トップ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
タグ
最新のコメント
> クランベーザさん ..
by hayanoya at 01:04
紙面が足りないのではない..
by 追伸 at 04:20
以前に、地方では大阪や名..
by クランベーザ at 04:16
> えふださん ガチ宗..
by hayanoya at 11:36
モルモン教のことです。カ..
by えふだ at 21:06
>えふださん カフェイ..
by hayanoya at 18:47
お久しぶりでございます。..
by 名無し伍長 at 20:33
コンサータだめな宗教って..
by えふだ at 21:45
> ひよっこP科医さん ..
by hayanoya at 00:53
> うさぬゅーみさん ..
by hayanoya at 23:51
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



コンサータ、製造販売承認へ
米国大手製薬企業、Johnson&Johnson社の開発した
メチルフェニデート徐放錠、コンサータが日本でも承認されました。
市場に出てくるのはもう少し先の話になりそうですが…。

【薬食審医薬品第1部会】国内初のAD/HD治療薬承認へ

製造販売は、子会社であるヤンセンファーマが行うとのこと。
ADHDに適応のある医薬品は、本邦に存在しなかったため、
承認も迅速に下りたようです。アトモキセチンに1年ほどリード?

気になるのは薬価…同じくメチルフェニデート錠であるリタリンは
1錠10円程度ですが、国内初のADHD適応とか謳うとかなり値段が
上がりそう。10~30倍になってもおかしくないです。やだやだ。



メチルフェニデートはADHDの7割に効果がある優秀な薬ですが、
効果の消失も3~6時間とかなり早く、1日に数回服用しなければ
なりません。しかも不眠や食欲減退の副作用のため、夜に服用が
困難であり、1日2回朝昼というのが一般的な服用法です。

この昼という用法が曲者で、だいたいADHDの患者というのは
小学生がメインであり、学校で給食を食べたあと、薬をきっちり
飲んでくれるかさっぱり信用できません。
まして相手は注意欠陥の病名を持つ患者。

病識があやふやで忘れっぽい患者に、苦い薬を飲ませる困難は、
想像するだに恐ろしいものがあります。
想像できないなら西原理恵子の「毎日かあさん」を読むべし。
ADHDの子はあの漫画に出てくる子の数倍落ち着きがないのだよ。

コンサータは徐放錠という名の通り、成分がゆっくり溶け出す事を
目的とした薬です。徐放の仕組みは、浸透性徐放効果経口送出
システム Osmotic-Release Oral-dosage System,OROS と呼ばれて
ます。ペットボトルのコーラを、ふたを開けてプールに投げ込むと
段々とペットボトルの周りが黒ずんできますが、あんな感じで
フタを小さくして半透膜を貼り、周囲の濃度に合わせてゆっくり
拡散するようにしたものです。

浸透圧差を利用することで、対象患者の個体差に関わらず一定の
濃度のメチルフェニデートを長時間送出できるわけですね。
1日1回朝の服用で、有効時間は12時間以上におよび、
ほぼ1日の活動時間をフォローできます。

欠点はその錠剤の特性上、粉にしたり割ったり出来ないこと。
ムコダイン錠500mg大のプラスチックの塊を小学生に飲ませるのは
結構至難だと思います。誤嚥性肺炎とか腸閉塞のリスクは無いの?

有効性や安全性は、リタリンとほぼ同等と言われています。
1日2回の服用の手間を取るよりは、飲みづらくしかも高い1日1回服用
の方がまし…なのか?

でもADHDに適応がある薬が出てきた以上、小児へのリタリン処方は
ぐっと減る可能性がありますね。リタがこの先ADHDの適応を取ることは
まず無いと思われますので。

何が言いたいかというと、また薬局に高い薬が増えると言うことです。ムキー!
[PR]
by haya by hayanoya | 2007-09-02 22:13 | クスリあれこれ | Comments(0)
        TOPに戻る▲
        
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.