トップ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
タグ
最新のコメント
デパスは健気系幼馴染でひ..
by クランベーザ at 02:08
>モリとかカケ 森友学..
by えふだ at 21:50
私もある本(多分別の本)..
by うさぬゅーみ at 03:09
TVはリアルタイムで見な..
by hayanoya at 22:40
>えふださん 読み通り..
by hayanoya at 22:35
更新お疲れ様です。 ざ..
by ひとまず at 08:50
半年だそうです。 木曜..
by クランベーザ at 03:48
と思ったら雇用統計+ジブ..
by えふだ at 23:12
レッドブルなどのエナジー..
by えふだ at 22:30
> クランベーザさん ..
by hayanoya at 01:04
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



タグ:デパケン ( 1 ) タグの人気記事
by haya
        TOPに戻る▲
        
向精神薬擬人化その41:デパケン
おかしい…一年で一番暇なはずの時期に仕事で忙殺されてるってどういう事よ?
患者も来てないのに!夏コミも終わったのに!

職場と自宅のPC環境がWin7に一新されたせいで何もかも捗らないぞ!
Win7のファイルの共有ってこんなに面倒くさいのか…エクスプローラが
異常に使いづらいっ!?なんでフォルダ変えるたびデカサムネイルになってんの?
あぁっタイムカードソフトもオンライン請求もろくに動かないのに
地獄の棚卸とレセプトが始まるぅあ!!!そして夏休みが終わって子供らが(ry

…というわけで、通販の開始は遅れに遅れましたが、何とか明日に始められそう
です。すいません…。
現実逃避のために、Eクラス一の癒し系・デパケンでも擬人化しよう。
デパスと名前が似てるので、愛称がなかなか決まりませんでした。

f0133373_1433979.jpg一般名はバルプロ酸ナトリウム。
規格は100/200/R100/R200/
細粒/シロップと豊富。
愛称は「れね香」で。
「DepakeneR」を逆から読んだ感じでひとつ。
…全部読むと「れね香・ぺど」だな。
じゃぁペドキャラで(ヲイ

包装も薬理もモブっぽいので、
いかにもモブ子なデザインに
してみました。田舎町で

パン屋の売り子をしてるイメージ。きれい好きでセッケンの香りがする。
デパケンRよりもデパケンの方がカラフルなので、配色はデパケンをメインに。
デパケンRの剤型上、巨乳キャラにすべきか…とも思いましたが、じぷりーと
キャラが被るのでボツになりました。マトリックス構造は偽乳っぽいしね!

地味系女子の共通スキルとして、料理は上手。協和発酵でスキルを磨き、パンを
膨らませたり酒のアテを作ったりするのがめっぽう得意。
左手に持ってるかき氷にはデパケンシロップがかかっています。どんなに
食べてもキーンッてならないよ!偏頭痛予防だからね!おなかは壊すけど。

小児用てんかん目的で開発されたこともあり、外見通りの姉キャラで子供好き。
泣いてる赤子をあやし倒すテクは学園随一である。クラスでも姉属性を発揮し、
特に見た目が幼女のみくに対して過剰にお節介を焼いてしまう。度を超すと
鬱陶しがられるが、基本みくはアホなので褒められることに弱く、お互いの
関係は比較的良好である。

米国生まれのフランス育ち。グルノーブル地方のベルチェ家で育つ。
カストル出身のとと美とは幼馴染みで、どちらも田舎臭い。
実家で子供向けのブリオッシュを作って販売していたところを、もやし屋の
協和おじさんに見初められ、「日本にも是非その洋菓子を!」とスカウトされて
はるばる日本にやって来る。給食のコッペパンの不味さに辟易していた子供達に
自作のパンをふるまったところ、あまりの美味に脳波が収束するほどの衝撃を
与えた。以来彼女のパンは子供達を中心に、日本で広く知られるようになった。

しかし彼女のパンは日持ちが悪く、朝に作ったものが夜には溶けて無くなって
しまうというほどの不安定ぶりだったため、協和おじさんは自前の発酵技術を
使ってなんとか長期保存できるものを作り出そうと努力した。そこで作られた
のがマトリックス構造を内包したフランスパンばりの堅焼きブリオッシュで、
味は良いものの歯が欠けるほど堅く焼き締められており、アゴの丈夫な大人用
「R(Rated:R指定)」として発売された。固くて飲み込みづらいが腹持ちが良く、
Rもそれなりに売れるようになったという。

自己中心的な連中が多いEクラスにあって、非常に常識的で温厚な
性格をしている。このクラスでその性格を保てるのは尋常ではなく、
かえって彼女の異能性を際だたせている。彼女が仲介に入るとどんな
イザコザもうやむやになってしまう。まさに典型的な気分安定薬である。
(別に問題を解決してるわけではないので、れね香がいなくなるとまた再燃する)
抗てんかんカテゴリと抗精神病カテゴリは基本対立関係にあるが、
れね香がうまく仲介役(薬)を果たしている。さすがもと溶媒。

毬はリチウムを注入して無理やり安定させているイメージだが、れね香は
お茶請けとか作って場を和ますタイプで、鎮静と言うより停滞に近い。
でもちょっと立ち止まって頭を冷やすというのも大事なことなので、
毬とはちがったベクトルで、れね香の存在も学園的に重要視されている。
外見は地味だが、Eクラスで三指に入る実力の持ち主である。
(1位が毬・2位がけせらorじぷりー・3位がれね香…という感じで捉えられている)

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2012-09-02 01:51 | ちびまる向ちゃんトピ | Comments(12)
        TOPに戻る▲
        
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.