トップ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
タグ
最新のコメント
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



タグ:漫画 ( 6 ) タグの人気記事
by haya
        TOPに戻る▲
        
薬屋りかちゃん 第2巻
薬屋りかちゃん 2 (2) (アクションコミックス)
新井 葉月 / / 双葉社
スコア選択: ★★★★★


2巻にして最終巻(ノД`)
まぁ…地味だからな。むしろ2巻まで出してくれて有り難いです。

内容はどれも、一度小児科処方を経験した薬剤師なら共感できる
話ばかりです。もぉ本当に粉と水と軟膏の混合が山のように…
大抵の小児科が院外処方せんを発行しているのは、手間が
かかりすぎて病院の調剤報酬では赤字になってしまうからです。

なので小児科医と同様、その門前の薬剤師も私は尊敬しています。
がんばれりかちゃん。親の要望を無制限に聞き入れてると
絶対つぶれるから要領よくがんばれ。

そして薬剤師的に、タメになる話も色々とありました。
(漫画から知識を得ている時点でダメなような気がするが)

以下、各話の感想など。

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2008-03-22 19:51 | クスリあれこれ | Comments(0)
        TOPに戻る▲
        
薬師アルジャン 第6巻
薬師アルジャン 6 (6) (プリンセスコミックス)
山下 友美 / / 秋田書店
ISBN : 4253195067
スコア選択: ★★★★★

ストレートにツボをつかれたクスリ啓蒙漫画、
「薬師アルジャン」の6巻が発売されました。

アルジャンがベアゾル国を離れてしまい、プリムラ様の出番が
激減しておりますが、かわりの萌えっ娘:ポポラたん(13)が
実にいい味を出しているので満足でございます。
「十二国記」の珠晶様に似てますね。少女サクセス物語、
というテンプレートに実に弱い私。

出てきたキャラの、元のクスリの名前を推察するのが
密かな私のマイブームですw

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2007-09-26 21:34 | 怠惰な日常 | Comments(1)
        TOPに戻る▲
        
薬局のポチ山さん 第1~2巻
f0133373_273638.jpg
薬局のポチ山さん 1 (1)
安倍 吉俊 / / むてけいロマンス
スコア選択: ★★★★★

コミケ前なので、薬マンガも同人本で(何)

安倍先生と言えばlainとか灰羽とかで有名なデザイナー様で
あらせられますが、同人誌もよく発行されております。
んで、コミケ69と70で発表されたのが、この本です。

引きこもりの薬剤師ポチ山さんと、何となく仕事を手伝っている
うちにレギュラーになってしまった滝君のお話。

これはなんというか、ゆるゆると癒されますねぇ。
個人経営薬局としてのリアリティは全くありませんが(笑)、
ポチ山さんの可愛さの前には、そんなことは微々たることです。
カプセル柄のコタツ布団がすげー欲しいwww

これを読んでると、何かこう独立して胡散臭い薬店を構え、
大量の不良在庫を抱えながら変なコピーのついたPOPを描くという
スタイルが、妙に魅力的に映るから困ったものです。
とても食っていけるとは思いませんが、ポチ山さんは20年後とかも
全く変わらない姿でひょうひょうと店番してそうですね。

正直謎だらけの不条理キャラであるポチ山さんですが、その舞台に
個人薬局を選んだのは、実にいい選択だったと思います。
個人薬局はなんかこう、闇を抱えてそうなイメージがありますね。

やっぱり薬局は、どこか裏寂れた感じの方がいいです。
謎めいてなんか怪しげなものを扱っている感じ。
上手いラーメン屋の店舗は汚い、というイメージと同じです。
そんなところだからこそ、レアで高価な薬を扱っているみたいな。

私のあこがれる薬局像は、都心の隙間に建てられた妙にボロっちい
漢方薬局で、金持ちに長寿の薬を売りつけ「シェシェ」とか
返事するような薬局です。んで竜の彫り物を持ってきた客とかは
奥の間で開催している裏オークションに案内する感じ。

そのうちにマフィアに殴り込みをかけられ、マシンガンで
店中の生薬瓶を破壊されるのをカウンターの隅で震えながら
見守っている、ここまで来れば完璧ですね!

…現役の薬屋とは思えないような頭の悪い発言ですいません(汗

ポチ山さんの3巻がこの夏コミで出るかはまだ分かりませんが、
個人的には結構期待しています。頑張れ安倍先生!
[PR]
by haya by hayanoya | 2007-06-21 02:14 | クスリあれこれ | Comments(11)
        TOPに戻る▲
        
がんばれみどりちゃん 第1~2巻
がんばれみどりちゃん 1 (1)
唐沢 なをき / / 講談社
スコア選択: ★★★★


これまた薬関係漫画です。現在イブニングにて連載中。

りかちゃんが「薬局」、
アルジャンが「薬草」漫画だとすれば、
みどりちゃんは「薬店」漫画。

店の売り上げNo.1はコンドームという、
ごく平凡な町中の個人経営薬局、「月並薬局」の一人娘、
みどりちゃんとその幼稚園仲間や周囲の人々を描く4コマです。

筆者、唐沢なをき先生のご実家は「からさわ薬局」という薬局を
営んでおられ、その原体験がこの漫画に生かされております。
栄養ドリンク飲み過ぎて鼻血を吹いた、とか。
疳の虫がひどい時はバランス(抗不安薬)を飲まされたとか。

なをき先生のお兄さんである唐沢俊一氏も、この原体験を元に
「薬局通」というウンチク本を書いておられます。今読むと
さすがに内容の古さを感じますが、ご兄弟だけあって薬局の
描写がよく似通っております。併せて読むと面白いです。

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2007-05-12 19:06 | クスリあれこれ | Comments(0)
        TOPに戻る▲
        
薬師アルジャン 第1~5巻
薬師アルジャン 1 (1)
山下 友美 / / 秋田書店
スコア選択: ★★★★




発売は秋田書店、プリンセスGOLD。
某氏の「気になる薬マンガが」との発言により
即購入しました。

こ…これは埋もれた名作!

何かと規制の多い「薬剤師」という職業ではなく、
生薬や毒薬に造詣が深く、患者を診ることも出来る
「薬師」が主人公の、中世ファンタジー漫画です。
日本で言えば江戸時代の漢方医のような存在でしょうか。

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2007-04-09 22:07 | クスリあれこれ | Comments(4)
        TOPに戻る▲
        
薬屋りかちゃん 第1巻
薬屋りかちゃん 1 (1)
新井 葉月 / / 双葉社
スコア選択: ★★★★

作者が薬剤師なだけあって、現場のリアリティ再現度は素晴らしいです。

しかし、リアルを突き詰めれば突き詰めるほど、
地味さが浮き出てくるのが悲しい薬剤師クオリティ。

調剤専門の薬剤師である以上、OTC販売でアピールできるわけもなく、
必然的に人間ドラマもこぢんまりした物になってしまいます。

小児科の門前のため、
主に主婦・子供が投薬の対象になってるわけですが、
あめ玉がどうとか母乳がどうとか待ち時間がどうとか
よくぞこんな地味なシーンをここまでふくらませて
漫画に取り上げられる物だと感心するくらいです。

でも…これは同業者であれば、絶対に読んでおくべきです!

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2007-03-21 02:13 | クスリあれこれ | Comments(0)
        TOPに戻る▲
        
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.