トップ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
タグ
最新のコメント
ご無沙汰してます、本業に..
by 烏羽玉 at 18:50
某かまってちゃん国家が核..
by えふだ at 22:04
関西組は本日20分遅れ(..
by クランベーザ at 03:14
デパスは健気系幼馴染でひ..
by クランベーザ at 02:08
>モリとかカケ 森友学..
by えふだ at 21:50
私もある本(多分別の本)..
by うさぬゅーみ at 03:09
TVはリアルタイムで見な..
by hayanoya at 22:40
>えふださん 読み通り..
by hayanoya at 22:35
更新お疲れ様です。 ざ..
by ひとまず at 08:50
半年だそうです。 木曜..
by クランベーザ at 03:48
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



向精神薬擬人化その7:レンドルミン
f0133373_2325594.jpgまたその7に戻ります。

一般名ブロチゾラム。
規格は0.25mgのみ。

眠剤で現在、唯一
口腔内崩壊錠(D錠)の規格を持つ。

愛称は「るみ」。
レンドルミン擬人化のコンセプトは
水商売のお姉ちゃんです。
数少ないお色気担当キャラ。倉科遼原作。
睡眠薬なのでネグリジェです。Yeah!
指に挟んでいるのは
近藤さん…では無論ありませんw

一人娘であったためべーリンガーパパに蝶よ花よと育てられる。
器量も良かったのでべたべたに甘やかされて育った結果、
「世渡りの基本は顔である」という哲学を得るに至る。

極度のファザコンで、着ている服は全てべーリンガーパパに
買ってもらったもの。同世代の少女との会話が少なく、
年上との会話を好むのも、父親の影響が強い。

眠剤としての才能は並であるが、媚びと甘えの巧みさで
教授陣を骨抜きにしているため、成績は常に上位。
だがベタベタしているように見えて、彼らに心を開いてはいない。
彼女が本当の心を見せるのは父親の前だけである。

こんな性格のため当然、クラスの他の連中とは仲が悪い。
比較的気楽に話せる友人はしおん位である。

更に、リスミーのりすみをしょっちゅういじめている。
でも、りすみもわりと好んで地雷を踏むタイプなので、
この二人は意外と馬が合っているのかもしれない。

理由はよく分からないが、何故か天然系のでぱ子が苦手。
また、その姉のりぃぜに理不尽な理由で追い回されるので、
抗不安薬のクラスにはなるべく近付かないようにしている。



名前の由来は就寝を意味するフランス語、l'endormirから。
何故ドイツメーカーなのにフランス語なのかは不明。
スイスで承認を受けたことと関係しているのかも。

開発はドイツの中堅メーカー、ベーリンガーインゲルハイム。
日本市場には戦後10年足らずの1955年に進出、
焼け野原の昭和30年代に腹痛の薬ブスコパンを売り続け、
以後50年来の付き合いである超親日メーカーです。

ベーリンガーのベンゾジアゼピンは、後にも先にこれっきり。
しかも単なるベンゾジアゼピンではなく、
チエノジアゼピンと呼ばれる硫黄配合の新骨格です。

ベンゾジアゼピン環にトリアゾロ環を引っ付ければ抗不安効果が
高まり、より強力な眠剤になることは、武田薬品とアップジョンに
よって既に証明されていました。

日本の吉富製薬はさらに強力なベンゾジアゼピンを模索した結果、
ベンゾジアゼピンのベンゼン骨格をチオフェン骨格に
変更した「チエノジアゼピン」を発見しました。
これに更にトリアゾロ環を引っ付け、より強力にしたのがデパスです。

こうして1978年にはリーゼ、83年にはデパスと、日本を代表する
抗不安薬を完成させ、「チエノジアゼピンの吉富」の名を
不動の物としました。

ところが、リーゼやデパスの類縁物質に、嵐のように特許を
取りまくったにもかかわらず、デパスのエチル基を臭素に変えた
物質「ブロチゾラム」類は、特許を取り忘れていました。

ベーリンガーはこれに目をつけ、「チエノトリアゾロジアゼピン系」
というチエノジアゼピンを言い換えただけの系の名前を付けて
「レンドルミン」として発売しました。

結局これが大ヒットしたわけですが、吉富製薬はレンドルミンの
基礎骨格を開発したにも関わらず、レンドルミンに関する権利を
一切持っていません。実に勿体ないことです。

吉富はリスパダールに先駆けてクレミンというSDAを開発したのに、
SDAとして宣伝しなかったため、世界的に無名のままになった等、
開発力は高いが商売下手なイメージがあります。
もともと九州にあった武田の子会社だしなぁ…。無理もないですが。

だから合併しまくったのかしら?
今度また田辺と合併して社名変わるっぽいですね。

…話が脱線したので元に戻しましょう。
ともかく、レンドルミンは1985年にドイツでデビューし、
1988年には日本に上陸。ハルシオンに遅れること5年です。

当時、不眠症の通院患者に使えるまともな眠剤はハルシオン位
しかありませんでした。ベゲタミンやフェノバールはきつすぎるし、
ベンザリンやユーロジンは切れ味が悪く翌日に障ります。

ハルシオンでは眠りが浅いし、ユーロジンでは寝付けない。
そんな隙間を埋められ、かつ副作用のほとんど出ない
レンドルミンは実に市場のニーズにあった薬でした。

91年になり、ハルシオンの乱用が問題になると、レンドルミンは
一気に売り上げを伸ばし、日本の睡眠薬市場の3割を占め、
トップシェアに躍り出ます。その後、マイスリーが出るまでの
約10年間、睡眠薬の王座に君臨したのです。

レンドルミンの特徴の一つに、睡眠リズムへの影響が少ないことが
挙げられます。よく比較されるハルシオンは、ノンレム睡眠の
睡眠ステージ(S1~S4)のうち、S2(浅い眠り)を増加させることが
知られています。一見、眠りの質が悪くなりそうな気がしますが、
眠剤併用時のS2増加はむしろ睡眠深度の増大に寄与しているという
報告もあるため、一概に悪いことではないようです。

ところが、レンドルミンはノンレム睡眠のリズムにほとんど
影響しません。メーカーはこれを「自然に近い眠り」と宣伝して
います。確かに自然に近いでしょうが、不眠を訴える人々は既に
睡眠リズムが狂っていることが多く、結果として「レンドルミンは
効かない薬」とのレッテルを貼られやすい状態になってます。

ただ、医師にとっては副作用の少ない薬の方がありがたいのも事実
です。レンドルミンはハルシオンのように記憶や認知の障害を
引き起こすことがほとんど無い、極めて安全性の高い薬だったので、
91年のハルシオンショック(ハルシオンの項参照)にびっくりした
眠剤に詳しくない内科医は、一斉にハルシオンをやめてレンドルミン
に切り替えました。
以後、睡眠薬の第一選択として、長いこと親しまれてきました。

しかし、まともな眠剤を期待する声は多かったと見えて、
2000年にデビューしたマイスリーはレンドルミンを猛追し、
わずか5年で売り上げに並びます。将来的には逆転されるでしょう。

危機感を覚えた(かどうか知らないが)日本べーリンガーは、
2002年に、水無しで飲める口腔内崩壊錠「レンドルミンD」を
発表します。外資系の企業が日本市場の変化に対応して新薬を
出すことは珍しく、べーリンガーがいかに日本を重視して
いるかを見て取れます。

まぁD錠とはいっても主成分は同じなので、ふつうの
レンドルミンをかみ砕いて飲み込んでも効果は同じです。
乳糖のせいでほのかに甘み。上品なお味です。

ちなみにお口で溶ける睡眠薬は今のところレンドルミンDだけ。
寝る前にわざわざコップで水を飲む手間を考えると、
睡眠薬こそ口腔内崩壊錠が相応しいと思うのは私だけでないはず。
アムロジンやフリバスなんかどうでもいいんだよ。

まぁそのうちマイスリーもD錠が出るでしょうから、この
アドバンテージもそう続かないとは思いますが、
なんだかんだ言って無害な眠剤であることを20年間
証明し続けているレンドルミンは、
患者の「効かねー」「騙された」といった
怨嗟の声を浴びつつ今後もしたたかに生き残るでしょう。

まさに一夜限りの甘~いお相手。朝が来たらば他人です。
そんなところが水商売っぽいですよね!(前振り長杉)
[PR]
by haya by hayanoya | 2007-04-18 23:28 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(13)
        TOPに戻る▲
        
Commented by 軍医中尉 at 2008-01-04 07:46 x
うまいっ!そのとーりですねww
ほんとに効かねぇ;;自分は嫌いなクスリのひとつです。これならリスミーのほうがましかも・・ベーリンガー=インゲルハイムはいろいろと世話になってるメーカーなんですけどね。やはりウォータービジネスとして相手してもらうよりシロートさんとしんねり、むっつりのほうが・・なにゆうとんねん、わし^^;
Commented by hayanoya at 2008-01-04 21:16
ベーリンガーの薬は、ふと気がつくとほとんどの品目を採用させられてたりする、
実に侮れないメーカーです(笑)日本市場のリサーチが上手いんでしょうね。
外資系の中では一番馴染んでるかも。
そして私は表面上だけでも夢を見せてくれるならばプロの方が…(騙され体質)
Commented by 軍医中尉 at 2008-01-05 07:47 x
そもそも銀塩フィルム、印刷インクも含めてクスリはドイツ。アメリカ製薬工業の隆盛もドイツの混乱があったればこその観があります。
もともと気質が合うのかドイツ人は実によく日本市場をリサーチしているようです。愛があるというのか・・
たとえば自家用車・・BMerやダイムラー、VW-Audiグループとフランス、英国、米車の日本市場でのパフォーマンスの差を見れば一目瞭然でしょう。植民地獲得競争に出遅れ、暗い、野暮ったいと埼玉県のような扱いをEUの中で受け続けたDeutzelandはNAZISというかたちで切れまくるわけですが、国際社会で同じような新興国であった日本に親近感があったのでしょうか?
Commented by hayanoya at 2008-01-06 01:37
世界大戦における二度の敗戦がなければ、ファイザーもメルクも
ドイツで発展した可能性があり、世界一の医薬品大国になったでしょうね。
もっともその世界はこちらほど親日的ではない気がしますが…。

理論重視のドイツと、体系的な理論がなければ開発がままならない
化学工業というのは相性がいいのでしょうね。
戦前戦後の国際的な立ち位置は似てますが、製薬企業の格から言えば日本は
ドイツに及びもつきません。福祉の充実度も含めて、色々見習うところの
多い国ですね。
Commented by 軍医中尉 at 2008-01-06 03:34 x
たしかに、ヒットラーが勝利していたら黄色人種はアーリア人の純血を汚すものとしてユダヤの次の標的になったかもしれません。ひとりひとりは気のいいオッサンでも、ドイツ人は方法論に極めて忠実な民ですから原則が固まればそのようにわきめもふらず実行してしまうのですね。その意味で優れて職人(マイスター)の国。悪いのは誤った方針を立てたヒットラーで軍隊は極めて優秀・・ロンメルの人気を見よw・・だから、今度はうまくやろうな、日本人よ、というわけか(・・;
Commented by 軍医中尉 at 2008-01-06 03:40 x
しかし、住んでみるといいことばかりではなさそうです。自分は滞独経験などないのですが、基本的に田舎というか相互監視が行き届いているらしいです。モノの本によると突然見知らぬ人がドアを叩いて、窓が汚れているから拭きなさい、とか雪かきをしなさいとかいってくるそうです。そういう地域連携が福祉の基礎ともなっているんだとは思いますが、さて・・
Commented by hayanoya at 2008-01-07 01:00
むぅ、さすが壊れたカーナビに忠実に従って山林に突っ込む人々だ(笑)
システムを作り、それに従うことを美徳とするのでしょうね。
ナチスも国家社会主義を標榜し、それが絶賛されたわけですから。

相互監視は息苦しいですが、そういうストイックな人々には似合っています。私にはムリですが(笑)
…まぁキレる大人やモンスターペアレンツが問題化しているのは、
こういった「隣組」のシステムが破綻していることも一原因ではあると思います。
ただでさえ「神様」を持たない日本人が「世間様」まで失うとねぇ…。
Commented by 軍医中尉 at 2008-01-10 12:43 x
相互監視の負の面がアンネ・フランクなのでしょうね。
壊れたナビで思い出しましたが、ドイツ人の交通事故死者の墓碑銘に’Ich hatte die Vorfahrt!’(自分に優先通行権があった)と刻まれているという冗談/逸話?があります。さもありなんww ちなみにNazional Sozialistische Partei(うろおぼえ;)=NAZISですね。
Commented by hayanoya at 2008-01-10 22:44
国家社会主義ドイツ労働者党という名前自体は、右すぎず左すぎず、
ドイツ労働者のための党派という感じで良い名称だと思います。
少なくとも自民党と民主党のように「何が違うの?」と突っ込まれるよりはるかにマシ。
でもナチの臭いが染みついたこの名称を使う党は今後出てこないでしょう。勿体ないですね。
Commented by しゃけ at 2010-04-05 14:36 x
一夜といわず、毎晩お世話になっていたるみもラムネになってしまい、ことみ(コントミン)にチェンジとなりました。
9時間の睡眠時間枠で実質眠れていたのは舞の効いてる2・3時間だけ。
さようなら、るみ。
Commented by hayanoya at 2010-04-06 21:46
ベンゾジは基本頓服ですから…。
しばらく間隔を開けて飲んだらまた効くようになるかも?
薬も女も、のめり込みすぎないことが肝要です(謎
Commented by まねき猫 at 2011-01-25 20:19 x
先週から下○で体力を消耗して舞+あも姐コンビ無しの3晩を過ごしました(消耗すれば眠れる事が実証できましたが…。中高年にはハードな実験です)。有休を連続できる訳も無く、昨晩は舞だけ復活しましたが、明け方5AMには目覚めてしまいました。下○の完治しない弱兵にあも姐の「キリキリ眠れ」との号令は辛過ぎるので、急遽、主治医に泣きつき「るみ」の復活です。D錠をお願いすれば、もっと落差を楽しめたのでしょうが、慌ててたので、普通錠(というのでしょうか?)を、ありがたく頂いて帰宅しました。「るみ」で眠れれば、次回の通院でD錠へ、眠れなければあも姐の復活で、といずれにしても短いお付き合いが「るみ」らしいです。
Commented by hayanoya at 2011-01-26 13:30
まねき猫さん、コメント有り難うございます。

ノロわれましたね。私も先々週ノロわれて、ほぼ死にかけました。
寝てても便意が襲ってくるので2時間と連続で寝られず…。
翌朝速攻でビオフェルミンとロペミン飲みました。こういうとき薬局勤めは
便利ですね。

眠剤一苦い薬から眠剤一甘い薬に変更というのは、その逆よりはいいと
思います…。るみは効かないという評判をあまりに聞かされ続けたので、
私が飲んだ記憶はほとんど無いです。今飲むと「意外と効くやん」とか
思ってしまうかもしれません。まぁ普段から眠剤飲んでないので何でも
効くのかもしれませんが…。
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.