員の募集で採用になりまして今はそこで働いています。妹も母も7月に退院して来たので良かったですが、その間は2か月間無職でキツかったですね~。二人とも入院なんて初めてで、父親は面倒な事は嫌で逃げ回って居たのでこの件は基本的に私が何とか裁判までこぎ着けました。相手の女性の父親がヤーなので厄介ですがまあ頑張る事にします。金銭面は私が多少貯金があったのでそれを崩し、また母方の叔母からの援助で2人の入院費用は何とか出す事が出来ましたが今年は本当に大変でした。
Commented by ひよっこP科医 at 2015-01-11 21:27 x
あけまして、ベルソムラたん擬人化本の発売はいつですか?(挨拶)
いよいよベルソムラの本格始動で、当院での採用はもう少し先になりますが、パート先やバイト先ではちょくちょく取り扱う機会も出てきました。臨床薬理をやってる先生方は、日本で先行発売される向精神薬ということでかなり張り切っている方もちらほら。
ただ精神科臨床において、抗不安作用のない純粋な睡眠薬の出番がどこまであるのかは疑問です。セディール、ロゼレムと同じで、高齢者など相当限られた状況でのみ使われるんじゃないかなーと。結局は、プライマリ・ケアにおける睡眠薬のファーストチョイスの座を狙うのが一番現実的な気がします。
ところがMRさん達は今のところ、精神科以外への情報提供には積極的でないように見えます。あとは「ドラッグナイーブの症例にまずは使ってくれ」と連呼してます。こっそり聞いたところ、やはりゼプリオン騒動を受けての事だそうで、まずは精神科医が安牌とみた症例に使って、初期実績を稼ぎたいようです。
ですが、うちに来るような患者さん達は、既に大抵"内科or整形外科"で、デパス+ハルシオン+パキシル漬けにされた後ですから手遅れです。ってかドラッグナイーブな新患なんて、認知症くらいでしかまずお目にかかれません。
ベルソムラたんの明日はどっちだ!?
Commented by うさぬゅーみ at 2015-01-12 03:03 x
あけましてベルソムラたん擬人化のある本を冬コミで発見(挨拶)
薬擬人化界にとって超期待の新星遂に現れたかとか勝手に期待を
しているのですが果たして続きはあるのかな? あの本。
月日が経つのは早すぎるもので、お久しぶりです。
そういえばプリパラという朝アニメで「パキる」という単語が
出てきて、ぱきるさんを思い出しました。何かネタに使えるかと
去年から思っていたら、もう残り話数も僅かな時期に…(汗
Commented by せあら(遺伝子組換え) at 2015-01-12 10:58 x
ワタクシもあけましておめでとうございまスーグラ(ベルソムラみたいに慎重に処方しないから大変なことに…)
ご都合の宜しいときで構いませんので、ブログ更新お待ちしております~(自分は棚にあげる)
Commented by ミゥ at 2015-04-26 07:29 x
最近更新遅くて悲しいです><
それだけリアルが大変なんですよね…?
ふぁいとー(≧∇≦)

以下、本題w
以前震災によりリボトリールが倉庫切れを起こしたときにロシュ社から取り寄せた時のの瓶を掲載なされていましたよね?
あれがどうしても欲しいのです!><
お金はしっかりお支払いしますので(金額相談)、どうにかよろしくお願いします(T . T)
Commented by 苦乱兵衛佐尊 at 2015-06-19 00:29 x
ベルソムラの利きがやばすぎて原稿が進まない!(挨拶)
いやー、ベルソムラさんは悪夢という悪夢を悉く駆逐してくれるので生活の質向上に非常に役に立っております。
ただまあ、20mgはちょっと強過ぎますね!それでも15mgにするのはなんか老人くさくていやだし・・・。
っとまあ、書くこともあんまりありませんが、来年あたりに一回なろうとかあるかであとかに無差別投稿してやろうかと画策中。今は残弾備蓄ですよええ。(でもやっぱ持ち込み出版こそが本物の手柄だよなあ・・・)・・・あと、↑の阿呆が蔓延っているのは生存報告を入れないからだと思われます。日々精進
Commented by 苦乱兵衛佐尊 at 2015-06-19 00:31 x
横槍御免!
いいですか、ミゥどの。
薬品は処方箋をもらってから!処方箋をもらわない薬品は全部違法だと思うこと!
・・・まさかとは思いますが箱とか瓶とかの「ガワ」だけ欲しいとかいう理由じゃありませんよね?だとしたら紛らわしい書き方をしないように。模倣犯が増えまするでな。
Commented by 苦乱兵衛佐尊 at 2015-06-19 00:34 x
最後に。いつまでも、いつまでも総集編や再録や重版を待っておりますので。まあ待つだけなら狸にでもできますから、競争しましょう。此方のプロ第二作品が早いか、鮠さんの再録重版や総集編が早いか!
それじゃ、よーい、どんっ!(AIR風)
Commented by danny at 2015-07-27 18:52 x
お忙しいようですね。お疲れ様です。

いつでも定期的に見ておりますよ~
頑張って下さいね。
そこそこに。
Commented by ミゥ at 2015-07-31 14:02 x
苦乱兵衛佐尊さんへ。

はい、すみません…誤解を招く言い方だったみたいで…
仰るとうりでして売って欲しいのは薬剤そのものでなくてボトルだけです^^;
Commented by うさぬゅーみ at 2015-08-02 02:52 x
私には普通に「ガワだけ欲しい」という文脈に見えましたよー。
私も「ガワだけ」欲しくなることあるし。
…私も横槍、失礼しました<(_ _)>

ここって性質上、薬の箱やシートのデザインにも興味のある人が
集まっても、そんなに不思議なことではないと思うんですよね。
(それらをデザインに流用したキャラクターも登場するので)

個人的には、そういったキャラデザも含めた『擬人化』の見事さに
注目した話題ももっと増えて欲しいなと、ずっと思ってました。
ここは単に薬の情報だけを紹介してるコンテンツでは無いですし。
元ネタとキャラの間のパズルも楽しみたいタイプの擬人化ファンは
擬人化ブームとは裏腹に減ってる気がして物淋しい最近です(泣
Commented by hayanoya at 2015-08-28 02:37
さて、いつから返信してないのか…
たしかスクフェスやり出したのがちょうど1年前の今頃なので
その頃からレス読み返そう(汗 手遅れっぽいのもあるが。

>かめおさん(2014.09)
睡眠薬を2種ずつ交互にもらう、というやり方で4種類出して
貰ってる患者はたまにいるのでルール上問題無いでしょう。
まぁバルビとロヒ、なるべく減らしていく方がいいですね。

>dennyさん(2014.09)
ルネスタはめっきり出なくなりました。やっぱりアモバンの
方が安いしね。エーザイもマイスリーとの比較データは
よく出してくるけどアモバンとの比較はしないんだよね。
一番の類似薬と比較せずして何がMedicalRepresentativeだ?
ちびまる向ちゃんABCを読み直すと、さすがにネタが古いなあ
と赤顔する事しきり。ちょっとPDFは厳しいですな-。

>えふださん(2014.10)
この頃はまだドル円109円だったんですなぁ…(遠い目
100円以下の時代が長かったのでこの値段でL指しする勇気が
湧かず、指を咥えているウチに怒濤の120円台へ(泣
Commented by hayanoya at 2015-08-28 03:08
>滅智蓮寺 熾さん(2014.10~12)
更新サボっている最中にメールを見逃してしまっていたようで
申し訳ありません…ブプロピオンは申請されそうでされない。
もう20年くらい経つんじゃ無いでしょうか。もともとドパミン
系の抗うつ薬は治験で有意差が出にくい上に、NDRIという
事で薬食審に警戒されているのだと思います。グラクソ側も
他に売る薬が一杯あるのであまりこだわってないですしね。
まぁブプロピオンが処方箋無しで輸入できる方がスマドラ
愛好家にとっては有り難いかも。かつてのモダの様に…。
IC50とKiの関係に関しては、IC50のwikiが詳しいのでは
無いでしょうか。私もそれ以上の知識はありません…。

>わ~い、お茶さん(2014.12)
Wagtailさんは火災でお茶さんは水害ですか…実家を
飛び出して一人暮らししている私には身につままされます。
そのうち介護とか色々面倒な問題が起こるのだろうなぁ。
お父さんの面倒になる気持ちが分かってしまうので、私には
家庭を作る能力が無いのだと思っています。
Commented by hayanoya at 2015-08-28 03:26
ここから明けましおめデパスですね!メリーさんの羊にかけて
メマリーさんの羊を描けば良かったなぁと今思いつきました。

>ひよっこP科医さん
今描きました。遅れて大変申し訳ありません。擬人化本…?
ウチに回ってくるMSDのMRはむしろ既存の眠剤に汚染されてる
ジャンキーなんかに大切な娘はやらん!的な勢いでしたよ。
やっぱりBZDに較べて効きが弱いという印象を持たれるのが
イヤなようです。ONはするな1stで使え車は乗るなとうるさい
事この上ないです。個人的にはベルソムラよりもしつこく
推してくるレメロンを先生が使いそうで、リフレックスと
二重在庫になるのが今から憂鬱です。同一成分二名称滅べ!

>うさぬゅーみさん
ベルソムラ擬人化は凄いなぁ…去年の冬コミ時点だとロクな
情報も無かったろうに。コミケは久しく行ってないのでその
擬人化本も手に入れておりませぬ(泣 俺の屍を超えて
大手薬擬人化サークルになってくれると嬉しいです(偉そう

>せあら(遺伝子組換え)さん
DPP-4阻害薬に較べてGLP-1製剤のメリットがイマイチ分かって
無い私がここに。SGLT2も売れないですね…日本はよく効く
けど副作用の強い薬は売れないんだよ!弱い作用で延々処方
できるのが良い薬なんだ!(問題発言
Commented by hayanoya at 2015-08-28 03:42
>ミゥさん(2015.04)
更新が遅いのはサボってたというのもありますが、この1年
業界に全然新ネタが無かったというのが正直なところです。
なのでゆっくりベルソムラ情報を収集した挙げ句がこのザマ。
あと大変申し訳ありませんがリボトリールの瓶は貴重な
りりぃ用の作画参考資料なのでお譲りすることはできない
のです。ご了承くださいませ(なら作画しろ

>苦乱兵衛佐尊さん(2015.06)
べそ村さんが平坦な胸を犠牲にして悪夢を取り払ってくれて
いるようで何よりです。モノアミンが減って創作に影響が
出てませんか?ウチのDrは慎重なので最小規格ばかり使い
たがるのですが、今回のベルソムラに限っては15mgでも
それなりに効果が出ているようです。強いと感じるなら減量を
申し出て良いのでは無いでしょうか。再販は…待ってても…

>うさぬゅーみさん(7ヶ月ぶり2度目)
薬の箱やPTPもUPした方がいいんですかね?ググればすぐ出て
くるからあまり気にしてないのですが(写真を撮るのが面倒
とも言う)ベルソムラの箱は、というかMSDの箱は本当に地味
です。外資はいつもそうだ!無個性で無愛想なくせに
ジェネリックが出ることが決まってからあざといデザインで
誘惑してくるんだ!…ということでパキシルに引き続き
ジェイゾロフトもあざとくなります。入荷したらUP予定。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.