トップ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
タグ
最新のコメント
デパスは健気系幼馴染でひ..
by クランベーザ at 02:08
>モリとかカケ 森友学..
by えふだ at 21:50
私もある本(多分別の本)..
by うさぬゅーみ at 03:09
TVはリアルタイムで見な..
by hayanoya at 22:40
>えふださん 読み通り..
by hayanoya at 22:35
更新お疲れ様です。 ざ..
by ひとまず at 08:50
半年だそうです。 木曜..
by クランベーザ at 03:48
と思ったら雇用統計+ジブ..
by えふだ at 23:12
レッドブルなどのエナジー..
by えふだ at 22:30
> クランベーザさん ..
by hayanoya at 01:04
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



プロプラノロールで記憶を消去?
だらだらと痛いニュースを眺めてたらこんな刺激的なニュースが。

アメリカの大学などで、高血圧な心臓病患者に対して使用される薬
を応用することで、記憶を消す方法が発見されたそうです。
これによりPTSD(心的外傷後ストレス障害)の原因となっている、
悪い記憶を忘れさせることも可能とのこと。

(原文はこちら。英国テレグラフというニュースサイト)

ネタ元を探ってみると、この効果を引き出したのは高血圧治療薬の
プロプラノロールであるとのこと。

はて?β阻害剤が抗不安薬として使われるのはまだ理解できるが、
記憶を消すほど強い効果なんぞあるんかいな?
記憶障害の副作用も聞いたことないしなぁ。

よし、プロプラノロール錠(商品名インデラル錠)を販売している
アストラゼネカに電凸だ!

haya「インデラルって記憶飛ぶんスか?」
ア社「いえ、そういう報告は受けておりませんが」



終了。



さすがにこれでは納得いかないので、「オイ待てやテレグラフ
に謳うてあるやないかこれはどういう事やアンタらの薬と
ちゃうんか説明責任果たさんかい出るとこ出よかコラ」と
いう趣旨を、出来る限り慇懃かつ婉曲に伝えたところ、

どうやらまだウェブに載ったばかりで、この報告を裏付ける論文は
存在しないと言われました。副作用としても記憶障害を引き起こす
という報告例は存在しないようです。

まさしくけんもほろろ。
今のところ、裏付けのないゴシップ記事扱いですねぇ。
じゃぁ何も根拠は無いの?と思って、色々調べてみました。

PTSDに関連する脳内部位は「扁桃核」と呼ばれており、
不安や恐怖を司ると言われています。

扁桃核と海馬は、脳の中で近い部位にあり、一緒に大脳辺縁系と
してまとめられています。扁桃核は情動を蓄える場所で、
海馬は側頭葉にある記憶の金庫から記憶を引き出す窓口の役割を
果たしていると言われています。

ある出来事に直面した際に引き起こされた感情は、扁桃核に
蓄えられます。その出来事の印象が強ければ、後日同じような
出来事が起こったときも同じような感情がわき上がります。

嫌な奴の顔を見た瞬間に嫌な気分になったり、ツインテールを
見た瞬間に萌え上がる気分になったりするわけですね。

扁桃核と海馬は近い位置にあるので、扁桃核が強く活性化すると
海馬も活性化します。そうすると側頭葉から、扁桃核の興奮の
裏付けとなる記憶が引き出されます。
これがいわゆるPTSDの基本原理、フラッシュバックです。

通常、記憶を掘り起こすためには前頭葉から検索の指令を飛ばし、
側頭葉の金庫から取り出します。これに扁桃核は関与しません。

つまり、扁桃核は感情が高まったときに記憶を短時間で探り出す
ショートカットの役割を果たします。これは本人の意図とは関係
なく自動的に起こります。生物の生存本能の一つですが、
PTSDを引き起こす困った部位でもあるわけです。

そしてこの扁桃核という部位は、アドレナリンβ受容体系の
制御を受けており、アドレナリンの刺激によって活性化することが
知られています。

アドレナリン受容体遮断薬であるインデラルは、
パニック発作時の動悸や手の震えを押さえる等、
交感神経系を沈静化する作用を持っています。
交感神経はアドレナリンで制御されてるわけですね。

では、同じくアドレナリンで制御されている扁桃核の活性を、
インデラルで弱めることも出来るのではないでしょうか?

扁桃核が不必要に興奮しなくなれば、海馬の活性も抑えられ、
結果としてフラッシュバックを予防することが出来るのでは?

テレグラフに書かれた刺激的な文章「健康な人間がいたずらに
記憶を消去する可能性」とはニュアンスがかなり異なりますが、
フラッシュバックの予防も、記憶の消去の一つと考えれば、
これは立派にPTSDの治療薬として存在価値があるでしょう。

痛いニュースから生まれた、ちょっといい話ですね。
(この記事は筆者の妄想に基づいており、信憑性は正直皆無です)
[PR]
by haya by hayanoya | 2007-07-03 21:56 | クスリあれこれ | Comments(5)
        TOPに戻る▲
        
Commented by at 2009-03-20 03:20 x
ゴシック記事なんですね。
最近いろいろな記事も出てるけどそれも全部そうなのかな
Commented by hayanoya at 2009-03-24 11:41
Iさん、コメントありがとうございます。
ゴシップでは無いかもしれませんが、
この作用に注目し、それに特化した薬が作られるのは
まだまだ先の話になりそうですね。
Commented by i at 2009-04-02 03:06 x
そうですか
この薬で記憶を消したりするのって命をかけた相当な量が必要なんですかね・・
Commented by MIKURU at 2009-08-08 00:24 x
面白い内容でした。
私は、いま、プロプラノロールについて研究をしています。
プロプラノロールについて、他に何かしろませんか?
Commented by hayanoya at 2009-08-10 14:38
>MIKURUさん、コメントありがとうございます。

残念ながら私は研究者じゃないので、
あまり突っ込んだ知識は持ってないです。スイマセン…。

循環器科的にはセロケンやメインテートにシェアを喰われて、
もうあまり使われてない印象がありますね。
PTSDに適応拡大させようとすれば、エクセグラン→トレリーフのように
ハンパ無い薬価高になりそうな気がするので、この研究を続けるのも
善し悪しな感じです。
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.