トップ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
タグ
最新のコメント
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



「もしかして」 「俺たち発注量が」 「入れ替わってるー!?」
寒いと指が動かないのでスクフェスデレステが捗らないしブログ書こう。

とりあえず、精神科薬初のオーソライズド・ジェネリックが
地味に発売されていた件について。

オーソライズド・ジェネリック(AG)とは以前にもお伝えしたとおり、
「主成分・添加物・製造工程を含めて先発品と全く同じジェネリック」です。

最近話題になったオプジーボを例に取るまでもなく、高薬価の医薬品は
ダイレクトに日本の医療財政を逼迫します。なのでもう特許の切れた薬は
ガンガンジェネリックに変えてくれよ、と厚労省は叫んでいるのですが
昔のいいかげんな法規制で粗製濫造されたツケで、ジェネリックは今でも
あまり信用できない薬であると患者ばかりか医師までも主張してるのが現状です。

そこで特許切れによる収入源に喘ぐ先発品メーカーが提唱したのがAGです。
有効成分の特許が切れても製造方法は公開されないので、ジェネリックは
コカコーラの味だけ真似た別物のコーラだ、みたいな批判が度々起こるのですが
AGはペプシでもなくジョルトでもなくコカコーラのレシピ自体を他のメーカーが
(といっても系列会社ですが)作っているのです。

これはもう値段の安い先発品と言って差し支えないので、どこの医療機関でも
AGは採用されるに違いない!…と思いきや、AGがある薬のジェネリックにおける
AGのシェアは50%前後とそれほど多くありません。理由はその価格の高さです。

AGは先発メーカーにある程度のマージンを支払う必要があるせいで、おのずと
売価が高くなります。薬価制度があるので発売時の公的価格は他のジェネリック
と変わりませんが、そこからの実売価格は他のジェネリックの方がかなり安く、
必然的に購入側の薬価差益が大きくなります。特に院内調剤を行う医療機関や
大規模チェーン薬局は同じ薬を大量に購入する必要性から、少しでも薬価差益の
大きいジェネリックを採用したがります。ただこれは悪いことではありません。

薬価差益の大きい薬は次の薬価改正の時に実売価格に合わせるよう是正されて
いくので、安売りしたジェネリックは公的価格もどんどん安くなります。
AGを一躍有名にした武田の降圧剤ブロプレスAG、カンデサルタン「あすか」8mgの
薬価は70.1円。他のカンデサルタン8mgジェネリックは32.4円と、2倍以上の
開きが生まれています。先発品ブロプレス錠8mgの薬価は126.3円なので
「あすか」のモノでも十分安いのですが、血圧さえ下がれば先発品との同等性とか
どうでもいい、という患者であれば32.4円の薬の方がありがたいでしょう。

先発品・AG・その他のジェネリックと選べる薬局ならいいのですが、在庫と
予算の関係上、よほど大きな薬局でない限りジェネリックはひとつのメーカー
しか採用していないのが現実です。AGを処方して欲しい人は事前に薬局に
在庫があるか確認してみると良いでしょう。

…と、ここまでが前置き(長い)。AGは2013年から提唱されたモノなので
まだ10品目程度しか存在しません。この6月にジプレキサの特許が切れて
一斉にジェネリックが発売されましたが、AGは出てきませんでした。AGを
作るためには製造レシピを提供しなければならず、となると企業秘密を
さらして問題無い自社系列のジェネリック会社を用意する必要があります。
ジプレキサの販社はイーライ・リリーですが、リリーはジェネリック販売に
積極的ではないためAGを用意しなかったのです。

なら精神科初のAGはエビリファイかなぁと去年予想していたところ、想定外の
AGがいきなり今年9月に発売されました。とっくに特許が切れてジェネリックも
大量に出回ってるパキシル錠のAG、パロキセチン錠「アスペン」です。

パキシルを作ってるのはグラクソ・スミスクラインというイギリスの会社
ですが、アスペン社は南アフリカに本拠を置く世界的なジェネリックメーカー
です。グラクソとアスペンの提携は2003年より始まっており、最初はグラクソの
薬を南アフリカで販売提携しているにとどまっていました。しかし2008年に
免疫抑制剤イムランの知的所有権をグラクソから買い取り、本格的にグラクソ
との関係を強化していきます。2013年にはオーストラリアで特許の切れた
グラクソ医薬品25品目がアスペンに販売移管されました。翌2014年にはついに
アスペン日本支社が設立され、特許切れ医薬品の販売移管やAG販売を行う旨
グラクソより報道されています。グラクソはアスペンの株を12%保持しており、
アスペン日本支社設立のために株式の25%にあたる資金を出資したり取締役を
派遣するなど、完全に日本においてアスペンを系列会社扱いしております。

従って、今後アスペンが作るグラクソ医薬品のジェネリックは全てAGとして
発売されることになります。その第一段は抗ウィルス薬バルトレックスで、
バラシクロビル錠「アスペン」の名で7月に発売されました。パロキセチン錠の
発売は第二段に当たります。今後のラインナップとして頭痛薬イミグランや
抗生物質オーグメンチンのAGが予定されています。素晴らしいですね!

…素晴らしいのですが、バルトレックスにしてもパキシルにしてもイミグランに
しても、競合他社がとっくにジェネリックを発売しているのが問題です。
いったん採用となったジェネリックを他のメーカーに切り替えるのは、
採算性や卸選定、既存在庫との兼ね合い、患者告知など様々な点で非常に面倒です。
なので普通AGは他のメーカーに先駆けて発売するか、最悪でも同時発売という
体を取ります。売価が高いので価格競争では完全に負けてしまいますからね。

けどアスペンはヤバイ。そんなの気にしない。後出ししまくり。そして新興の
会社でMRもロクにいないので全然宣伝しない。売れなくても全然平気。
AGをジェネリックのまま扱ってる。凄い。ヤバイ。

…と思わずコピペってしまいました。グラクソの肝いりなので潰れることはない
でしょうし、今後の発展性もあるとは思うんですが、営業は全く見たこと無いし
こちらが卸に問いかけるまで一切情報が入ってこない始末。現時点での売上高は
そうとう低いのでは無いでしょうか。売れるか売れないかは別にしても
AG会社としてもっとやる気を出してほしいものです。

そしてそのパロキセチンにしても、今日本で一番求められているパキシルCRの
ジェネリックは発売しないという半端っぷり。パキシルのノーマル錠には
ジェネリックが存在するので、パキシルCRは後発品のある先発品と見なされ、
使えば使うほど薬局におけるジェネリック算定率が低下して厚労省から怒られる
のです。理不尽だ!アスペンがAGを発表したときはついにCR錠にジェネが!と
期待したものですが、実際に出たのは5・10・20mgのノーマル錠だけで、
ずいぶんテンションが落ちたのでブログに取り上げるのが遅れたのです(言い訳

とはいえ、実際のパロキセチン錠「アスペン」は写真で見る限り全くパキシルと
同じ色調、形状をしています。PTPも色違いなだけで大きさやレイアウトは
そっくりだし、錠剤の刻印すら片面は同じものを使っています。精神科薬は
降圧剤や抗ウィルス薬以上に心理的なバイアスが効果に影響してきますので、
今までジェネリックに消極的だった人にも処方しやすいのではないでしょうか。
発売が出遅れたおかげで十分に薬価も安くなっており、AGなのに他社の一部
ジェネリックよりも安かったりします。新規でジェネリックを採用するなら
即決!他社から切り替えるなら…薬局で応相談ということで(汗
f0133373_19465009.jpg
f0133373_19523061.jpg



f0133373_19533475.jpgさて、精神科初のAGが出たし記念に擬人化するか。
ジェネリックは男キャラ、というルールなので男性で。
でも元はぱきるなので性転換で(え

という事でぱきるのTSキャラ、ぱろ輝くんです。
一度限りのネタキャラで今後出てくるかどうか怪しい。
ジェネリックなので服装はシンプル。
上半身は5mgの、下半身は20mgのPTPから。
ブレザーなのはぱきるの制服に合わせて。
ネクタイでなくループタイ…の、つもり。
南ア出身なので多少浅黒い。





せっかくなので今さら君の名は。コラを作ってみた(タイトル回収
君の前前前年から僕は他社を採用してる件。

「私の顔で先発ヅラして安売りしないで!」
「販売縮小するからって勝手にうつ病啓発冊子の配布やめんなよ!」

「あのゾロ薬は~!」
「あの特許切れは~!」


君の一般名は。(同成分です
f0133373_19541770.jpg
背景はコラ用にネットで流れてたのを拾ってきました。
モリサワA1明朝とMangalフォントを使ってます。
同一キャラのTSCPモノって同人界でどれくらいのニーズなんだろう。

個人的に新海監督で一番好きな作品は「雲のむこう、約束の場所」です。





ところで、最近久しぶりに絵師の方からうちの子描いていただきましたので
ご本人(ぞーや様)に許可をいただいてこの場で公開させて頂きます!ドヤ!
f0133373_19550077.png
もー滅茶苦茶かわいい!毬なんか色気出てますよ!みくに腕つかまれたい!
えび華の前髪処理ってこう描けばよかったんだ!
他人に描いてもらって髪型とかの描き方を学ぶダメ擬人化屋がここにおります。

上手いのはもちろんですが、特筆すべきはその速筆ぶり。
イラリク(逆だろ)されて返事してから完成までわずか1日という
驚異的なスピードでここまでの絵を作って頂きました。こっちは月一回ですら
ブログ更新出来ないのに!もう全部ぞーやさんに描いてもらえ俺。

手書きブログというお絵かき投稿サイトで活躍されてるご様子。膨大な過去作を
見るにつけ、ああやっぱり描きまくらないと速くはならんなぁと猛省する次第。
年内…年内までにもう一本記事描ける体を…来年から作っていこう(駄目すぎ


[PR]
by haya by hayanoya | 2016-12-04 20:49 | クスリあれこれ | Comments(17)
        TOPに戻る▲
        
Commented by 苦乱兵衛佐尊 at 2016-12-05 01:52 x
ぼんそわーる、尊でございます。
なんというか、その・・・。難しい話ですね!(文系脳
まあそれはさておき。
よーやくBNPが正常値まで戻りました。まずは一安心。
あとはオキシトシンの治験を待つだけだが・・・。・・・本当に効くのだろうか?とハテナマークしか思い浮かびません。
というか、今更自閉症が治ると言われても長年の宿痾が治るなど到底信じられない話。さすがに眉に唾はつけませんが逆に治ったら治ったで怖いものがありますけどね。
ところでホルモン剤は果たして丸向なんだろうかと考える日々。
追記:戦車映画見ました(今更)、とりあえず例によって「いいぞ」とだけ言っておきます。
Commented by みう at 2016-12-05 16:24 x
久しぶりの更新乙です。

ところでイフェクサーちゃんはまだですか?
Commented by えふだ at 2016-12-05 20:42 x
親会社、子会社ネタで思い出したのですが、前に出したウブレチドの鳥居薬品、親会社はJTだったのですね。鳥居薬品はアレルギーの検査薬で有名ですが、JTが鳥居薬品に圧力をかけてタバコの検査薬を販売中止にさせたという話を聞き、ひどいことだと思いました。
しかし12%というのも微妙な持ち株比率ですね。株主構成を見てみないとどうとも言えませんが。
P.S イエレン、目をつぶってじゃなかった「星野、目をつぶって」、せっかくの狂言回しキャラをフェードアウトさせるなど、どうも展開がgdgdなような気がします。
Commented by うさぬゅーみ at 2016-12-06 22:03 x
昔ちょろっと出した「ジェネリックは♂キャラ」という意見が
いつの間にかルールにまで昇華されてるぅ!
よし!薬擬人化界全体に浸透させよう(やめれ)
♂キャラの登場で、腐女子のハートもGetしまくりですね。
アスペンって何かアスペに効く薬作ってそうな会社名ですね。
ちなみにオキシトシンは自分も密かに期待してたりします。

速筆になる為に描きまくりたいのに遅いから描きまくれない…
この悪循環を抜け出す方法は私も知りたいです(まずは体力?
Commented by hayanoya at 2016-12-07 02:04
> 苦乱兵衛佐尊 さん
日本ではやっとエビリファイの自閉適応が認められたばかりでオキシトシンは
遠い先の話ですね。認められたとしても小児のみの適応になりそう。
そして滅茶苦茶高そう。
すぐに多幸感みたいなのが出るならマル向かも?そこまでの即効性は怪しいが。

>みうさん
一年経ったのでそろそろ手を付けねば…と思ってはいます(思うだけ

>えふださん
JTは全米ライフル協会並みに黒い組織だと思う。鳥居はやっすい値段で売ってる
ユリノームやらウブレチドやらが危険薬扱いされて火消しに回ってる悲惨な
会社…という認識しかありませんw グラクソはアスペンへの出資を取りやめた、
みたいなニュースが今日流れてましたがどうしたいんでしょうかね?
しょっちゅう意味不明な包装変更するしこの会社ほんまよう分からん。
さすがイギリス企業様ですわ。

>うさぬゅーみさん
この設定便利なんすよー。ぱきるはキュア化したりTS化したり扱い多くて幸せ
ですよね(可愛がり 腐女子は当然のように男性化してるでしょうからルール
統一は難しいなぁ。アスペンなのでアスペなキャラにしたかったんですが
まぁ一発キャラなので性格付けとかいらんかな、と。
描きまくるにはまず仕事を辞めry
Commented by ひよっこP科医 at 2016-12-10 00:18 x
同一キャラTSカプとかどんだけマニアックな・・・ぱろ輝くんカワイイ(白目 新海監督は、やっぱり「ほしのこえ」のインパクトがデカかったです。

総合病院で外来やってる勤務医視点ですと、ジェネリックの導入は効果が担保されてない&患者からは嫌な顔される&説明の手間がかかるため、積極的に推進する理由は皆無なわけですが、外的な要請でしぶしぶ"了承させられてる"状況です。AGの登場は、切り替えの検討時に医者側が出す「妥協案」として大いに活躍してくれると期待してます。院外処方箋出してる病院的には、ジェネリックの採用率だけが重要で、薬価差益は関係ない・・・んですよね?(自信無いですが) ・・・あ、ぱろ輝くんの出番は残念ながらありません。うちの施設は既に他メーカーの後発品入ってますので。流石にそれをひっくり返すだけの気力は無い。
なお、ジェネリック切替時にCR錠がリストラの憂き目にあってるので・・・CRが出たタイミングでぱろ輝君をプッシュしてみましょうか。ってかCR錠の扱いってどうなんでしょう?もうジェネリック出せるの??
Commented by ひとまず at 2016-12-10 19:12 x
ゾロってよく聞くので、何の意味かなと思っていました。最近呼んだどこかの記事で、ゾロゾロと後発品が出てくるからゾロと呼ばれているんだ、と書いてあってそうなのかなぁ、と思っております。ジェネリックにも公認保証付きのものがあったのは初めて知りました。ためになります。パキシルCR、わたしにはとても良かったです。例のシャンビリもほとんど無く、スムーズに減薬できていました。諸事情から断念しましたが・・・・・・。
Commented by hayanoya at 2016-12-11 22:11
>ひよっこP科医さん
ほしのこえは度肝抜かれましたねー。思えば最初作から別離というシチュが
大好きな監督でありました。やっぱり君の名は。の方が異端作ですね。
院外処方せん出してる病院でも入院患者に使ってる薬との統一性から、
やっぱり薬価差益とかも重要視するんじゃないでしょうかね?じゃなければ
近所の大病院における某東○薬品の採用率の高さの説明がつかぬw
ウチも結局ぱろ輝君の採用は至っておりません。密かにぱきるをリストラ
してぱろ輝に切り替えたかったんですが(鬼、近所のセンセイがAGの概念を
何度説明しても分かってくれず…(涙
アスペンのCRは今年2/15に承認されて番号までついてるんですが…CRの
製剤特許が切れて他社が発売し出すのを待つやり口に変えたのでしょう。
それでもいいけど後発品無いのにGE算定率に影響するのマジやめて欲しい。

>ひとまずさん
ピカ新、ゾロ新、ゾロゾロ…という昭和な呼び方の名残ですね。ピカ新とは
全く新規に合成された薬、ゾロ新はその側鎖をいじった亜流、ゾロゾロは
何のアイデアも無く先発にただ乗りしたジェネリック…という蔑称です。
昔は割と画期的な先発品がポコポコ生まれていたのでジェネリックは蔑まれて
いましたが、新規合成低分子医薬品の開発は現在完全に行き詰まっているので
先発メーカーもプライドを捨ててジェネリックをブランド化していかざるを
得なくなったのです。パキシルCRは減量や開始時に真価を発揮しますね。
5mg錠の使いでが思ったより良いのでウチはCR錠の出番が減ってきてます…
Commented by えふだ at 2016-12-18 14:39 x
この間キューバのカストロ議長が亡くなられましたが、そういえばマイケルムーア監督の「シッコ」にキューバの医療制度が取り上げられていたことを思い出しました。なぜムーア監督が日本のことを取り上げなかったのかわかりませんが、薬価基準制度や源泉徴収制度などガラパゴス的に発展した中負担中福祉国家の日本は論評するには値しなかったのでしょうかね。
ま、いくらその中負担中福祉の状態を維持するためジェネリックの採用を推進するとはいってもCRなどの製剤上の工夫はガン無視でしょうかね厚労省、テオドールのように中毒域との間が接近している薬であればどうするんでしょう。
Commented by 名無し伍長 at 2016-12-18 18:04 x
最近の寒さで右足の骨に付けたプレートのあたりが痛んできた季節となってきました。
そうなってくると医療用の麻薬がどうしても必要になってきますね。
ですが2週間縛りなので頻繁に病院にいかねばならず、面倒ですね。
AGって聞くとちょっとかっこいいですがややこしい事情もあるのですね。まあ私の飲む薬には関係ないんですけどね。
Commented by hayanoya at 2016-12-19 05:10
>えふださん
キューバの医療制度はシッコで知りました…キューバの安価な喘息吸入薬を
求めて米国から足を運ぶこの矛盾。国民の幸福とは何なのかと考えさせられる
映画でした。オバマケアも高い医療費の根本を解決しなければ結局機能しない
ので反発が増えるのも道理。トランプは製薬企業の高い薬価を削っていくと
アピールしてますが、果たしてどこまで切り込めるのか…日本は先発品でも
薬価改正のおかげで十分値段が安くなるので、テオドールやジゴキシンの
ようなエッセンシャル医薬品が安価で買えるいい国ですね。低分子医薬品を
主体とする従来医療と、バイオやipsを駆使するこれからの先進医療では
医療費のかかり方が極端に違ってくると思います。その二つのどちらを
選択するかで掛け金が変わってくる保険制度、というのも考えてみる時期
なのかもしれませんね。

>名無し伍長さん
麻薬の2週間縛りはしんどいですね…でもデパスが今さら30日制限される
現状、この縛りが緩和されることは多分ないような気がします。
通院が苦痛であれば在宅医療を行う医療機関を検討されるのもありかと。
麻薬のジェネリックは作る企業も数少ないのでAG作るくらいなら先発を
売り続ける方がいい気がしますね。患者も多分ジェネリック求めてないし。
Commented by えふだ at 2016-12-21 23:08 x
>どちらを選択するかで掛け金が変わってくる保険制度
これも逆選択(リスクが高そうな人ほど保険に入る)のリスクがつきまといます。かといって歯科のインプラントなどのように適用外にして医療費控除で還付というのも資金が手元になければ苦しいでしょうし。オプジーボはメラノーマだけに適用されていたときはオーファンドラッグの適用にふさわしかったのですが、肺ガンにも適用が広がるとなると、といっても本当は対象になるのはごく一部の種類だけらしいのですが、オーファンドラッグの優遇措置をどうすべきか考える時期に来ているのではないでしょうか。
まあそれよりはむしろポジティブに考えて、税収になりそうな創薬ベンチャーの育成も考えられるべきです。良いプラットホームを持つ創薬ベンチャーをめぐって、マザーズなどの新興市場同士の競争も激化するでしょう。アキュセラインクのやらかしなど想定内と思えるようにならないといけないですね。
Commented by えふだ at 2016-12-21 23:21 x
あとは医療ツーリズムですね。医療滞在ビザという観光より比較的長期滞在に向けた在留資格の制度ができ医療目的の滞在者の受け入れが進んでいます。
Commented by せあら(遺伝子組換え) at 2016-12-30 21:31 x
君の一般名はwwwwwwwwww

ぱろ輝くんシンプルかわいい!
男の子キャラはべな太くん以来でしょうか?
というよりAG薬ってまだそんなにしか出てないんですね。存じませんでした。
たしかにじぷりー嬢は絶対嫌がりそうですけど。

ぞーや様のイラストもめちゃくちゃかわいいです!
自分手書きブログはめっさレベル高そう&投稿が長続きしなそうなので(?)
pixiv系列のすぐに描けるツールだけにしてます。。。

お忙しい中ブログ更新お疲れさまです!
私も今年(来年?)こそブログ再開したい…です…。
Commented by せあら(遺伝子組換え) at 2016-12-30 21:38 x
改めて記事を見返して、
「販売縮小するからって勝手にうつ病啓発冊子の配布やめんなよ!」
の一文で腹筋崩壊しましたwwww

…そういや、グラルギン(ランタスじゃない)について調べてたら
じぷりーさんのサイトがいつの間に消えていたのに先日気が付きました。
特許切れ後の切なさよ…(切ないのか
Commented by えふだ at 2016-12-30 23:03 x
この間薬局でナンピンスプレーじゃなかったナシビンスプレーを買ったところ第1類から第2類に格下げになっていました。戦略的にナンピンを仕掛ける投資家が増えてきたので以前ほどタブー視されなくなったからでしょうか(違
Commented by hayanoya at 2016-12-31 12:31
>えふださん
逆選択という概念を教えていただきありがとうございました。低リスク群が
高額の保険料を賄う事こそが保険の基本なのですね…小野薬品は2年毎の
薬価改正直後にオーファンから一般医療薬に適用拡大したのが今回の高額薬
バッシングに繋がったと思います。薬価を切り下げる術を持たなかった厚労省も
それを利用した小野もどちらも叩かれるべきでしょう。
ベンチャー買収は既に世界的規模で広がってますね。日本では治験が面倒な上に
自由価格を付けられないので、莫大な研究費が必要な創薬系は育ちづらいかも。
医療ツーリズムはもっと真剣に考えていいかもですが言語の壁がなぁ…コメディ
カルにも英語・中国語の教育が必要になってくると供給不足…やはり移民か(汗 
鼻炎系のOTCはこの秋に2類に移行しております。アレグラがその辺のドラッグで
買えるよ!あとはロキソニンもオナシャス。
今年一年のV字円安のおかげでナンピンも完全に容認傾向です。ありがトランプ。
でも売りナンピンはしないw 調子に乗って東芝を買いたい大発会(やめろ

>せあら(遺伝子組換え)さん
AGは露骨に先発の売上を食い荒らしますから…先発メーカーとしては諸刃の剣。
ジェネが結構前に出たパキシルですが、いまだに同じ精神科薬のラミクタールの
売上を上回ってるそうです。みくの下克上ならず。ぱろ輝くんが2012年に発売
されてたら確かに他のジェネを圧倒してたでしょうが、多分現状のぱきるの利益
には及ばないでしょう。流石GSKと言いたいが売れてるならちゃんと冊子作れ。
自分は手書きブログという存在すら知らなかった情弱です。iPadProを買えば
お絵かきも捗るのではと思いつつ高いので手が出ない…
来年こそは…月イチ更新を…かゆ…うま
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.