トップ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
タグ
最新のコメント
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



向精神薬擬人化その22:モディオダール
いつのまにやらリタリンがえらいことになってますね…。
時事ネタ狙ったわけではないですが、ナルコつながりで
リタと関連の深い薬、モディオダールです。
f0133373_20384736.jpg
この薬はウチで扱っておらず、
擬人化は諦めていたんですが、
知り合いの某先輩より空箱と参考資料を頂いたため、
今回取り上げてみました。
ありがとう某先輩!m(_ _)m

f0133373_20411969.jpg一般名はモダフィニル。
規格は100mg錠のみ。

モディオダールの外箱は、
白・青・赤・黄という
見事なまでのガンダムカラー。

従って、今回はMS少女(連邦系)の
パチモンっぽいデザインという
コンセプトと致しました。
ガンガルとかそういう感じの。

型番はNF-152「モディオダール」。第一級戦闘種であるりたを
打倒すべく、フランスのラフォン博士が執念で開発したサイバノイド。
外見も微妙に、りたに似せてある。

モディオダール MODIODAL は、 Mono-Objective Dopamine
Independent Only Diencephalon Activator Leading drug
(単目的型ドパミン系非依存性間脳限定活性化模範薬物)
の略語で、りたを強く意識した名称と言える。学園内では
一般に「もでぃ」とか「もだ」とか呼ばれている様子。

頭頂高/0.013m~1.6m、重量/0.1g~72kg(武装含む)
ジェネレータ出力/100nw~100kw
装甲主材/結晶セルロース/ステアリン酸マグネシウム複合材
兵装/4銃身3.7mmガトリング砲×1
     PTP複合リアクティブディフェンスシールド×1
     ヒート剣(シールドに内蔵)×1

1976年、仏ラフォン研にて研究開始、94年ロールアウト。
その後、セファロンエレクトロニクス社により大々的に売り出され、
国内の戦力増大を謀るアルフレッサインダストリィと田辺重工が
共同でセ社よりライセンスを購入し、学園内戦線に投入した。
第一級戦闘種として優秀な戦闘力を誇るが、業界最高クラスの
メンテナンスコストの為、学園内の勢力図を覆すには至っていない。

田辺のマークってガトリングっぽく見えね?」という馬鹿げた
妄想をしたばっかりに、こんな面倒くさい武装を付けなければ
ならなくなりました。4コマ登場時は武装解除されてるかもwww

メカなので感情発露は必要最低限にしかされません。
密かにロボット系ツンデレらしいのですが、デレる対象が
存在しない学園では無駄極まりない設計と言えるでしょう。

学園内では現在最も新しい生徒であり、絶えず専門の
メカニックチームを引き連れています。
形式的に学園の試験に参加してデータを蓄積していますが、
それ以外の学園イベントには全く参加していません。

まだ試験運用段階ということもありますが、馬鹿高い運用コストや
冗長な経験値の加算によるバグの増加を恐れているメーカーが、
学園での活動を大幅に制限しているようです。

その結果、強力な戦闘力を持ちながら、終生のライバルである
りたとの直接対決には未だ至っておりません。

セファロンエレクトロニクス社には姉妹機としてヌヴィジル、
プロトタイプとしてオルミフォンが存在しますが、
学園に移籍する可能性はかなり低いようです。



モディオダールは1994年、フランスラフォン社より販売されました。
商品名はモダフィニルから来ていると思われますが、詳細不明。
上記の「単目的型云々」の略語は完全に出鱈目です(笑

同社の精神賦活薬アドラフィニルから水酸基を一つ取った構造で、
アドラフィニルの肝臓毒性が大幅に軽減されています。

米国で99年に発売されるや、ナルコレプシー治療薬として瞬く間に
売り上げを伸ばし、年間5億ドル以上のセールスを獲得しました。
米国でナルコレプシーと認定されている患者は10万人以上と
言われており、モダフィニルの9割は米国で消費されています。
ナルコレプシー関連団体にとっては、米国商品名「プロビジル」の
方が、モディオダールより有名かもしれません。

日本では2000年よりアルフレッサファーマ社による臨床試験が
始められ、05年に製造承認申請、07年1月承認、同年3月より
ナルコレプシー治療薬として販売開始されました。

モディオダールの薬理作用の詳細はよく分かっていません。
試験管内の細胞レベルにおける、モノアミン受容体への
薬力学的作用はほとんど認められておらず、
メチルフェニデートやアンフェタミン等の賦活薬とは別種の
作用を持っていることが推察されています。

メーカーの主張によれば、人の覚醒系は2系統あるそうです。
1) 脳幹→大脳皮質に投射する脳幹網様体賦活系(ドパミン中心)
2) 視床下部→大脳皮質に投射する覚醒中枢(ヒスタミン中心)

リタリンはドパミンの放出を促す薬なので、1)の薬と言えます。
この覚醒系は、覚醒作用以外にも自発運動や交感神経系の賦活
といった、ヒト中枢神経を全て興奮させる経路です。特に側坐核へ
投射する経路は、エヴァで一気に有名になった「A10神経」で
あり、報酬中枢とよばれる部位が存在し、ここへの刺激は
多幸感を引き起こし、精神依存を形成する原因になり得ます。

一方、2)の経路はほとんどヒトの覚醒にしか関与しません。
ヒトの視床下部には睡眠中枢と覚醒中枢が拮抗する形で
存在しており、モディオダールはそのバランスを覚醒側に傾ける
薬と言われています。中枢全体ではなく覚醒中枢のみを活性化する
ことで、リタリンの副作用である依存、リバウンド、耐性、動悸や
疲労、下痢などを軽減することが出来ると考えられています。

しかし、その活性機序がよく分かっていません。睡眠中枢のGABAを
下げるとか、NMDAを上げるとか、ノルアドレナリンレベルにも作用
するとか、オレキシン系にも関与するだとか色々言われてますが、
それだけ仮説が氾濫する事自体、よく分かってない証拠と言えます。

薬物動態学的には優秀な薬で、1日1回の反復投与で有効血中濃度を
維持することが出来ます。食事や腎・肝クリアランスの変化に影響
されず、活性代謝物も存在しません。内服と静注によるAUCの差は
無く、肝初回通過効果もほぼ無いと言えるでしょう。
リタのようにスニッフや直腸投与される意味も余りなさそうです。

日本でナルコレプシーと認定されている患者は、2002年の調査では
2000人程度と、米国に較べてかなり開きがあります。発生確率は
0.1~0.3%と言われており、潜在患者が多数いるものと思われます。

現在、モディオダールはナルコレプシーにしか適応を取得して
おりません。つまり全国でもモディオダールによる治療を受けて
いる患者は相当少ないと予想されます。また乱用されるリタリンの
二の舞を避けるため、メーカー側がかなり厳格に出荷を管理して
いるようです。適応外の治療に用いようとすれば自費診療となり、
診察費を含めると個人輸入時代と余り変わらない出費になるかも。

米国では睡眠時無呼吸症候群(SAS)の適応が認められています。
そのため、SASやADHDへの適応拡大をアルフレッサも考えては
いるようですが、しばらくはこの不便な時代が続くようです。

一応新薬なので、現在は2週間までの投与日数制限が定められて
います。通常の薬は1年経てばこの制限が撤廃されます。向精神薬
ということを踏まえると30日まで可能と言ったところでしょうか。
ところがメーカーに確認したところ、日数制限解除は今のところ
考えてないとのこと。「関連団体の強い要請があれば考慮します」
ということなので、2週間毎の診察が煩わしいという方は
その旨をメーカーに強く訴えるべきかと思います。

リタ処方を乱発するバカ医者と乱用するバカ患者、
そしてリタをさも危険な覚醒剤のように囃し立てるバカマスコミに
より、安くて効果的な薬であるリタリンは、セデス・ダンリッチと
同じく、消えゆく運命にあるのかもしれません。

セデスの後にトリプタン、ダンリッチの後に第3世代抗ヒス薬と、
代用となる薬は、薬価が高いものばかりです。
リタリンが消えた後に残るのが、モディオダール・ストラテラ・
コンサータと高い薬ばかりになるのであれば、
医療費抑制などと言うお題目も、実に虚しいことに思われますね。
[PR]
by haya by hayanoya | 2007-09-24 20:53 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(26)
        TOPに戻る▲
        
Commented by なる子 at 2008-04-10 15:37 x
こんにちは!
脱リタをめざしてます。
とても面白く 勉強になりました。  感謝感謝!!
            なる子でした。
Commented by hayanoya at 2008-04-10 22:38
なる子さん、コメントありがとうございます♪

脱リタは大変ですね。禁煙より難しそうです。
とりあえず、モディでも飲んでご一服下さい。

あ、値段は30倍ですので(ぼったくりバー)
Commented by ヒデキ at 2008-10-21 13:19 x
「リタ処方を乱発するバカ医者と乱用するバカ患者、
そしてリタをさも危険な覚醒剤のように囃し立てるバカマスコミに
より・・・」というのは100%共感します(T・T)ありがとう!!
Commented by hayanoya at 2008-10-21 22:18
ヒデキさん、コメントありがとうございます。

リタの時の厚労省の対応は本当に杜撰極まりないものでした。
返す返すも腹が立ちますホント。マスコミもまた然り。
もう朝日も読売も毎日もとらないようにしようと思ってます。
Commented by かめお at 2009-05-05 01:03 x
これで、使える薬だったから良かったけど、何これーみたいな薬が新薬でぼったくりーのだったら泣くに泣けません。幸い薬効は、ロケットに火をつけたとうな感じもなく、必要高度を維持してくれるのですが、とにかく高い。

で、ネガティブキャンペンに参加した新聞記者は、ちょっとでもネタにして儲けようとした薬を絶対に飲むなといいたい。医療関係者からも聴くけどマスコミの連中ってかなり最低。会社と肩書きで威張るんだってさ。
Commented by hayanoya at 2009-05-05 12:06
泣くに泣けないのは、新薬大好きな先生が身近にいる調剤薬局です(泣

薬価というのは国が適当に付けているんですが、メーカー側もあまり
高い値段は付けて欲しくないんじゃないかと思います。売れなくなるし。
レミッチとか面白そうな薬は出ているのに、薬価が高すぎて手が出せない…。

大手新聞社が理系分野に関してシロウトなのは昔からですが、
無知なら無知でいいから、顔突っ込んで来るなといいたいですね。
新聞記者より企業の宣伝屋の方がマシという状況を何とかしてほしいです。
Commented by Belkis at 2009-05-07 07:39 x
はじめまして。
オレキシン検索してここに辿り着きました。

ちょうど
1年前にナルコレプシーの診断を受け、
モディオダールを2T/D服用しています。
20年以上治療を受けていない状態だったのでこの薬は本当に画期的でした(最初の1週間、副作用の頭痛に悩まされましたが)

処方してくれる医療機関が少ないのと保険使ってもべらぼうに金額が高いのが悩みですが、良い薬なので本当に助かってます。

擬人化…良いですねえ。
どうもお邪魔しましたm(_ _)m
Commented by hayanoya at 2009-05-07 20:01
Belkisさん、コメントありがとうございます。

擬人化は良いですよね♪ 八百万の神の国に住んでいる以上、
森羅万象あらゆるモノは擬人化されるべきだと思います。

20年間とはさぞかしお辛い思いをされたかと思います。
お薬が合っているようで良かったですね!

モディオダールは最近出た薬の中では久々のピカ新なので、
個人的に印象に残ってる薬です。コンサータより遙かに。
SASへ早く適応拡大してくれれば、ウチでも扱う可能性が増えるのに…。
いや、もう少し薬価が下がってからで結構ですが(笑)
Commented by 咲玖 at 2009-06-11 11:07 x
ナルコっこ5年目です。
ベタナミン使っていましたが、副作用がキツくてモディに変えました。
でもモディも私には副作用がベタナミンレベルにキツくて結局変わりがないです(´・ω・`)
どうにも動悸が激しくなってツライのと、眠気が取れない悲しさ・・・。

擬人化かあゆくて良かったです!!
Commented by hayanoya at 2009-06-11 13:40
咲玖さん、コメントありがとうございます。
モディオダールでググっていきなりこの擬人化をお目にする人々が
いるかと思うと、何か申し訳ない気分でいっぱいです(笑)

モディオ合わなかったですか…残念です。
何分見たことも飲んだこともないので、どれ程の攻撃力を持ってるのか
実感湧かないです。リタと並ぶ薬である以上、副作用がきついのは
理解できますが、効果が出ないというのは辛いところですねぇ…。
Commented by はやと at 2009-11-02 20:50 x
規格は100ミリとありましたが、200ミリもあります。
第一100ミリだけだったら相当お金を費やすことに
なってしまいます。
 
Commented by hayanoya at 2009-11-02 22:35
>はやとさん、コメントありがとうございます。

モディオダールの200mg錠が発売されたという話は今のところ
聞いてないんですが…ソースを教えていただけませんか?
Commented by はやと at 2009-11-03 05:22 x
いやモディオダールではなく、モダのことです。
200ミリのジャネリックなのですが、それでも
高いです。
 そうとうのうつ病なので、モダでないと効きま
せん。ですが、これに手を出すのは怖いので
やめなければいけません。
 モダに代わる、またリタに代わるものはない
ものなのでしょうか。
 
Commented by hayanoya at 2009-11-03 09:07
GE薬のモダラート類の事だと思われますが、これらは日本で承認を
受けていない薬です。モダフィニルは向精神薬指定されたので、
個人輸入も規制されてるはずですが…。

何にせよ、鬱に対してアッパー系の薬を用いるのは一般的でないし、
使うとしても相当熟練した精神科医の元で無ければ、症状を悪化
させるだけだと思います。早めに医師と相談された方が良いですよ。
Commented by はやと at 2009-11-06 16:05 x
書店ではうつは必ず治る、という本がありますがあれはほんとにひどい
ものです。絶対治りません。
 頭痛の薬、抗ガン剤、とそれなりの薬があるのにうつにはどうしてこ
れだという薬がないのでしょうか。誰かに叫びたいですね。
Commented by hayanoya at 2009-11-07 00:58
頭痛薬も抗ガン薬も根治できる薬では無いですが…(汗

ある病状を完全に取り除こうとするなら遺伝素因と環境素因を
両方とも修正せねばならず、前者は医学的に、後者は社会的に
不可能と言わざるを得ません。
根治はせずとも日常生活を送れるくらいに体をごまかすのが
現代の薬であり、それは多くの人にとって価値があると思います。
Commented by はやと at 2009-11-07 19:43 x
昨日は診察日でした。前回と同様デパケンを200リーマスを600
処方してもらいました。これでは効かないので、次はデパケンを多
くしてもらおうと思っています。
Commented by hayanoya at 2009-11-17 18:01
デパケン増量はノドがゴロゴロしそうですね(汗
ご快癒をお祈りしております。
Commented by はやと at 2009-12-16 17:57 x
リタもそうでしたが、この薬もやはり耐性があると思います。体調が
思わしくないので毎日2錠飲んでいました。しかし、改善しないので
最近は飲んでいません。
 それでも飲んだときと殆ど変わりないので、耐性がついたのだと
思っています。
Commented by hayanoya at 2009-12-17 18:53
基本、向精神薬はどれも程度の差こそあれ耐性は出来ると思いますよ。
耐性が形成されるまでに他の薬や他の療法を確立するのが、
精神科医の腕だと思います。
Commented by そのひ at 2010-03-27 19:23 x
はじめまして。先日から睡眠障害科に通い始めてこの薬をいただきました。
試しにぐぐってたらまさかの擬人化がwつんでれ!wしかし内容は大変読み応えが合って面白かったです。
リズム障害ですがお試しで出してくれたようです。しかし元気なのは午前中だけで午後はもう眠いです…
「前ならリタリンもあったけど今は厳しくて…」と医師が言っていて昔、自分にADHDを疑ったこともあったのでリタリンは試してみたかったですね。
またじっくり読みにきますね!
Commented by hayanoya at 2010-03-29 23:50
そのひさん、コメントありがとうございます。

モディオダールのリズム障害への適応は米国FDAでつい最近認可
されましたね。日本でもして欲しいんですが、リタリンショックで
覚醒系の薬に病的な拒絶反応がある厚労省には期待できそうに
ないです。さしあたりロゼレムに期待…かな。
Commented by しゃけ at 2011-05-03 18:45 x
夜はヒルナミンとりりぃ、日中はさいんMAXとめいらに眠らされてGWを過ごしています。
つい先日まで自宅付近にあった空き倉庫が取り壊され、いつの間にかきれいな白い2階建ての建物が出来上がっていました。(駐車場になるであろうと思われるところはまだ更地)
入り口の屋根部分には青いストライプ。なんかスーパーでもできんのかな?
と思っていた数日後、建物には「alfresa」のロゴが。
ちびまる向ちゃんC及びこのブログをを読んでなかったらまったく気づかなかったでしょう。
建物の規模からして物流センターでしょうか。とすれば、商品(薬品)管理も厳しい建物なんだろうなあと思ったりします。モディオダールもここを経由したりするのでしょうか・・・
Commented by hayanoya at 2011-05-05 00:54
寝っぱなしじゃないスか!貴重なGWを…(汗

メディセオは見たことあるけど、アルフの物流センターは無いなぁ。
メディセオは向精神薬だけ完全別室で、入出記録まで取ってました。
麻薬部屋は案内すらされなかったですね。モディオダールも特A級の
セキュリティをかけてると思います。いまだに現物見たこと無い…。
Commented by しゃけ at 2011-07-01 08:44 x
上記の件ですが、どうやら竣工したようです。
建物のわりに駐車場がやたらと広いのですが、トラック等が出入するような構造ではなく、乗用車のグリッド線がびっしりです。
そういえばアルフの物流センターはこちらの地元神奈川では小田原にありました。(アルフのサイトで確認)
・・・ってことは営業センターのようなものかなあ?

アルフつながりですが、私はハウスダストアレルギーと副鼻腔炎がありまして、点鼻薬2種類を使ってます。そのうちのひとつ「トラマゾリン」。
薬局で説明を受けたとき「トラドゾン」と聞き間違えて
(え?なんで耳鼻科でレスリンが?しかも一般名で?)
「トーク」から製品名が変わってたのですね。
薬価だけじゃなく名前まで変わってしまうなんて、薬の世界、ややこしいです…
Commented by hayanoya at 2011-07-01 21:20
そういえばいつの間にか名前変わってましたね>トーク
トーク点鼻はもともとベーリンガーが発売していた物をアルフが
引き継いだようですが、その商標名の契約期間が終了したため、
一般名に変更されたようです。あまり聞いたことのない変更事由で
ややこしいというより珍しいですね。小分けするのが面倒なので
コールタイジンのようなスプレー瓶になって欲しいです…。



このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.