トップ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
タグ
最新のコメント
ご無沙汰してます、本業に..
by 烏羽玉 at 18:50
某かまってちゃん国家が核..
by えふだ at 22:04
関西組は本日20分遅れ(..
by クランベーザ at 03:14
デパスは健気系幼馴染でひ..
by クランベーザ at 02:08
>モリとかカケ 森友学..
by えふだ at 21:50
私もある本(多分別の本)..
by うさぬゅーみ at 03:09
TVはリアルタイムで見な..
by hayanoya at 22:40
>えふださん 読み通り..
by hayanoya at 22:35
更新お疲れ様です。 ざ..
by ひとまず at 08:50
半年だそうです。 木曜..
by クランベーザ at 03:48
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



2015年 09月 27日 ( 1 )
by haya
        TOPに戻る▲
        
ハナガサイタヨ
デレステ難い…フリックあんなに複雑だとか聞いてないよ…
MASTERフルコンに可能性を感じません。
ていうかデレステやってるとスクフェスのリズムが狂う。何故?
どっちもイベントに突入してて掛け持ち辛いわ-。やるけど。

ということでひたすらデレステにはまってる毎日ですが、ふと気がつくと
なんかジェイゾロフトのPTPに花が咲いてるではないですか!
季節外れのヒマワリ。あー今年の夏は短かったからなぁ…って違う!
これは!ジェネリックの発売が近づくとあざとい包装をしてくる法則!
ぱきるちゃんはCR変身という醜態を晒しましたが(ひどい)、どうやら
ぞふぃーさんは服を着替えるだけに留めたようです。
大輪のヒマワリが目を引く綺麗なPTPで割と好き。願わくば最初から
(ていうかジェイゾロフト擬人化する前から)このPTPにしてほしかった…。
f0133373_13193969.jpg
医薬品のジェネリックというものは大体6月と12月に発売されるのですが、
今年の12月はパキシルに続く大型SSRIであるジェイゾロフトにジェネリックが
出ると言うことで、にわかに業界が活気づいております。
ジェイゾロフトはOD錠とか出してきたので、ジェネリックも6種類用意
しなければなりませんね!素晴らしい嫌がらせ!(主に薬局に対して

ジェイゾロフトが発売されたのは2006年4月なので、ほぼ10年経過したことに
なりますね。もっとも主要先進国では1990年前後で発売されているのでとっくに
陳腐化しており、2015年までジェネリックが無かったのは例によって日本だけ
だと思います。なのでメーカーも最後の聖域を守ろうと悪あがきをしたがり、
パキシルCR錠だのジェイゾロフトOD錠だの出してくるわけです。薬局にとって
余計な規格を増やされる事は調剤過誤の原因にもなり迷惑でしかないのですが、
まぁこのブログ的にはネタが増えるのでよしとしましょう(笑

昨今は添加物も含めて先発品と全く同じ組成をしたジェネリック、いわゆる
「オーソライズド・ジェネリック(AG)」というものが話題となっています。
日本では(海外でも?)、先発品メーカーが自社製品のジェネリックを作る事は
できません。しかしその不文律の隙を突いた存在がAGです。、
先発品メーカーがジェネリック製造用の子会社を立ち上げるか、既存の
ジェネリックメーカーと合弁会社を作ったり買収したりすることで、先発品の
製剤技術をまるごとコピーしたジェネリックを作る事ができるのです。
AGが売れればAG製造会社が儲かるわけですが、間接的にその親会社である
先発品メーカーもライセンス料などで潤うことになるわけです。

AGは実質的に、名前の変わった先発品を安値で売っているようなものです。
ジェネリックが嫌がられる最大の要因は「本当にちゃんと先発品と同じ効果が
あるのか?」という事なので、AGであればその懸念は全く無くなることに
なります。患者的には安心を、医療機関的には説得力のあるジェネリック推進を、
そしてメーカー的には先発品よりも安定した売上を(なにせジェネリックなので
特許切れが存在しません)、という三方にお得なAGは、大型医薬品が次々と
特許が切れていく今後、より普及していくことになるでしょう。
普通のジェネリックより割高なので薬局的には人気薄ですが…。

もっともこのAG、ほんの数年前まで日本には存在しませんでした。結局AGは
先発品メーカーが形を変えて自分トコのジェネリックを作っているわけですから、
既存のジェネリック業界は当然反発します。ジェネリックメーカーの中には
高い製剤技術を持ち先発品メーカー医薬品の添加物を作っているところも
あるので、余計な軋轢を作りたくない先発品メーカー達はAGという存在が
有効であると認知しながらもなかなか作ろうとしませんでした。

AGを日本で最初に作ったのは、空気が読めない外資メーカーのサノフィです。
サノフィは日医工という大手ジェネリックメーカーと合弁会社を作り、
自社製品アレグラのAGを作りました。次いでこれまた外資系のノバルティスが
自社製品ディオバンのAGを作ります。これだけならさほど話題にはならなかった
のですが、その次にAGを作ったのは国内最大手かつ空気を読まないw武田薬品。
タケダがやるなら仕方ねぇな(マジありがてぇ)という事で次に手を出したのは
第一三共でした。今のところAGを作っているのはこの4社だけになりますが、
自社系列のジェネリックメーカーを抱えているGSK、エーザイ、大塚あたりは
今後自社製品に対してAGを作ってくる可能性が高いと思います。

今のところAGが発売されてる先発品の一覧:
2013.06 アレグラ :サノフィ→日医工サノフィ(SANIK)
2014.06 ディオバン :ノバルティス→サンド
2014.09 ブロプレス :武田→あすか製薬
2014.12 クラビット :第一三共→第一三共エスファ(DSEP)
2015.06 プラビックス :サノフィ→日医工サノフィ(SANIK)
2015.12 ユニシア(予定) :武田→あすか製薬
2015.12 エックスフォージ(予定) :ノバルティス→サンド
(ただしあすか製薬は武田の完全子会社ではないので、あすか製品は
AGとしての工程で作られてはいないらしい。欺瞞!)


何故唐突にAGの話をしたかと言えば、ジェイゾロフトにAGは出ないからです(泣
ファイザーは数年前から国内でマイランと提携しており、ジェネリック販売を
強化してきました。これは当然ジェイゾロフトAGを販売するための布石!だと
思っていたのですが、結局マイランとは提携に留めたのみで子会社も合弁会社も
作らず、自社製品をAGとして販売する戦略をハナから放棄しています。せっかく
精神科薬初のAGを出すチャンスだというのになんという消極!ブッダファック!

…どうも、100~200億円/年程度の売上ではAGを作る程の動機にならないそうで。
先発品メーカーの影があるとは言え実際販売するのはあくまで子会社。
AGはマージンを抜かれるので子会社的には利幅が薄く、なるべく作りたくない。
一定以上の売上が見込めるならいいが年商200億程度の薬でAGを作るのは
プロモーションや値引きも考えるとデメリットが大きい…という判断でしょうか。
ジェネリックの切り替え率を50%、薬価を先発の6割、AGのシェアが5割とすれば
年商200億の先発で200x0.5x0.6x0.5=30億程度になります。ジェネリックとして
見れば十分な売上ですが、利益の薄いAGでは少々寂しい数字なんでしょうね。

AGは患者にとって嬉しい選択肢ではあるのですが、残念ながら今後も大型医薬品
に対してしか発売されないかもですね。

ジェイゾロフトの年商は2014年で230億くらいなのでアウトのようです。
年商350億くらいのクラビットでAGが出たことを考えると、損益分岐は最低300億
位でしょうか。日本でそれだけ売れてる精神科薬なんてジプレキサ(570億)と
エビリファイ(380億)くらいしか無いよ!…ということで、精神科薬初のAGは
このどちらかか。リリーはジェネリック戦略に積極的じゃないから来年6月の
ジプレキサ特許切れには間に合わないかな。じゃぁエビちゃんだな。

まぁ包装変更程度でジェネリック変更を押しとどめられるとは思いませんが、
理由が何であれメーカーが今まで適当に作っていたPTP裏のデザインに技巧を
凝らし始めたのは(擬人化イメージが膨らむので)よい傾向だと思います。
この調子でいけばエビリファイジェネリックが出る2017年くらいには
萌えキャラの一人も描かれることになるでしょうね!(ならねーよ
せっかくなのでぞふぃーさんも衣替えさせてみました。森ガール風味を狙うも
配色が原色なので全然そう見えないのは私の擬人化によくある事です。
f0133373_13240282.jpg
最近はGS1コードをつけるついでに結構デザイン変更をしてくる薬がチラホラ
出てきておりますので、ついでに他の連中も包装変更させてみました(笑
画像が重いのでつづきに載せます。

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2015-09-27 13:58 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(44)
        TOPに戻る▲
        
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.