トップ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
タグ
最新のコメント
重複?コメがあったのでひ..
by hayanoya at 01:21
おひさしぶりでございます..
by hanjuku at 01:22
闘魂事務員さん、コメント..
by hayanoya at 22:30
hayanoya様 ..
by 闘魂事務員 at 16:55
名も無き通りすがりさん、..
by hayanoya at 02:24
hayanoya様 は..
by 名も無き通りすがり at 15:10
>Nurikabeさん ..
by hayanoya at 14:26
最初気がつかなかったんで..
by うさぬゅーみ at 03:10
な、な、なんですとー ..
by Nurikabe at 00:10
>うさぬゆーみさん 9..
by hayanoya at 19:42
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



向精神薬擬人化その9:マイスリー
f0133373_9331568.jpg
一般名、酒石酸ゾルピデム。
規格は5mgおよび10mg。
愛称は「舞」。

世界で最も売れている睡眠薬なので、
世界的アイドルという設定です。

もともと睡眠薬シリーズは全員寝巻きを
着せておこうというコンセプトだったため、
舞も「はだT」になってしまっています。
いちおうTシャツのデザインはマイスリーの
パッケージから起こしてあります。

あも姐あたりから寝巻きの原則も崩れたので、今にして思えば
アイドル服を着せておいた方がよかったかもしれません。
でもまぁこれはこれでアリかと。
描くのラクだし。

マイスリーの広告には、必ず顔の描かれた枕を
並べたイラストが書かれています。

睡眠薬の広告で、ここまで枕を全面的に押し出した事に、
「睡眠導入剤のゴールデンスタンダード」としての
プライドが現れていると思います。

従って、舞のトレードマークにもデカ枕を付けました。
サンテラボ研の博士たちが、舞を学園に入園させる際
寂しくないように…とプレゼントした代物です。

他の眠剤達のような抗不安作用を持たず、精神的に幼い舞は、
このお気に入りの枕がないと眠れないのです…
というベタな設定にしておきます。睡眠薬が眠れないなんてイミフw

超短時間型睡眠薬という性質上、睡眠薬クラスに編入されて
いますが、構造式の上ではいみだぞぴり人という種類で、
みんなと同じべんぞ人ではありません。それなのに学園入園前から
教授陣や被験者たちからちやほやされまくっていたため、
上級生たちから嫉妬の目で見られています。

これにより、積極的に舞に話しかける者もおらず、
舞もまたアイドル活動で忙しくてクラスに馴染めず、
結果としてクラス内で浮いた存在になってしまいました。

いつも一人で寂しく帰っている舞を見るに見かね、
クラスの風紀委員であり、舞の義理の姉であるあも姐が
面倒を見ることになりました。

あも姐はいつも舞の人気に対する当て馬的扱いを
強いられており、正直舞が大嫌いでした。
でも、あも姐の実家が舞の実家と寄り合い所帯になってしまい、
戸籍の上では、舞が妹になってしまったのです。

最初は嫌々ながらだったのですが、
無邪気にはしゃぐ舞を見ている内に情が移り、
今では実の姉妹のように仲がよいです。

今でも、クラス内の舞の立場はあまり変わっていませんが、
あも姐のお陰で、昔よりずっと明るい表情をするようになりました。
よかったね。

…はい、キモい脳内設定はこのくらいにしておきます。



ベンゾジアゼピン系がベンゾジアゼピン受容体に作用して効果を
示すことは、かなり前から分かっていましたが、
実際にベンゾジアゼピン受容体が同定されたのは1977年でした。
ちょうど、チエノジアゼピン系のリーゼが販売された頃です。

80年代初頭に、この受容体はベンゾジアゼピン以外の物質も
結合でき、しかもベンゾジアゼピンの時とは違う挙動を示す
事が分かると、一斉にポスト・ベンゾジアゼピンを探す
動きが各社で出始めました。

サンテラボ社はその中で、イミダゾール環にフェニル基と
アミド鎖が引っ付いた構造に着目しました。
それに関連する膨大な化合物を調べていった結果、
イミダゾピリジンアセタミド類に強い催眠活性があることが
判明し、その中で最も強い活性を示したのがゾルピデムでした。

ゾルピデムは非常に体内への吸収が早く、また急速に代謝され、
かつその代謝物に催眠活性が無いことが分かり、
新しい催眠導入剤として非常に期待の持てる化合物でした。

更に、ベンゾジアゼピン受容体への結合性に対しても、
ベンゾジアゼピン類とは異なった性質を示すことが分かりました。
すなわち、ω(オメガ)1受容体への選択性です。

ヒト脳のベンゾジアゼピン受容体はその構造上、ω1とω2の二つに
大別されます。ω1受容体は小脳や黒質に多く分布し、鎮静や
運動停止を司ります。ω2受容体は海馬や脊髄に多く分布し、
抗不安効果や筋弛緩作用に関わっていると言われています。

ゾルピデムはω1への作用がω2に対してかなり強いことが示されて
います。ラットにおけるω1/ω2結合比はゾピクロン(アモバン)4、
トリアゾラム(ハルシオン)3に対し、ゾルピデムでは11と、
3倍近い選択性を示しています。

他にω1への選択性が高い物質として、クアゼパム(ドラール)が
知られていますが、クアゼパムはヒトにおける代謝の過程で、
ω1選択性を失った物質が出てくることが知られており、
医薬品として、ω1受容体選択的刺激薬とは言えません。

ω1に選択性を持たせたことで、ゾルピデムはベンゾジアゼピン類
とは全く別種の薬になりました。従来のハルシオンやデパス等は、
日中に使用すれば抗不安薬として働きます。これらの薬が
ω2受容体も刺激するので、抗不安作用を示すためです。

しかし、ゾルピデムは抗不安作用を持ちません。完全に睡眠専用
の薬なのです。同時に筋弛緩作用も無くなり、脱力感やふらつき
といった副作用もほとんど消えています。抗不安薬と睡眠薬の
境界が曖昧だったベンゾジアゼピンには存在しなかった特徴です。

1988年に、ゾルピデムはフランスでデビューしましたが、
その後瞬く間に世界中を席巻しました。その前年度にアモバンが
デビューしたときもかなり騒がれましたが、ゾルピデムは
それを上回りました。特にアモバンが販売されなかった米国で
急速に売り上げを伸ばし、米国睡眠薬市場の8割をさらう
メガヒット商品となったのです。

無論、日本への導入も非常に期待されていました。ところが、
抗不安作用を持たないことが弱点となり、1993年に行われた
神経症と心身症患者を対象とした二重盲検比較試験で、
ハルシオンに対して同等性を示すことが出来ませんでした。
このためゾルピデムの日本への導入は、一時頓挫します。

しかしながら、ゾルピデムを望む研究者達の思いは強く、
2000年になって、今度はアモバンとの二重盲検比較試験が
行われました。これによってアモバンに対し何ら劣る所の
無い薬と証明され、晴れて日本で使えるようになりました。

舞が学園で過ごせるようになったのは、あも姐のお陰なのです…
いやそれはどうでもいいですが。

日本では旧藤沢薬品(現アステラス製薬)が販売を担当し、
My Sleepという言葉からマイスリーと名称が付けられました。
ちなみに米国ではアンビエン、開発元フランスではスティルノックスと
名付けられてます。マイスリーの方が響きが良くて好きです。

ただ、93年の比較試験の結果が影響し、マイスリーの適用に
「不眠症(統合失調症及び躁うつ病に伴う不眠症は除く)」
という変なコメントがついてしまいました。
このため精神科において、まことに使いにくい薬になっています。

確かに不安の大きい患者に対して効き目は弱いでしょうが、
およそ精神科の患者で、安定剤のみで治療できる事は
ほとんどありません。精神科における不安や不眠は、たいてい
何らかの脳受容体系の破綻が原因です。

どうせそういう病態はSSRIなり抗精神病薬なり、他の薬で治療する
のだから、不眠という症状を不眠にのみ効果のある薬で治療する
ことが、意味のないこととはとても思えません。
このコメントはどうも不自然な気がします。

ひょっとしたら、マイスリーの特許が切れて、各社一斉に
ジェネリック品を作り出したときに、このコメントを削除し、
「マイスリーが精神科でも使えるようになりました!」
…などと発表するのでは無かろうか。凄く嫌な予感がします。

なにせアステラスはフルボキサミン(ルボックス)の宣伝の
ためだけに「社会不安障害」という病名を日本に広め、
「社会不安障害の適応があるのはフルボキサミンだけ!」
とアピールした前科がありますしね。

ともかく、マイスリーは2007年現在、年間200億ペースで売れる、
日本でもっとも人気のある睡眠薬になっています。
世界規模で見ても、ゾルピデムは年間約2000億円を売り上げ、
世界中の医薬品の中でも36位にランクしています(2006年)。

単価の安い睡眠薬において、世界の医薬品売り上げトップ100に
入っているのはゾルピデムだけです。いかにその存在が大きいか
分かると思います。
…まぁ、ゾルピデムは薬価もえらい高いんですけどね(ボソリ)

値段の高さを除けば、個人的にもベストの睡眠薬と考えます。
…ただ、どうにも気になるのが、「異常行動」です。

マイスリー服用後、急にアクティブな行動を取り、しかもその
事を覚えていないという、まるでアルコールの酩酊状態のような
症状の報告例が、割に多いような気がします。
タミフル騒動とは違って、飛び降りたりというのは無いようですが。

筋弛緩作用が弱いので、頭は眠っていても体が起きているのでは
ないか?その状態で半端に脳機能を鎮静すると、残った脳機能で
ろくに意識のないままに動いてしまうのではないか?

はっきりしたことは言えませんが、この間米国でニュースになった
事もあり、気をつけるに越したことはないでしょう。
下手するとタミフルみたいに騒がれかねないですから。

一つ言えるのは、マイスリーを飲んだら部屋を暗くしてベッドに
入って目をつむれと言うことです。
眠剤飲んだからそのうち寝れるし、とりあえずDSの電源入れるか…
では、異常行動を起こしてくれと言っているようなものです。
せめて、眠ろうとする行為をしなければ、眠剤は助けてくれません。

舞は寂しがり屋なので、放っておかれるとろくに力が使えない…
とか考えて眠りましょう(え゛
[PR]
by haya by hayanoya | 2007-05-05 09:36 | ちびまる向ちゃんトピ | Trackback | Comments(13)
        TOPに戻る▲
        
トラックバックURL : http://hayanoya.exblog.jp/tb/5304989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Wagtail at 2007-06-07 01:24 x
hayaさん、こんばんは。
ついさっきデジレ子できました(URL参照)。 背景の処理などは考え中です。
一般的にデジレ子は抗鬱剤になってますよね?
でも抗鬱剤としてメインで使うには大量服用の必要があり、結果別の薬剤を出す方が正解。
とか解説本で斬り捨てられていたのが不憫…と言う事で、自分探ししてそうな娘に。

私はレンドルミン(グッドミンでした。これはまだ洒落を効かせようという気があるので
まだ良い名前だと思います。 ミンザインは酷過ぎですね、戦隊ものかよ!みたいな(笑)
個人的なワーストネーミングは『メデタックス』かな…愛があるからつっこむ(笑))が効かず、
別系統でとにかく眠くなるのをください(泣)とリクしたらデジレ子を紹介されました。
一時期は1錠で快眠できましたが、最近はなんか過眠に拍車が(泣)。

ブロ姐さんはレトロモダンを目指して頑張りました。
でもここだけの話中身は地雷ってことで…(笑)。

で、なぜ舞たんのとこに書くかと言うと、薬理的なお話が大変ためになったからです。
素人にも解り易く、またおかしな効果(ハイ化)に関する謎が溶けて役に立ちました!
機会があったらデジレ子の不思議な詳細についてもお聞きしてみたいです。
Commented by hayanoya at 2007-06-07 18:59
おぉ、でじこ完成ですか!(微妙に違う)
いかにも流されそうな雰囲気が素晴らしいですね。強く主張されると転ぶタイプ。私のようだ!
そうそう、シートだけはゴージャスな金色なんですよね。
自分探ししてるのに自己主張の激しいハデハデ服というアンバランスさが素晴らしい!

デジレルは世界初のSARIで、画期的な薬理作用を持つと持てはやされましたが、
ふたを開ければガッカリな治療効果しか得られませんでした。
でも副作用が少ないからよく処方されますね。

メデタックスはメイラックスのゾロですね。買ったこと無いなぁ。
めでたいのは名付けたお前らの頭だ!とメディサ新薬を罵倒したくなりますw

コラムの感想有り難うございます。私の舞への愛を感じていただけて何よりです(え゛
デジレルも含め、抗うつ薬は全て脳内でDクラスにカテゴライズしているので、
擬人化に至るのは当分先になりそうです…キャラのストックが…。
Commented by かめお at 2009-09-09 22:03 x
医師から、マイスリー枕風味のパームレストをいただきました。少し前なら模様の入ったパームレストにしか見えなかったはずでしたが、ここで知識をつけたので一発で分かりました(笑)
Commented by hayanoya at 2009-09-11 15:16
スマイリー君のパームレストですか?
それはかなり欲しいかも…アステラスにお願いしてみようかしら。
Commented by かめお at 2009-09-11 21:27 x
これで~す。かわいいですよ。MRからゲットしてください(笑)
Commented by hayanoya at 2009-09-11 21:51
これは!素晴らしい仕事サボリ用アイテム!(ヲイ

残念ながら今の薬局にはアステラス1回も来たことないんですよね。
他の店の同僚にお願いすることにします。
「スマイリー君マクラ」で通じるだろうか…。
Commented by チウ at 2010-10-10 02:06 x
ろひプノール8ミリ(八錠)飲んで三時間でかくせいしました。メーカーは違いますが、同じ成分であるらサイレースにソラナックスをがぶのみしました。九ミリです。ハルシオンは聞きません。通常、薬はふくさようで、飲み切る前にはいて、窒息でなくなる方がおおいねですが。実は1万錠の濃度を投与しないと死ねません。わたしはオランダからラボナを輸入します。世界一のミンザイです。百錠で死にます。死ぬことは辛いですが、わたしは生きることが辛いのです。薬の研究者がいうことじゃないけど…ごめんなさい。皆に安らかなねむりを
Commented by hayanoya at 2010-10-10 22:37
ラボナを100錠飲んで確実に死ねるデータは無いし、そもそも
向精神薬の輸入は犯罪です。死ぬことの可否は論じませんが、
今この薬を服用している人にとって迷惑なので、
薬に自殺の責任を被せないでください。
Commented by at 2011-07-13 20:03 x
異常行動には苦笑。
飲むと気分がよくなり(そう、それはほろ酔いにそっくり)、変にノリのよいメールを送ったり、文章を書いたり……いろいろ……しかも翌日、そのことを覚えていない。痛い思い出が幾つか。
私は、不眠暦が長く、布団に入ってから眠るまでの間が耐え切れないため、「飲んだから暗くして目を閉じる」ことができないんです。とりあえず、飲んでから他者との接触はしないと決意。ネットショッピングもしないと決意。
紙に変な文章を書いたりする程度で収まっています。
Commented by hayanoya at 2011-07-13 22:05
マイスリーを初めて飲んだときは、私も深夜に家庭用DDRで散々
踊り狂って家族に迷惑をかけまくり、なおかつ翌朝それを何一つ
覚えていないという不思議体験をした記憶があります(汗

やはり、眠剤にはある程度の筋弛緩作用が必要なのかも…幸い私は
ほとんど不眠を煩ったことがないので、えば頓用で十分です。
舞は舌下で飲めないのがネック。
Commented by 鼻水犬 at 2011-10-12 06:35 x
 マイスリーは私のように、布団に入ってから寝付くまでの時間を
なるたけ短くしたい程不安の強い奴には良い薬でした。
 心地良い酩酊感とチョークスリーパーのように鋭い睡眠作用は
私の不眠に対する理想的な打開策に思え、医師の指導の下
随分愛用していました。

 しかし、しばらくして困ったことが起きました。
初めは寝てる最中に起き出して異常行動を取り
翌朝さっぱり覚えていない程度の事だったのですが
 僕の場合は新たな人格のような物を産んでしまい
ツイッターに別人のような書き込みを何度もしたり
普段描かない様な怒った顔の絵を描いたりしていました。(しかも凄く下手)
フォロアーの皆様は理解の有る方だったので
薬で変わった人格を「妖精さん」と呼んで
鼻水犬本人とは分けて接してくれました。
 妖精さんは厨2病でした、何か教訓めいた事をツイートしていて
翌朝記憶の無いツイートを見つけては戦慄する日々が続きました。
また、ある時はフォロアーさんに自分の性癖を延々と語っていました。
翌朝すっごい謝りました、恥ずかしかったです。
 続く
Commented by 鼻水犬 at 2011-10-12 06:36 x
 ある時から、妖精さんは私に記憶の引継ぎが出来ない事を憂いて
自分がその日やった事をメモに書いて残すようになりました。
「自分がした事が忘れられるのが怖い」とも書いてありました。
一度、両親に宛てた感謝の手紙が書いてあった事もあります。
凄まじく字が下手で一部判読不能だったので今でも両親に見せていません。

 一番やばかったのは、妖精さんが自殺未遂を起こしたのを
私自身が1ヶ月程思い出さなかった事です。
流石に即病院へ行ってマイスリーの処方を停止してもらいました。
それ以来、妖精さんは出てきていません。
 しかし、代わりの睡眠薬はなかなか見つからず
医者と私は大変苦労した後、苦い苦いアモバンに落ち着きました。
飲んだ翌日にオロナミンCを飲むとグレープフルーツの味がします。

 そして今思うのです、妖精さんとは何だったのか?
                何の為に出てきたのか?
              何故私と性格が違う?普段描かない怒った顔を描くのか?

 妖精さんが出てこなくなった現在、鬱の症状は悪化してます
妖精さんが多少なりともストレス解消になっていたようです。

  長文の上乱文失礼致しました。
Commented by hayanoya at 2011-10-14 13:54
鼻水犬さん、コメント&貴重な体験談を有り難うございます。

読んでいて「化物語」の羽川さんを思い出しました…あの化け猫も羽川さんの
ストレス緩和に役立っていたんですよね。自分の記憶が行き渡らない所で
勝手な行動をされるのは恐怖ですが、あるいは通常意識下で抑圧されてた
感情が、マイスリーによる「抑制の抑制」で開放されてしまったのかも。

そう考えると、催眠療法とやらもなんとなく現実味を帯びてきます。今は
胡散臭い団体がはびこっていますが、マイスリーの薬理解明が更に進めば
催眠療法の補助薬が開発され、立派な精神治療の一環として成立する
かも知れません。…今の段階では妄想にすぎませんけどね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.