トップ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
タグ
最新のコメント
> えふださん ガチ宗..
by hayanoya at 11:36
モルモン教のことです。カ..
by えふだ at 21:06
>えふださん カフェイ..
by hayanoya at 18:47
お久しぶりでございます。..
by 名無し伍長 at 20:33
コンサータだめな宗教って..
by えふだ at 21:45
> ひよっこP科医さん ..
by hayanoya at 00:53
> うさぬゅーみさん ..
by hayanoya at 23:51
ご無沙汰しております、フ..
by ひよっこP科医 at 09:49
放置された腹筋ローラーが..
by うさぬゅーみ at 02:33
はい!ウォーキング始めま..
by ちぇりーぷらむ at 16:22
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



向精神薬擬人化その4:デパス
f0133373_17453287.jpg一般名エチゾラム。
規格は0.5mgと1.0mg。あと細粒。

愛称は「でぱ子」。
福岡県は吉富町出身の、バリバリの日本人。
ネイティブに博多弁をしゃべると思われるが、
私がしゃべれないので標準語を使わせてます。
好きな物はめんたい味のうまい棒。

デパスの箱が体操服のデザインに見えるので
体操服を着せてます。

性格はおっとり型で天然。
かなり後期に開発された薬なので
抗不安薬クラスの中では新入生扱い。


そのポテンシャルはクラスの中でもトップクラスにあるが、
力の加減を知らないので、安らぎの魔法や鎮痛の魔法を
使おうとして、眠らせてしまうことも多々あり。
担任の先生泣かせである。

いっそ睡眠薬クラスに編入すべきでは?との声も多数上がっているが、
彼女を猫かわいがりしている吉富じいちゃんが
「この子の才能をつぶすな!」と一喝し、
クラスを変わることなく現在に至っている。

姉に「りーぜ」がいる。姉妹仲は良好。




…というのがデパスの日本における立ち位置です(分かんねぇよ)

とにかく日本では人気のある薬。毎年年間110億円以上を
確実に売り上げており、抗不安薬のトップシェアを占めております。

何故こうも売れるのか。まあ良く効く薬だからと言うのもありますが、
適応範囲が広いのと、処方日数制限が無いと言うのが大きいと思います。

神経症・うつ・統合失調症・睡眠障害・心身症・頭痛・肩こりなど
広範囲における適応を取得しております。
これは、病名がないと保険審査が通らない日本医療において、
極めて重要なことです。とにかく医師的に使いやすいのです。

精神医療にあまり通じていない内科や整形、消化器科などでも、
「それでもデパスなら…デパスなら何とかしてくれる…!」
との思いで、とりあえず処方されるわけです。

また、欧米で販売しなかった(できなかった?)ため、
世界的には全く無名ですが、これにより米国の向精神薬販売規制
(DEAのドラッグ・スケジュール規制)から逃れ、
米国追従の日本でも向精神薬の規制を受けませんでした。

デパスのダウナー性を考えると、欧米で販売すれば必ずや
乱用問題が起こったでしょう。事実日本でも起こってますし。
そうなれば米国で規制→日本で規制のコンボにはまり、
今ほど気楽にデパスを使えなかったと思います。吉富の英断?

向精神薬の規制が無いと言うことは、処方日数に制限が無いと言うことです。
通常、乱用防止のため抗不安薬の日数は30日までしか処方できません。

内科では一回の処方箋で2ヶ月分薬を出すこともザラです。
なのに抗不安薬や睡眠薬をもらうためだけに
また2ヶ月以内に受診しなければならない。

デパスに日数制限が無いことが有利なのは明白です。
乱用防止の観点からすれば、良くない事とは思いますけれどね…。

というわけでデパスは日本の保険医療にベストマッチした抗不安薬であり、
保険医療制度が覆らない限りは、この地位が揺らぐことはないでしょう。

個人的にも嫌いじゃないんですが、注意力が非常に散漫になるので
仕事には向きません。車の運転前は絶対に飲まない方がいいです(経験有)
[PR]
by haya by hayanoya | 2007-03-31 17:48 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(21)
        TOPに戻る▲
        
Commented by 軍医中尉 at 2008-01-03 18:50 x
楽しく拝見しました。うちの院内薬局の女のコ達にも教えてあげよっかな^^。
デパスは、デパ子ちゃん・・ですかwデパガみたいですが、0.5mg錠で6tabまで一回に服用できるので、マイスリーとか普通のベンゾジアゼピン骨格を持った睡眠薬では不眠を訴える患者さんにはよく使っています。極量まで使うことは専門家ではないのであまりしませんが(外科崩れのリハ科医なもんで;;)、よく眠れるという満足感が得られれば漸減がしやすく患者にもそれが目に見えるので達成感があり、心理的にもとても有用だという印象です。あとに控えるのは、自分の処方では、ちょっとだけ構造が違うゾピクロンです。意外と効きます。それ以上抵抗するようなら・・プシコ紹介でしょうか・・馬に食わせるほど(失礼)の処方は経験(と度胸)なしには怖くてできませんw。
Commented by hayanoya at 2008-01-03 23:40
すわ!現役のお医者様から怒濤のレスが!
臨床現場での貴重なご意見、誠にありがとうございます。
おおいに参考にさせていただきます!

そういや、デパスは不眠の極量が3mgまでと大きいのもウリですね。
ウチでは睡眠薬の補助みたいに使用されますが、これだけでも十分
効果的かと思われます。
あと、肩こり薬としてしょっちゅうテルネリンとセットで使われますが、
効くんでしょうかね、この組み合わせ…?
Commented by 軍医中尉 at 2008-01-04 05:12 x
現役・・というよりロートルといったほうがよい年齢かもですが;;
肩こりは急性期でなければ、自分はAKA(関節運動学的アプローチ、まマッサージの親戚かも)を併用してテルネりんとかりんラキサーとかあまり得体のしれないクスリの長期投与はしておりません。つまり、効かないのではないか・・と、ヒソヒソ^^
Commented by hayanoya at 2008-01-04 20:11
う…やはり効かな…ゲフンゲフン。

こちらでは内科医も整形外科医も歯科医も大好きです。テルネリンとミオナール(^_^;)
Commented by かめお at 2009-06-20 14:46 x
でぱ子は、肩こりと手の震えで処方を受けています。0.5mg/1Tdです。必要時以外使っていません。私自身、不安は感じない変な患者ですが、肩こりへのでぱ子の恩恵は受けています。テルネリンは効いた気がしない。

吉富はいい会社だったのに、さびしくなりましたね。
Commented by hayanoya at 2009-06-23 13:54
私はあまり肩が凝ったこと無いので、それ目的で飲むことは無いですね…。
デパス1mgで事故りかけて以来、日中の服用はしないようにしてます(汗

せっかく吉富を吸収した田辺も、ここ最近は全然パッとしないですねぇ。
というよりは業界全般がパッとしないんですが。
元気なのはグラクソだけかも。
Commented by かめお at 2009-06-23 22:08 x
話が飛ぶのですが、グラクソといえばイミグラン点鼻液と皮下注のお世話になっています。特に、自己注射器による注射は看護婦さんより痛いけど、どうしようもない頭痛を5分で緩和させてくれる優れものです。3割負担で1回1000円が2セット1梱包。高けー。

あとは、季節性インフルエンザでAソ連がタミちゃんの耐性を獲得したので、リレンザが切り札になってしまいましたね。ブタインフルエンザには幸いタミちゃんも効くけど。
Commented by hayanoya at 2009-06-24 16:15
抗ガン薬にまで手を出してきましたね>GSK

新発売が多すぎてMRの手が回らないという異常事態が発生してます。
その何分の1かでも国内企業に分けてくれたら…(泣
Commented by tomo at 2010-06-08 11:10 x
キャラもわかりやすいデザインで、
すごく詳しく解説がついていて、勉強になります。ありがとうございます。
Commented by hayanoya at 2010-06-08 15:25
こちらこそ、読んでいただいて有り難うございます。
実際に薬を飲む際に全く役に立たないのがここのウリでございます(笑
Commented by hogehoge at 2010-06-09 02:17 x
ちょっとまったーー(古
ここのサイトや個人誌のウリは萌えと実務の両立です。
精神保健福祉士(女性オタク)が欲しいといったほどです。
私自身病気や薬の理解にどれほど助けられたことか。
医師でこっそり読んでる人も多いのでは?
秀逸すぎますです。はい。
Commented by こういちろう at 2010-06-09 22:58 x
>hogehogeさん
まったく同意でございます。鮠乃屋さんの本ほど、「専門教育機関は
出てないけど、薬やその周辺の知識が欲しい。でも、そのへんの本屋
で手に入る本は情報少なすぎるし、かといって専門書は高すぎるし、
買ったとしても1ページでTKO」という人種にはありがたすぎる存在
はありません(ヨイショでもなんでもなく)。また、この本のおかげで
これまではTKOされていた専門書に対しても「あれ?なんか書いてある
ことが解読できるようになってきた気がする」ということもしばしば
あります。
そういう「つながれなければならないミッシングリンク」をつないで
くれる貴重な本なんですよね。「シロートが薬の知識を付け焼き刃
で持つなんておこがましい」などという権威主義的な考えはもう
古いのですよ(生兵法は大けがの元ですけどね)。
「ちびまる向ちゃん」シリーズが出揃い、1冊にまとまったとしたら
患者~患者を支える家族~コメディカル向けの向精神薬教本に充分
なり得ると思いますよ。
Commented by hayanoya at 2010-06-10 16:10
>hogehogeさん
>こういちろうさん

有り難いお言葉を頂き感激しております(T_T)
私が薬の解説を書くのはあくまで擬人化薬たちの設定背景を知って
欲しいためだったりするので、そちらの方で評価されているのは
ちょっと意外だったりします。これも「薬ミシュラン」的な、薬に関する
雑学本が日本に少なすぎるせいなので、もっと他の薬剤師連中も
積極的に同人誌を作るべきだと思います!暴露本とか(えー
Commented by こういちろう at 2010-06-10 22:46 x
いや、擬人化の部分も不可分一体ですってば。やっぱりどれも似た
ようなPTP入り錠剤と覚えにくい名前だけでは覚えようとしても
覚えられないです。ちゃんとその薬の性格が反映された擬人化キャラ
の形でビジュアル&イメージとして印象づけられることでどれだけ
早く覚えられることか。少なくともちびまる向ちゃんたちの名前と
薬としての分類、長所、短所、全部頭に入ってますよ。逆に、
ちびまる向ちゃんになっていないメンドン、ハイロング、レスミット、
ユーロジン、ソメリンあたりはまるっきりどれがどれやら、何が
何やら…。
もちろん、擬人化キャラのマンガの方も楽しませていただいて
ますよ。それも実は解説を読んでキャラの背景を把握してからだと
数倍面白くなるので、やっぱりマンガパート+解説パートが交互に
対になってる形式は大正解だと思うんですね。
おそらくこの形式を踏襲することはhayaさんも許してくださると
思うので、我と思わん絵が描ける薬剤師はすぐペンをとれ!描け!
…いや、描いてください。ね?
Commented by hayanoya at 2010-06-14 13:49
個人的には抗生物質と漢方薬を希望します!(誰にだ)

…ていうかもう擬人化本でなくても良いので、薬剤師的に
この薬がスキだーっ!というパッションを同人誌に綴って欲しいです。
Commented by せあら(遺伝子組換え) at 2016-09-18 09:47 x
最近でぱ子がマル向指定されると聞いて驚いてしまいました。
今後のでぱ子の立ち位置が気になります(そこか
同時にあも姐もマル向指定になるみたいですが、
ドS化したほうは指定を逃れたのも気になります(そこか

やはり乱用の問題があったからでしょうか…
Commented by hayanoya at 2016-10-24 02:25
とりあえずでぱ子関連の記事をアップしました(遅いよ

デパス規制の原因として乱用が挙げられているのは確かですが、アモバンは
どう考えても乱用とは無縁だしマル向になってもロヒやハルは乱用ランク上位だし
結局個人輸入を潰したかっただけなんじゃないかと思います。
アモバンは日医工で、ルネスタはエーザイです。後は分かるな?(政治
Commented by 秘密 at 2016-10-28 09:20 x
メッチャ可愛いw
癒されましたw
Commented by hayanoya at 2016-10-31 00:35
秘密さん、コメントありがとうございます。
もう10年前の絵なのにこの頃から画力が上がってないという衝撃の事実。
デパスを超える抗不安薬を待っていましたがついぞ現れませんでしたね…。
Commented by せあら(遺伝子組換え) at 2016-12-30 21:11 x
なるほど脱法シスター…(嗚呼政治力…

でぱ子新コス?かわいいですね!
確かにシェアは落ちそうな気が…。

Commented by hayanoya at 2016-12-31 12:40
新コスというか授賞式(授証式?)用服装というか…
でぱ子はタナベの結構な売上に貢献していると思います。
ジェネリック部門は軒並み爆死してるしなぁ…タリオンODなんてキワモノを
作るくらいならグッドミンOD作ってくれ。
そのタリオンは来年7月にAG予定。これは即採用しますよ(ニッコリ
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.