トップ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
タグ
最新のコメント
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



フィブレート製剤による体内時計の制御
独立行政法人 産業技術総合研究所
【理事長 吉川 弘之】(以下「産総研」という)
生物機能工学研究部門【研究部門長 巌倉 正寛】
生物時計研究グループ石田 直理雄 研究グループ長、
大石 勝隆 主任研究員は、
筑波大学大学院 白井 秀徳 氏、
早稲田大学 理工学術院 柴田 重信 教授らとともに、
高脂血症治療薬であるフィブレートによって
体内時計の調節が可能であることを発見した。


思わぬ所から、なにやら新しい睡眠薬開発の香りが。

PPAR(peroxisome proliferator-activated receptor:
ペルオキシゾーム増殖剤応答性受容体)とは、細胞核内受容体の一つで、
いくつかの種類がありますが、その機能はあまり詳しく分かっていません。

PPARを刺激すると、タンパク質の合成が活発化し、ペルオキシゾーム
という細胞内小器官がどんどん作られてゆきます。ペルオキシゾームは、
生体内の様々な酸化反応に関与していると言われています。
特にPPAR-α受容体を刺激すると脂肪酸を酸化分解する方向に働き、
PPAR-γ受容体を刺激するとグルコースを細胞内に取り込む方向に働きます。

このPPAR-αの働きに注目して作られた薬物がフィブレート類です。
フィブレート類は、メバロチン等のHMG-CoA還元酵素阻害薬とともに、
高脂血症の代表的な治療薬です。ベザトールSRやリピディルが有名です。
主に中性脂肪を減らす薬物として使われています。

体内時計にはCLOCK遺伝子とBMAL1遺伝子の二つが大きく関わっており、
BMAL1の量は24時間周期でリセットされ、時計の役割を果たしています。
(BMAL1が減少すると覚醒の方向に働く)

今回の話を聞く限り、PPAR-αは血漿中の脂肪酸を分解すると共に、
BMAL1を増やす方向に働くのではないか、という気がします。

でも、ベザトールSRを飲んで概日リズム睡眠障害が改善された、なんて話を
私は聞いたことがないです。現在流通しているフィブレート製剤は
脳への移行性がかなり悪いと思います。高脂血症薬なので当たり前ですが。

より中枢選択的に働くフィブレート類が開発されたら、ひょっとしたら
メラトニン受容体刺激薬に並ぶ、新しい睡眠薬の候補になるかもしれませんね。
[PR]
by haya by hayanoya | 2007-05-03 17:00 | クスリあれこれ | Comments(0)
        TOPに戻る▲
        
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.