トップ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
タグ
最新のコメント
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



タグ:ちびまる向ちゃん ( 98 ) タグの人気記事
by haya
        TOPに戻る▲
        
向精神薬擬人化外伝2:Phazepam
インフル今年は流行らんなぁ~と思ってた矢先に鬼流行!
イナビルが苦くて吐いたり泣いたりこぼしたり阿鼻叫喚な薬局模様の中、
ウィルスに塗れながらつつがなく仕事しております。

さて、昨年10月にエチゾラムが向精神薬として制定されたのは皆さんも記憶に
新しいとは思いますが、あの時規制されたのはデパスだけではありません。
エチゾラム、ゾピクロン、フェナゼパムです。

ゾピクロンはアモバンだからいいとして…フェナゼパムって何?
と、日本の薬剤師は誰もが思ったのではないでしょうか。
このフェナゼパム、日本では過去一度も発売されたことはありません。
1975年に旧ソ連で合成され、1978年から現在まで旧共産圏で
最も多く処方されたベンゾジアゼピン系抗不安薬の一つです。
ほとんどの抗不安薬が向精神薬規制されている中、輸入が可能だった
数少ない希少な薬でしたが、この度の規制でそれが不可能になりました。

今後手に入れられる可能性は限りなく低いので精神科的に重要ではないですが
昨年末ブログ読者の方からPhazepamの外箱(中身無し)をいただきまして、
せっかくなので擬人化させてみようと思い立ったのでございます。
刮目せよ!これがクレムリンに咲き誇ったベンゾジアゼピンだ!
f0133373_01323054.jpg
…すまねぇ、ロシア語はさっぱりなんで全く読めません(笑
製品名は「PHAZEPAM-ZN 1mg」だそうです。ZNは製造会社である
「ズダローヴィエ・ナロードゥ」社の略で、「人々の健康」と
いう意味だそうです。ズダローヴィエ単独だと「乾杯」になります。
ウォッカを飲む度に健康を祈るって、それヤバイ酒って認めてry

f0133373_01421690.jpgこのフェゼパムを擬人化させたのがこちら…ですが
これ初見で薬の擬人化と思う奴はいないのでは(汗

一般名はフェナゼパム。
商品名はフェゼパム?ファゼパム?
読み方があまり分かってませんがフェゼパムが一般的。

愛称はロシアっ娘らしく「パーミャ」ちゃんで。
学園生じゃないのでこの子もカタカナです。
パッケージが綺麗なグラデなのでそのままロシアっぽい
服に写し取りました。真ん中のは鉄板に見えますが一応
フェゼパムのPTPです。写真で見る限り地味なんです。

構造式的にレキソタンとよく似ているので、れきそとの対比で
銃を持たせました。ソ連といえばドラグノフですよね!(偏見
Cクラスのあせっとに続く暗殺系女子です。
筒先にはれきそのブロマイドが引っかけてあります。
-Brを持ってるBromideなので…というシャレ。

頭に乗せてる盆栽はフェナゼパムが何故かトルコあたりでBonsai Drugの通り名で
発売されてるのが由来です。大麻と混ぜて売ってるのか代替物として売ってるのか
知りませんが、非常に危険な物質という扱いをトルコでは受けているようです。

北の大地に順応するため無口。狙撃兵なので非常に辛抱強い。
伏射姿勢で60時間は芋砂できるが、ドラグノフの精度調整に苦労するので
ロックオンから狭叉して命中するまで最大4時間かかる。実戦には少し不向き。

学園発足当時は旧共産圏にいたためコネクションがなく、ソ連崩壊後もあまり
目を引く才能では無かったため学園への推挙も無かった。パーミャは日本とは
逆方向に歩み、コーカサスを抜けてトルコ方面で活躍する。

学園があらかたの抗不安妖精を管理下に置いたため、国内の一部の好事家は
未知の刺激を求めてパーミャを召還、「赤いれきそ」の名でその希少さを
称えた。度々れきそと比較されたためにパーミャもれきそに興味を覚える。
いつの日か邂逅(うちあい)を…と思っていたが2016年10月、異端の妖精として
国外永久追放が決まってしまい、その願いは果たせずに終わった。

…と適当書きましたが、飲んだこと無いし患者の評判も聞けないので薬としての
性能はさっぱり分かりません(笑 なので構造式から類推してみましょう。

フェナゼパムは古典的な1、4-ベンゾジアゼピンで、その構造はブロマゼパム
(レキソタン)によく似ています。上部構造は全く同じで、下に引っ付いてる
のがクロロベンゼン環かピリジン環かの違いです。どちらもジアゼパムの系譜
である2-ケト N-デスメチルジアゼパム系に属しますが、実は下がピリジン環に
なっているのはベンゾジアゼピンファミリーの中で唯一レキソタンのみなので、
この意味ではフェナゼパムの方が正統なジアゼパムの姉妹のように見えます。
f0133373_01342242.jpg
ベンゾジアゼピン環7位についている臭素(-Br)ですが、これは正直薬剤的に
強い官能基ではありません。ハロゲン内上位3種で比較すると、電気陰性度は
フッ素>塩素>臭素の順で、電気陰性度が強いと言うことは受容体に強く
結合するという事です。臭素は中途半端な結合力で、かつ分子量も大きいので
受容体に対する据わりが悪く、すぐに受容体と結合する機会を逃してしまいます。
レキソタン(2~5mg)が同じデスメチル体であるワイパックス(0.5~1mg)と較べて
高用量になっていたり、レンドルミンがほぼ同じ構造であるデパスに較べ弱い
薬であると言われるのはこういう理由によります。

従って写真のフェゼパムも、1mg錠ではほとんど効果が現れないのではないで
しょうか。一応下部ベンゼン環に塩素が付いてるのですが臭素のサイズが大きい
ので、受容体への結合性にはあまり寄与しないでしょう。実際フェナゼパムの
臨床力価は3~5mgくらいと言われています。

代謝の面ではどうでしょうか。フェナゼパムの代謝は大体他のベンゾジと同じ
経路をたどります。最初に3位にヒドロキシル基(-OH)が付き、それをフックと
してグルクロン酸が抱合し、水溶性物質となって排泄されます。この最初に
-OHが付くのに時間がかかるので、ベンゾジは一般的に半減期がかなり長いです。

フェゼパムの半減期は15~60時間と言われており、大体他のベンゾジと
合致しております。長い半減期を克服したベンゾジ系抗不安薬はレキソタン、
デパス(リーゼ)、ソラナックス、ワイパックスの5種しかありませんが、
それぞれ現在も強い人気をもつ主力抗不安薬となっていますね。

構造の似たようなレキソタン(約10時間)はどうして半減期が短いのでしょうか。
それはブロマゼパムに特徴的なピリジン環が影響していると考えられます。

ベンゾジアゼピンの代謝がが何故3位のヒドロキシル化から始まるかと言えば、
ベンゾジアゼピン構造で2位のケト基と4位の窒素の間の部分が一番極性が高い、
すなわち水に馴染みやすく、代謝酵素が-OHを植え付けやすいためです。
ではベンゼン環とピリジン環ではどちらが水に馴染みやすいかと言えば、
N原子の電子が余ってる分ピリジンの方が馴染みます。言い換えれば水をより
多く引きつけます。水が多いとどうなるか。代謝酵素による3-OH化より先に
加水分解によってベンゾジアゼピン構造が壊れてしまうのです。

この壊れたブロマゼパムはアミノブロモベンゾイルピリジン、ABBPと
言われており、もちろん抗不安活性はありません。ジアゼパムやメダゼパムでも
このような開裂は起こりますが、代謝物のほとんどが開裂物であるのは
ブロマゼパムの大きな特徴です。これが半減期の短い理由です。

ワイパックスは最初から3-OHがついていますし、デパスやソラナックスは
トリアゾール環という極性の高い環を付加することで別系統の代謝経路を
辿ります。ロシュ社が作った内服ベンゾジアゼピン8製品の中で短時間作用型は
レキソタンだけで、抗不安薬として特別に調整された薬という印象を受けますね。

と言うことで、フェナゼパムとブロマゼパムは構造式こそよく似ていますが
5mg飲めば効果はほぼ同じ、ただし抜けの良さは大幅に抑えられている薬で、
日本に導入する意義は低いと言えるでしょう。処方せん無しで輸入出来たのが
唯一のメリットでしたが、それも昨年で無くなりました。そもそも昨年までは
デパスが個人輸入出来ていたので、輸入薬の中でもランクの低い薬だったと
思われます。1975年に合成されたと言うことなので、ロシュがあらかた特許を
取ったベンゾジアゼピンから何とか新しい派生物を作ろうと苦心したのでしょう。
希少性は高いですが、規制される前も後もあまり乱用問題には影響しなさそう。

途中からなんかレキソタンの解説になってしまったような…
これで向精神薬擬人化その1の代わりになってくれたじゃろうか(待て
[PR]
by haya by hayanoya | 2017-01-30 02:08 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(11)
        TOPに戻る▲
        
明けましておめでトフラニール。
今年こそはもう少し更新頻度を…(毎年の挨拶

昨年末のシンデレラフェスでSSR3枚同時という神引きを経験し、
デレステへのモチベが大幅に上昇しているhayaと申します。
もう石はデレフェス専用にしよう。

さて酉年です。トリと言えばトリサイクリックアンチデプレッサント、
略してTCA、三環系抗うつ薬ですよね!(えぇ…

今年は特にネタも無いので素直に三環系のお二人を描いてみました。
トフラニールのふらっと教授(上)とトリプタノールのとり乃准教授(下)です。
抗うつ薬Dクラスの担任・副担任ポジですがブログ上ではほとんど
取り上げてなかったので以後お見知りおきを。
f0133373_03131759.jpg
…と言っても、抗うつ薬ですら2種までしか使えないこの寒い時代で
彼女たちの出番はほとんど無いかも知れませんね…
SSRIにイマイチ反応が薄い場合はSNRIを試すことになってるのが
最近のセオリー。先月ようやくイフェクサーが長期投与解禁になったので
そろそろ擬人化を進めたい所なのですが…まぁイフェクサーの日本発売にも
20年くらいかかっているのでなかなか出ないのはある意味リアル(言い訳

さて、2017年の新薬展望は…

最近の製薬情況は完全に閉塞感が漂っており、武田やファイザーや第一三共など
一流製薬メーカーですらジェネリック開発にいそしまなければならない
情況です。一方で新薬はといえば完全にバイオ医薬品開発が主流で、我々の
ような場末の薬屋にはとても手の触れられない超高額の注射剤ばかり。
薬の価格帯が完全に二極化し、画期的な合成低分子医薬品を気軽にどの薬局でも
扱えた古き良き時代では無くなりつつあります。

とはいえ、認知症以外の精神科治療にバイオ医薬品が持ち込まれるのは当分先に
なるでしょうから、崩壊しそうな自立支援医療もしばらくは持ちこたえられそう
です。さしあたり各メーカーの有望な精神科薬開発状況を見てみましょう。

●まずは時価総額をアステラスに一時抜かれた勢いの無い武田。

LuAA21004 vortioxetine(TRINTELLIX) 大うつ病 P-Ⅲ

性感帯のような名前のボルチオキセチンですが、全然イッてくれません(申請に
米国販売は2014年1月であり、既に3年が経過しましたが日本ではまだ時間が
かかりそう。武田はそもそも精神科に弱いのであまり本腰入れてないのかも。
ルンドベックも素直に大塚に渡しておけばいいものを…。

●次は日本の大手先発メーカーで唯一ジェネリックに興味無いアステラス。

FK949E クエチアピン(セロクエル)徐放錠 双極うつ 申請中

こっちは2016年8月に申請されてますので、まともにいけば今年中には承認が
降りるのではないかと思います。アステラスは今や下半身薬メーカーのイメージ
ですが、旧藤沢スピリッツを奮起して欲しいですね。セロクエルの双極適応で
ようやく双極治療が世界に一歩追いつくところです。

●続いて特許失効によるエビリファイロスに怯える大塚。

OPC-34712 ブレクスピプラゾール(REXULTI) 統合失調症 申請中

エビリファイで時価総額3位まで成り上がっただけに、その特許失効ダメージは
他のメーカーの比ではありません。故にその姉妹分であるブレクスピプラゾール
は猛スピードで開発され、つい先日承認申請がなされました。なんとか日本で
エビリファイの特許が切れるまでに発売に漕ぎ着けたいところです。
ただ統合失調症にしか適応が無いと、当面は売上が期待出来なさそう。
以前ちょっと触れたアル中治療薬ナルメフェンは依然P-Ⅲ。

●バイオなんか手を出さねぇ!ウチは合成屋だ!と社長がカッコイイ塩野義。

S-877503 グアンファシン(INTUNIV) 小児ADHD 申請中

カッコイイ啖呵の割にはしょっちゅう自社販売品を他社に切り売りしている
チグハグな塩野義。ベンザリンもリスミーもベゲタミンも手放したのに
中枢領域はまだ開発中です。グアンファシンはもともと高血圧の薬だった
α2作動薬です。交感神経の過興奮を抑えるためADHDの衝動性に有効と
言われています。昨年1月に申請が挙がっており、通ればα2作動薬で日本初の
精神科適応を持つ薬になるため、個人的には最も期待している薬です。
承認が遅いのが少し気になるところ。
一部の人が待望しているリスデキサンフェタミンはいまだP-Ⅲです…。

●他社のAGを作る事も検討、と完全に下請け発言している弱気大日本住友。

SM-13496 ルラシドン(LATUDA) 統失/双極うつ P-Ⅲ

ボルチオ以上に全然開発が進まないラツーダ。米国ではそれなりの実績を
上げてるはずなのに、なんでこう日本では治験が失敗するのか。下手すると
中国の方が先に発売されるかも。統失ではロナセンと市場が被るので、
ロナセンの特許が切れるまでのんびり開発してるのでは?と邪推してます。

●人類を代表してBETA(アミロイド)と戦っている多国籍企業エーザイ。

E2006 lemborexant 不眠障害 P-Ⅲ

エーザイと言えば認知症・てんかん・ダイエット薬。大塚と互角以上に
豊富な中枢薬基盤を持ってます。アリセプトの栄光よもう一度。今のところ
日本でP-Ⅲまで進んでるのはレンボレキサントのみで、国産初のオレキシン
受容体阻害薬として期待がかかってます。フィコンパも双極に使えたらなぁ…

●シクレストのクソ苦さは製菓の技術でなんとかならないのか明治。

ME2112 ジプラシドン(GEODON) 統合失調症 P-Ⅲ

ジプラシドンはもともとファイザーの薬なのに何故か明治が開発中。おかげで
イフェクサーに続くタマが無いとファイザーが愚痴ってます。ファイザーから
独立したラクオリアはよっぽど古巣が嫌いなようで。明治はシクレストを
発売したばかりなのでこの開発も相当長引きそう。ラツーダとは構造式も
薬効も開発状況も似ていますが、双極適応がある分ラツーダの方が嬉しい。

●あらゆる分野に首を突っ込まないと気が済まないパイオニアリーダーMSD。

MK-8931 verubecestat アルツハイマー P-Ⅲ

初モノ大好きMSDなので、アルツハイマーに関してもBACE阻害剤という新薬を
開発中です。エーザイとガチに争ってる分野ですが、日本で先に発売する
可能性があるのはこっちか?アルツは不眠と比較にならない巨大な市場。
ベルソムラで負けたエーザイが、何とか巻き返してくれればいいのですが。

こうして見ると2017年に期待出来そうな精神科薬はセロクエル徐放錠と
レキサルティとインツニブくらいか。レキサルティとエビリファイの違いが
気になるところですね。あと早いところうつ適応取って欲しい。

精神科ジャンルは新薬開拓するより、しばらくは欧米で既に発売された薬を
日本に導入できるかどうかが発展の要となりそうです。
リリーもGSKも諦めずにがんばって欲しかったのだが…どうやらプロザックと
ウェルブトリンは絶望的なようで…(ノД`)
しかし日本のプラセボは本当に強いなぁ。プラセボを擬人化するか(錯乱

という感じで今年もよろしくお願いいたします。インフルは去年以上に
流行ってないので皆さんもいい年始スタートを切れたでしょうか。
では、祝日が土曜と被りまくりで地獄の2017年をがんばりましょう!
はぁ…連休明け…仕事行きたくねぇ…。
[PR]
by haya by hayanoya | 2017-01-10 03:46 | 怠惰な日常 | Comments(12)
        TOPに戻る▲
        
「もしかして」 「俺たち発注量が」 「入れ替わってるー!?」
寒いと指が動かないのでスクフェスデレステが捗らないしブログ書こう。

とりあえず、精神科薬初のオーソライズド・ジェネリックが
地味に発売されていた件について。

オーソライズド・ジェネリック(AG)とは以前にもお伝えしたとおり、
「主成分・添加物・製造工程を含めて先発品と全く同じジェネリック」です。

最近話題になったオプジーボを例に取るまでもなく、高薬価の医薬品は
ダイレクトに日本の医療財政を逼迫します。なのでもう特許の切れた薬は
ガンガンジェネリックに変えてくれよ、と厚労省は叫んでいるのですが
昔のいいかげんな法規制で粗製濫造されたツケで、ジェネリックは今でも
あまり信用できない薬であると患者ばかりか医師までも主張してるのが現状です。

そこで特許切れによる収入源に喘ぐ先発品メーカーが提唱したのがAGです。
有効成分の特許が切れても製造方法は公開されないので、ジェネリックは
コカコーラの味だけ真似た別物のコーラだ、みたいな批判が度々起こるのですが
AGはペプシでもなくジョルトでもなくコカコーラのレシピ自体を他のメーカーが
(といっても系列会社ですが)作っているのです。

これはもう値段の安い先発品と言って差し支えないので、どこの医療機関でも
AGは採用されるに違いない!…と思いきや、AGがある薬のジェネリックにおける
AGのシェアは50%前後とそれほど多くありません。理由はその価格の高さです。

AGは先発メーカーにある程度のマージンを支払う必要があるせいで、おのずと
売価が高くなります。薬価制度があるので発売時の公的価格は他のジェネリック
と変わりませんが、そこからの実売価格は他のジェネリックの方がかなり安く、
必然的に購入側の薬価差益が大きくなります。特に院内調剤を行う医療機関や
大規模チェーン薬局は同じ薬を大量に購入する必要性から、少しでも薬価差益の
大きいジェネリックを採用したがります。ただこれは悪いことではありません。

薬価差益の大きい薬は次の薬価改正の時に実売価格に合わせるよう是正されて
いくので、安売りしたジェネリックは公的価格もどんどん安くなります。
AGを一躍有名にした武田の降圧剤ブロプレスAG、カンデサルタン「あすか」8mgの
薬価は70.1円。他のカンデサルタン8mgジェネリックは32.4円と、2倍以上の
開きが生まれています。先発品ブロプレス錠8mgの薬価は126.3円なので
「あすか」のモノでも十分安いのですが、血圧さえ下がれば先発品との同等性とか
どうでもいい、という患者であれば32.4円の薬の方がありがたいでしょう。

先発品・AG・その他のジェネリックと選べる薬局ならいいのですが、在庫と
予算の関係上、よほど大きな薬局でない限りジェネリックはひとつのメーカー
しか採用していないのが現実です。AGを処方して欲しい人は事前に薬局に
在庫があるか確認してみると良いでしょう。

…と、ここまでが前置き(長い)。AGは2013年から提唱されたモノなので
まだ10品目程度しか存在しません。この6月にジプレキサの特許が切れて
一斉にジェネリックが発売されましたが、AGは出てきませんでした。AGを
作るためには製造レシピを提供しなければならず、となると企業秘密を
さらして問題無い自社系列のジェネリック会社を用意する必要があります。
ジプレキサの販社はイーライ・リリーですが、リリーはジェネリック販売に
積極的ではないためAGを用意しなかったのです。

なら精神科初のAGはエビリファイかなぁと去年予想していたところ、想定外の
AGがいきなり今年9月に発売されました。とっくに特許が切れてジェネリックも
大量に出回ってるパキシル錠のAG、パロキセチン錠「アスペン」です。

パキシルを作ってるのはグラクソ・スミスクラインというイギリスの会社
ですが、アスペン社は南アフリカに本拠を置く世界的なジェネリックメーカー
です。グラクソとアスペンの提携は2003年より始まっており、最初はグラクソの
薬を南アフリカで販売提携しているにとどまっていました。しかし2008年に
免疫抑制剤イムランの知的所有権をグラクソから買い取り、本格的にグラクソ
との関係を強化していきます。2013年にはオーストラリアで特許の切れた
グラクソ医薬品25品目がアスペンに販売移管されました。翌2014年にはついに
アスペン日本支社が設立され、特許切れ医薬品の販売移管やAG販売を行う旨
グラクソより報道されています。グラクソはアスペンの株を12%保持しており、
アスペン日本支社設立のために株式の25%にあたる資金を出資したり取締役を
派遣するなど、完全に日本においてアスペンを系列会社扱いしております。

従って、今後アスペンが作るグラクソ医薬品のジェネリックは全てAGとして
発売されることになります。その第一段は抗ウィルス薬バルトレックスで、
バラシクロビル錠「アスペン」の名で7月に発売されました。パロキセチン錠の
発売は第二段に当たります。今後のラインナップとして頭痛薬イミグランや
抗生物質オーグメンチンのAGが予定されています。素晴らしいですね!

…素晴らしいのですが、バルトレックスにしてもパキシルにしてもイミグランに
しても、競合他社がとっくにジェネリックを発売しているのが問題です。
いったん採用となったジェネリックを他のメーカーに切り替えるのは、
採算性や卸選定、既存在庫との兼ね合い、患者告知など様々な点で非常に面倒です。
なので普通AGは他のメーカーに先駆けて発売するか、最悪でも同時発売という
体を取ります。売価が高いので価格競争では完全に負けてしまいますからね。

けどアスペンはヤバイ。そんなの気にしない。後出ししまくり。そして新興の
会社でMRもロクにいないので全然宣伝しない。売れなくても全然平気。
AGをジェネリックのまま扱ってる。凄い。ヤバイ。

…と思わずコピペってしまいました。グラクソの肝いりなので潰れることはない
でしょうし、今後の発展性もあるとは思うんですが、営業は全く見たこと無いし
こちらが卸に問いかけるまで一切情報が入ってこない始末。現時点での売上高は
そうとう低いのでは無いでしょうか。売れるか売れないかは別にしても
AG会社としてもっとやる気を出してほしいものです。

そしてそのパロキセチンにしても、今日本で一番求められているパキシルCRの
ジェネリックは発売しないという半端っぷり。パキシルのノーマル錠には
ジェネリックが存在するので、パキシルCRは後発品のある先発品と見なされ、
使えば使うほど薬局におけるジェネリック算定率が低下して厚労省から怒られる
のです。理不尽だ!アスペンがAGを発表したときはついにCR錠にジェネが!と
期待したものですが、実際に出たのは5・10・20mgのノーマル錠だけで、
ずいぶんテンションが落ちたのでブログに取り上げるのが遅れたのです(言い訳

とはいえ、実際のパロキセチン錠「アスペン」は写真で見る限り全くパキシルと
同じ色調、形状をしています。PTPも色違いなだけで大きさやレイアウトは
そっくりだし、錠剤の刻印すら片面は同じものを使っています。精神科薬は
降圧剤や抗ウィルス薬以上に心理的なバイアスが効果に影響してきますので、
今までジェネリックに消極的だった人にも処方しやすいのではないでしょうか。
発売が出遅れたおかげで十分に薬価も安くなっており、AGなのに他社の一部
ジェネリックよりも安かったりします。新規でジェネリックを採用するなら
即決!他社から切り替えるなら…薬局で応相談ということで(汗
f0133373_19465009.jpg
f0133373_19523061.jpg



f0133373_19533475.jpgさて、精神科初のAGが出たし記念に擬人化するか。
ジェネリックは男キャラ、というルールなので男性で。
でも元はぱきるなので性転換で(え

という事でぱきるのTSキャラ、ぱろ輝くんです。
一度限りのネタキャラで今後出てくるかどうか怪しい。
ジェネリックなので服装はシンプル。
上半身は5mgの、下半身は20mgのPTPから。
ブレザーなのはぱきるの制服に合わせて。
ネクタイでなくループタイ…の、つもり。
南ア出身なので多少浅黒い。





せっかくなので今さら君の名は。コラを作ってみた(タイトル回収
君の前前前年から僕は他社を採用してる件。

「私の顔で先発ヅラして安売りしないで!」
「販売縮小するからって勝手にうつ病啓発冊子の配布やめんなよ!」

「あのゾロ薬は~!」
「あの特許切れは~!」


君の一般名は。(同成分です
f0133373_19541770.jpg
背景はコラ用にネットで流れてたのを拾ってきました。
モリサワA1明朝とMangalフォントを使ってます。
同一キャラのTSCPモノって同人界でどれくらいのニーズなんだろう。

個人的に新海監督で一番好きな作品は「雲のむこう、約束の場所」です。





ところで、最近久しぶりに絵師の方からうちの子描いていただきましたので
ご本人(ぞーや様)に許可をいただいてこの場で公開させて頂きます!ドヤ!
f0133373_19550077.png
もー滅茶苦茶かわいい!毬なんか色気出てますよ!みくに腕つかまれたい!
えび華の前髪処理ってこう描けばよかったんだ!
他人に描いてもらって髪型とかの描き方を学ぶダメ擬人化屋がここにおります。

上手いのはもちろんですが、特筆すべきはその速筆ぶり。
イラリク(逆だろ)されて返事してから完成までわずか1日という
驚異的なスピードでここまでの絵を作って頂きました。こっちは月一回ですら
ブログ更新出来ないのに!もう全部ぞーやさんに描いてもらえ俺。

手書きブログというお絵かき投稿サイトで活躍されてるご様子。膨大な過去作を
見るにつけ、ああやっぱり描きまくらないと速くはならんなぁと猛省する次第。
年内…年内までにもう一本記事描ける体を…来年から作っていこう(駄目すぎ


[PR]
by haya by hayanoya | 2016-12-04 20:49 | クスリあれこれ | Comments(17)
        TOPに戻る▲
        
Tears of Rohypnol
ゴールデンウィークを10連休で楽しめない93.7%の方々、お元気ですか?
薬局勤めの私は当然暦通りでお仕事です(泣
仕方ないのでヤケ酒を作ってみる企画。

既にご存じの方も多いとは思いますが、昨年11月にロヒプノールは突如
剤型変更されました。タダでさえドドメ色のPTPに変更されてぐんにょり
していた私はブルーになった錠剤を見てさらにブルーになったのです。
個装箱もご覧の通り、「ステータス:どく」みたいになりました。
f0133373_01425683.jpg
f0133373_01420729.jpg
この変更の理由はと言われればただひとつ、ロヒプノールを酒に混ぜて
よからぬ事を企む奴らが増えてきたからです。以前のロヒプノールは
ハルシオンなんかより遙かに溶けやすく、それ故に危険ということを
昔ブログにも書いた気がするのですが、ようやく今になってそれが改良された
わけですね。まぁ製造中止になるよりは全然マシなのですが…。

問題は日本ロシュ伝統の刻印である「ROCHE172」を消し、中外の刻印を
押しつけたことです!これによりロシュの面影はPTPから完全に無くなり、
なんかパチモン臭い薬に成り下がりました。エーザイのレキソタンですら
昔のデザインに敬意を払って包装変更されてたのに、ロシュ子会社の中外が
こんな包装を作っていいのか!ふざけんな!エディロール包装統一しろ!(本音

…と個人が憤ったところで刻印を戻すことができるわけも無いので、
その青くなった錠剤とやらにどれほど効果があるのか、ちょっと実験で
試してみました。ウチのブログには珍しく写真多めで載せております。
画像が重いのでナローバンドの方は注意して下さい。

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2016-05-02 02:17 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(33)
        TOPに戻る▲
        
リボトリール錠包装回帰のお知らせ
先日つらつらとネットを眺めておりましたところ、デイリーポータルZ様で
素敵な記事を拝見いたしました。

カマグの味がしそうなビッグマックに笑わせて頂きましたが、
この記事を眺めてる際、ふとリボトリールの事を思い出したのです。

2006年から07年にかけて、私はちびまる向ちゃんという同人誌を制作するため
資料集めにかけずり回っておりました。普段何気なく廃棄していた薬の
パッケージをこそこそ持ち帰ったり、雑な開封するなと同僚にキレたり、
友人にウチで使ってない薬の箱を譲って貰ったりと、端から見れば
完全に頭が可哀想な事になった人でした…今も大して変わりませんが(汗

んでこの同人誌ではかつて存在した日本ロシュが立て続けに送り出した三姉妹、
リボトリール・レキソタン・ロヒプノールが一応主人公格となっています。
そのためこの三者の包装デザインは最重要収集対象でした…んが!

2002年、スイスロシュ社と中外製薬の戦略的提携のため、日本ロシュは
中外製薬に統合されています。それだけならどうと言うことはありませんが
2005年、中外はシンプルでスマートだった日本ロシュのパッケージデザインを
ぶちこわし、中外風の昭和臭漂う古くさい「くすり箱」に変えてしまう暴挙に
出たのでした!レキソタンは既にエーザイに移籍していたため被害はありません
でしたが、ロヒプノール・リボトリールはモロに被災し、ダサダサ中外フォントで
商品名が刻まれたしょっぱい箱に変化してしまったのです。
前もそれで愚痴ってたような気がするな。ちなみにブログトップの「ハヤノヤクヒン」
の文字は日本ロシュのフォントを模して作られておりますです。
f0133373_22544726.jpg
ロヒプノールは幸いにしてなんとか包装変更前のパッケージを確保できましたが、
リボトリールは擬人化を始める前から既に変更品が流通しており、やむなく中外包装
ベースの擬人化を余儀なくさせられた苦い記憶は長い間私を苛んだのです(大袈裟

そこで今回のデイリーポータルZ。ケンエー風味のパッケージが作れるなら、
日本ロシュ風味のパッケージだって作れるんじゃないか?2007年の自分に
リベンジできるんじゃないか?メーカーのセンスを嘆いてたって始まらない、
もう手に入らないなら自分で作ればいいじゃないか!(開眼

勇気づけられた私は中外のHPからリボトリール包装変更案内を引っ張りだして
PDFを漁りまくりました。幸い中外HPは包装変更資料を大変良い状態で
保管してくれていたので、資料からパッケージを復元するのにさほどの
手間はかかりませんでした。

リボトリール錠パッケージは2001年と2005年に大きく包装変更しています。
2001年以前の日本ロシュデザインも味があって大変いいのですが個人的に
なじみが無いので今回作ったのは2002~2005流通版です。
2002年末には社名が中外になってるので日本ロシュ名義の箱は2001.12~2002.10の
10ヶ月くらいしか流通してない貴重なモデルです(笑
f0133373_23043900.jpg
illustratorで外観を作り、手元にある旧ロヒプノール箱を参考にしつつ
似たフォントを使って文字列を埋める。使ったフォントは
「抗てんかん剤」文字:HGPゴシックE
日本語の注意書き:DF平成ゴシックW5
裏面の英語:Gautami Bold/Myriad Roman
Rivotrilの文字は気に入ったフォントが見つからないので海外パッケから拝借。
JANコードも本物ですが発注はもうできませんw GS1コード?何それ?

ちなみにこの旧日本ロシュ社の住所は今ロシュ・ダイアグノスティックスという
ロシュ社の臨床検査器具開発メーカーになっています。
資料写真で見えなかったり不鮮明な部分は想像で作ってますが、日本ロシュの
元デザイン担当者でもなければ指摘されることは多分無いであろう(笑

完成した図面をPDFにしてコンビニへGO!
デイリーポータルZ様の記事を補足すると、A4光沢紙が使えるコンビニは
ファミマ/サンクス/ローソンに置いてあるSHARPのマルチコピー機のようです。
しかしこれがひどい代物で、A4等倍印刷が出来ない仕様になってる様子。
余白の部分に合わせて勝手に拡大されたり縮小されたりと、
正確な図面の印刷にはまるで向かないゴミ設計になっています。
一回失敗した印刷物で縮尺がどれだけ変わるか測定し、その変化率を
計算して元データを拡縮するというとんでもなく面倒な手間が必要です。
縮尺比率がブレないようあらかじめトンボ線を付けておくと良いでしょう。
f0133373_22574527.jpg
セブンイレブンの富士ゼロックスは等倍印刷できるのに…(光沢紙使えないが
さすがSHARP。目の無いところはCHEAPだぜ!潰れてしまえ。潰れそうだが。
店によって採用されてる光沢紙は違うとのことですが、今回試した所では
いずれもポスター用紙程度のペラい奴でした。まぁ120円で贅沢は言うまい。
失敗続きついでにコンビニも変えてみた。緑と青の発色だけにファミマが
一番綺麗に印刷できた気がします(笑 まあこれは誤差範囲内でしょう。

後は切り抜いて接着して完成。おお、まるで日本ロシュ様が蘇ったかのようだ!
やっぱりロシュの箱は裏面が英語じゃないとね!
旧ロヒプノールパッケージと旧タミフルパッケージを並べてご満悦な図。
f0133373_22585996.jpg
現行の中外包装と比較した図。黄緑の発色は一般レベルのプリンタで再現しづらい部分。
さすがに薬シートは現行品のまんまです(汗 そのうちこれも自作できるようになるかも?
f0133373_22582091.jpg
ぶっちゃけカラーレーザーと厚手の光沢紙があれば2007年当時でも出来なくは
なかった気もしますが、さすがに当時の高価格レーザープリンタに手は出せず…。
コンビニに今のマルチコピー機が導入されたのは2012年かららしいですが、
120円(失敗分+α)で手軽に薬のパッケージが作れるとはいい時代になったものです。
みんなも気に入らない包装変更されたら、こいつを使って気を紛らわそうぜ!

さて、念願の日本ロシュパッケージを手に入れたのでりりぃもコスチェンジだ!



f0133373_22592913.jpg


コス着てないから包装変更関係無かったぜ!
…という見え見えのオチで締めさせて頂きます(笑

今回のネタは多分全国で100人くらいいる薬パッケージマニアに捧げます。
レッツエンジョイ薬箱ライフ!
[PR]
by haya by hayanoya | 2016-01-31 23:29 | クスリあれこれ | Comments(20)
        TOPに戻る▲
        
明けましておめデリトン(再開発希望)。
再開というにはかなりgdgdな更新ペースの反省を込めて年始の挨拶を。
(デレステの年末シンデレラガチャでSSRを引けず正気に返ったとも言う)

申年ですよ!ちまたでは某ソシャゲでサルに見立てたガチャキャラを
引き当てるまでに70万円以上つぎ込む話が話題になっておりますが、
我々の業界でサルキャラといえば!ご存じムコサルくんですよね(知らんわ

大塚製薬の胃薬ムコスタのマスコットキャラとして作られて幾年月。
ムコサルならムコサールだろ普通と突っ込まれながらもその愛くるしい
外見で大塚製薬の顔としてのし上がり、とっくに特許の切れたムコスタが
ジェネリックに切り替えられるのをクリアファイルやカレンダーをばらまいて
必死で食い止めている姿は感動の涙をこらえきれません。

ならば年間売上70万円目指すムコサルくんを描くか!と考えていたのですが
昨年末から製薬会社の販促ルールが一様に変わったという衝撃的なニュース!
どうやら医薬品の商品名を冠する販促品の配布が全面的に禁止になったとのこと。
それに伴い、各メーカーが独自に作っていた医薬品のイメージキャラクター達が
一斉にリストラされてしまいました!

医療用医薬品メーカーがTVなどの大衆向け宣伝媒体で商品名をアピールする事は、
以前から薬事法違反として禁止されていました。しかし業界紙など医療職が
目にするモノであれば宣伝は許されており、その流れでボールペンやメモ帳など
医療職がよく使う文房具類に商品名を入れることは容認されていたのです。

しかし、ボールペンのクリップ部に商品名が入っていたり先端にキャラクターが
ひっついていたりするとこれは患者の目にも触れることになり、間接的な
宣伝になるのでは無いかという批判が昨年後半から製薬業界にあったようです。

近年、ノバルティス社ディオバンの効能に関する過大広告が厚労省に非常に
叩かれたことを受け、新薬メーカーを主体とする日本製薬工業協会(製薬協)は
昨年9月に医薬品広告の自主規制に関して新基準を設定しました。その中に
医薬品の品位を損なうようなイラストを用いたり特定の製品をイメージさせる
デザインは避けるよう留意事項があり、オリジナルキャラクターの使用もそれに
抵触すると解釈されたのかもしれません。

従って大塚だけでなく、アステラスのゾン太くんも、MSDのクラリとティンも、
明治のメイアクトくじらも、中外のたみちゃんも、大正富山の萌えドロシーも、
ファイザーのハルシオンバードも、大日本の精神三羽烏も、田辺のドラルくんも
エーザイのツキノワくんもみんな消えてしまうことに!
なんちゅうこっちゃ!ノバルティスはホンマ余計な事しやがったなぁ!

擬人化のイメージが大幅に制限されることは間違いなく、各製薬メーカーが
こぞってPTP裏に萌えキャラを描くバラ色の未来も閉ざされました(元々無い
はぁ…キツネのいないアステラスの3ヶ月カレンダーを新年早々ブルーな気分で
眺めております。うぉっ、アステラスは患者用冊子からも既にゾン太くんを
削ってる!対応早っ!
f0133373_20045164.jpg



こんな悲惨な状況なのでネタ絵を投下。右隣にいるのはエルカルチンひつじ。
L-カルニチンは羊肉に多く含まれているというのを示しているらしいが
イメージキャラとしてどうなんだw 左隣はどこでもガチンコえび華ちゃんです。
f0133373_20055816.jpg
インフル流行らないので皆さん健康にお過ごしかと思います。今年も良い年で
ありますようお祈り申し上げます。

あ、このブログは一銭も儲からないので規制とか知ったこっちゃないですけん。
今まで通りガンガン擬人化しまっせ!今年の抱負は…月イチ更新!(死亡フラグ
[PR]
by haya by hayanoya | 2016-01-10 20:12 | 怠惰な日常 | Comments(24)
        TOPに戻る▲
        
ハナガサイタヨ
デレステ難い…フリックあんなに複雑だとか聞いてないよ…
MASTERフルコンに可能性を感じません。
ていうかデレステやってるとスクフェスのリズムが狂う。何故?
どっちもイベントに突入してて掛け持ち辛いわ-。やるけど。

ということでひたすらデレステにはまってる毎日ですが、ふと気がつくと
なんかジェイゾロフトのPTPに花が咲いてるではないですか!
季節外れのヒマワリ。あー今年の夏は短かったからなぁ…って違う!
これは!ジェネリックの発売が近づくとあざとい包装をしてくる法則!
ぱきるちゃんはCR変身という醜態を晒しましたが(ひどい)、どうやら
ぞふぃーさんは服を着替えるだけに留めたようです。
大輪のヒマワリが目を引く綺麗なPTPで割と好き。願わくば最初から
(ていうかジェイゾロフト擬人化する前から)このPTPにしてほしかった…。
f0133373_13193969.jpg
医薬品のジェネリックというものは大体6月と12月に発売されるのですが、
今年の12月はパキシルに続く大型SSRIであるジェイゾロフトにジェネリックが
出ると言うことで、にわかに業界が活気づいております。
ジェイゾロフトはOD錠とか出してきたので、ジェネリックも6種類用意
しなければなりませんね!素晴らしい嫌がらせ!(主に薬局に対して

ジェイゾロフトが発売されたのは2006年4月なので、ほぼ10年経過したことに
なりますね。もっとも主要先進国では1990年前後で発売されているのでとっくに
陳腐化しており、2015年までジェネリックが無かったのは例によって日本だけ
だと思います。なのでメーカーも最後の聖域を守ろうと悪あがきをしたがり、
パキシルCR錠だのジェイゾロフトOD錠だの出してくるわけです。薬局にとって
余計な規格を増やされる事は調剤過誤の原因にもなり迷惑でしかないのですが、
まぁこのブログ的にはネタが増えるのでよしとしましょう(笑

昨今は添加物も含めて先発品と全く同じ組成をしたジェネリック、いわゆる
「オーソライズド・ジェネリック(AG)」というものが話題となっています。
日本では(海外でも?)、先発品メーカーが自社製品のジェネリックを作る事は
できません。しかしその不文律の隙を突いた存在がAGです。、
先発品メーカーがジェネリック製造用の子会社を立ち上げるか、既存の
ジェネリックメーカーと合弁会社を作ったり買収したりすることで、先発品の
製剤技術をまるごとコピーしたジェネリックを作る事ができるのです。
AGが売れればAG製造会社が儲かるわけですが、間接的にその親会社である
先発品メーカーもライセンス料などで潤うことになるわけです。

AGは実質的に、名前の変わった先発品を安値で売っているようなものです。
ジェネリックが嫌がられる最大の要因は「本当にちゃんと先発品と同じ効果が
あるのか?」という事なので、AGであればその懸念は全く無くなることに
なります。患者的には安心を、医療機関的には説得力のあるジェネリック推進を、
そしてメーカー的には先発品よりも安定した売上を(なにせジェネリックなので
特許切れが存在しません)、という三方にお得なAGは、大型医薬品が次々と
特許が切れていく今後、より普及していくことになるでしょう。
普通のジェネリックより割高なので薬局的には人気薄ですが…。

もっともこのAG、ほんの数年前まで日本には存在しませんでした。結局AGは
先発品メーカーが形を変えて自分トコのジェネリックを作っているわけですから、
既存のジェネリック業界は当然反発します。ジェネリックメーカーの中には
高い製剤技術を持ち先発品メーカー医薬品の添加物を作っているところも
あるので、余計な軋轢を作りたくない先発品メーカー達はAGという存在が
有効であると認知しながらもなかなか作ろうとしませんでした。

AGを日本で最初に作ったのは、空気が読めない外資メーカーのサノフィです。
サノフィは日医工という大手ジェネリックメーカーと合弁会社を作り、
自社製品アレグラのAGを作りました。次いでこれまた外資系のノバルティスが
自社製品ディオバンのAGを作ります。これだけならさほど話題にはならなかった
のですが、その次にAGを作ったのは国内最大手かつ空気を読まないw武田薬品。
タケダがやるなら仕方ねぇな(マジありがてぇ)という事で次に手を出したのは
第一三共でした。今のところAGを作っているのはこの4社だけになりますが、
自社系列のジェネリックメーカーを抱えているGSK、エーザイ、大塚あたりは
今後自社製品に対してAGを作ってくる可能性が高いと思います。

今のところAGが発売されてる先発品の一覧:
2013.06 アレグラ :サノフィ→日医工サノフィ(SANIK)
2014.06 ディオバン :ノバルティス→サンド
2014.09 ブロプレス :武田→あすか製薬
2014.12 クラビット :第一三共→第一三共エスファ(DSEP)
2015.06 プラビックス :サノフィ→日医工サノフィ(SANIK)
2015.12 ユニシア(予定) :武田→あすか製薬
2015.12 エックスフォージ(予定) :ノバルティス→サンド
(ただしあすか製薬は武田の完全子会社ではないので、あすか製品は
AGとしての工程で作られてはいないらしい。欺瞞!)


何故唐突にAGの話をしたかと言えば、ジェイゾロフトにAGは出ないからです(泣
ファイザーは数年前から国内でマイランと提携しており、ジェネリック販売を
強化してきました。これは当然ジェイゾロフトAGを販売するための布石!だと
思っていたのですが、結局マイランとは提携に留めたのみで子会社も合弁会社も
作らず、自社製品をAGとして販売する戦略をハナから放棄しています。せっかく
精神科薬初のAGを出すチャンスだというのになんという消極!ブッダファック!

…どうも、100~200億円/年程度の売上ではAGを作る程の動機にならないそうで。
先発品メーカーの影があるとは言え実際販売するのはあくまで子会社。
AGはマージンを抜かれるので子会社的には利幅が薄く、なるべく作りたくない。
一定以上の売上が見込めるならいいが年商200億程度の薬でAGを作るのは
プロモーションや値引きも考えるとデメリットが大きい…という判断でしょうか。
ジェネリックの切り替え率を50%、薬価を先発の6割、AGのシェアが5割とすれば
年商200億の先発で200x0.5x0.6x0.5=30億程度になります。ジェネリックとして
見れば十分な売上ですが、利益の薄いAGでは少々寂しい数字なんでしょうね。

AGは患者にとって嬉しい選択肢ではあるのですが、残念ながら今後も大型医薬品
に対してしか発売されないかもですね。

ジェイゾロフトの年商は2014年で230億くらいなのでアウトのようです。
年商350億くらいのクラビットでAGが出たことを考えると、損益分岐は最低300億
位でしょうか。日本でそれだけ売れてる精神科薬なんてジプレキサ(570億)と
エビリファイ(380億)くらいしか無いよ!…ということで、精神科薬初のAGは
このどちらかか。リリーはジェネリック戦略に積極的じゃないから来年6月の
ジプレキサ特許切れには間に合わないかな。じゃぁエビちゃんだな。

まぁ包装変更程度でジェネリック変更を押しとどめられるとは思いませんが、
理由が何であれメーカーが今まで適当に作っていたPTP裏のデザインに技巧を
凝らし始めたのは(擬人化イメージが膨らむので)よい傾向だと思います。
この調子でいけばエビリファイジェネリックが出る2017年くらいには
萌えキャラの一人も描かれることになるでしょうね!(ならねーよ
せっかくなのでぞふぃーさんも衣替えさせてみました。森ガール風味を狙うも
配色が原色なので全然そう見えないのは私の擬人化によくある事です。
f0133373_13240282.jpg
最近はGS1コードをつけるついでに結構デザイン変更をしてくる薬がチラホラ
出てきておりますので、ついでに他の連中も包装変更させてみました(笑
画像が重いのでつづきに載せます。

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2015-09-27 13:58 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(44)
        TOPに戻る▲
        
向精神薬擬人化その43:ベルソムラ
いつの間にか1年以上過ぎとる!?
いやー実に長いこと放置しまくってました。
こまめにコメントを頂いて誠に申し訳ないです。
ぼちぼち返信を入れさせて戴きます。

リアルが忙しかったのだと言うとリア充っぽくて格好いいのですが
どうにも全くそんなことは無く、単にスクフェスにハマっていただけです(汗
いやー反射神経も動体視力もリズム感も無いと音ゲーってキツイっす。
超難関フルコンするのはいつの日になるやら…でも多分デレステも手を出すw

さて件のベルソムラですが、擬人化するつもりはむろんあった!…あったのだが
MSDの凡庸なパッケージと薬としての無個性な性能にイメージがまるで湧かず、
3回くらい描き直してようやくこじつけました。
※年数が経っていても画力が上がらないのは仕様です。むしろリハビリが必要。

f0133373_1513572.jpg一般名はスボレキサント。
規格は15/20mg。
愛称は「べそ村さん」。

特にさん付けしていることに
意味はないですが、なんか
呼び捨てが憚られるので。

MSDは業界No.1のインテリ会社なので
ちょっと偉そうな学士さんタイプが
お似合いなのですよ。

MSDといえば「白骨」とまでいわれるデザインしづらい真っ白で画一的な
個装箱が有名ですが、それをモチーフにすると思い切りとり乃先生と被るので
今回は無視する方向で。青は20mg、赤紫はベルソムラのシンボル?カラー。
デコの広さで頭の良さを演出。前髪切り過ぎちゃった系描いたこと無いので。
ダボダボ気味のアカデミックガウンは無駄にサイズのでかいPTPを現しています。

学士帽はまんま20mgPTPです。錠剤を頭に乗っけるのはロシュ直系だけという
学園の擬人化ルールに違反しているような気がしますが、まー彼女は次世代
睡眠薬の教導者的存在なので問題無いでしょう(いい加減
肩にかけてるケープを広げるとMSDマークになりますが分かりませんね。

右手に持ってるのは医師から患者まで幅広く愛用されている医学の聖典、
「メルクマニュアル」でございます。てことは一応医学生なのか?学園には
既にアミノフ先生という校医がいたような気がしますが、セクハラしてばかりで
評判が悪いので彼女を後釜に据えるつもりなのかもしれません。

性格はとにかく「退屈」の一言です。

もうとにかく一般的なことしか言わない。医師よりも公務員に向いてます。
話を膨らませる能力が決定的に欠け、「人それぞれ」「ケースバイケース」で
会話をシャットダウンさせてしまうテンション下げる系女子。適度な運動と
食事と睡眠をとれば病気なんて起こりませんから、とか言っちゃう。
やる気の源オレキシンを遮断する彼女に相応しい人となりと言えましょう。
アミノフ先生とは別ベクトルで嫌がられそうなお医者さんの卵です。

趣味は寝ること。成長ホルモンが出るお肌のゴールデンタイムを信じており
夜10時からきっちり10時間睡眠を取っています。おかげで肌は綺麗ですが、夢を
見せない魔法力のせいか平坦な胸はいつまで経っても残酷な現実のままです(笑

メルク家はドイツ系米国人の一家で、才人を多数抱える非常に優秀な一族だが、
本国学園とのつながりは意外にも薄く、わずかにDクラス准教授のとり乃、
旧オルガノン家の養女であるれめる・てとらを輩出するのみである。

べそ村さんはとり乃以来久々に生まれたメルク家直系の学園生であるが、
入園当初から既に新人としてでは無く、学園全体のナレッジを向上させる存在と
して期待されている。またBクラスは酔っ払いやジャンキーなどの性格破綻者
ばかりが集まっているので、そういった連中の性根を矯正する役割も求められて
いる…のだが今のところ講演が忙しくてクラスにあまり顔を出せていない。
クラスメイトよりも学園の技官達にモテモテである。

ただ彼女の能力は外見上平凡な(むしろ弱めの)魔法なので、クラス連中には
さほど脅威と感じられていない。担任のべざり先生にはよくある中長期型被験生
としか思われておらず、ちゃんとクラスに溶け込めるか心配までされている始末。

だが創薬王メルクの血筋は良かれ悪しかれ世代交代を決定づける力を持つ。

かつてTCAのとり乃がりた率いるMAOIの勢力を壊滅せしめたように、
べそ村さんの到来もまた、BZD睡眠薬時代の終局を予感させるのであった。
そしてその変革の波は、この後すぐに訪れる…。

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2015-08-27 02:29 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(30)
        TOPに戻る▲
        
アタシのドパミン、本気出す。
明けましておめデパス!(商標:クソザっ娘通信

昨年初めに買ったまま放置していたHoI3を引っ張り出していじってたら
はまってしまい、泥沼の対ソ連戦の最中に年が明けました。
皆様におかれましては、良い一年をお過ごしになりますようお祈り申し上げます。

年末のドサクサに紛れて、コンサータの適応年齢が成人に拡大したようです。
2013年12月20日以降、成人でもメチルフェニデートが使えるようになりました。
2007年12月にリタリンの成人適応が削除されたので、丸6年ぶりですね。

薬局で調剤するためにはe-ラーニングの追加講習が必要とのことなので、
先週講習を受けてきたばっかりです。と言っても大した内容ではないですが。

●コンサータの用量換算は、リタリンの3.6倍。
 →リタリン20mg/日だった場合、コンサータは72mg。そしてこの量が上限量。

コンサータ成人用に追加剤型は(今のところ)出てない。18/27mg錠のみ。
  →やっぱり出ました(泣 まぁ36mg=リタ10mg相当なので成人には使いやすいか。

●DSM-5基準で、成人AD/HDの診断は、小児AD/HDよりちょっとだけゆるい。

DSM-Ⅳ-TRでは広汎性発達障害とAD/HDの併存は認められなかったが、
 DSM-5では認められるようになった。

 (広汎性発達障害は自閉症スペクトラム障害に統合された)
 
ざっとこれだけです。ぶっちゃけ6年前にリタリンでこの制限をしておけば
はるかに安い薬価で済んだじゃねーかと思わないでも無いですが、
AD/HDという概念自体DSMの産物なので、DSM改訂まで動けなかったというのも
あるのでしょう。何はともあれおめでたい。

とはいえ、昔みたいにメンタルクリニック行けばコンサータ乱発してくれるのか
と言うとそうではなく、コンサータ適正流通管理委員会で認定された医師しか
処方できないので注意。医師によってはアッパー薬ジャンキーが群がったり
マスコミに目を付けられたりするのがイヤで、あえてこの認定を受けてない方も
おられます。自分の担当医に一度聞いてみるとよろしいかと思います。

2012年の8月には、すでにストラテラが成人AD/HDに適応を取っているので、
今後はストラテラとコンサータの抗争がますます熾烈になることでしょう。
ストラテラ40mg仕様のすてらさんとこんさーれでぃで賀正絵を一筆。
ウマ年なので乗馬…中枢において馬といえば ヽ(*゚д゚)ノ < カイバー だっ!
f0133373_12113671.jpg


[PR]
by haya by hayanoya | 2014-01-13 12:20 | 怠惰な日常 | Comments(33)
        TOPに戻る▲
        
ご無沙汰しております。
ボーッとドル円チャート見てたら前回の更新から4ヶ月が過ぎていてびびった。
いつの間にか夏アニメが終わって秋アニメが始まってるよ!
今のところキルラキル・凪のあすから・夜桜四重奏が今期TOP3ですね。

アルペジオは原作ファンガッカリ物だと思ってたけど結構いい出来。
なお艦これブームのせいで軍艦擬人化業界が混乱している模様。
薬擬人化もブラウザゲーム化してブームになってくれないもんかねぇ。

そんな私のメンタル…もとい、メンヘルモデルが収録された擬人化本が
だいたい完売しました。Eクラス編はまだそれなりに残ってますが、A~Dが
完売したのでおそらく足は止まるでしょう。

なので通販時にオマケでやってた好きな薬アンケートの集計を行いたいと
思います。C/Dクラス編再版の時に集計するの忘れていたので、今回のは
2年分の合計です。ではどーぞ!
f0133373_3202330.jpg

はい、でぱ子さん圧勝です!25票獲得で前回2位からトップに返り咲き!
やはり日本人とは切っても切れない薬。ジャパニーズエッセンシャルですね。
2位はEクラス編発売の影響でしょうか、ラミクタールが票を伸ばしており、
ロリっ子が1・2フィニッシュを飾るという誠にウチのブログらしい結果となりましたw

3位のエビリファイは2013年集計で最も票を伸ばし、圏外から一気に大躍進です!
内資の薬はやっぱり応援したいですね。適用が広がったのでこれからも期待です。
同率3位のサインバルタは上位の常連。これもいちおう内資の薬になるのかしら。
やたら可愛いピンクのカプセルと不釣り合いなバカ高薬価のギャップにメロメロです?
同じく常連だったレメロンはランクダウン。さすがにインパクトが薄れてきたか。

ジェイゾロフト・レクサプロはマイルドなロングタイプSSRIでどちらも堅実な人気。
レクサプロの売上はちょっと苦戦してるみたいですが、ジェイゾロフトも最初そんな感じ
だったので大丈夫!? 不安障害に適応を広げて一気に顧客を伸ばしたいところ。

ハルシオンが堅実に票を稼いでる一方で、三大ロリっ子の一人であるマイスリーは
トップ5から転落です。ジェネリックが発売されると人気が落ちるの法則。ジェネの
ゾルピデムOD錠「KN」は意外と苦みもなく水無しで口内で溶けるのでおすすめ。
マイスリーの苦みがイヤな人は試してみるもご一興。どや宣伝したったぞ小林化工!

パキシルはCRが発売されてもランクダウン。これもジェネリックでたからな…。
まぁ元々不人気な薬なので妥当なところでしょう。レキソタンはあと一歩でトップ10に
食い込めたのになぁ。ベンゾジが減って抗うつ/抗BD剤が増えたのも時代の流れか。

今回は最後の集計なので各クラス別ランキングもついでに集計します。Cクラスは
ほとんど上がらなかったので除外。DとEに集中したのでこの2クラスはトップ10で。
f0133373_3204327.jpg

…A/Bクラスはおそらく今後もほぼ変わることの無い順位でありましょう。鉄板です。
Dクラスは最近の薬ばかり上位に来ているので、今後新しい抗うつ薬が発売されるに
従ってランクが変動するものと思われます。とりあえず武田/ルンドベックの
ボルチオキセチンや、大塚のブレクスピプラゾールあたりが有力候補。
抗うつ薬は外資ばかり目立っていたので、内資の巻き返しを期待したいですね。

双極の治療薬は創成するというよりも発掘するという感じなので、Eクラスランキングも
あまり変動はないかも。今後の発展は大日本住友のルラシドン日本逆上陸、
セロクエルの徐放錠発売(と同時に双極適応追加)あたりでしょうか。統失系ばかり
でなく他の分野の発掘も頑張って欲しいところです。高い薬ばかりでなくデパケンや
リーマスも外すことが出来ないのがEクラス編の面白い部分なので。

という事で、薬の擬人化をこれから目指される方に参考にして頂けると幸いです。
f0133373_3221084.jpg

以下にアンケート全結果を記しておきます。
トップ10が擬人化出来てる薬でよかったよ!

私の今年のフェイバリット薬はディレグラでしょうか。馬鹿にしてたけど意外と
鼻炎も収まるし眠気も出ないし小青竜湯より飲みやすい!
どや宣伝したったぞサノフィ!

デパス25
ラミクタール17
エビリファイ14
サインバルタ14
ジェイゾロフト13
ハルシオン12
レクサプロ12
レメロン/リフレックス11
マイスリー9
パキシルCR9
レキソタン8
デパケン/R8
アモキサン7
ジプレキサ7
リーマス6
リスパダール6
リリカ6
リボトリール5
ロヒプノール5
コンスタン/ソラナックス5
セロクエル4
デジレル/レスリン4
レンドルミン4
トレドミン4
メイラックス4
ベゲタミンA4
モディオダール3
アナフラニール3
ドグマチール3
トピナ3
トラムセット3
バルネチール3
ロゼレム3
ワイパックス3
アモバン2
セレネース2
テグレトール2
ホリゾン2
ムコスタ2
リタリン2
ルボックス2
レグナイト2
レボトミン2
ロナセン2
アイミクス1
イルベタン1
インデラル1
エバミール1
エンシュアコーヒー1
葛根湯1
ガバペン1
グリベック1
ザイボックス1
ザンタック1
ジオン1
西瓜糖1
ストラテラ1
ゼプリオン1
ソフティア1
タケプロンOD1
トリセノックス1
ドルミカム1
ニューレプチル1
ノリトレン1
ノルレボ1
プラミペキソール1
ブリプラチン1
ベタナミン1
ミニリンメルト1
ヨーデル1
抑肝散1
リレンザ1
ルーラン1
ルジオミール1
ルネスタ1
ロルカム1
[PR]
by haya by hayanoya | 2013-10-28 03:39 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(28)
        TOPに戻る▲
        
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.