トップ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
タグ
最新のコメント
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



向精神薬擬人化その10:リスミー
擬人化.org様で取り上げていただいたようで、
アクセスが倍近くに伸びました。ありがとうございました。
この場にて御礼申し上げます。(↓お礼のポーズ)

f0133373_2384121.jpg今回ので、昨年の発表分は全て終わりです。
ようやく「その11」以降に繋がりました。

んで、リスミーです。
一般名リルマザホン。
規格は1mgと2mg。
愛称は「りすみ」。
舞の後に、オチとして登場させました。

引っ込み思案な日本製というイメージで、
黒髪ストレートです。パジャマの水玉は
リスミー2mgのシートに、
本当にデザインされてます。

…水玉じゃないの?私の目が腐ってますか?

後頭部に付いてるネコミミっぽいのは、実は塩野義マークを
横にしたものです。あの両替商の看板みたいなやつ。
なので「ネコミミなのに普通の耳があるのは変」とかいう
ツッコミは受け付けません。ていうかそんな隙を作るなよ俺。

…性格はまぁ、見たまんまな感じです。
眠剤としての性能はクラスで最低レベルなので、実力も自信も
まるで持ち合わせていませんが、わりと自己顕示欲は旺盛の
ようで、何とかしてユーザーを増やしたいと考えているようです。

しかしそれが良い方向に出ることはありません。何でもいいから
気を引こうと、足りない頭でロクでもない事を思いつき、
当然のようにロクでもない結果に終わります。

周りからは「気弱だけど大胆な悪戯をする娘」と捉えられています。
実力不足を色気と愛想でごまかしてきたレンドルミンのるみに
とって、りすみは色々と鬱陶しい存在に思えるようで、
しょっちゅうりすみをこづき回しています。

りすみの方もるみに対し、言葉で反撃しようとするのですが、
大抵要らないことを口にして、更にひどい結果になります。
実はいじめられっ子属性なのかもしれません。構ってちゃんだし。




出来の悪い睡眠薬の見本のように扱われているリスミーですが、
その販売年度は1989年。何と88年生まれのマイスリーより後に
生まれています。アモバン・マイスリーと立て続けに画期的な
睡眠薬を発表したフランスに対し、日本ときたら全くもう。

デパスという優れた国産抗不安薬がある一方で、睡眠薬は
外資系の独壇場です。国産のベンゾジアゼピン系睡眠薬といえば、
ユーロジン・エリミン・ソメリン・リスミーの4種類しかなく、
そのいずれもがションボリな販売成績の薬ばかりです。
ここにもダウナー系嫌いな日本人の性格が現れている気がします。

リルマザホンという一般名は、何となくベンゾジアゼピンぽい
名前じゃないよな、と推察できる人は鋭いです。
この薬、体内に入るまではベンゾジアゼピンの構造じゃありません。

ジアゼピンの環が閉じておらず、そのフタの部分の窒素に
アミノ酸のグリシンが引っ付いて、フタのつっかえ棒になった状態、
いわば「ベンゾジアゼピンのひらき」です。

小腸で吸収される際に、そのつっかえ棒であるグリシンが外れます。
その後、自動的に環が閉じてベンゾジアゼピン構造になり、
晴れて薬物活性を示します。メイラックスの項でも触れましたが、
いわゆる「プロドラッグ」という薬物です。

メイラックスのプロドラッグ化の目的は、副作用の軽減でした。
リスミーは何が目的でこんな事をしたのでしょう。

ベンゾジアゼピンのフタが閉じた状態、いわゆる閉環構造になると、
フタが開いた状態に較べて脂溶性が跳ね上がります。
油に溶けやすいという事は、肝臓に吸収されやすいという事です。

リルマザホンのフタを閉じた状態で経口摂取すると、腸管門脈から
速攻で肝臓に吸収され、分解されてしまいます。
グリシンをつっかえ棒にすることで、脂溶性が下がり、
門脈→肝臓→分解ルートを回避し、全身の血液を巡って、
ようやく脳に辿り着くことが出来るのです。

でも他のベンゾジアゼピンはそんなギミック付けてないよね?
正直このプロドラッグ化という行為自体、リスミー閉環構造が
バイオアベイラビリティ(薬物効率性)の悪い薬であることを
証明していると言えるでしょう。

さて、苦労して脳に辿り着いたとして、そこから強力な効果を
示すのかと言われれば、これまた気怠い答が返ってきます。

閉環したリルマザホンは、一見ハルシオンによく似た構造を
示します。しかしよく見ると、トリアゾロ環の窒素の配置が
微妙に違います。このせいでハルシオンとは全く別の挙動を
示し、効果も弱くなってしまいました。

ハルシオンに代表されるトリアゾロベンゾジアゼピンという
構造は、武田と旧アップジョンの専売特許なのです。
デパスもトリアゾロ環を付けていますが、これはチエノジアゼピン
という別種の構造なので問題ないです。吉富頭いい!

チエノジアゼピンという武器のない塩野義は、
パチモノのトリアゾロ環で勝負するしかありません。
んで、少しでも効果を上げるよう側鎖を色々といじった結果、
短時間型から長時間型まで4種類もの活性代謝物が存在する、
N,N-ジメチルアミドという複雑な構造になりました。
リスミーの効果は、この4種の代謝物の効果をかき集めたものです。

ベンゾジアゼピンの閉環に時間がかかるため作用発現が遅く、
4種類もの薬物に分解されるため薬物活性も弱く、
さらにその4種の一つが長時間作用するので薬のキレも悪い。
まぁ、リスミーが人気無いのも無理はないですね。

メーカーもなんか自棄になったのか、「自然の睡眠リズムに近い」
と宣伝してます。リズム(Rhythm)→リスミーと命名されました。
自然の睡眠リズムとはつまり、効いてないと言うことでないか?

まぁでも、世の中にはレンドルミンですらきついと言う、
薬物に感受性の高い人々も存在するので、
最弱であるリスミーと言えど、一定の需要を得ています。

あと、向精神薬指定ではないので、14日を超える処方が可能
というのも、結構ポイント高いです。
アモバンは苦い、デパスやベンザリンはきつい、ベゲは論外、
…でも長期で眠剤が欲しい高齢者、というケースだと
もうリスミーしか選択肢が無いですね。

立ち位置さえ把握していれば、リスミーも悪い薬では無いです。
キャラの弱いユーロジンやソメリンに較べれば、よほど存在価値の
ある睡眠薬と言えるでしょう。

せいぜいうすい需要をおっかなびっくり供給してほしいものです。
…セラスのように大成することはあり得ませんが。
[PR]
by haya by hayanoya | 2007-05-08 02:48 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(18)
        TOPに戻る▲
        
Commented by みゆ at 2007-09-26 10:25 x
こんにちは。いつもお世話になっております。(勝手に)ところで、レキソたんを見たいのですが、彼女はどこにいるんでしょうか?
Commented by hayanoya at 2007-09-26 13:18
>みゆ様
はじめまして、コメントありがとうございます(^_^)

れきそタンは常にタイトルロゴの隣に鎮座しております。
そういえば擬人化その1をやってなかった気がする…(汗
そのうちコラムに追加しておきます。スイマセンm(_ _)m
Commented by みゆ at 2007-09-26 18:11 x
あと、擬人化その22まで出来ているみたいですが、その22人一人一人みたいなーと思ってます。本当、こちらはお勉強になります。見てるだけでも可愛いし!これからもよろしくお願いします^^
Commented by hayanoya at 2007-09-26 20:21
分かりづらいブログで本当に申し訳ありません…(平謝り
一応、「タグ」の中の「ちびまる向ちゃん」というリンクをクリックすれば、
その2~その22まで一覧表示されますが…見当違いのこと言ってたらすいません(汗

クスリに対して、より深い愛着を持っていただければ何よりです(^o^)
こちらこそ、今後もよろしくお願いします!
Commented by みゆ at 2007-09-26 22:52 x
なるほど!解決しました。私がもっとよく見ていれば・・・・って感じですね。
私も薬大好きです。こちらでそれがより一層のものになりました。
ベンザリンは擬人化のご予定はないですか?私が最近処方されだしたもので。
なんか私の主張ばかりしていてすみません。私は福岡在住です。hayaさんの冬コミ行きたいんですけどね・・・・・。
Commented by hayanoya at 2007-09-27 00:32
解決されて何よりです♪
ベンザリンは今回の冬コミまでに、ブログに登場させる予定ではあります。
(新刊が落ちる可能性は十二分にありますが…)
名前は「べざり」。睡眠薬クラスの、形だけの担任です。

福岡から東京は遠いですね…私は関西在住ですが、
それでも交通費の問題は常に切実です(泣
通販できるほど刷数を増やせればいいんですけど…資金不足ですいませんm(_ _)m
Commented by みゆ at 2007-09-27 04:01 x
やったーっ\(>▽<)/べざり、期待してます!
関西でのコミケには参加されたりしてますか??ならば旅行がてら行けるかも~とか思ったりして!!
Commented by hayanoya at 2007-09-27 14:43
関西のイベ…インテックス大阪ですらコミケの10分の1も集まらないですよ。
10部でもはけるかどうか自信ない(>_<)ので、今のところは考えてないです。
なんだかんだ言って、コミケの集客力は圧倒的ですんで…。
Commented by みゆ at 2007-09-27 15:23 x
そっかそっかぁーそうなんですね。何かの機会に遭遇(?)できればいいなぁと思いますぅ。ブログの更新に期待してますね!
Commented by hayanoya at 2007-09-27 22:03
応援有り難うございます!
ネタが続く限り、同人活動も続けるつもりですんで、
機会があれば、是非お会いしましょう(^_^)
Commented by みゆ at 2007-10-06 07:38 x
hayaさんに質問!
ドグマチールのまちは、メジャーに入るんですか?
それならば何故に???
Commented by hayanoya at 2007-10-06 16:38
>みゆさん
 最近は優秀な抗精神病薬が開発されたこともあり、ドグマチールがメジャーとして
 使われることは滅多になくなりました。
 
 その反面、ドグマチール50mg錠は治療範囲の実に広い薬で、精神科以外にも消化器科、
 耳鼻科等で繁用されてます。その使われ方が非常に抗不安薬っぽい、もっと言えば
 デパスっぽいので、私はあえてまちを抗不安薬(A)クラスに編入させています。
 
 実は、学園には抗精神病薬(S)クラスや抗うつ薬(D)クラスも存在します。
 まちは気分によってテストの成績が変わるので、その都度それらのクラスをふらついて
 おり、最終的に落ちこぼれて抗不安薬クラスに存在してるという設定で一つよろしく。
Commented by みゆ at 2007-10-06 19:29 x
ほぉ~なるほど~!!!!
詳しいご説明ありがとうございますm(_ _)m
私は処方された経験がないのですが、うつと言われた友達が処方されて、効かないと訴え続けたにもかかわらず、1年飲まされ続けて症状が改善しないから通院を止めてしまったんですよ。
しかも、その子が出されてた眠剤はマイスリー。
なんかおかしいですよねぇ。
ヤブ医者やったんたろーか、と思って。。。
Commented by hayanoya at 2007-10-07 11:47
精神科医もピンキリですからね…
抗うつ薬の効果はかなり遅めに出てくるので、
その薬が合っているかというのは長いスパンで考えた方がいいですが、
2ヶ月ほど効果が現れないのに一度も薬を変えられないようなら
薬を変えることを申し出るか、クリニックを変えた方が良いように思います。
Commented by 軍医中尉 at 2008-01-03 20:11 x
最近は高齢化ということで、とくに都会を嫌って地方都市に移り住むと、そこはもうきらきらとしたシルバーの世界;;w。そんな条件ではご指摘のごとくマイスリーの独擅場・・そんなにパッとしないクスリとは知りませんでしたww。心配になるほどには効かないという理想的?なくすりです。
むしろ、連用していると(胃薬としても)知らないうちに変な錐体外路症状がでてることがあるスルピリドよりは性格がいいコだと思うんですが・・
Commented by hayanoya at 2008-01-04 00:15
スルピリド、そんなに錐体外路症状でますか…慢性的に長期服用
されている患者様が結構多数おられますので、今度注意してみます。

リスミーは地味に人気がありますね。飲みたいとは思いませんが(笑
擬人化キャラとしては、オチとして使いやすいので結構気に入ってます。
Commented by かめお at 2009-06-11 03:01 x
塩野義はげた美でお世話になってますが、まあ営業力で持ってる会社ですねぇ… 10年ぐらい前に開業医の娘さんとお付き合いがありましたが、塩野義のタクシー券をたんまり横流ししていただいた遠い思い出。
Commented by hayanoya at 2009-06-11 13:32
インフル注射が承認通れば、塩野義大復活!
…という道もあるかもしれません。

シンバルタも控えてるし、道修町御三家では生き残って欲しい会社です。
少なくとも吉富を消化しきってしまった田辺よりは…。
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.