トップ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
タグ
最新のコメント
デパスは健気系幼馴染でひ..
by クランベーザ at 02:08
>モリとかカケ 森友学..
by えふだ at 21:50
私もある本(多分別の本)..
by うさぬゅーみ at 03:09
TVはリアルタイムで見な..
by hayanoya at 22:40
>えふださん 読み通り..
by hayanoya at 22:35
更新お疲れ様です。 ざ..
by ひとまず at 08:50
半年だそうです。 木曜..
by クランベーザ at 03:48
と思ったら雇用統計+ジブ..
by えふだ at 23:12
レッドブルなどのエナジー..
by えふだ at 22:30
> クランベーザさん ..
by hayanoya at 01:04
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



カテゴリ:ちびまる向ちゃんトピ( 70 )
by haya
        TOPに戻る▲
        
向精神薬擬人化その44:イフェクサーSR
久しぶりすぎて↑のナンバリングをいつも忘れる(挨拶
最近とみに睡眠時間が長くなり体の着実なポンコツ化をしみじみ感じます。
ようやく暖かくなって体が動くようになったので更新。

春アニメは不作と言われてるようですが個人的には結構な当たり時期だと
思いますね。カド、レクリ、バハソウル、ID、進撃、エロ、サクラ。
日替わりで楽しめるくらい充実してるよ!

インチュニブが発売され、バカ高い薬価と140錠包装に愕然とする昨今ですが、
ぼちぼち処方される患者が増えてきたイフェクサーを今さら取り上げようかと。
第三世代では最も高薬価の抗うつ薬。みんな飲んでくれてるかなー?

f0133373_01462910.jpg一般名はベンラファキシン。

規格は37.5mg/75mgカプセル。

愛称は「ふぇくしあ」。
くしゃみのような響きだ。

正式名はイフェクサーSRなので
いふぇくさーえすあーる→
ふぇくすあーる→
ふぇくしあです(苦しい)。

パッケージは予想に反してカラフルで派手派手な感じ。
ファイザーから発売なので紺と白の特徴無い外箱を予想してただけに
ちょっと嬉しい誤算。
f0133373_01542225.jpg
なので某バーガーショップの店員ぽい服装です。アニメで有名なワ○ドナルド…
ではなく、ワイスとファイザーの提携ショップ、ワイファイバーガーですw
パツ金は75mgPTPから。1号カプセルなので、まあ、色々でかい。

手に持ってるのはセロトニバーガーとノルアドポテト。バーガーを頼んだら
「ご一緒にノルアドはいかがですか?」とセット品を次々にW字スマイルで勧められ、
気の弱いデプレくん達はいつも225mgセット(¥798)を買わされるのである。
やたらと癖になるバーガーで、変なモノが入ってるのではという疑惑が尽きない。

頭に付けてるリボンはPTPの裏にも印字されてるよく分からん矢印。これで
後ろ髪をシニョンにしてくくっている…のだが詳しい髪型は不明(描けない)。
このシニョンはメチル基-CH3の象徴であり、ほどくと裏人格のプリスティちゃんが
出てくるのだ!…と本人は主張しているが同僚曰くあまり変わらないらしいw

耳に付けてるのはセロトニンとノルアドレナリンの作動性ニューロンを
ディフォルメしたやつ。ピンクがセロトニンで青がノルアド。セロトニンの方が
強いのでノルアドのやつより長めになってます。

足のリングは制服ではなく彼女の私物。活動的すぎる彼女がやたら動き回って
しょっちゅう見えそうになるのを懸念したワイスパパが嵌めたSRリング。
魔力を保存する徐放力があり、大分おしとやかな動きが出来るようになった。

アメリカはフィラデルフィアの出身で、屈指の難関校であるペンシルベニアを
卒業した才女。ワイスパパの自慢の娘であり、きさがヤンデレ化した後は
名門ワイス家の筆頭妖精として米国での実績をひっさげ鳴り物入りで来日し、
アジアのちっぽけな国の学園など主席で入学する…はずだったのだが。

なんと彼女の頭が良すぎて一周してアホな性格のせいで、ひたすら入園試験に
失敗し続けるのである!その間にワイス家は本業の不振で没落し、彼女は
他の子達とともにファイザー家に入籍。ファイザーでよそ者扱いされながらも
ふんだんにある資金で何とか試験に合格し、なんとか面目を果たしたのだが
彼女が足踏みしていた20年の間に国内ではぱきるやぞふぃーやさいんが大体の
第一線で抗うつ魔法を担うようになってしまい、居場所が無くなってしまう。

しょうがないのでDクラス屈指の性能ながら学食でバーガーショップのバイトを
続けている。無駄に営業力は高いので225mgセットはジワ売れしているが
こんな仕事でこの先Dクラスの先輩達を駆逐できるのか?ファイザー家は微妙に
精神科から手を引いているので幸先も不安が残る立ち上がりである。

育ちのせいか人当たりは良く、奔放な性格で周囲とはすぐ馴染んだ。ただ
落ち着きが無く気も短いので思いついたら話さずにはいられない。行動力も
サービス精神も旺盛で、とと美やぱきるが何となく呟いた冗談に機敏に反応し、
善意の精神で面白い話として周囲に広めまくる困った側面がある。
特にとと美は同じSNRIとしてさいんとふぇくしあによく絡まれる立場にあり、
何を考えてるか分からないさいんと何をし出すか分からないふぇくしあに
囲まれて気苦労が絶えない様子。

頭の回転は速いのだが、いったん出した結論を自己否定してまた考え出すので
仕事の効率は良くない。とある入園試験では試験官の期待に応えたいあまり
設計以上の成果を叩き出してしまい、かえってスキルの信頼性を損なってしまう
結果となった。こういった性格が試験に落ち続けた原因のひとつである。

学園生としては新人だがDクラスの連中はふぇくしあの海外の活躍ぶりを
イヤと言うほど聞かされている上に、クラス全員から腫れ物扱いされている
きさと気兼ねなく話せる数少ない人物なので、色々一目置かれている。
米国時代、ストール教授の下でれめると一緒に精神航空力学を学んだ事があり、
患者を打ち上げまくるカリフォルニアのロ○ット団と言われて恐れられた。
Cクラスのあせっととは立ち居振る舞いが似ており、腹違いの姉妹では無いかと
一時期噂されたがその後否定された。ただその縁であせっとと仲は良い。

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2017-05-28 02:25 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(33)
        TOPに戻る▲
        
向精神薬擬人化外伝2:Phazepam
インフル今年は流行らんなぁ~と思ってた矢先に鬼流行!
イナビルが苦くて吐いたり泣いたりこぼしたり阿鼻叫喚な薬局模様の中、
ウィルスに塗れながらつつがなく仕事しております。

さて、昨年10月にエチゾラムが向精神薬として制定されたのは皆さんも記憶に
新しいとは思いますが、あの時規制されたのはデパスだけではありません。
エチゾラム、ゾピクロン、フェナゼパムです。

ゾピクロンはアモバンだからいいとして…フェナゼパムって何?
と、日本の薬剤師は誰もが思ったのではないでしょうか。
このフェナゼパム、日本では過去一度も発売されたことはありません。
1975年に旧ソ連で合成され、1978年から現在まで旧共産圏で
最も多く処方されたベンゾジアゼピン系抗不安薬の一つです。
ほとんどの抗不安薬が向精神薬規制されている中、輸入が可能だった
数少ない希少な薬でしたが、この度の規制でそれが不可能になりました。

今後手に入れられる可能性は限りなく低いので精神科的に重要ではないですが
昨年末ブログ読者の方からPhazepamの外箱(中身無し)をいただきまして、
せっかくなので擬人化させてみようと思い立ったのでございます。
刮目せよ!これがクレムリンに咲き誇ったベンゾジアゼピンだ!
f0133373_01323054.jpg
…すまねぇ、ロシア語はさっぱりなんで全く読めません(笑
製品名は「PHAZEPAM-ZN 1mg」だそうです。ZNは製造会社である
「ズダローヴィエ・ナロードゥ」社の略で、「人々の健康」と
いう意味だそうです。ズダローヴィエ単独だと「乾杯」になります。
ウォッカを飲む度に健康を祈るって、それヤバイ酒って認めてry

f0133373_01421690.jpgこのフェゼパムを擬人化させたのがこちら…ですが
これ初見で薬の擬人化と思う奴はいないのでは(汗

一般名はフェナゼパム。
商品名はフェゼパム?ファゼパム?
読み方があまり分かってませんがフェゼパムが一般的。

愛称はロシアっ娘らしく「パーミャ」ちゃんで。
学園生じゃないのでこの子もカタカナです。
パッケージが綺麗なグラデなのでそのままロシアっぽい
服に写し取りました。真ん中のは鉄板に見えますが一応
フェゼパムのPTPです。写真で見る限り地味なんです。

構造式的にレキソタンとよく似ているので、れきそとの対比で
銃を持たせました。ソ連といえばドラグノフですよね!(偏見
Cクラスのあせっとに続く暗殺系女子です。
筒先にはれきそのブロマイドが引っかけてあります。
-Brを持ってるBromideなので…というシャレ。

頭に乗せてる盆栽はフェナゼパムが何故かトルコあたりでBonsai Drugの通り名で
発売されてるのが由来です。大麻と混ぜて売ってるのか代替物として売ってるのか
知りませんが、非常に危険な物質という扱いをトルコでは受けているようです。

北の大地に順応するため無口。狙撃兵なので非常に辛抱強い。
伏射姿勢で60時間は芋砂できるが、ドラグノフの精度調整に苦労するので
ロックオンから狭叉して命中するまで最大4時間かかる。実戦には少し不向き。

学園発足当時は旧共産圏にいたためコネクションがなく、ソ連崩壊後もあまり
目を引く才能では無かったため学園への推挙も無かった。パーミャは日本とは
逆方向に歩み、コーカサスを抜けてトルコ方面で活躍する。

学園があらかたの抗不安妖精を管理下に置いたため、国内の一部の好事家は
未知の刺激を求めてパーミャを召還、「赤いれきそ」の名でその希少さを
称えた。度々れきそと比較されたためにパーミャもれきそに興味を覚える。
いつの日か邂逅(うちあい)を…と思っていたが2016年10月、異端の妖精として
国外永久追放が決まってしまい、その願いは果たせずに終わった。

…と適当書きましたが、飲んだこと無いし患者の評判も聞けないので薬としての
性能はさっぱり分かりません(笑 なので構造式から類推してみましょう。

フェナゼパムは古典的な1、4-ベンゾジアゼピンで、その構造はブロマゼパム
(レキソタン)によく似ています。上部構造は全く同じで、下に引っ付いてる
のがクロロベンゼン環かピリジン環かの違いです。どちらもジアゼパムの系譜
である2-ケト N-デスメチルジアゼパム系に属しますが、実は下がピリジン環に
なっているのはベンゾジアゼピンファミリーの中で唯一レキソタンのみなので、
この意味ではフェナゼパムの方が正統なジアゼパムの姉妹のように見えます。
f0133373_01342242.jpg
ベンゾジアゼピン環7位についている臭素(-Br)ですが、これは正直薬剤的に
強い官能基ではありません。ハロゲン内上位3種で比較すると、電気陰性度は
フッ素>塩素>臭素の順で、電気陰性度が強いと言うことは受容体に強く
結合するという事です。臭素は中途半端な結合力で、かつ分子量も大きいので
受容体に対する据わりが悪く、すぐに受容体と結合する機会を逃してしまいます。
レキソタン(2~5mg)が同じデスメチル体であるワイパックス(0.5~1mg)と較べて
高用量になっていたり、レンドルミンがほぼ同じ構造であるデパスに較べ弱い
薬であると言われるのはこういう理由によります。

従って写真のフェゼパムも、1mg錠ではほとんど効果が現れないのではないで
しょうか。一応下部ベンゼン環に塩素が付いてるのですが臭素のサイズが大きい
ので、受容体への結合性にはあまり寄与しないでしょう。実際フェナゼパムの
臨床力価は3~5mgくらいと言われています。

代謝の面ではどうでしょうか。フェナゼパムの代謝は大体他のベンゾジと同じ
経路をたどります。最初に3位にヒドロキシル基(-OH)が付き、それをフックと
してグルクロン酸が抱合し、水溶性物質となって排泄されます。この最初に
-OHが付くのに時間がかかるので、ベンゾジは一般的に半減期がかなり長いです。

フェゼパムの半減期は15~60時間と言われており、大体他のベンゾジと
合致しております。長い半減期を克服したベンゾジ系抗不安薬はレキソタン、
デパス(リーゼ)、ソラナックス、ワイパックスの5種しかありませんが、
それぞれ現在も強い人気をもつ主力抗不安薬となっていますね。

構造の似たようなレキソタン(約10時間)はどうして半減期が短いのでしょうか。
それはブロマゼパムに特徴的なピリジン環が影響していると考えられます。

ベンゾジアゼピンの代謝がが何故3位のヒドロキシル化から始まるかと言えば、
ベンゾジアゼピン構造で2位のケト基と4位の窒素の間の部分が一番極性が高い、
すなわち水に馴染みやすく、代謝酵素が-OHを植え付けやすいためです。
ではベンゼン環とピリジン環ではどちらが水に馴染みやすいかと言えば、
N原子の電子が余ってる分ピリジンの方が馴染みます。言い換えれば水をより
多く引きつけます。水が多いとどうなるか。代謝酵素による3-OH化より先に
加水分解によってベンゾジアゼピン構造が壊れてしまうのです。

この壊れたブロマゼパムはアミノブロモベンゾイルピリジン、ABBPと
言われており、もちろん抗不安活性はありません。ジアゼパムやメダゼパムでも
このような開裂は起こりますが、代謝物のほとんどが開裂物であるのは
ブロマゼパムの大きな特徴です。これが半減期の短い理由です。

ワイパックスは最初から3-OHがついていますし、デパスやソラナックスは
トリアゾール環という極性の高い環を付加することで別系統の代謝経路を
辿ります。ロシュ社が作った内服ベンゾジアゼピン8製品の中で短時間作用型は
レキソタンだけで、抗不安薬として特別に調整された薬という印象を受けますね。

と言うことで、フェナゼパムとブロマゼパムは構造式こそよく似ていますが
5mg飲めば効果はほぼ同じ、ただし抜けの良さは大幅に抑えられている薬で、
日本に導入する意義は低いと言えるでしょう。処方せん無しで輸入出来たのが
唯一のメリットでしたが、それも昨年で無くなりました。そもそも昨年までは
デパスが個人輸入出来ていたので、輸入薬の中でもランクの低い薬だったと
思われます。1975年に合成されたと言うことなので、ロシュがあらかた特許を
取ったベンゾジアゼピンから何とか新しい派生物を作ろうと苦心したのでしょう。
希少性は高いですが、規制される前も後もあまり乱用問題には影響しなさそう。

途中からなんかレキソタンの解説になってしまったような…
これで向精神薬擬人化その1の代わりになってくれたじゃろうか(待て
[PR]
by haya by hayanoya | 2017-01-30 02:08 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(13)
        TOPに戻る▲
        
マルそうでマルくない 少しマルいデパス
HoI4からのヴェスタリアサーガコンボでSLG漬けになってて気づけば10月。
なんかTシャツ一枚だと寒いなーと思ってました。季節過ぎるのホント早いわー。
秋アニメは夏と違って豊作ね。まほいくとかガーリッシュとかユーフォ2とか
WIXOSSとか雰囲気がギスギスしてるアニメばかりで俺的には大好物です。

今年はマル向業界にとってネガティブなニュースばかりで正直テンションも
上がらないのですが、さすがにこれは取り上げなければなりますまい。

デパス・アモバン両選手、遅ればせながら向精神薬3種に指名!

今さらすぎるにもほどがありますね。1990年に改正麻薬・向精神薬取締法が
成立して以来実に26年、野放しにされ続け処方拡大の一途をたどったデパス様に
とうとう法の網がかけれられました。長い間先輩薬剤師たちを悩ませ続けてきた
「なんでデパスはマル向じゃないんですか?」という後輩の質問にようやく
ケリがつけられることになり喜ばしい限りですね。

つか、マル向って何?という方のために少しおさらいしておきましょう。

精神状態に影響を及ぼすおそれのある薬、これを向精神薬と呼びます。

よく抗精神病薬と混同されますが、抗精神病薬は統合失調症に使われる一部の
薬のみに使われる用語です。それに対し、向精神薬は精神状態に影響を及ぼす
全ての薬を指します。従って、睡眠薬も抗うつ薬も抗精神病薬も広義では
向精神薬扱いです。

しかしその向精神薬の中でも短時間で気分を落ち着けたり、逆に上げたりする
薬はその作用の劇的さから乱用される可能性があり、管理や投与日数に制限が
かけられることになりました。これが90年に改定された麻薬・向精神薬取締法。

かつての日本では睡眠薬類に対する意識はおおらかで、「習慣性があるから気を
つけなよー」という程度の扱いだったのですが、WHOでは70年代に既に
「向精神薬に関する条約」なるものが成立しており、欧米で問題視されていた
ベンゾジアゼピン乱用を国際的に規制物質として取り締まる動きがありました。
日本はこれを1990年にようやく批准し、他国と足並みを揃えることになります。

このため日本で発売されている向精神薬のうち睡眠薬・抗不安薬・精神賦活剤などは
軒並み取り締まりリストに追加されました。取り締まりを受けた薬剤は
向の字をマルで囲った記号をパッケージに刻印されます。いわゆるマル向です。
マル向に指定された薬剤は他の医薬品と異なる鍵のついた場所で保管され、
伝票などもより長期間保存する必要があります。また最大の特徴として
医師が一度に処方できる最大処方日数が制限されます。

平成14(2002)年の改正ではマル向の基本処方日数制限は14日で、一部例外的に
抗てんかん薬が90日分、多くの抗不安薬・精神刺激薬が30日分までとされて
いました。ところがメンタルクリニックは増加し患者も増える一方、不眠症の
患者が服薬しながら就労するのも当たり前になってくるとさすがに睡眠薬の
14日縛りは不便です。そこで多くの睡眠薬の処方制限は平成20(2008)年に
抗不安薬と同じ30日分となったのです。

処方医と薬局にとっては他の薬と同じ日数だけ出せるようになって仕事が楽に
なりましたが、これが欧米と同じくベンゾジアゼピンの乱用を招き、結果として
エリミンやベゲタミンの製造中止に至ったのではと考えると少し皮肉です。
まあ14日時代でも倍量処方は横行していたので制限を続けていてもあまり
変わっていなかったかもしれませんが。

多くのマル向達が日数制限の枷をはめられてた状態で、デパス(とアモバン)は
マル向の指定リストから外れており、普通に100日分とかの処方が可能でした。
抗不安薬の中でも強力で、依存性もある短時間型のデパスがマル向指定から
外れていた理由はいまだにはっきりとしませんが、WHOにおける国際的な
規制物質のカテゴリー内にエチゾラム(とゾピクロン)が記載されていなかった
のが主な要因と考えられます。デパスはほとんど日本でしか流通していない
薬なのです。90年成立の向精神薬取締法は国際情勢の要求によって作られた
法律のため、日本の実情をあまり盛り込んでいません。国際規制物質リストに
無くとも自国で独自に指定することも出来たはずですが、その後長い間
リストが改正されないまま放置されたのは、あるいは安価なベンゾジを過剰に叩いて
高価なSSRIを売りつける精神科メーカーの宣伝に乗せられている欧米諸国に
押しつけられた規制物質法を忌避する気持ちがあったのかもしれません。

ともあれ、デパスがマル向に指定されることで現実的に何か変わるでしょうか?

大方の関係者の予想通り、デパス・アモバンともに投与日数制限は30日までと
制定されました。最近のレセプト調査によれば、どちらの薬も院外処方の
平均日数は27日前後だったとの事です。約1割の患者が30日を超過した日数を
処方されており、その方々には不便をかけるかと思いますが9割方の患者には
影響がなさそうに思います。向精神薬加算がつくことで多少薬代は変動するかと
思いますが、20~30円程度の変化なので大きな問題にはならないかと思います。
と言うことで、普通に処方されてる人には特に意識する必要はなさそうですね。

ちなみに、厚労省が先日発表した第一回NDBオープンデータによれば、日本で
昨年度一番処方された向精神薬はデパス錠0.5mgです。入院・院内・院外処方を
含めれば、その数実に8億錠近く。デパスの1mgやジェネリックも含めた数字だと
12億錠以上となります。抗不安薬2位のソラナックス群が4億錠ほどなので実に
3倍近くの圧倒的シェアを誇り、院外処方薬の総合でも10位に入る「国民薬」と
なっております。マル向に指定されることで多少シェアは落ちるかと思いますが、
それでも向精神薬部門不動の一位は譲らないのではないでしょうか。
(このNDBオープンデータは非常に興味深い内容なので、ランキング大好きな
方々は一読してみると面白いと思います。これがタダで見れるのは厚労省の
数少ないグッジョブと褒めておきたい)

このシェアのせいで大概の薬局ではデパスまたはエチゾラムジェネリックを
500~1000錠単位の大箱で購入しております。今回の指定によりこれを鍵付きの
場所に保管しなくてはならなくなり、引き出しスペースがねーよ!と嘆く
管理薬剤師もいるのではないかと思います。ほらここにも一人。
薬局什器販売業者にとってはビジネスチャンスかもよ?

ただ一番影響が出るのは、おそらくエチゾラムの個人輸入関連でしょうね。
海外で発売されている医薬品は個人輸入という形で処方せん無しで自費購入する
ことが出来ますが、マル向に指定されるとこれが一切出来なくなります。既に
ほとんどの輸入サイトでは取り扱い禁止になっているかと思います。今回の
規制ではエチゾラム(デパス)とゾピクロン(アモバン)の他、フェナゼパムと
いう名のレキソタンに似た構造を持つベンゾジアゼピンも指定されています。
フェナゼパムは旧共産圏で70年代に発売された抗不安薬であり、日本では
発売されていませんが、これも個人輸入サイトでは常連薬だったようです。
今回の規制はベンゾジアゼピンの個人輸入を撲滅するのが主目的だったのでは
ないかと私は邪推しております。

まぁともかくこれで、長い間矛盾が生じていたデパス何者問題にはひとつの
決着がつきました。相変わらずリスミーとかレスタスにはなんの処置も執られて
ませんが、効果が弱かったり処方量が少なかったりで問題にはならないでしょう。
記念絵を描いておきました。おめでとうでぱ子!
何も考えずに配役したら4人中3人が前髪ぱっつんキャラになってしまった。
f0133373_02113873.jpg
…あも姐さんはすでにるね☆さんとして私マル向じゃないですわよ宣言をして
おります。見苦しい!

今回ゾピクロン(アモバン)は規制されましたがエスゾピクロン(ルネスタ)は
規制されてないんですよ。なのでルネスタは普通に30日を超えて投与可能です。
これもおそらく外国がらみで、米国規制物質法にエスゾピクロンが指定されて
ないからという理由ではなかろうかと思いますが、ポスト大塚を狙ってる
エーザイが厚労省にネゴったのでは?とも考えられます。実際これを受けて、
エーザイMRの内科・精神科へのルネスタ売り込みに拍車がかかっているようです。
新時代睡眠薬はロゼレム・ルネスタ・ベルソムラ!あぁまた新たな矛盾が。
後輩薬剤師達は「なんでルネスタはマル向じゃないんですか?」と先輩を
いびる時代になりそうです。

あ、あとデパスとアモバンに投与日数制限がつくのは11/1からです。従って
10月末までは両者ともマル向なのに日数制限が無いという不思議な存在と
なります。10/14~10/31まで、この微妙にマルいデパスを眺めて日本の
向精神薬問題に思いをはせる秋もよいかもしれませんね。
[PR]
by haya by hayanoya | 2016-10-23 02:18 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(20)
        TOPに戻る▲
        
Tears of Rohypnol
ゴールデンウィークを10連休で楽しめない93.7%の方々、お元気ですか?
薬局勤めの私は当然暦通りでお仕事です(泣
仕方ないのでヤケ酒を作ってみる企画。

既にご存じの方も多いとは思いますが、昨年11月にロヒプノールは突如
剤型変更されました。タダでさえドドメ色のPTPに変更されてぐんにょり
していた私はブルーになった錠剤を見てさらにブルーになったのです。
個装箱もご覧の通り、「ステータス:どく」みたいになりました。
f0133373_01425683.jpg
f0133373_01420729.jpg
この変更の理由はと言われればただひとつ、ロヒプノールを酒に混ぜて
よからぬ事を企む奴らが増えてきたからです。以前のロヒプノールは
ハルシオンなんかより遙かに溶けやすく、それ故に危険ということを
昔ブログにも書いた気がするのですが、ようやく今になってそれが改良された
わけですね。まぁ製造中止になるよりは全然マシなのですが…。

問題は日本ロシュ伝統の刻印である「ROCHE172」を消し、中外の刻印を
押しつけたことです!これによりロシュの面影はPTPから完全に無くなり、
なんかパチモン臭い薬に成り下がりました。エーザイのレキソタンですら
昔のデザインに敬意を払って包装変更されてたのに、ロシュ子会社の中外が
こんな包装を作っていいのか!ふざけんな!エディロール包装統一しろ!(本音

…と個人が憤ったところで刻印を戻すことができるわけも無いので、
その青くなった錠剤とやらにどれほど効果があるのか、ちょっと実験で
試してみました。ウチのブログには珍しく写真多めで載せております。
画像が重いのでナローバンドの方は注意して下さい。

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2016-05-02 02:17 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(37)
        TOPに戻る▲
        
ハナガサイタヨ
デレステ難い…フリックあんなに複雑だとか聞いてないよ…
MASTERフルコンに可能性を感じません。
ていうかデレステやってるとスクフェスのリズムが狂う。何故?
どっちもイベントに突入してて掛け持ち辛いわ-。やるけど。

ということでひたすらデレステにはまってる毎日ですが、ふと気がつくと
なんかジェイゾロフトのPTPに花が咲いてるではないですか!
季節外れのヒマワリ。あー今年の夏は短かったからなぁ…って違う!
これは!ジェネリックの発売が近づくとあざとい包装をしてくる法則!
ぱきるちゃんはCR変身という醜態を晒しましたが(ひどい)、どうやら
ぞふぃーさんは服を着替えるだけに留めたようです。
大輪のヒマワリが目を引く綺麗なPTPで割と好き。願わくば最初から
(ていうかジェイゾロフト擬人化する前から)このPTPにしてほしかった…。
f0133373_13193969.jpg
医薬品のジェネリックというものは大体6月と12月に発売されるのですが、
今年の12月はパキシルに続く大型SSRIであるジェイゾロフトにジェネリックが
出ると言うことで、にわかに業界が活気づいております。
ジェイゾロフトはOD錠とか出してきたので、ジェネリックも6種類用意
しなければなりませんね!素晴らしい嫌がらせ!(主に薬局に対して

ジェイゾロフトが発売されたのは2006年4月なので、ほぼ10年経過したことに
なりますね。もっとも主要先進国では1990年前後で発売されているのでとっくに
陳腐化しており、2015年までジェネリックが無かったのは例によって日本だけ
だと思います。なのでメーカーも最後の聖域を守ろうと悪あがきをしたがり、
パキシルCR錠だのジェイゾロフトOD錠だの出してくるわけです。薬局にとって
余計な規格を増やされる事は調剤過誤の原因にもなり迷惑でしかないのですが、
まぁこのブログ的にはネタが増えるのでよしとしましょう(笑

昨今は添加物も含めて先発品と全く同じ組成をしたジェネリック、いわゆる
「オーソライズド・ジェネリック(AG)」というものが話題となっています。
日本では(海外でも?)、先発品メーカーが自社製品のジェネリックを作る事は
できません。しかしその不文律の隙を突いた存在がAGです。、
先発品メーカーがジェネリック製造用の子会社を立ち上げるか、既存の
ジェネリックメーカーと合弁会社を作ったり買収したりすることで、先発品の
製剤技術をまるごとコピーしたジェネリックを作る事ができるのです。
AGが売れればAG製造会社が儲かるわけですが、間接的にその親会社である
先発品メーカーもライセンス料などで潤うことになるわけです。

AGは実質的に、名前の変わった先発品を安値で売っているようなものです。
ジェネリックが嫌がられる最大の要因は「本当にちゃんと先発品と同じ効果が
あるのか?」という事なので、AGであればその懸念は全く無くなることに
なります。患者的には安心を、医療機関的には説得力のあるジェネリック推進を、
そしてメーカー的には先発品よりも安定した売上を(なにせジェネリックなので
特許切れが存在しません)、という三方にお得なAGは、大型医薬品が次々と
特許が切れていく今後、より普及していくことになるでしょう。
普通のジェネリックより割高なので薬局的には人気薄ですが…。

もっともこのAG、ほんの数年前まで日本には存在しませんでした。結局AGは
先発品メーカーが形を変えて自分トコのジェネリックを作っているわけですから、
既存のジェネリック業界は当然反発します。ジェネリックメーカーの中には
高い製剤技術を持ち先発品メーカー医薬品の添加物を作っているところも
あるので、余計な軋轢を作りたくない先発品メーカー達はAGという存在が
有効であると認知しながらもなかなか作ろうとしませんでした。

AGを日本で最初に作ったのは、空気が読めない外資メーカーのサノフィです。
サノフィは日医工という大手ジェネリックメーカーと合弁会社を作り、
自社製品アレグラのAGを作りました。次いでこれまた外資系のノバルティスが
自社製品ディオバンのAGを作ります。これだけならさほど話題にはならなかった
のですが、その次にAGを作ったのは国内最大手かつ空気を読まないw武田薬品。
タケダがやるなら仕方ねぇな(マジありがてぇ)という事で次に手を出したのは
第一三共でした。今のところAGを作っているのはこの4社だけになりますが、
自社系列のジェネリックメーカーを抱えているGSK、エーザイ、大塚あたりは
今後自社製品に対してAGを作ってくる可能性が高いと思います。

今のところAGが発売されてる先発品の一覧:
2013.06 アレグラ :サノフィ→日医工サノフィ(SANIK)
2014.06 ディオバン :ノバルティス→サンド
2014.09 ブロプレス :武田→あすか製薬
2014.12 クラビット :第一三共→第一三共エスファ(DSEP)
2015.06 プラビックス :サノフィ→日医工サノフィ(SANIK)
2015.12 ユニシア(予定) :武田→あすか製薬
2015.12 エックスフォージ(予定) :ノバルティス→サンド
(ただしあすか製薬は武田の完全子会社ではないので、あすか製品は
AGとしての工程で作られてはいないらしい。欺瞞!)


何故唐突にAGの話をしたかと言えば、ジェイゾロフトにAGは出ないからです(泣
ファイザーは数年前から国内でマイランと提携しており、ジェネリック販売を
強化してきました。これは当然ジェイゾロフトAGを販売するための布石!だと
思っていたのですが、結局マイランとは提携に留めたのみで子会社も合弁会社も
作らず、自社製品をAGとして販売する戦略をハナから放棄しています。せっかく
精神科薬初のAGを出すチャンスだというのになんという消極!ブッダファック!

…どうも、100~200億円/年程度の売上ではAGを作る程の動機にならないそうで。
先発品メーカーの影があるとは言え実際販売するのはあくまで子会社。
AGはマージンを抜かれるので子会社的には利幅が薄く、なるべく作りたくない。
一定以上の売上が見込めるならいいが年商200億程度の薬でAGを作るのは
プロモーションや値引きも考えるとデメリットが大きい…という判断でしょうか。
ジェネリックの切り替え率を50%、薬価を先発の6割、AGのシェアが5割とすれば
年商200億の先発で200x0.5x0.6x0.5=30億程度になります。ジェネリックとして
見れば十分な売上ですが、利益の薄いAGでは少々寂しい数字なんでしょうね。

AGは患者にとって嬉しい選択肢ではあるのですが、残念ながら今後も大型医薬品
に対してしか発売されないかもですね。

ジェイゾロフトの年商は2014年で230億くらいなのでアウトのようです。
年商350億くらいのクラビットでAGが出たことを考えると、損益分岐は最低300億
位でしょうか。日本でそれだけ売れてる精神科薬なんてジプレキサ(570億)と
エビリファイ(380億)くらいしか無いよ!…ということで、精神科薬初のAGは
このどちらかか。リリーはジェネリック戦略に積極的じゃないから来年6月の
ジプレキサ特許切れには間に合わないかな。じゃぁエビちゃんだな。

まぁ包装変更程度でジェネリック変更を押しとどめられるとは思いませんが、
理由が何であれメーカーが今まで適当に作っていたPTP裏のデザインに技巧を
凝らし始めたのは(擬人化イメージが膨らむので)よい傾向だと思います。
この調子でいけばエビリファイジェネリックが出る2017年くらいには
萌えキャラの一人も描かれることになるでしょうね!(ならねーよ
せっかくなのでぞふぃーさんも衣替えさせてみました。森ガール風味を狙うも
配色が原色なので全然そう見えないのは私の擬人化によくある事です。
f0133373_13240282.jpg
最近はGS1コードをつけるついでに結構デザイン変更をしてくる薬がチラホラ
出てきておりますので、ついでに他の連中も包装変更させてみました(笑
画像が重いのでつづきに載せます。

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2015-09-27 13:58 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(44)
        TOPに戻る▲
        
向精神薬擬人化その43:ベルソムラ
いつの間にか1年以上過ぎとる!?
いやー実に長いこと放置しまくってました。
こまめにコメントを頂いて誠に申し訳ないです。
ぼちぼち返信を入れさせて戴きます。

リアルが忙しかったのだと言うとリア充っぽくて格好いいのですが
どうにも全くそんなことは無く、単にスクフェスにハマっていただけです(汗
いやー反射神経も動体視力もリズム感も無いと音ゲーってキツイっす。
超難関フルコンするのはいつの日になるやら…でも多分デレステも手を出すw

さて件のベルソムラですが、擬人化するつもりはむろんあった!…あったのだが
MSDの凡庸なパッケージと薬としての無個性な性能にイメージがまるで湧かず、
3回くらい描き直してようやくこじつけました。
※年数が経っていても画力が上がらないのは仕様です。むしろリハビリが必要。

f0133373_1513572.jpg一般名はスボレキサント。
規格は15/20mg。
愛称は「べそ村さん」。

特にさん付けしていることに
意味はないですが、なんか
呼び捨てが憚られるので。

MSDは業界No.1のインテリ会社なので
ちょっと偉そうな学士さんタイプが
お似合いなのですよ。

MSDといえば「白骨」とまでいわれるデザインしづらい真っ白で画一的な
個装箱が有名ですが、それをモチーフにすると思い切りとり乃先生と被るので
今回は無視する方向で。青は20mg、赤紫はベルソムラのシンボル?カラー。
デコの広さで頭の良さを演出。前髪切り過ぎちゃった系描いたこと無いので。
ダボダボ気味のアカデミックガウンは無駄にサイズのでかいPTPを現しています。

学士帽はまんま20mgPTPです。錠剤を頭に乗っけるのはロシュ直系だけという
学園の擬人化ルールに違反しているような気がしますが、まー彼女は次世代
睡眠薬の教導者的存在なので問題無いでしょう(いい加減
肩にかけてるケープを広げるとMSDマークになりますが分かりませんね。

右手に持ってるのは医師から患者まで幅広く愛用されている医学の聖典、
「メルクマニュアル」でございます。てことは一応医学生なのか?学園には
既にアミノフ先生という校医がいたような気がしますが、セクハラしてばかりで
評判が悪いので彼女を後釜に据えるつもりなのかもしれません。

性格はとにかく「退屈」の一言です。

もうとにかく一般的なことしか言わない。医師よりも公務員に向いてます。
話を膨らませる能力が決定的に欠け、「人それぞれ」「ケースバイケース」で
会話をシャットダウンさせてしまうテンション下げる系女子。適度な運動と
食事と睡眠をとれば病気なんて起こりませんから、とか言っちゃう。
やる気の源オレキシンを遮断する彼女に相応しい人となりと言えましょう。
アミノフ先生とは別ベクトルで嫌がられそうなお医者さんの卵です。

趣味は寝ること。成長ホルモンが出るお肌のゴールデンタイムを信じており
夜10時からきっちり10時間睡眠を取っています。おかげで肌は綺麗ですが、夢を
見せない魔法力のせいか平坦な胸はいつまで経っても残酷な現実のままです(笑

メルク家はドイツ系米国人の一家で、才人を多数抱える非常に優秀な一族だが、
本国学園とのつながりは意外にも薄く、わずかにDクラス准教授のとり乃、
旧オルガノン家の養女であるれめる・てとらを輩出するのみである。

べそ村さんはとり乃以来久々に生まれたメルク家直系の学園生であるが、
入園当初から既に新人としてでは無く、学園全体のナレッジを向上させる存在と
して期待されている。またBクラスは酔っ払いやジャンキーなどの性格破綻者
ばかりが集まっているので、そういった連中の性根を矯正する役割も求められて
いる…のだが今のところ講演が忙しくてクラスにあまり顔を出せていない。
クラスメイトよりも学園の技官達にモテモテである。

ただ彼女の能力は外見上平凡な(むしろ弱めの)魔法なので、クラス連中には
さほど脅威と感じられていない。担任のべざり先生にはよくある中長期型被験生
としか思われておらず、ちゃんとクラスに溶け込めるか心配までされている始末。

だが創薬王メルクの血筋は良かれ悪しかれ世代交代を決定づける力を持つ。

かつてTCAのとり乃がりた率いるMAOIの勢力を壊滅せしめたように、
べそ村さんの到来もまた、BZD睡眠薬時代の終局を予感させるのであった。
そしてその変革の波は、この後すぐに訪れる…。

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2015-08-27 02:29 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(30)
        TOPに戻る▲
        
ご無沙汰しております。
ボーッとドル円チャート見てたら前回の更新から4ヶ月が過ぎていてびびった。
いつの間にか夏アニメが終わって秋アニメが始まってるよ!
今のところキルラキル・凪のあすから・夜桜四重奏が今期TOP3ですね。

アルペジオは原作ファンガッカリ物だと思ってたけど結構いい出来。
なお艦これブームのせいで軍艦擬人化業界が混乱している模様。
薬擬人化もブラウザゲーム化してブームになってくれないもんかねぇ。

そんな私のメンタル…もとい、メンヘルモデルが収録された擬人化本が
だいたい完売しました。Eクラス編はまだそれなりに残ってますが、A~Dが
完売したのでおそらく足は止まるでしょう。

なので通販時にオマケでやってた好きな薬アンケートの集計を行いたいと
思います。C/Dクラス編再版の時に集計するの忘れていたので、今回のは
2年分の合計です。ではどーぞ!
f0133373_3202330.jpg

はい、でぱ子さん圧勝です!25票獲得で前回2位からトップに返り咲き!
やはり日本人とは切っても切れない薬。ジャパニーズエッセンシャルですね。
2位はEクラス編発売の影響でしょうか、ラミクタールが票を伸ばしており、
ロリっ子が1・2フィニッシュを飾るという誠にウチのブログらしい結果となりましたw

3位のエビリファイは2013年集計で最も票を伸ばし、圏外から一気に大躍進です!
内資の薬はやっぱり応援したいですね。適用が広がったのでこれからも期待です。
同率3位のサインバルタは上位の常連。これもいちおう内資の薬になるのかしら。
やたら可愛いピンクのカプセルと不釣り合いなバカ高薬価のギャップにメロメロです?
同じく常連だったレメロンはランクダウン。さすがにインパクトが薄れてきたか。

ジェイゾロフト・レクサプロはマイルドなロングタイプSSRIでどちらも堅実な人気。
レクサプロの売上はちょっと苦戦してるみたいですが、ジェイゾロフトも最初そんな感じ
だったので大丈夫!? 不安障害に適応を広げて一気に顧客を伸ばしたいところ。

ハルシオンが堅実に票を稼いでる一方で、三大ロリっ子の一人であるマイスリーは
トップ5から転落です。ジェネリックが発売されると人気が落ちるの法則。ジェネの
ゾルピデムOD錠「KN」は意外と苦みもなく水無しで口内で溶けるのでおすすめ。
マイスリーの苦みがイヤな人は試してみるもご一興。どや宣伝したったぞ小林化工!

パキシルはCRが発売されてもランクダウン。これもジェネリックでたからな…。
まぁ元々不人気な薬なので妥当なところでしょう。レキソタンはあと一歩でトップ10に
食い込めたのになぁ。ベンゾジが減って抗うつ/抗BD剤が増えたのも時代の流れか。

今回は最後の集計なので各クラス別ランキングもついでに集計します。Cクラスは
ほとんど上がらなかったので除外。DとEに集中したのでこの2クラスはトップ10で。
f0133373_3204327.jpg

…A/Bクラスはおそらく今後もほぼ変わることの無い順位でありましょう。鉄板です。
Dクラスは最近の薬ばかり上位に来ているので、今後新しい抗うつ薬が発売されるに
従ってランクが変動するものと思われます。とりあえず武田/ルンドベックの
ボルチオキセチンや、大塚のブレクスピプラゾールあたりが有力候補。
抗うつ薬は外資ばかり目立っていたので、内資の巻き返しを期待したいですね。

双極の治療薬は創成するというよりも発掘するという感じなので、Eクラスランキングも
あまり変動はないかも。今後の発展は大日本住友のルラシドン日本逆上陸、
セロクエルの徐放錠発売(と同時に双極適応追加)あたりでしょうか。統失系ばかり
でなく他の分野の発掘も頑張って欲しいところです。高い薬ばかりでなくデパケンや
リーマスも外すことが出来ないのがEクラス編の面白い部分なので。

という事で、薬の擬人化をこれから目指される方に参考にして頂けると幸いです。
f0133373_3221084.jpg

以下にアンケート全結果を記しておきます。
トップ10が擬人化出来てる薬でよかったよ!

私の今年のフェイバリット薬はディレグラでしょうか。馬鹿にしてたけど意外と
鼻炎も収まるし眠気も出ないし小青竜湯より飲みやすい!
どや宣伝したったぞサノフィ!

デパス25
ラミクタール17
エビリファイ14
サインバルタ14
ジェイゾロフト13
ハルシオン12
レクサプロ12
レメロン/リフレックス11
マイスリー9
パキシルCR9
レキソタン8
デパケン/R8
アモキサン7
ジプレキサ7
リーマス6
リスパダール6
リリカ6
リボトリール5
ロヒプノール5
コンスタン/ソラナックス5
セロクエル4
デジレル/レスリン4
レンドルミン4
トレドミン4
メイラックス4
ベゲタミンA4
モディオダール3
アナフラニール3
ドグマチール3
トピナ3
トラムセット3
バルネチール3
ロゼレム3
ワイパックス3
アモバン2
セレネース2
テグレトール2
ホリゾン2
ムコスタ2
リタリン2
ルボックス2
レグナイト2
レボトミン2
ロナセン2
アイミクス1
イルベタン1
インデラル1
エバミール1
エンシュアコーヒー1
葛根湯1
ガバペン1
グリベック1
ザイボックス1
ザンタック1
ジオン1
西瓜糖1
ストラテラ1
ゼプリオン1
ソフティア1
タケプロンOD1
トリセノックス1
ドルミカム1
ニューレプチル1
ノリトレン1
ノルレボ1
プラミペキソール1
ブリプラチン1
ベタナミン1
ミニリンメルト1
ヨーデル1
抑肝散1
リレンザ1
ルーラン1
ルジオミール1
ルネスタ1
ロルカム1
[PR]
by haya by hayanoya | 2013-10-28 03:39 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(28)
        TOPに戻る▲
        
入稿しますた。
で、出た~w Win7が使いこなせなくてXPで作業奴www

わ た し で す \(^o^)/

indesign後方互換性無さ過ぎワロリッシュwww
メインPCをWin7搭載機に変え、AdobeCSを入れたはいいが
今までずっとindesign2.0で作ってた原稿が不具合おこしまくりです。
Illustrator10で作ってたフォントも崩れるし、もう何なのこのCSって!

レイアウト崩れるのが怖いので、結局全部昔の環境のXPでこしらえました(汗
そのXP機も電源が入らなくなったりHDDがイカれたりとToLoveる連発。
シャットダウンさせたが最後起動しなくなりそうなので電源いれっぱで
作業してましたが、ようやく入稿できて一息つきました…。

まぁそういう苦労をしたからと言って内容のクオリティが上がるわけも
無いので、いつも通りの仕上がりになってます。
というわけで新刊「ちびまる向ちゃんE 気分安定薬編」を冬コミで頒布します。
12/31(月) 西1ホールら-25a 鮠乃屋にて。
f0133373_21215314.jpg

f0133373_21221581.jpg

f0133373_21223379.jpg

気分安定薬(っぽいものも含めて)10種を掲載。60ページ。価格は500円です。
f0133373_2123040.jpg

しおりもいつも通り1冊にランダムで1枚挟んでおきます。
全10種。500円でセット売りも行います。
バラ売りはいたしませんので悪しからず。

手元にある旧刊(CとD)も少し持ってくので、通販めんどくさいという方は
一緒にお求めになればいいじゃない!

なお、ご好評頂いた「ちびまる向ちゃん」シリーズは、このEクラス編をもって
一応完結とさせて頂きます。描きたい擬人化は大体描いたと思うので。
今後コミケに参加するかどうかは今のところ未定ナリ。
この数年、夏と冬は締め切りに追われる日々を過ごしたので、少しゆっくりします。

さしあたりはエヴァQを見る。そして「やっぱ旧劇だよ」とか言ってうざがられる。
んで思い出したようにペーパーとPOPを作る。
年末大掃除?掃除は年末にするものといつから錯覚していた…?
[PR]
by haya by hayanoya | 2012-12-05 21:36 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(34)
        TOPに戻る▲
        
向精神薬擬人化その41:デパケン
おかしい…一年で一番暇なはずの時期に仕事で忙殺されてるってどういう事よ?
患者も来てないのに!夏コミも終わったのに!

職場と自宅のPC環境がWin7に一新されたせいで何もかも捗らないぞ!
Win7のファイルの共有ってこんなに面倒くさいのか…エクスプローラが
異常に使いづらいっ!?なんでフォルダ変えるたびデカサムネイルになってんの?
あぁっタイムカードソフトもオンライン請求もろくに動かないのに
地獄の棚卸とレセプトが始まるぅあ!!!そして夏休みが終わって子供らが(ry

…というわけで、通販の開始は遅れに遅れましたが、何とか明日に始められそう
です。すいません…。
現実逃避のために、Eクラス一の癒し系・デパケンでも擬人化しよう。
デパスと名前が似てるので、愛称がなかなか決まりませんでした。

f0133373_1433979.jpg一般名はバルプロ酸ナトリウム。
規格は100/200/R100/R200/
細粒/シロップと豊富。
愛称は「れね香」で。
「DepakeneR」を逆から読んだ感じでひとつ。
…全部読むと「れね香・ぺど」だな。
じゃぁペドキャラで(ヲイ

包装も薬理もモブっぽいので、
いかにもモブ子なデザインに
してみました。田舎町で

パン屋の売り子をしてるイメージ。きれい好きでセッケンの香りがする。
デパケンRよりもデパケンの方がカラフルなので、配色はデパケンをメインに。
デパケンRの剤型上、巨乳キャラにすべきか…とも思いましたが、じぷりーと
キャラが被るのでボツになりました。マトリックス構造は偽乳っぽいしね!

地味系女子の共通スキルとして、料理は上手。協和発酵でスキルを磨き、パンを
膨らませたり酒のアテを作ったりするのがめっぽう得意。
左手に持ってるかき氷にはデパケンシロップがかかっています。どんなに
食べてもキーンッてならないよ!偏頭痛予防だからね!おなかは壊すけど。

小児用てんかん目的で開発されたこともあり、外見通りの姉キャラで子供好き。
泣いてる赤子をあやし倒すテクは学園随一である。クラスでも姉属性を発揮し、
特に見た目が幼女のみくに対して過剰にお節介を焼いてしまう。度を超すと
鬱陶しがられるが、基本みくはアホなので褒められることに弱く、お互いの
関係は比較的良好である。

米国生まれのフランス育ち。グルノーブル地方のベルチェ家で育つ。
カストル出身のとと美とは幼馴染みで、どちらも田舎臭い。
実家で子供向けのブリオッシュを作って販売していたところを、もやし屋の
協和おじさんに見初められ、「日本にも是非その洋菓子を!」とスカウトされて
はるばる日本にやって来る。給食のコッペパンの不味さに辟易していた子供達に
自作のパンをふるまったところ、あまりの美味に脳波が収束するほどの衝撃を
与えた。以来彼女のパンは子供達を中心に、日本で広く知られるようになった。

しかし彼女のパンは日持ちが悪く、朝に作ったものが夜には溶けて無くなって
しまうというほどの不安定ぶりだったため、協和おじさんは自前の発酵技術を
使ってなんとか長期保存できるものを作り出そうと努力した。そこで作られた
のがマトリックス構造を内包したフランスパンばりの堅焼きブリオッシュで、
味は良いものの歯が欠けるほど堅く焼き締められており、アゴの丈夫な大人用
「R(Rated:R指定)」として発売された。固くて飲み込みづらいが腹持ちが良く、
Rもそれなりに売れるようになったという。

自己中心的な連中が多いEクラスにあって、非常に常識的で温厚な
性格をしている。このクラスでその性格を保てるのは尋常ではなく、
かえって彼女の異能性を際だたせている。彼女が仲介に入るとどんな
イザコザもうやむやになってしまう。まさに典型的な気分安定薬である。
(別に問題を解決してるわけではないので、れね香がいなくなるとまた再燃する)
抗てんかんカテゴリと抗精神病カテゴリは基本対立関係にあるが、
れね香がうまく仲介役(薬)を果たしている。さすがもと溶媒。

毬はリチウムを注入して無理やり安定させているイメージだが、れね香は
お茶請けとか作って場を和ますタイプで、鎮静と言うより停滞に近い。
でもちょっと立ち止まって頭を冷やすというのも大事なことなので、
毬とはちがったベクトルで、れね香の存在も学園的に重要視されている。
外見は地味だが、Eクラスで三指に入る実力の持ち主である。
(1位が毬・2位がけせらorじぷりー・3位がれね香…という感じで捉えられている)

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2012-09-02 01:51 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(12)
        TOPに戻る▲
        
やめて!私を使い回す気でしょう?ザイザルみたいに
夏コミに向けて全力集中!…と思いきやあまり上がってなかったり。
むしろ風邪引いたり湿気が鬱陶しかったり職場の什器が壊れまくったりと
テンションダダ下がり状態です。まぁ今回はマッタリ行きますので(いつもだ)

さて2000年に発売し、10年かけて市場を良くも悪しくも引っ張ってきた
パキシル様が、このたびようやく特許切れと相成りました。
ピーク時は500億を売り上げ、抗うつ薬市場の半分を占めたと言われる
化け物SSRIだけに、後発品も出るわ出るわ…実に参入メーカー28社。
薬品検索で「パロキセチン」と入力して、出てくる結果にウンザリする
今日この頃です。

とは言っても同時発売のマイスリー後発品の方が参加メーカー多いのね。
後発品同時発売で一番参入メーカーが多かったのはアムロジンで34社です。
その次がアリセプトの30社だったんですが、マイスリーは32社と2番手に。
さすがは人気ブッチギリNo.1睡眠薬だけありますね。口腔内崩壊錠も
いくつか出てますので、マイスリーの苦みを打ち消せる剤型があるなら
採用したいところです。まぁ多分どれも形ばかりのOD錠だと思いますが。
ちなみに田辺はマイスリー後発出さないようです。デパスの意地か!

24年4月からの改正で、今まで後発品の初出薬価は先発品の7割だったのが
6割に下がっており、薬価改正を待たずとも後発品に代える意義が高まり
ました。特に3割負担でパキシル40mgを飲んでる人は、
(184.7-110.9)×2×30日×0.3で、1ヶ月に1300円も安くなります!
後発は社会不安障害の適応をまだ取ってませんが、まぁあまり処方の
妨げになることはないでしょう。ガンガン代えるべし!

…そして、利に聡いGSKがこんな状況を指くわえて見逃すわけもなく、
当然のように悪あがきをしてきました。CR!パキシルCRです!
海外ではとっくの昔に発売しておりながら、日本では全く発売するそぶりを
見せなかった徐放錠を、このタイミングで発売してきやがりました!
パキシルは急激に血中濃度が上下する薬なので、徐放錠の方が良いに決まってる。
汚いなさすがグラクソきたない。おまけに最小包装が140錠とか、あもりにも
卑怯すぐるでしょう?ふざけやがって!サンプル見てこき下ろしてやる!

f0133373_22551845.jpg




……

………負けました。

畜生キャッチーじゃねーか!こんなファンシーな包装を見せられたら擬人化
するしかねーじゃねーかっ!クソッ…足下見やがって…ボロ…ボロ…

というわけで、ぱきる嬢CR(キュアリサイクル)Ver.が、今度のDクラスしおりに
追加される予定です。以下思いついた4コマ。

f0133373_22554872.jpg


性能については…まぁ別にいいですよね。Cmaxが上がりすぎないです!以上!
あとうつにしか適応取ってないそうです!だめじゃん!

胃で溶けないので嘔吐中枢の5-HT3を刺激せず、導入時の吐き気は少なくなってる
らしいんですが、離脱症状をノーマル錠と比較したデータは無いらしいです。
GSK的に、パキシルの離脱症状は無いことになってるんだから当然だよね!
パキシル錠の発売時は吉富がコプロやってたんですが、既にレクサプロを売ってる
吉富は敵なので、今回は大日本住友がコプロしてます。そのため大日本住友の
パキシル後発品は存在しないんですってよ奥様。

導入・離脱時の副作用が少ないから6.25mg錠を作らないんだと思ってましたが、
申請が間に合わなかっただけで普通に発売するそうです。もう好きにしてくれ。
GSK様の素晴らしい販売戦略にメロメロにされた私に出来ることは、
もはやぱきるを辱めることくらいです(マテ
[PR]
by haya by hayanoya | 2012-06-25 23:06 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(23)
        TOPに戻る▲
        
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.