トップ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
タグ
最新のコメント
重複?コメがあったのでひ..
by hayanoya at 01:21
おひさしぶりでございます..
by hanjuku at 01:22
闘魂事務員さん、コメント..
by hayanoya at 22:30
hayanoya様 ..
by 闘魂事務員 at 16:55
名も無き通りすがりさん、..
by hayanoya at 02:24
hayanoya様 は..
by 名も無き通りすがり at 15:10
>Nurikabeさん ..
by hayanoya at 14:26
最初気がつかなかったんで..
by うさぬゅーみ at 03:10
な、な、なんですとー ..
by Nurikabe at 00:10
>うさぬゆーみさん 9..
by hayanoya at 19:42
ライフログ
検索
お気に入りブログ
Favorite Link
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



タグ:頂き物 ( 5 ) タグの人気記事
by haya
        TOPに戻る▲
        
「もしかして」 「俺たち発注量が」 「入れ替わってるー!?」
寒いと指が動かないのでスクフェスデレステが捗らないしブログ書こう。

とりあえず、精神科薬初のオーソライズド・ジェネリックが
地味に発売されていた件について。

オーソライズド・ジェネリック(AG)とは以前にもお伝えしたとおり、
「主成分・添加物・製造工程を含めて先発品と全く同じジェネリック」です。

最近話題になったオプジーボを例に取るまでもなく、高薬価の医薬品は
ダイレクトに日本の医療財政を逼迫します。なのでもう特許の切れた薬は
ガンガンジェネリックに変えてくれよ、と厚労省は叫んでいるのですが
昔のいいかげんな法規制で粗製濫造されたツケで、ジェネリックは今でも
あまり信用できない薬であると患者ばかりか医師までも主張してるのが現状です。

そこで特許切れによる収入源に喘ぐ先発品メーカーが提唱したのがAGです。
有効成分の特許が切れても製造方法は公開されないので、ジェネリックは
コカコーラの味だけ真似た別物のコーラだ、みたいな批判が度々起こるのですが
AGはペプシでもなくジョルトでもなくコカコーラのレシピ自体を他のメーカーが
(といっても系列会社ですが)作っているのです。

これはもう値段の安い先発品と言って差し支えないので、どこの医療機関でも
AGは採用されるに違いない!…と思いきや、AGがある薬のジェネリックにおける
AGのシェアは50%前後とそれほど多くありません。理由はその価格の高さです。

AGは先発メーカーにある程度のマージンを支払う必要があるせいで、おのずと
売価が高くなります。薬価制度があるので発売時の公的価格は他のジェネリック
と変わりませんが、そこからの実売価格は他のジェネリックの方がかなり安く、
必然的に購入側の薬価差益が大きくなります。特に院内調剤を行う医療機関や
大規模チェーン薬局は同じ薬を大量に購入する必要性から、少しでも薬価差益の
大きいジェネリックを採用したがります。ただこれは悪いことではありません。

薬価差益の大きい薬は次の薬価改正の時に実売価格に合わせるよう是正されて
いくので、安売りしたジェネリックは公的価格もどんどん安くなります。
AGを一躍有名にした武田の降圧剤ブロプレスAG、カンデサルタン「あすか」8mgの
薬価は70.1円。他のカンデサルタン8mgジェネリックは32.4円と、2倍以上の
開きが生まれています。先発品ブロプレス錠8mgの薬価は126.3円なので
「あすか」のモノでも十分安いのですが、血圧さえ下がれば先発品との同等性とか
どうでもいい、という患者であれば32.4円の薬の方がありがたいでしょう。

先発品・AG・その他のジェネリックと選べる薬局ならいいのですが、在庫と
予算の関係上、よほど大きな薬局でない限りジェネリックはひとつのメーカー
しか採用していないのが現実です。AGを処方して欲しい人は事前に薬局に
在庫があるか確認してみると良いでしょう。

…と、ここまでが前置き(長い)。AGは2013年から提唱されたモノなので
まだ10品目程度しか存在しません。この6月にジプレキサの特許が切れて
一斉にジェネリックが発売されましたが、AGは出てきませんでした。AGを
作るためには製造レシピを提供しなければならず、となると企業秘密を
さらして問題無い自社系列のジェネリック会社を用意する必要があります。
ジプレキサの販社はイーライ・リリーですが、リリーはジェネリック販売に
積極的ではないためAGを用意しなかったのです。

なら精神科初のAGはエビリファイかなぁと去年予想していたところ、想定外の
AGがいきなり今年9月に発売されました。とっくに特許が切れてジェネリックも
大量に出回ってるパキシル錠のAG、パロキセチン錠「アスペン」です。

パキシルを作ってるのはグラクソ・スミスクラインというイギリスの会社
ですが、アスペン社は南アフリカに本拠を置く世界的なジェネリックメーカー
です。グラクソとアスペンの提携は2003年より始まっており、最初はグラクソの
薬を南アフリカで販売提携しているにとどまっていました。しかし2008年に
免疫抑制剤イムランの知的所有権をグラクソから買い取り、本格的にグラクソ
との関係を強化していきます。2013年にはオーストラリアで特許の切れた
グラクソ医薬品25品目がアスペンに販売移管されました。翌2014年にはついに
アスペン日本支社が設立され、特許切れ医薬品の販売移管やAG販売を行う旨
グラクソより報道されています。グラクソはアスペンの株を12%保持しており、
アスペン日本支社設立のために株式の25%にあたる資金を出資したり取締役を
派遣するなど、完全に日本においてアスペンを系列会社扱いしております。

従って、今後アスペンが作るグラクソ医薬品のジェネリックは全てAGとして
発売されることになります。その第一段は抗ウィルス薬バルトレックスで、
バラシクロビル錠「アスペン」の名で7月に発売されました。パロキセチン錠の
発売は第二段に当たります。今後のラインナップとして頭痛薬イミグランや
抗生物質オーグメンチンのAGが予定されています。素晴らしいですね!

…素晴らしいのですが、バルトレックスにしてもパキシルにしてもイミグランに
しても、競合他社がとっくにジェネリックを発売しているのが問題です。
いったん採用となったジェネリックを他のメーカーに切り替えるのは、
採算性や卸選定、既存在庫との兼ね合い、患者告知など様々な点で非常に面倒です。
なので普通AGは他のメーカーに先駆けて発売するか、最悪でも同時発売という
体を取ります。売価が高いので価格競争では完全に負けてしまいますからね。

けどアスペンはヤバイ。そんなの気にしない。後出ししまくり。そして新興の
会社でMRもロクにいないので全然宣伝しない。売れなくても全然平気。
AGをジェネリックのまま扱ってる。凄い。ヤバイ。

…と思わずコピペってしまいました。グラクソの肝いりなので潰れることはない
でしょうし、今後の発展性もあるとは思うんですが、営業は全く見たこと無いし
こちらが卸に問いかけるまで一切情報が入ってこない始末。現時点での売上高は
そうとう低いのでは無いでしょうか。売れるか売れないかは別にしても
AG会社としてもっとやる気を出してほしいものです。

そしてそのパロキセチンにしても、今日本で一番求められているパキシルCRの
ジェネリックは発売しないという半端っぷり。パキシルのノーマル錠には
ジェネリックが存在するので、パキシルCRは後発品のある先発品と見なされ、
使えば使うほど薬局におけるジェネリック算定率が低下して厚労省から怒られる
のです。理不尽だ!アスペンがAGを発表したときはついにCR錠にジェネが!と
期待したものですが、実際に出たのは5・10・20mgのノーマル錠だけで、
ずいぶんテンションが落ちたのでブログに取り上げるのが遅れたのです(言い訳

とはいえ、実際のパロキセチン錠「アスペン」は写真で見る限り全くパキシルと
同じ色調、形状をしています。PTPも色違いなだけで大きさやレイアウトは
そっくりだし、錠剤の刻印すら片面は同じものを使っています。精神科薬は
降圧剤や抗ウィルス薬以上に心理的なバイアスが効果に影響してきますので、
今までジェネリックに消極的だった人にも処方しやすいのではないでしょうか。
発売が出遅れたおかげで十分に薬価も安くなっており、AGなのに他社の一部
ジェネリックよりも安かったりします。新規でジェネリックを採用するなら
即決!他社から切り替えるなら…薬局で応相談ということで(汗
f0133373_19465009.jpg
f0133373_19523061.jpg



f0133373_19533475.jpgさて、精神科初のAGが出たし記念に擬人化するか。
ジェネリックは男キャラ、というルールなので男性で。
でも元はぱきるなので性転換で(え

という事でぱきるのTSキャラ、ぱろ輝くんです。
一度限りのネタキャラで今後出てくるかどうか怪しい。
ジェネリックなので服装はシンプル。
上半身は5mgの、下半身は20mgのPTPから。
ブレザーなのはぱきるの制服に合わせて。
ネクタイでなくループタイ…の、つもり。
南ア出身なので多少浅黒い。





せっかくなので今さら君の名は。コラを作ってみた(タイトル回収
君の前前前年から僕は他社を採用してる件。

「私の顔で先発ヅラして安売りしないで!」
「販売縮小するからって勝手にうつ病啓発冊子の配布やめんなよ!」

「あのゾロ薬は~!」
「あの特許切れは~!」


君の一般名は。(同成分です
f0133373_19541770.jpg
背景はコラ用にネットで流れてたのを拾ってきました。
モリサワA1明朝とMangalフォントを使ってます。
同一キャラのTSCPモノって同人界でどれくらいのニーズなんだろう。

個人的に新海監督で一番好きな作品は「雲のむこう、約束の場所」です。





ところで、最近久しぶりに絵師の方からうちの子描いていただきましたので
ご本人(ぞーや様)に許可をいただいてこの場で公開させて頂きます!ドヤ!
f0133373_19550077.png
もー滅茶苦茶かわいい!毬なんか色気出てますよ!みくに腕つかまれたい!
えび華の前髪処理ってこう描けばよかったんだ!
他人に描いてもらって髪型とかの描き方を学ぶダメ擬人化屋がここにおります。

上手いのはもちろんですが、特筆すべきはその速筆ぶり。
イラリク(逆だろ)されて返事してから完成までわずか1日という
驚異的なスピードでここまでの絵を作って頂きました。こっちは月一回ですら
ブログ更新出来ないのに!もう全部ぞーやさんに描いてもらえ俺。

手書きブログというお絵かき投稿サイトで活躍されてるご様子。膨大な過去作を
見るにつけ、ああやっぱり描きまくらないと速くはならんなぁと猛省する次第。
年内…年内までにもう一本記事描ける体を…来年から作っていこう(駄目すぎ


[PR]
by haya by hayanoya | 2016-12-04 20:49 | クスリあれこれ | Trackback | Comments(17)
        TOPに戻る▲
        
ウチの子描いていただきました! その4
クソザっ子通信のうさぬゅーみさんにつづき、
10しす」のおばか柊さんに「らぼ奈」と「れきそタン」を描いていただき
ました!キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!
f0133373_1591530.jpg

現代精神医療の中ではザコ扱いの死神妖精らぼ奈ですが、何故か一部で
評価が高くて嬉しい限り。薬殺&撲殺アイテムを握りしめて不敵に笑う
姿は、死神としての自覚に目覚めつつあるということなのでしょうか。
モノトーンなのに、元々灰色系のらぼ奈だとカラーに見えちゃう不思議!
f0133373_15937100.jpg

そして…看板娘なのに今までスルーされてきた不遇なれきそタンがついに
他人様の手で!これを頂いたのは実は結構前だったりするんですが、
よい機会なので一緒に挙げさせていただきます!すでに拳銃キャラとして
認知されているのは、作者として喜んでいいのかどうか複雑な気分(笑

「10しす」とは 10 little pharmacy stars の略で、薬剤師倫理規定という
10条からなるルールを擬人化した狂的な(褒め言葉)擬人化サイトです。
しかもその擬人化が、キャラ付けからネーミングからやたらと完成度が
高い。擬人化をまとめた同人誌もいただきましたが、条文解釈の詳しさは
微細を極め、一方の漫画部分も破綻なくキャラクターが動き回る、擬人化本
とはかくあるべし!というお手本のような作りで、「これは全薬局に1冊
置いてていいんじゃないか?」と真面目に思うほど充実した作品でした。

薬剤師の学術大会にてタダで(!)配ったとの事ですが、是非コミケに
参加して一般公開してほしいです。そして叶うならば続編を!

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2011-07-28 02:12 | ちびまる向ちゃんトピ | Trackback | Comments(6)
        TOPに戻る▲
        
ウチの子描いていただきました! その3
インスリンの妖精たちのせあら(遺伝子組み換え)さんにつづき、
クソザっ子通信」のうさぬゅーみさんに「せでぃ」「べざり」「さにぃ」
を描いていただきました!(゚∀゚)o彡゚ゲッツ!

f0133373_124482.jpg


まさかの三人同時攻略!しかもこんな薬理的にも知名度的にもどマイナー
キャラを有り難うございます!おそらくコイツらが他人様に描かれる機会は
今後生涯存在しないと思うくらい貴重な一枚です。ウチの同人誌A/B/C各1冊
から一人ずつを選んでいただいたという心配りが嬉しいですね。

個人的にはうさぬさんの50センチ切ってそうな細いウェストが大好きなので、
それをマイキャラで拝めただけでも幸せでございます…。しかし作者が
しょっちゅう省略する細かいところまでよくこうも忠実に描けるものだ。

キャラの仕草も細かい!せでぃが厨二設定だったなんて作者も忘れてたよ!
包帯巻いて鏡の前で悦に浸るコイツが容易に想像できちゃうよ!
べざり先生のエロ可愛さも弾けてますね!この先生の髪型いっつも忘れる
ので、他の人が描いていただけると凄い参考になります。そして…さにぃ!
遠目に見ても分かるフリルと縦ロールの面倒くささ!あまりに面倒なので
自分ですら全体絵を描かないさにぃが、原画より細かくなっとりゃーすよ!

もー感動で鼻水出しまくりんぐ。シャオロンたん(ツムラ19)にお世話になる
くらいです!うさぬゅーみさんは、私が始める前から既に薬の擬人化に手を
初めておられた先達です。ていうか私が「薬の擬人化もアリだ」と思った
のはうさぬゅーみさんのHPを見てからなので、恩人でもあります…。
コピー本時代から私の同人誌を買っていただいており、ブログにもコメント
を多数残していただいております。哲学的とも言うべき独特の擬人化観に、
私は大いに薫陶や示唆を受けました。そのような方からウチの子絵を頂ける
なんて感無量です!本当に有り難うございました!

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2011-06-27 01:30 | ちびまる向ちゃんトピ | Trackback | Comments(25)
        TOPに戻る▲
        
ウチの子描いていただきました! その2
LostPlansの言葉さんにつづき、「インスリンの妖精たち」の
せあら(遺伝子組み換え)さんに「さいん」と「舞」を
描いていただきました!\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪ワーイ

f0133373_017569.gif

f0133373_0181612.gif


それぞれリリーとサノフィ・アベンティスのキャラクターなので、
さりげにインスリンの妖精たちがコラボってるのがいいですね~♪
さいんと一緒にいるのはリスプロさん、
舞と一緒にいるのはグラルギンさんです。
パステルカラーで描かれたさいんと舞が可愛すぎて悶絶しそうです♪

インスリンの妖精たち」は、おそらく日本唯一のインスリン製剤擬人化
サイトで、薬剤師でも敵わないインスリン製剤へのハンパ無く深い造詣と
愛情に満ちあふれております。薬擬人化サイトの中では最もマニアックなの
ではないかと個人的に思っております。ぶっちゃけ混合型インスリンの存在
意義がイマイチ分かってない私には、とても出来ない擬人化なのですよ!

インスリン製剤は名前がややこしいので、私もきっちり把握しているか
自信がないのですが、登場人物は大体以下の通り。
せあら(遺伝子組み換え)さんは一般名での記載に強いこだわりがあるよう
ですが、ハンパ者の私には分かりにくいので商品名も併記しておきます。

1)ノボ・ノルディスク社
 デンマーク出身。日本のインスリン製剤では圧倒的なシェアを誇る。
 ペンフィル・ノボリン・イノレットと、製品のラインナップが非常に豊富。
 どこの薬局の冷蔵庫にも多分何かのノボペンがおいてあるはず。
 
  ●アスパルト:ノボラピッド。橙色ソバージュ。超短期型。
   リスプロとは永遠のライバル。主人公的扱い。
  ●二相性インスリンアスパルト(30):ノボラピッド30ミックス。
   アスパルトの妹。ロイヤルブルーなショートボブ。好奇心旺盛。
  ●デテミル:レベミル。緑色サイドポニー。持続型。アスパルトの
   腹違いの妹。方向音痴。アスパルトと仲が良い(妄想)
   
2)イーライ・リリー社
 米国出身。ノボ社の寡占市場であった日本にヒューマログを持ち込んで
 一挙にシェアを挙げた。ヒューマカートという名前なのにキット剤があったり
 とややこしかったが、最近全てヒューマログとヒューマリンの名に統一された。

  ●リスプロ:ヒューマログ。あずき色姫カット。超短期型。アスパルト
   と仁義なき戦いを10年続けている。もう一人の主人公。
  ●プロタミンリスプロ:ヒューマログN。緑色姫カット。中間型。リス
   プロの妹。ヒューマリンNとの区別が付かず、存在意義に悩んでいる。
  ●レギュラー:ヒューマリンR。黄色ショート。短期型。リスプロに
   出番を食われまくっているリリー家長女。

3)サノフィ・アベンティス社
 フランスの会社だが、インスリン製剤はドイツの子会社ヘキストで作られ
 ている。速効型と中間型しか無かったインスリン製剤業界に、持効型と
 いう概念を持ち込んでヒットした。注射器の不具合を起こし、キット製剤
 が回収された。その後分かりづらい製剤名を付けてリニューアルされる。
 
  ●グラルギン:ランタス。紫色ボブカット。持効型。アスパルトとリス
   プロに並ぶ主人公格。外見はクールだが乙女な性格らしい。
  ●グルリジン:アピドラ。青色おでこキャラ。超短期型。グラルギンの
   妹でスピード狂。アスパルトやリスプロより才能がある…らしい?
   
全てのインスリン製剤を擬人化仕切るまで超がんばれ!とりあえず
N社謹製デグルデック様の日本上陸を楽しみにしております…!

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2011-06-19 00:59 | ちびまる向ちゃんトピ | Trackback | Comments(5)
        TOPに戻る▲
        
ウチの子描いていただきました!
4月にアップしようと思っていたら、いつの間にやらもう6月…。
私が個人的に一番尊敬している薬の擬人化絵師、LostPlansの言葉さんに
「りた」を描いていただきました!(≧∇≦) イエイ!!

f0133373_2361759.jpg


ブログに載せるために不本意ながら多少圧縮かけておりますが、
もー原型より全然輝いてますね。普段は結構可愛い系の絵柄を描かれてる
方ですが、この凶悪かつ秀麗な面構えが私の心臓を貫いて放しません…。
いやぁりたってこういうキャラだったんだと気づかされましたよ(ヲイ

鉄球にしてもポリプロピレンのマントにしても鎖にしても、あぁこう描けば
良かったのだ…と発見させられる事だらけ。自分がいかにテキトーに
描いてるか、赤ペン言葉先生に採点していただいてる気分です…(滝汗

しかしSAIって極めたらこんな綺麗に塗れるもんなんですね。今からでも
塗りの練習用に買うべきか…体験版で使えるツールの多さに目眩がして
ほとんど使わないまま放置してます。やはり自腹で買わないと使いこなそう
という気になれないですね。夏も暇になったし、絵の練習でもしようかな…。

つづきをよむ
[PR]
by haya by hayanoya | 2011-06-08 23:31 | ちびまる向ちゃんトピ | Trackback | Comments(45)
        TOPに戻る▲
        
このブログに置かれている薬の擬人化キャラの著作権は、haya が有するものとします。
転載、2次使用等は好きにして頂いて構いませんが、その際ご一報いただけると嬉しいです。
Copyright (C) 2006-2016 haya All rights reserved.